【バイク査定前に準備・用意】必要な手続きと査定額にひびく部分

このページをみつけて読んでくれているということは、もしかすると

  • 愛車の売却前にやっておくべき準備とは?
  • 愛車の査定前に何を用意すればいいのか知りたい

このように考えて、ネットで情報を集めていませんでしたか?

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

このページでは売却前、査定当日までにやっておきたいバイクに関する下準備について説明しておきます。

 

多少手間はかかりますが、基本的に費用はかからない方法ですし、ちょっとした事で数万円程度変わってくる場合も普通にあります。

以下の流れでぜひ実践して下さい。早速みていきましょう!

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

バイク査定の前に準備や容易を怠ると高額査定は厳しい!

愛車をできるだけ高額で査定してもらいたい…と誰でも思うわけですが、ほとんどの方は希望の査定額に達することなく仕方なく妥協して売却しているって知ってました?

具体的な数字でいうと、約8割以上のオーナーさんが査定額に納得できずに買取られている・・・なんてデータもあります。

 

一体、なぜ希望の売却金額に達することができなかったのか?

 

もちろんこれには沢山の理由があります。ただ単純に売却の準備をせずにぶっつけ本番で査定しちゃったからって人も多いのかなあと思います。

やっぱり高く査定してもらいたいなら、ある程度の下準備は必要だってことなんですね。

バイクの状態を把握してネットで相場もチェックしておく

まず何はさておき最初にやっておくべき事はこれですね。愛車の状態を隅々までチェックして把握しておくことと、愛車の中古相場なんかを軽く調べておくことです。

おまけに洗車程度はしておいてもよいかもしれませんね。

査定前に減額ポイントを改善する

では順に説明していきますが、まずは愛車の状態をチェックしておくこと。これ意外と見落としがちですが凄く重要なことなんです。というのも毎日乗っているバイクを売る人は別として売却予定のバイクは往々にして車庫やバイク置き場で保管中なはずです。

そういった保管期間の長いバイクは何かしらマズイ部分がでてくるものです。細かいことで言えばタイヤの空気が抜けていたり、燃料タンクの内部が錆びていたり、バッテリー上がりでエンジンが掛からないケースもけっこう多いものです。

まあ致命的なダメージとはいえませんが、査定スタッフやメカニックからみれば正直あんまりイメージ良くないですもんね。

なので査定当日までに一度、愛車を隅々までチェックしてタイヤの空気を補充したり、燃料タンクの内部を確認したり、バッテリー残量なんかもチェックするわけです。で、問題があれば事前に対処しておけば査定の当日に無駄に査定が安くなることを防げますね。

減額ポイントにつながる不具合をあえて伝える?

基本的にこちらのバイクのネット査定やオンライン査定の金額はアテにならないでも説明してますが、ネットやスマホで申し込みの時に提示したオンライン査定額は新車同然の状態の最高買取額です。

実際には現車を確認して不具合やダメージ部分を見つけ出してどんどん査定額から減額するものです。

 

だって査定スタッフからすれば、買取後にもし致命的なダメージが発見されたら大問題ですし大きな損益です。なので査定スタッフは鷹の目以上の目で減額ポイントを探しているわけです(笑)

他にも査定当日までに愛車をチェックしておけば、なんらかの不具合をみつけて査定スタッフに申告することができます。

 

「えっ!自分から不具合を報告しちゃったら…」

…なんて思うかもしれませんが、ここも結構なポイントですね。査定スタッフが発見する前に愛車の不具合を申告できる方はバイクに詳しい方ってわけですから、査定スタッフとしては余計に気が抜けないわけです。

それにマイナス査定になるような不具合を敢えて自分から申告できるなんて「このオーナーさんは信用できるなぁ」と査定もだいぶゆるくなるわけです。結果として多少の不具合は減額されようとも高額になるケースが多いといえますよ。

 

査定前にバイクを洗車しておくべき理由

洗車といえば、よくバイク買取店の説明で「そのままの状態でOK!」なんて書いてありますが、あんなもの信じてませんよね?実際はそんな事ありませんので真に受けちゃいけませんからね、絶対に。

やっぱり査定スタッフやメカニックさんも同じ人間です。洗車してあるかどうかが査定基準とは関係ないといえ、査定するなら綺麗なバイクの方が査定しやすいし気分がいいのは当たり前ですもん。

 

なので愛車のチェックをした時についでに洗車しておくことをおすすめします。洗車しておけば普段の走行では気にならなかったオイル滲みや排気漏れ、ブレーキパッドの摩耗なんかも洗車ついでにまとめてチェックできるし、カウル類や外装全体が綺麗になるので査定スタッフの第一印象もアップするはずです。

 

もちろん愛車を洗車するのは外装関係がきれいに見えて査定額がアップすることも目的ですが実は他にもあったりします。(参照 バイク売却の査定前に準備・用意すべきこと

 

洗車の一番の目的は減額ポイントがバレないため

ここだけの話、査定スタッフはバイクの状態からオーナーさんがどんな乗り方をしてきたのか?ってある程度は見当はつきますが、案外こちらが思っているほど詳しいことはわからかったりするんです(分かったような素振りですが…)

 

じゃ、どうやって調べるのか?というとタイヤの減り方やエンジンの吹け具合、オイル滲みや排気漏れ、ブレーキパッドの状態といった様々な部分から推測するわけです。

例えばタイヤの減り方が両サイドまでしっかり摩耗していれば「これはスポーツ走行や峠道でぶん回されていた可能性が高いな」とか反対に「このバイクは街乗り中心に大切に乗られていたんだな」といった具合ですね。

 

やっぱり大切に乗られていたと思われるバイクはエンジンの調子も良いでしょうし、買取後のトラブルが少ないのはもちろんです。つまりソコソコ高額になりやすいともいえます。

なので査定前にしっかり洗車して、オイル滲みや排気漏れの汚れがあればそういった部分、ブレーキパッドが削れた鉄粉等で錆がホイールに付着していれば、そんな部分も丁寧に洗い流してあげましょう。たったそれだけでも査定スタッフには大切に乗られてきたバイクに写るものですからね。

付属品や純正部品、カスタム部品も査定に提出

バイクの査定なのにバイク以外の部品を提出?なんて思う方もいるかもしれませんが、少しでも高く売りたいならバイク関係の部品や付属品、サービスマニュアルなんかもまとめて提出して下さい。

 

こういった付属品や純正部品なんかも思いの外値段がついて買取してくれるケースは多いものです。

というのも大手のバイク買取店の多くは独自にバイクパーツ店を展開しているパターンも多く、買い取りした純正部品やカスタムパーツは自社の店舗で販売できます。

とくにヨシムラだったりモリワキだのブレンボなど有名ブランドの社外パーツは生産中止なんかの理由で予想外に高いパターンも多いですからね。

忘れずに査定に持込ましょう。

売却するアナタが未成年という場合の準備と用意

もしかすると売却されるアナタが未成年というケースもあるでしょう。そのあたりについてもざっくりお伝えしておきます。

もちろん未成年者でも自分のバイクを普通に売ることは可能。ただ成人と違い、『親の同意』が条件で、その同意のための書類等が必要になります。

いくら自分名義の車両であっても、バイクの車体を売却することは高額な売買には他なりません。後々のトラブ防止の意味をかねて、かならず親の同意が必要なのです。

基本、売却時の立会いが可能ならば立会。不在であれば

  1. 親権者への電話確認
  2. バイクを売却する同意書
  3. 身分証のコピーの提出

が必ず必要になるのでご注意ください。

仮にこれらの書類も無しで買取可能な店舗ということになると、ちょっと怪しい店舗だと警戒が必要かもしれませんよ!

まとめ

まあパーツによっては価値が少ないので査定がつかないケースもありますが、そういった場合でも多少の手間はかかりますがヤフオクのようなインターネットオークションに出品してみれば思わぬ高額になるケースもあります。

以下ではヤフオクとメルカリのバイク売却も比較しているので、参考にどうぞ!

【メルカリでバイクを売る】売却手順や手数料、メルカリとヤフオクどっちがいい?
大切に乗ってきた愛車を手放すことになった。 ただバイクショップに持ち込むのも面倒だし、バイク王とかの出張査定も査定額が安いってクチコミ・評判が多い…… そこで もしかしたら、こんな風にメルカリでバイクの車体...

そんな時は諦めないでネットオークションの落札相場なんかをチェックして、ダメ元でもいいから出品してみるのもよいかもしれませんね。

 

いずれにせよ、しっかり無料の出張査定などを活用し、愛車の相場や最低希望金額をはっきりさせてから査定に臨むことがポイントです。

当サイトが、アナタの愛車の売却準備をスムーズに進めるお役に立てれば幸いです!