【バイク売却のコツを伝授!!】バイク買取の仕組みを知って愛車を高額で査定してもらおう!

排気量に合った店舗を選ぶのがキモ
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道! 独自に相場を比較検証して排気量別のオススメ店舗をランキングしました。

今すぐ愛車の売却先を比較したい人は排気量別におすすめの買取店舗の最新情報をチェック!

バイクを売却する最大のコツ!! 下調べと1日も早いアクション!

当サイトへようこそ!! このページを訪れてくれたアナタはきっと、

「愛車をどこに売却すれば1円でも高く買い取ってもらえるのだろう!?」

と愛車のベストな売却先をネットで調べていましたね!

お任せくださいっ!

当ブログはそんな悩めるオーナーさんを対象にナビゲーター「キャプテン・バイクセル」が、バイク売却のコツや査定時の落とし穴などを解説しています。ぜひアクションを起こす前にご一読ください!

バイク売却先に悩むのは当然…ネットが普及して増えすぎたバイク売却先

さて昨今バイク売却におきまして

  1. 少しでも高くバイクを査定してもらいたいけど、売却先がわからない
  2. なるべく手間や時間をかけずに仕事の合間にパパっと売却したい!
  3. そもそもヤフオク、レッドバロン、バイク王みたいな買取店舗、どこがオススメなの?

こんな3つの悩みを抱えたオーナさんが急増中とのこと。
バイク売却に関する悩みは他にもいろいろありますが、どれもひとえに売却先が増えすぎてしまったことに起因しているのです。

バイクを売却するタイミングが重要!! 時期を逃せば愛車の価値は下がる

中には売却先選びに悩んだ末、モチベーションが低下して売却をズルズルと先延ばしにしてしまう方も少なくありません。

が!!!

結論からいいますとバイク売却を先延ばしにすることは大きなマイナス!売却を先延ばしにしたところで、年式は古くなり、車両の状態も悪化するだけ……愛車の評価は下がる一方なのです。

そこで当サイトでは、バイク売却で叫ばれる大きな2つの悩み

  1. ボッタクられずに正しく愛車を評価してくれる売却先選びのコツ
  2. 具体的に、どの辺りの店舗を視野に入れればいいのか?

この2点に絞り込んで、アナタに変わって調べた情報をご紹介してみました。絶対に後悔はさせません!

排気量に合った店舗を選ぶのがキモ
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道! 独自に相場を比較検証して排気量別のオススメ店舗をランキングしました。

バイク売るならどこがいい…売却先選びでネックとなる3つの基準!

じつはアナタが考えているより、バイク売却先選びのコツはシンプルです。しっかりとポイントをおさえて選んで申し込めば、そんなに難しいことではありません。

とりあえず以下の3項目

  1. じっさいに高額査定してもらったオーナーさんが多いか?(金額)
  2. バイク買取業界でのシェア・知名度は高いか?(信頼)
  3. 査定スタッフ・買取担当の態度・マナーの評判は良いか?(安心)

最低限、このあたりに注意してもらえれば、自然と利用すべき売却先が絞り込めるはずですよ。売却先に査定を申込むときは、必ず上記の3つを思い起こしてください。

バイク売却先が決められない…だったら当ブログの認定店舗から選ぶ!

とはいえ先ほどお伝えした売却先選び3つのポイントに沿って店舗を絞り込んでいくと、

この店舗も気になるけど、あっちの店舗も良さそう、いやいや待てよ…

と余計に迷ってしまうオーナーさんもでてくるでしょう。

もし売却先を絞り込めない方は、当ブログの認定する売却先を参考に選んでみてください。

当ブログ掲載中の店舗はどこも、管理人や当ブログユーザーさんが利用して他よりも条件の良かった店舗ばかり。少なくとも変な販売店や怪しいバイク買取店舗で安く査定されるリスクは格段に減るはずです。

ぜひ当ブログを参考に、大切な愛車をもっと評価してくれる売却先をみつけてみましょう!

排気量に合った店舗を選ぶのがキモ
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道! 独自に相場を比較検証して排気量別のオススメ店舗をランキングしました。

【2018年版】250cc以上のバイクの査定に強い買取店舗


昨今、中古バイク買取業界の大きな流れといえば、中型以上に強い店舗、原付や原付二種に強い店舗の二極化が進んだこと。

そこで当サイトに寄せられた売却オーナーさんの車種・排気量のデータから、昨年度の250cc以上のバイクにおすすめな売却先をランキングしてみました! 念のため2店舗以上で査定して金額をきっちり比較しておきましょう!

1位 バイク王

バイク王公式

バイク王の3つの特長と活用法

  1. バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績、それだけ過去の買取データも豊富なのでマイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすい
  2. 最初にバイク王で査定しておくことで、競合他社の査定スタッフの心理面に揺さぶりをかける効果がもっとも大きい
  3. 査定マニュアルの関係上、原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額になるが、中型、とくに大型バイクの査定なら最高額といえるでしょう
査定交渉に自信のないオーナーさんなら、正直、バイク王が高くなりやすい。複数店舗で査定するなら必須!

\最新の買取キャンペーンをチェック/

バイク王の無料査定

2位 バイクワン

バイクワン

バイクワンの3つの特長と活用法

  1. 地味な公式サイトを見ての通り、無駄な広告費や宣伝費をおさえることで、少しでも買取金額に還元することをポリシーとしている…涙
  2. 拠点数は多いとはいえないが、守備範囲は広く、オールマイティにどのジャンルのバイクにも強く、小排気量では最強といえるでしょう
  3. 査定スタッフの個性が尊重されるのか、バイク王よりも査定スタッフによる査定額の差が大きいため、当たれば高額になる
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種なんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▼▼原付き~中型全般(とくに小排気量強し)ならここ▼▼
バイクワン公式サイト

3位 バイクランド

bikelandtop

バイクランドの3つの特長と活用法

  1. 業界シェア第二位というだけあって、どのジャンルも幅広く対応し、おまけに査定額の安定度はハンパないという印象
  2. 各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある
  3. 珍しく持ち込み査定だと査定額アップという試みも行っているが、いかんせん拠点が多くないため都心部以外は厳しい面も…
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なのだ!

▼▼原付き~中型全般(とくに小排気量)ならここ▼▼
バイクランド公式サイト

4位 バイクボーイ

bikeboy1

バイクボーイの3つの特長と活用法

  1. 競合他社にくらべ若干ブランドイメージの弱さが目立ちますが、査定額は思いの外、高くなりやすい
  2. 一方、査定スタッフの決定権が大きいのか、他社よりも大幅に高くなるケースもあれば、逆にむちゃくちゃ安いケースもある
  3. 公式サイトの充実度は掲載店舗の中でも随一・・・売却前に知りたい情報が満載なので申込は別として参考になる
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェック

バイクボーイの詳細

店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2018年版】原付・スクーター・原付二種の査定に強い買取店舗

最大手バイク王が『今後、原付や原付二種よりも利益率のよい中型以上の買取を重視する』と方向転換したことで、原付や原付二種バイクの買取市場は大きく揺れています。

そこで当サイトご覧のオーナーさんのクチコミ情報、じっさいの査定額のデータを元に原付・原付二種に特化した店舗をランキングしてみました! 念のため2店舗以上で査定して金額をきっちり比較しておきましょう!

1位 バイクワン

バイクワン

バイクワンの3つの特長と活用法

  1. 地味な公式サイトを見ての通り、無駄な広告費や宣伝費をおさえることで、少しでも買取金額に還元することをポリシーとしている…涙
  2. 拠点数は多いとはいえないが、守備範囲は広く、オールマイティにどのジャンルのバイクにも強く、小排気量では最強といえるでしょう
  3. 査定スタッフの個性が尊重されるのか、バイク王よりも査定スタッフによる査定額の差が大きいため、当たれば高額になる
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種なんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▼▼原付き~中型全般(とくに小排気量)ならここ▼▼
バイクワン公式サイト

2位 バイクランド

bikelandtop

バイクランドの3つの特長と活用法

  1. 業界シェア第二位というだけあって、どのジャンルも幅広く対応し、おまけに査定額の安定度はハンパないという印象
  2. 各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある
  3. 珍しく持ち込み査定だと査定額アップという試みも行っているが、いかんせん拠点が多くないため都心部以外は厳しい面も…
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なのだ!

▼▼原付き~中型全般(とくに小排気量)ならここ▼▼
バイクランド公式サイト

3位 バイク王

バイク王公式

バイク王の3つの特長と活用法

  1. バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績、それだけ過去の買取データも豊富なのでマイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすい
  2. 最初にバイク王で査定しておくことで、競合他社の査定スタッフの心理面に揺さぶりをかける効果がもっとも大きい
  3. 査定マニュアルの関係上、原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額になるが、中型、とくに大型バイクの査定なら最高額といえるでしょう
マニュアルが徹底しているため査定額が安定する反面、原付きや小排気量は極端に安く査定されることもある!

\最新の買取キャンペーンをチェック/

バイク王の無料査定

4位 バイクボーイ

bikeboy1

バイクボーイの3つの特長と活用法

  1. 競合他社にくらべ若干ブランドイメージの弱さが目立ちますが、査定額は思いの外、高くなりやすい
  2. 一方、査定スタッフの決定権が大きいのか、他社よりも大幅に高くなるケースもあれば、逆にむちゃくちゃ安いケースもある
  3. 公式サイトの充実度は掲載店舗の中でも随一・・・売却前に知りたい情報が満載なので申込は別として参考になる
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェック

バイクボーイの詳細

店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

バイクを売却する手続きが面倒かどうかは売却先による!

愛車を手放す際、もっとも気になる部分といえば最終的な査定額や買取金額。しかし忙しい方・お時間のない方にとって気になる部分といえば

面倒な書類の準備とか名義変更等の手続きをできるだけ手間なくサクッと終えたい!!

この部分ではないでしょうか。

じつはバイク売却の際に生じる手続きは、アナタの売却する相手によって大きな違いがあり、もっとも面倒な手続きが多いのがヤフオク・メルカリ等の個人売買で、もっとも手続きが楽なのはバイク買取の専門店となります。

バイク買取の専門店の場合、面倒な書類関係の手続き、車両を持込んだりという手間をふくめ、書類手続きはすべて代行し、車両はその日にトラックで引き取ってくれる買取専門店がもっとも楽ちんな売却先なのです。

もちろん車両を持込む余裕があれば近隣のショップやレッドバロン等も悪くないですが、すべての手続きを一切自分で行いたくない方にはバイク王等の買取専門店がもっとも適した売却先といえるでしょう。

【書類を準備】バイク売却で最低限この4つは必要だ!

先ほどお伝えしたように手続きの面倒な個人売買とちがい、買取専門店の場合はそれほど準備すべき書類もありません。

出典 バイクワン公式

シンプルに以上の4点。

  1. 車検証(125cc 以下→標識交付証明書、125cc以上250cc以下→軽自動車届出済証、それ以上→車検証)
  2. 自賠責証明書
  3. 免許証(本人確認・年齢確認)
  4. 認印

これらを査定当日に用意するだけで、問題なく買取まで完了できます。

因みに車検証、自賠責証明書などが見当たらない場合でも通常の買取専門店では書類の再発行手続きを代行してもらるので心配はいりません。

【バイクを買い替える!!】買い替えの流れや手続き、必要書類もっともお得に買い替えるポイントまとめ
このページではバイク買い替えを予定している方にむけ、買い替えで悩みがちな疑問を解消し、お得にバイク買い替えするためのコツやポイントを紹介しています

中古バイクは査定額の高くなる時期と安くなる時期などない!

ご覧の中には……

せっかくなら愛車をもっとも高くしてもらえるタイミングを狙って買取ってもらおう!!

と企んでいる方もいるでしょう。よくバイク情報サイトにも『愛車は春~夏のシーズンが高く売れる!!』といった意見もあります…

が!!

  • そもそも春~夏の方が高額査定という根拠などない(あくまで市場のニーズで決まるため)
  • 買い替えを遅らせることで愛車の状態が悪化して市場価値が下がる

これらの理由から、バイク買い替えに適した時期・シーズンなど無いと当ブログでは考えます。

たしかに中古バイク相場そのものが変動するため、時期やシーズンにより若干の差は生まれます。しかし中古バイクの査定額は市場のニーズ…つまり業者オークション相場をベースに算出されることを覚えておいてください。

一般のユーザーさんが考えるほど業者オークション相場に季節変動など存在しないため、当ブログ的にはタイミングを待つよりも明日、今日すぐに売却されることをおすすめします。

中古バイク査定は春~夏だと高くなりやすく冬の時期だと低くなるような単純なものではないぞ!
【バイク売るおすすめの時期】バイク売るのに高くなりやすい時期や季節とタイミング
このページにたどり着いたということは、アナタはもしかすると バイクを売るのにおすすめの時期・高く売れる時期が知りたい!! どのタイミングで愛車を売れば損せずに売却できるんだろ? こう考えて、とりあえずネットで情...

自賠責の残っているバイクは売却するときどうなる!?

愛車売却前のオーナーさんが気になる部分の1つといえば

俺の愛車の自賠責保険、けっこう残っているけど、どうなるの!?

この部分かもしれません。じつはこれについては以前にも、【自賠責保険が切れたバイクを売る】自賠責の無いバイクにおすすめの売却先という記事でお伝えしました。

ここでは

自賠責保険が切れていると買取価格は下がりますか?
自賠責保険が切れていることでバイクの査定価格が下がることがございません。
また、自賠責保険が残っている場合にはお客様のプラスになるように、自賠責を解約して保険会社に残存期間の保険料を請求することで、残金を受け取ることが出来ます。
出典 バイクパッション

と自賠責保険が切れていることがマイナス評価になるわけでもなく、残存期間が長い場合はその分だけプラス査定してもらえます。

なので自賠責保険が残っているからもったいない…と乗らずに保管し続けるよりも、むしろ自賠責保険の残存期間が長いタイミングで売却した方が手元に残るお金がが大きいのです。

※バイクパッションのように、自賠責保険の残存期間を払い戻してオーナーさんに返金するという店舗もあれば、店舗によっては自賠責保険の残存期間の払い戻し金額をふくめて査定額として算出する店舗もあります

オークションやメルカリでのバイク売却はリスクも覚悟する!

スマホから簡単に出品できるヤフオクやメルカリ。当ブログをご覧の方も

ショップや買取専門店よりもオークションの方が高額になるのでは?

という方も少なくないです。

 

しかし結論からいうと、初心者の方には正直おすすめの売却法とはいえません。

面倒くさい落札者やクレーマーに落札された際、面倒な手続き、クレームへの対処、最悪はキャンセルや代金の不払い、書類手続きがなされないまま乗り回す……など沢山のトラブルを秘めています。

ひと昔前にくらべ落札者の質も悪く思ったほど高額に落札されず、メルカリなどはバイク売買でのトラブルが急増しています。

なので余程の出品経験のある方、元バイクショップ勤務などあらゆるトラブルに対処できる自信のない方はヤフオクやメルカリでのバイク売却はおすすめしません。

それについては、【ヤフオクでバイク売却!】出品方法やコツ、出品前に知っておきたいポイントだったり、【メルカリでバイクを売る】売却手順や手数料、メルカリとヤフオクどっちがいい?などの記事も参考にしてみてください!

バイクの知識・整備のスキルに自身のある方ならチャレンジするのもアリ!

レッドバロンで購入した車両ならレッドバロンで査定した方が高くわるワケでもない!

もしかするとこうお考えの方もいませんか?

「俺のバイクはレッドバロンで購入した車両だから、レッドバロンに持ち込んだ方が高いだろう」
「次のバイクはレッドバロンで購入するから下取りしてもらえば高額になるハズ!」

たしかに購入した店舗で査定を受ければ高額になることもあります。また次のバイクを購入する下取りとして査定してもらうことで幾らかは上乗せしてもらえることもあるでしょう。

しかし結論からいうと、他の店舗での査定額も調べずにレッドバロンで査定したところで高額査定になる可能性は低いです。

過去記事、【バイク売るなら買った店がいい!?】購入店舗に持込む前に知るべきバイク買取の常識【下取りと買取どっちが得?】徹底比較中古バイク店の下取りと買取専門店の買取り!でも解説しているとおり、最終的なバイクの査定額は他社の金額ありきで決められます。

レッドバロンで査定を受ける前にかならず幾つかの買取店舗で無料の査定を試しに受けて、比較対象となる金額を用意してレッドバロンに持ち込むようにしてください。

バイク売却前にありがちな悩みをバイクセルが解決!

このコーナーでは、これからバイクを売却する方にありがちな疑問・不安・悩みを取り上げ、過去に大型~原付まで20台近くを売却してきた管理人がお答えします。

売却先との査定交渉時、不安を抱えたオーナーさんは、プロの査定士や査定スタッフからすれば、自分のペースで査定を進めやすい絶好のお客さん!

当ページのQ&Aでしっかり不安を解消して、スッキリと査定交渉に臨んでください!

買取専門店と販売店、ぶっちゃけどっちが高く買い取る?

買取専門店と販売店で大きく違うのが『小売かどうか?』『在庫するか?』という2つの部分。

販売店は買取した車両を一般の個人のユーザーさんに売却するのに対し、買取専門店はほぼ業者オークションで売却します。

結果、程度の悪い車両や高額な修理コストが予想される車両は、販売店は敬遠するため買取専門店に向いています。

また買取後に必要なメンテナンスのみ行い、中古バイク市場に流通させる買取専門店は、基本的に在庫することがありません。よって在庫管理コスト、市場の相場の変動の影響を受けないため、買取相場が販売店よりも安定しているといえるでしょう。

買取と下取り、どっちが高く査定してもらえるの?

新たな車両購入にともなう愛車の売却の場合、手続きの手間や労力の少ない購入ショップへの下取りがもっとも手軽で一般的な方法です。
ショップによっては新車購入の値引きにプラスアルファとして査定額を高めに提示してくれるショップも多いでしょう。

ですがショップによっては、購入バイクの値引きと今の車両の下取り額を一緒くたに評価され曖昧にされてしまうケースも多く、この場合は少々注意が必要です。

単純に査定額だけを比較した場合、系列オークションで流通させる前提の販売店と、全国各地の業者間オークション+その他の流通経路をもつ買取専門店では、販売網の広さから買取専門店の方が多少高めの査定額が期待できるでしょう。

最終的に下取りを予定されている場合も、念のため販売店の言い値で買取られないためにも事前に買取専門店で無料の査定を受けておくのは必須なのです。

フルノーマル状態(購入時の状態)に戻してから査定した方がいいの?

もし購入時のノーマルパーツ、純正部品を保管しているなら、忘れずに査定時に提出しましょう!
どんな車種においても、フルノーマル車両だと買い手が見つかりやすいため、結果として中古バイクオークション相場も高めになる傾向があります。
とはいえ、車種やカスタムパーツの内容によっては、カスタム状態でもノーマル以上に価値があるケースも。いずれにせよ、売却する予定に関するパーツも一緒に査定してもらうのがポイントですよ!

カウルの傷や割れ、転倒・立ちごけによる傷は修理してから査定する?

基本、カウル等の外装パーツの割れや傷、凹みは修理せず、現状のままで査定を受けるのが正解!
修理費用や交換パーツはオーナーさんが行う場合と、買取店舗が行う場合では大きく違います。大手買取店の場合、自社で買取ったパーツもあれば、修理する自社工場も完備しています。
よって修理費用をかけた分だけ査定額がアップすることは見込めません。そのまま査定に臨んだ方がお得ですよ!

売却する時期によって買取金額は上下するの?
一般的にはバイクの需要が高まる春~夏はタマが不足しがちなため、査定額が高め。逆に秋~冬は査定額が低めとされています。

とはいえ、この部分は諸説あり、季節要因で査定額が20%ほど上下するという査定士もいれば、あくまで業者オークション相場を基準にしているため、時期によって査定額は変わらないというスタッフもいます。

逆に春~夏を狙って高く売却したい……というオーナーさんが増えたため、車種によっては在庫がダブつき値崩れするケースもあります。

このように予想できない要素も多いため、売却したい!と思ったらすぐにアクションを起こして売却するのが最善といえるでしょう!

持込査定や出張査定の前に面倒でも洗車しておいた方が高く売れるの?
洗車をすれば査定額がアップするのか?
というと、残念ながら洗車したから査定額が上がるものではありません。

ですが排ガスや埃、油汚れの酷い車両は、査定士からみれば、大切に乗られてこなかった愛着の無い車両にうつります。
綺麗に洗車された車両の方が、査定する側の気分も違うし各部の確認作業もスムーズに行えます。またオーナーさんからすれば、『査定時にバレたら都合の悪い部分』を誤魔化す効果もあります。

やはり査定前には面倒でも、洗車してから臨んだ方が高額査定につながりやすいですね!

乗ったら乗りっぱなし…日頃のメンテナンス不足は査定でバレる?

バイク買取店舗の査定スタッフは、1日に何台もバイクを査定する査定のプロ。
車両がどのように扱われてきたのか、バイクの隅々までチェックすることで簡単に知ることができます。
もし定期的にショップ等でメンテナンスを行ってきた場合は、査定時に忘れずに整備記録簿を提出しておきましょう。

中には転倒歴や事故歴を隠して査定に臨む方もいますが、これもバレます。査定の途中でバレた場合、印象を下げるだけでなく他の部分も執拗にチェックされます。
思ったほど減額されないケースもあります。しっかりと愛車の状態を報告しておこう!

乗り換えによる売却だと、売却先の選び方も変わってくる?

単純な売却と、車両購入にともなう売却では、店舗によっては査定額が大きく変わってきます。

買い替えの場合、中古バイク販売店での下取りがお得……という意見もありますが、昨今、買取店舗も自社で販売店舗を運営したり提携販売店を用意しています。また乗り換え支援キャンペーンなども実施していまます。
逆に買取専門店で売却し、欲しい車両を探してもらった方がお得に買い替えできるパターンもでてきました。今では下取りがお得とは一概にはいえなくなってきました

『バイクどこに売る?』から『バイクどうやって売る?』という時代に!

昨今、バイク買取業界もシェア争いが激化してきました。
正直、バイク王やレッドバロンも油断したら下位の店舗に追いつかれ、追い越されるような状況です。

また各店舗の公式サイトを見ての通り、様々な買取強化キャンペーンがいつでも実施されていますからね。

何が言いたいのかというと、ひと昔前とちがい「どこに売る」よりも「どうやって売る」という部分が重要になってきたんです。

 

最終的なポイントは愛車をもっとも評価してくれる相手をみつける…という部分になりますが、やっぱり十分に下調べして数多くの売却先にアプローチしなきゃ高額買取は厳しい…というのが管理人の本音の部分です。

 

そこで当サイトは各個別ページにて「愛車売却のヒント」を包み隠さずお伝えしています。各ページに散りばめられた高額売却のヒントを、ぜひアナタの売却先選びにご活用ください。

バイクを売るなら高く売りたい方にお勧めしたい3つのポイント

大切に乗ってきた愛車を1円でも高く買い取ってもらいたい…と誰でもそう思うもの。

ですがその反面、一部の方を除いては予想していた査定額より大幅に安い金額で買い取られてしまっているという現実もあります。

ではどこに注意すれば、愛車を1円でも高く買い取ってもらえるのでしょうか?

残念ながら車種やジャンル、排気量、車両の状態によって高額査定をゲットするためポイントは違ってきますが、共通する部分もあります。

そこで今回は、どんなバイクでも共通している高く買い取ってもらえるためのポイントや心構えをキャプテン・バイクセルが3つに絞ってお伝えします。

少しも高く買い取ってもらうためのポイントその1

まずポイントその1、もうここはポイントというよりも心構えに近いものがありますが・・・

バイク売却において手間や労力を惜しまないこと。

中には手間をかけずにサクッと愛車を高く買い取ってもらいたい…という方もいいでしょう。または最短で売却してしまいたい・・・という方も。

ですが管理人の売却経験から言わせてもらいますと、最低限の手間を惜しんだ場合、思うような査定額をゲットすることはできません。

では具体的に手間や労力とはどんなものでしょうか。

まず大前提として、査定前に愛車が最も評価してもらえる状態に近づけておいてください。

バイク査定の仕組み上、査定士は査定基準に基づくチェックを行い、ベースとなる査定額からに車両の状態に応じて減額を行います。

つまりベースとなる査定額がそこそこ高額な場合でも、メカニックや査定士が減額ポイントをみつける度に額はどんどん安くなります。

中古バイクの査定と査定基準についてはこちらのページを合わせてごらんください。

なので、できる限り査定前に愛車を隅々までチェックし、交換が必要とされる消耗部品については速やかに交換し、何よりも愛車の状態を細かく把握しておくことが大切です。

また査定士やメカニックのファーストインプレッションは結構査定額に影響します。

すこしでもベースとなる査定額を高く提示してもらうためにも、ざっとでいいので洗車やワックスアップなんかも意外に効果があります。

少しも高く買い取ってもらためのポイントその2

査定前に愛車をもっとも評価してもらえる状態に近づけた上で、査定時に高額査定をゲットするために欠かせないこと。

それは愛車の買取相場や取引相場を徹底的にリサーチしておくこと。

というのも、買取店舗や販売店のメカニックや査定士はできることなら少しでも安く買い取りたい・・・というのが本音の部分です。

一昔前のように法外に安い値段で買い叩いてくるような買取店舗といなくなりましたが、想定していたしていた予算内、できれば1円でも安く買い取りたいというのが正直なところです。

結果、多少の交渉に応じることができるように、査定開始時から満額を提示する店舗はいません。必ずいくらかの余力を残した査定額を提示します。

この時、愛車の買取相場や、中古取引相場、できればオークション取引相場といったデータをリサーチしておくと、当日査定に対応しているメカニックや査定士に具体的な数字をこちらから提示できます。

つまり査定士やメカニックに多少の揺さぶりをかけることができるわけです。(あんまり前面に出すと逆に安く査定されることもあるので要注意)

また査定前にある程度の取引相場を把握しておくことで、無駄な駆け引きや査定交渉といった時間のロスも減ります。

メカニックや査定士の方にとっても査定時間が短縮化できる上に査定がスムーズに済むというメリットもあります。

少しでも高く買い取ってもらうためのポイントその3

最後のポイントになりますが、すぐに売却したい方も、手っ取り早く売却先を見つけたい方も必ず複数店舗で査定を行うこと。

最近では査定開始時からある程度の数字を提示してくる店舗も増えてきましたが、やはり競合店舗と比較した場合のほうが確実に高額査定をゲットできます。

年間約13万台程度という買取実績を誇る業界誌やトップのバイク王を追随するカタチで、どこのバイク買取店も買取実績を伸ばすことに必死です。

中古バイク買取業界にとって、すこしでも安く買い取りを行うこと大切です。ただそれ以上に1台でも多く中古バイクを買い取ることは大切なことなんですね。

多少の利益を削ってでも、確実に査定したバイク買取しておきたい…というのは買取店舗、販売店舗いずれにせよ共通認識です。

こういった各店舗の気持ちを、ユーザー側で上手く利用して始めて高額査定をゲットできるんだと思います。

上記の3つのポイントをしっかりと抑えて、ガッツリ高額査定をゲットしてくださいね!

【バイク売却コラム】バイクを売る前に中古バイク買取業界の流れを知る!

大切な愛車を高く買取ってもらうには、まず中古バイク買取業界の流れや諸事情を知っておくことも大切です。
ということでここ数年のバイク買取業界の流れ、そして今後の見通しについて、アナタに変わって知らべておきましたので、早速いっしょにみていきましょう!

新車バイクどころではない中古バイク市場

中古バイクの取引に関する正確なデータは少ないものの、全国軽自動車協会連合会の調査によると、軽二輪車の届け出台数は年間約9万5,000台という数字に対し、中古バイクは19万2,000台ということ。

このデータからも、およそ新車販売台数の2倍の中古バイクが売買され、それだけ大きな市場規模があるということがわかります。

仮に新車バイク全体の販売台数が70万台と仮定した場合、単純計算で年間約140万台前後が中古バイクとして流通していることになります。

年々減少傾向にある自社バイクの販売台数に対し、中古バイクの市場は新車と比較にならないほど大きいということですね。

それだけに、バイク王をはじめとしたバイク買取店舗は年々取引額を増加させ、バイク王に関しては年間買い取り台数約13万台と順調に買取実績を伸ばしています。

その結果、バイク王を追随するバイクランド、バイクワン、バイクブーン、バイクボーイといったバイク買取店舗もバイク王に追いつけ追い越せと躍起になっている状態です。

中古バイク買取業界のシェア争いも激化し、買い取り査定額の価格競争も始まっています。

これは単純に売却するユーザーさんにとって嬉しい状況です。

つまりしっかりと売却先を比較し、査定額の高い店舗を見つければ予想以上の査定額で買い取ってもらえる可能性が高い…という状況なんですからね。

バイクを売るなら海外輸出も行っている店舗がおすすめ


過去に中古バイク買取店や販売店で査定を繰り返した際、店舗によって査定額が全然違うことに気づいた方も多いのではないのでしょうか?

不思議なことに同じ車種、年式、車両の状態でも買取店舗によって査定額は大きく変わってきます。

これは単純に、各店舗で開催している買取強化キャンペーン、キャッシュバックキャンペーン等によって上下することもあります。

ですが査定額がこれほどまでにさが出てしまう大きな理由は各買取店舗で用意している再販売ルートの違いにあります。

ユーザーさんから買取した車両をそのまま業者間オークションに流通させるだけの店舗もあれば、車種によっては全国の中で最も適した地域で販売する店舗もあります。

また車両の状態によっては自社の直営店の店頭で販売する店舗もあります。ここ数年で増え続けているバイクをのダイレクトショップあたりもこれに当たりますね。

そんな中、車種や車両の状態によっては海外に輸出するという販売ルートを用意している店舗もあります。

ちなみに中古バイクの約95%はバイク専門の業者間オークションにおいて取引され、最終的に全国のバイク販売店に買い取られ、店頭で販売という流れになります。(参考:一般社団法人日本自動車工業会

ですが残念ながら、業者間オークションでは高く評価されない車種や車両の状態というものがあります。

そういった車両の場合、独自のルートで海外に輸出し国内よりも高額で売却するというパターンもあります。

以下のグラフをご覧ください。

財務省貿易統計の発表によると、新車バイクが約125万台輸出されているのに対し、中古バイクも約50万台程度技術されています。

世界中で愛されている日本メーカーの新車バイクが多いのは当たり前のことですが、中古バイクも同様に数多く輸出されていることが見てわかります。

東南アジアをはじめ中東やアフリカといった輸出先では多少年式が古く、状態が悪い二輪車でも故障が少なく性能が良い、または燃費が優れているためにビジネスバイクとして、又はレジャーバイクとして日本製の中古バイク人気の的です。

つまりこういった海外輸出も視野に入れた買取店舗や販売店の場合、車種やジャンル、車両の状態にかかわらずその車両ごとにもっとも高く売却できるルートがあるわけです。

結果、最終的な買い取り査定額もそれだけ高く提示できることにつながります。

ということで、愛車を売却される場合、ネットの口コミや評判、大手で露出度が高いかどうか・・・という部分で判断せず、売却先が用意している再販売のルートも確認してみると参考になるかもしれませんね。

売却前に読んで査定アップ!当サイトの人気カテゴリー

こちらのカテゴリーでは売却前に解消しておきたい、不安や疑問、そして売却前に知っておくべき知識をまとめています。
ベテランさんなら当たり前の内容もありますが、初めてのバイク売却だと気がつかない部分もあります。しっかり勉強してマックスの査定額で買取ってもらいましょう!

売却予定のバイクの悩み
ローン中のバイク、書類の無いバイク、故障車、不動車、事故車、傷の多いバイクと様々な状態の売却先選びを解説
査定前の準備
査定士やメカニック目線で、査定基準や査定金額に影響を与える部分、減額ポイントを徹底的に解説
バイク売却に関する疑問
ユーザーさんから頂いたバイク売却に関する不安や疑問、査定前にハッキリさせておきたい悩みを解決
バイク売却時に役立つ基礎知識
これから愛車を売却する全ての人に知っておいてもらいたい売却のコツやポイント、管理人の売却体験談

バイク売却にあたって管理人からお伝えしたい心構え

どうも、管理人のキャプテン・バイクセルです。

まず大切なことなので最初にお伝えしておきます。

愛車を高く売却されたいのなら凝り固まった考えや先入観は、いったん捨て去ってください。

例えば・・・

  • 「ネットでよい口コミが多い…」
  • 「大手だから安心…」
  • 「オンライン査定額が高額だ…」

といった情報も一度リセットしてみて下さい。

そもそも雑誌や大手バイク情報サイトの場合、多くはメインスポンサーが買取店舗や販売店さんです。

普通に考えて悪いことなんて書けませんよね…(当サイトは個人サイトなので好き勝手書いてますが…笑

それにネット上の口コミや評判は業界内部の方が素人になりすまして書き込んでいるケースも見受けられます。

1社をべた褒めしている場合、とくに要注意だと思いますよ。

高く売却できたオーナーさんは必ず2~3店舗で査定していた!

といわれているように、なるべく柔軟に数多くの店舗で査定してみてください…その方が必ず査定額は高くなります、キャプテン・バイクセルが保証します。

・・・というか業界の仕組み上、1店舗だけじゃ絶対に高額にならないんです。比較することで初めて査定額は相乗効果で上がるものです。

 

そこで管理人の普段からお世話になっている店舗のうち、多すぎても迷うので4つだけ掲載しておきます。

過去の売却経験でも大抵はこの中のどこかが最高額でした(というか査定が低かった店舗は頭にきたので載せませんでした…笑

まずは各公式サイトでキャンペーン内容だけでもチェックして2つ、いや3つくらいで査定しておけばけっこうな査定額まで持ち込めるかと思います。

バイクの売却先 選び方のポイント

バイクを高く売るためのポイントを挙げればキリがありません。ですが突き詰めてしまえば以下の3つに絞ることができるかもしれません。

  • 売却時に愛車の評価が少しでも高くなるように準備する
  • 売却する車両の買取相場や査定額を知っておく
  • 愛車にとってもっとも相性の良い売却先を見つけ出す

当サイト管理人も、大型スポーツからビッグスクーター、原付き、国産・外車を問わず数多くの車両を売却してきましたが、上記の3つのポイントさえおさえておけばまず相場以下で買い取られるケースはありません。この点は保証します。

もちろん愛車売却の準備、または愛車の買取相場や査定額に関しては、当サイトの個別ページで詳しく解説しています。愛車の車種や状態に合わせて参考にしてもらえば対処できるはずです。

ただ最後の「愛車にとって相性の良い売却先を見つけ出す…」という部分は残念ながら自分の体を張ってオーナーさんが行動する必要があるかと思います。

正直なところ、査定額の高めの店舗もあれば安めの店舗もあるのは否めません。もちろん無駄な駆け引き無しで最初から査定額の高めの売却先を選ぶのは言うまでもありません。

ですが反面、売却先の在庫状況や当日の査定スタッフやメカニックによっても予想できない不確定要素が多いのも事実なのです。そこで特定の1社に絞らず、めぼしい店舗いくつかで査定する必要がでてくるわけです。

ユーザーさんが過去に愛車を売却して満足できた店舗があれば、まずは第一候補として査定してみて下さい。下手にネット上の口コミや評判を参考にするより、その方が良い結果になるはずです。

ただ愛車を高く売りたいならば、時には先入観を捨てて柔軟に考える気持ちも大切です。車種や状態、キャンペーン等でもベストな売却先はコロコロ入れ替わるものです。

そんな意味でも本命とは別に数カ所で査定して比較する姿勢は大事かと思います。

バイクを売る前に準備しておく事とは

売却先選びと並び、高額売却の重要なポイントといえば売却前の下準備といえます。

ネット上のバイク売却関連の情報サイトの中には「修理や部品交換せずそのまま査定に臨んだ方がよい」というアドバイスをしているサイトも見受けられますが決してそんな事はありませんからね。

しっかりと洗車されてワックスアップされた車両と屋外保管でホコリまみれの車両では、最終的な査定額も大きく変わってくるわけです。

また売却先の査定スタッフやメカニックは査定時に様々な部分をチェックして、買取金額を安くおさえるための減額できるポイントを探すのです。不具合をそのまま放置することは査定士が減額するために好都合なことこの上ない状況といえるでしょう。

致命的な故障やまったくの不動車という場合、修理や部品交換に多くの費用が予想されます。もちろんこういった状況ならば無理に修理や部品交換せずにそのまま査定に臨む方が得策かもしれません。

ですがちょっとした費用で改善できる部分、または費用もかけずに改善できる部分に関しては事前にしっかりと解消しておきましょう。それだけで減額ポイントを減らすことができるはずです。

とくに査定士からみれば、エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等の状態を確認することで、このバイクがどの程度しっかりとメンテナンスされていたのか…簡単に判断できます。

最低限、上記の部分のメンテナンスを行った上で、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホース辺りの劣化や消耗具合まで確認しておくことで無駄な減額を減らすことが可能になります。

バイクを売却する前に買取相場を知っておこう!

知っている方にとって当たり前のことかもしれませんが、バイク売却時の査定交渉において、愛車の買取相場や平均的な査定額を知っておくことは非常に大切なことだといえます。

というのも、ひと昔前まではバイク買取店や中古販売店の中にはオーナーさんに買取相場や査定額の知識が無いと判断すると、ダメ元でとんでもない査定額を提示するような店舗も多々ありました。

こういった足元をみてくる買取店舗に騙されないためにも、まずは愛車の買取相場や査定額を知っておくことが肝心というわけですね。

また愛車のざっくりとした査定額を知っておくだけで、各売却先との交渉がスムーズに進み、無駄に駆け引きが不要となります。査定士やメカニックにとっても査定時間が短縮化され買取側・売却側双方にとって効率がよくなるかと思います。

ただし愛車の査定額や買取相場を知るために、オンライン査定やネット査定を利用するには注意が必要かもしれません。買取店舗や販売店の提供するオンライン査定のようなサービスは自社に売却させるための誘導作戦という面もあります。

とりあえず申込んでもらうために、明らかに高過ぎる査定額を提示する店舗もままみられます。この部分は注意が必要といえるでしょう。

バイク売却先選びがキモ!売却先それぞれの特徴

バイク売却のコツやポイントもいろいろありますが、中でも高額売却のカギを握っているのが……

愛車に合った売却先をきちんと選ぶこと!

同じ車両でも、売却先しだいでは10万、20万と差がつくケースも少なくありません。しっかり選んでおきたいものですね!

そのためには、まずは売却先・売却方法の選択肢を知っておくこと。以下にユーザーさんが手軽に利用できる5つの売却方法をまとめておきました。

早速みてみましょう!

売却方法オススメの部分マイナスな部分
知人・友人に売却気が知れた間柄なら、取引・金銭面も安心できる故障やトラブルによって人間関係が崩れてしまう可能性もある
ヤフオク等の個人売買日本全国のユーザーさんを相手に売却できる出品作業が大変

相手によってはクレームの可能性もある

地元のバイクショップ近隣なので買い替えによる売却では安心できる査定額が相場より安いと感じても、強気で交渉しづらい
バイク無料一括査定一度の申込みで複数店舗から査定額が届くので手間が少ない無料一括査定サービスの利益を捻出するために、査定額にしわ寄せがきやすい
大手バイク買取店複数店舗で査定して競い合ってもらうと高額になりやすい一切無料だが、複数店舗で査定を受けるのはちょっぴり手間がかかる

バイク販売店に売却するのはおすすめなのか?

バイク売却先として誰でもパッと頭に思い浮かぶのが「バイク買取専門店」と「中古バイク販売店」の2つかと思います。

簡単にいってしまえばバイク王やバイクランドといった出張査定をメインとした買取店舗、または大手レッドバロンのようなの販売メインの実店舗に持ち込んで査定という2つの選択肢から選ぶというのが一般的なバイク売却方法といえます。

そこでどちらで売却する方が高く買取してもらえるのか?と悩まれる方もけっこう多いのではないでしょうか。

残念ながらバイク買取店と中古バイク販売店は営業スタイルも買取に対する姿勢も違うため、どちらが高額査定とは簡単に決めることが難しい…というのが正直なところなのです。

買取後に最短で業者間オークションに流すという営業スタイルの買取店舗の場合、基本的に不良在庫という概念がありません。

つまり不人気車や状態の悪い車両でも気にせず強気で買取可能というメリットがあります。一方、不人気車や状態の悪い車両は売れ残る不安から強気で査定できない中古バイク販売店には、エンドユーザーに直接販売できるという大きなメリットもあります。

つまり「確実に短期間で買い手がみつかる」と判断した車両に関しては、買取専門店よりも高額査定で買取ることが可能なわけです。

他にも理由はいろいろですが、どちらにもメリットとデメリットが存在します。車種やジャンルによって売却先はケース・バイ・ケースというのが実情なのです。

管理人の経験から、話題の車種やロングセラー車種、定番車種なんかは、状況によっては買取専門店よりも中古バイク販売店の方が高額査定になるパターンが多いと感じています。

とはいえ比較対象として買取専門店で事前に無料査定だけは受けておくことをお勧めしますが…。

バイク買取店舗に売るメリットとデメリットとは

バイク買取店に売却する大きなメリット・デメリットはどんな部分でしょうか?

その部分を知るにはバイク買取店と中古バイク販売店の営業スタイルの違いを考えた方が早いかと思います。

基本的に実店舗を持たないバイク買取店(最近では直営のダイレクトショップを経営する店舗も増えてきましたが…)は売れ残りや店頭在庫という概念を持っていません。

つまり不人気車だろうが状態が悪かろうが、利益が見込める限りきちんと査定して買取りしてくれるでしょう。最終的に業者間オークションに流すことでいくらかの利益は必ず期待できます。

一方、中古バイク販売店の場合は基本的に自分の店舗の販売スペースや在庫状況にも影響を受けてしまいます。いくら買取りしたい車両でも店頭に同車種が売れ残っていれば強気に買取りはできません。

また不人気車や状態の悪い車両、店舗のイメージと合わない車両の場合、最低限の査定額しか提示できません。これは中古バイク販売店の査定が悪い…という話ではなく営業スタイルの違いのために致し方ないことなのです。

バイク買取一括査定の落とし穴とは

前述のとおり、バイク売却先の選択肢としてバイク買取店と中古バイク販売店という2つが存在しますが、ネット上には上記のどちらとも違う「バイク無料一括査定」というサービスもあります。

もしかしたら利用した経験のある方もいるのではないでしょうか。

この無料一括査定というサービス、数多くのバイク買取店や中古バイク販売店と提携しているため、たった一度の入力で沢山の売却先から査定見積りをもらえる…というメリットがあります。

基本的な流れとしては・・・

  1. 無料一括査定サイトに登録
  2. 提携先のバイク買取店や販売店があなたの愛車をネット査定
  3. 戻った見積りから本査定に進める売却先を選ぶ
  4. 実際に愛車を現車確認してもらい査定額が決定

といった流れになってきます。なんだかパッとみた感じ、非常に便利で効率が良さそうですね。

この無料一括査定という方法、自動車買取りや自動車保険あたりではすでに一般的な方法といえますが、少々注意してもらいたい部分もあります。

まず最初のネット査定額と実際の現車確認による査定額の差が激しい…という部分。

そもそも個別に申込んでも、無料一括査定でまとめて申込んでも、ネット査定はネット査定です。現車確認の無い査定など最初からアテにしてはいけません。

基本的に本査定に進んでもらうために買取側としては少々高めに提示するのが一般的な買取店舗なのです。この部分は忘れずに利用してください。

とくに無料一括査定の特性上、最初のネット査定の金額が数多くのライバル業者と比較される前提なのです。言いかえればライバル業者より安いネット査定額では絶対に本査定に申込んでもらえないということ。

少しでもユーザーさんの目にとまるように、各社が高め査定額を提示する業者が増えた結果、実際の査定額とはかけ離れた数字になってしまうのです。

もちろんネット査定額そのままで査定されるケースは基本的にありません。

本査定では査定士やメカニックはあれこれと難癖をつけて各部の消耗や傷といった理由で減額をしてきます。そもそもネット査定額で買取すれば赤字は確実です…一般的な買取相場、できればそれ以下の金額におさまるようにあれこれと減額を始めるのです。

無料一括査定という名称から「無料で便利なサービス」というイメージを連想しがちですが、結局は売却時に安い査定額というカタチで利用料を払っている…というのが正直なところなのです。

その証拠に各バイク買取店は無料一括査定サイトに利用料や登録料を支払っています。この利用料や登録料はどこから捻出されているのでしょうか?

そうです。他でもないユーザーさんから安く買取りしたバイクを売却して利益を生んで捻出するのです。つまり個別で申込された場合よりも、無料一括査定サイトに支払う分だけ安く買取る必要がある…という考え方もできるかもしれません。

たしかに一度の入力で各社からネット査定額が届くのは便利です。ただ最終的な査定額のことまで考えた場合、本当に便利なサービスなのでしょうか?

とにかく売却先に申込む時間も無い…という方にはお勧めの方法かもしれません。しかし高額査定を狙うオーナーさんにとってはあまり利用価値の高い売却方法とはいえません。

バイク売却時の査定額や相場はどうやって決まるの?

レッドバロンやバイク王で愛車を査定する際、査定額は何を基準に決まるのでしょうか?

中古バイクの大半は、買取後にタイヤやブレーキ系統、基本的なメンテナンスが施された後、業者専用のオークションに出品されます。

よって『この車両は普段、業者オークションで幾らくらいで落札されているのか?』という業者オークション落札相場が査定額の基準となります。

バイク王やレッドバロンに限らず、バイク買取をメインに行っている店舗の場合、簡単に業者オークションのデータベースにアクセスできます。

基本的な車種、年式、走行距離、状態(評価点)……こういった情報を業者オークションの落札履歴のデータベースを参考に算出し、さらに人気色かどうか?モデルチェンジの予定はあるか?など査定時に最終的な査定額を増減額します。

つまりバイク王でもレッドバロンでも大手バイク買取店舗の場合、ベースとなるデータベースが同じこともあり、買取上限金額はほぼ決まってしまいます。

結局は、査定前にしっかり愛車をメンテナンスして良い状態にできるか?純正部品を用意して、購入時に近い状態に現状回復できるか?このあたりが高額査定のポイントになってきます。