【車検切れのバイク売る】車検の無いバイク、車検証を紛失したバイクを買取ってもらう!

「車検切れのバイクは普通に買取ってもらえるの?」

売却予定の愛車が車検切れ、または近日中に車検が切れそうな人へ。 「車検が切れると安くなる?」「売る前に車検取り直すのは損?」売却する車両の車検に関する疑問をすべて解消した上で、車検切れのバイクに1番おすすめの売却先もあわせて教えします!
1日も早い行動を!
結論からいうと車検切れだからと減額することもありません。ただし売却するなら行動しやすい車検のある間に売却しちゃった方が断然に楽!!なので手放す予定ならすぐに行動するのが正解です。
以下のような無料の出張査定なら動かすことのできない車検切れの車両を確認しに自宅まで足を運んでもらえます。

車検切れバイクにおすすめの買取店舗の活用方法

経験上、車検が切れた車両をを少しでも高く査定してもらえる方法が「競合する大手買取店舗で査定の相見積りをとる方法」。 具体的には以下の流れでバイク買取店舗を利用します。

無料で出張査定する店舗を複数ピックアップする
2社、できれば3社で無料出張査定を申込む
競合他社の査定額を査定員に伝え最後まで結論を出さない

相見積りをとる最大のメリットは無駄な交渉時間がカットされ効率よく最高額が引き出せること。 車検切れでも査定員が無料で足を運んでくれます。愛車の査定交渉に自信のない人手間なくサクッと高額査定を狙いたい人には特におすすめです。

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

車検の有無と査定額は思うほど関係していない

まずは車検の残っているバイクと車検切れのバイクの査定額について少し考えてみましょう。

車検切れのバイクというと公道を走ることもできない状態だし、査定額もガッツリ安くなるのでは?と考える人もいますが、実際にはこちらが思うほど査定額に影響がでないものです。

 

そもそも車検は保険と違い、所有者ではなくそのバイクに帰属しています。ですので同じバイクで車検が2年まるまる残っているバイクと車検が切れた状態のバイクを査定したら、車検の残っているバイクの方が幾らか高く査定されるのは間違いありません。

 

しかしですね、車検切れのバイクが新たに車検を通した費用ほどの差額はでないってのが実際のところです。そもそもこちらのエントリーバイク売却時に査定方法と査定額に大きく影響する部分でも解説していますが、車検の有無はバイクの査定基準そのものに含まれてはいません。

つまり沢山残っていればそれなりにプラス査定にはつながるけども、車検が切れているからって減額対象にはならないということ。

これは買取されたバイクが店舗に並んだシチュエーションを考えてみれば明らかですね。

購入者からみれば車検の有無は関係ない

バイク購入者からみれば、バイク選びに車検の残存期間なんてほとんど気にしていないんです。あなたも中古バイクを購入したことがあれば分かりますよね?

バイクを物色していて欲しいバイクを見つけた時に、車検が切れているからって諦めませんよね?というか新車なら普通に納車前に自分持ちで通すわけですから、正直あんまり気にしませんよね。

そりゃ2年まるまる残っていれば嬉しいですが、中途半端に残っているなら購入時に新しく車検に通した方が手間もかからず喜ばれる場合だってありますからね。

つまり乱暴な言い方をちやうと車検なんて残って入ればラッキーという程度で、バイクが売れるか売れないかにさほど影響しない部分なんですよ。

さらに残存期間が日々減り続けることも関係しています。例え多少の車検が残っていようが、車種によっては不人気で買い手がつかずに半年~1年間も店頭で展示されてるケースもあります。

そんな場合、入庫時に車検が残っていようが結果として売れた時には車検切れです。これも車検の残存期間はこちらが思うほど査定額に関係していない理由のひとつといえます。

自走できないので売却先が絞られるというデメリット

ということで、売却を予定しているならそのまま車検が切れた状態のまま査定を受けた方がいいのは間違いありません(というか車検だけじゃなく費用のかかる修理や部品交換も止めておきましょう)

 

しかし車検切れだと公道を走行することができませんから、売却先が限定されてしまうというデメリットは覚悟しておきましょう。

稀にトランポを兼ねたワンボックス車やトラックを所有している方もいるでしょうが普通のオーナーさんはそういったバイクを積載する手段が無いために中古バイク販売店に持込むなんてできませんからね。

 

どうしても中古バイク販売店に持込んで査定を受けたいって場合、市町村に届け出を申請して費用を支払い仮ナンバーを取得するといった方法もありますが、面倒くさい手続きが必要なので正直あまり現実的ではありませんね。

いろいろ考えてみると、バイクを移動させずに相手が足を運んでもらう方法から選ぶのが無理のない売却先選びといえます。(バイク買取店選びはこちらを参考に→どのバイク買取店にバイクを売却すればいいの?バイク買取店選びのポイント

車検切れのバイクに理想的な売却先とは

じゃ、自走できない車検切れのバイクを売却するなら理想的な売却先は?といえば、とにかく自宅まで出張査定に来てくれる会社であればどこでも良いのではないでしょうか。

例えばレンタカーを借りてバイクを持込むなんて不経済だし、仮ナンバーも自賠責の関係とか考えるとメチャクチャ面倒くさいですからね…そんな手間までかけて査定額が安い場合も多いのでやる価値はありません。

その点、最初から出張査定をウリにしているバイク買取店なんかはこんな場合には利用価値が大きいといえます。大手のバイク買取店なら買取が成立しようがしまいが一切の費用は無料なのでリスク無しで依頼できます。

 

もちろん査定額もソコソコ高いし書類関係も無料で代行してくれます。おまけに売却が決まればその日にトラックで引取してくれるで手離れもいいですね。

ただ注意して欲しいのは、中古バイク販売店の中にも出張査定が可能な店舗もあるんですが、完全に査定が無料じゃない店舗もあるので気をつけて下さい。

 

買取が成立した場合のみ出張費が無料なんて分かりづらい業者もいるので、申込む前にその部分をしっかりチェックしておきましょうね。

まあ大手のバイク買取店ならほぼ間違いなく完全に無料で出張査定するはずなので不安な方は大手から選んでおけば間違いないかと思いますが…。

売却前にしておきたい車検の仕組みと車検費用

まず車検について簡単に概要を説明しておきます。

一般的には車検とは「自動車検査登録制度」の通称となります。

これは道路運送車両法が定める保安基準にそのバイクが適合しているかを判断する定期検査のことです。

バイクにおける定期検査は排気量251cc以上の小型二輪車が対象です。

 

中には車両の整備や修理といった部分も含めて車検と考えている方もいますが、車検そのものは単純に定期検査のことを指します。お間違いのないように。

車検費用の具体的な内訳

まず車検にかかる費用の内訳は、大きく4つの項目に分けることができます。

以下に具体的な車検費用の内訳をご紹介しますので参考にしてください。

自動車検査手数料

これは自動車検査証の交付を行う国に納付する手数料となります。

400円の自動車検査登録印紙を他の証しと一緒に貼り付け、納付します。

後述する基準適合性審査代と同じく検査手数料に含まれます。

基準適合性審査代

これは自動車検査独立行政法人に納付する手数料です。

継続車検の場合は、1300円の自動車審査証紙を納付書に貼り付け納めます。

前述した自動車検査手数料と同じく検査手数料に含まれます。

重量税

新車購入時はもちろん、車検の度に支払わなければならないのが重量税です。

通常は4400円、また初年度登録より18年が経過している車両は5000円となります。

自賠責保険

次回の車検満了時までの自賠責保険料として24ヶ月(25ヶ月の場合もあり)の保険料が必要となります。

近年、段階的に自賠責保険料の値上げが検討されています。具体的な自賠責保険料については、持ち込未予定の陸運支局等やショップ等でご確認ください。

 

車検費用をとにかく安く!だったらユーザー車検

さて今度は車検にかかる費用についてお伝えします。

車検に必要な用紙等の費用を考えた場合、単純に車検にかかる費用は約2万円程度のものです。

 

ちなみに、ご自分で車検を行うユーザー車検ならばそれ以外の費用は不要となります。

とはいえ自動車点検基準に基づく点検整備は別途行う必要があります。

 

ご自分で車検に対応した点検整備ができる方は無料ですが、ショップに依頼すればそれなりの費用が発生することもお忘れなく。

ちなみにショップやディーラーに依頼した場合、下記のような費用が加算されます。

車検をショップや修理工場に依頼する場合

ショップや修理工場に車検を依頼する場合、継続審査はもちろんのこと、それに伴う定期点検整備の費用が発生します。

定期点検整備の結果、消耗部品の交換が必要となれば部品代やパーツ交換の工賃が発生します。

 

また大抵のショップや修理工場の場合、怪しい部品はすべて交換した方がよい…という発想のため、消耗部品等を早めに交換しようと提案してきます。

結果、ショップや修理工場の提案通りにパーツ交換を進め進めてしまうと、予想以上の費用がかかるケースもありますのでご注意ください。

またショップや修理工場とは違い、車検代行業者という車検場に代行して持ち込んでくれる業者もいますが、車検代行業者は基本的に点検整備や修理は対象外となります。

 

あくまで車検場に持ち込み、検査を代行するというのが車検代行業者のスタイルで、修理や部品交換となれば修理工場と同じく別途で費用がかかります。安い料金に惹かれて利用する方も多いようですが、お気をつけください。

ユーザー車検の場合の車検費用

前述した通り、オーナーさん本人が管轄の陸運支局に車両を持ち込み、自動車検査法人の検査場で継続検査を受けることをユーザー車検と呼びます。

 

ある程度のメンテナンスができる方にとっては、コストを抑えることができるため非常に魅力的な車検のスタイルだと思います。

とはいえショップや修理工場と違い、点検整備の状態や書類上の不備により不合格になるケースも稀にあります。すぐに指摘事項を改善し、再検査を受けることもできますが、中にはその当日に合格できないケースもあります。

なのでユーザー車検を行う場合、しっかりと下調べを行い定期点検記録簿等で確認しながらしっかりと点検整備を行ってください。

 

また管轄陸運支局の周辺には代書屋や予備車検場というサービスが必ずあります。

もし書類上の不備や点検整備の内容に不安のある方は、車検に持ち込む前に代書屋や予備車検場を活用してください。

ユーザー車検の場合、代書屋や予備車検場を利用しない場合は、自賠責保険料と重量税+検査手数料と申請書類で約2万円程度で車検を終えることができます。

 

車検を取得しても車検費用ほど査定額が高額になることはない

愛車を売却される方の中には、「車検を取得しておけば査定時にその費用の分だけ高額に査定されるのでは…?」と考える方もいるかもしれません。

 

しかし結果から言わせてもらえば、車検が切れる寸前でも車検取得後でも、査定額にそう大きな違いはみられません。

車検がまるまる2年残っている場合、売却先によってはそれなりのプラス評価となりますが、反対に車検が切れそうな車両や切れている車両という理由で大きく減額されることもないのが実情です。

なぜなら車検の残像期間は時間とともに短くなります。仮に車検がフルに残った車両を買取後、店頭で買い手が見つからなければ車検はいつか切れてしまいます。

つまり車検の残存期間を考慮して査定額を算出していては、買取側にとって赤字となるケースも出てくるわけです。よって車検の残存期間はそれほど査定額に影響しません。

 

いずれにせよ売却予定の車両ならば、車検の満了前に売却される方が得策かと思います。

車検切れのバイクは売却先の選択肢が絞られる

また万が一、売却先が決まる前に車検が切れてしまった場合、バイクを店舗に乗り付けて持込査定することもできません。つまり売却先の選択肢が減るわけです。

また試乗できないということは、個人売買やネットオークション等での売却も厳しいものがあります。

結果として、トラックを乗り付けて引き取ってくれるバイク買取店舗の出張査定のみの選択肢となってしまいます。

やはり車検の切れる前に早めにアクションを起こし、様々な選択肢の中から売却先を選ぶのが高額売却のポイントといえそうですね。

いずれにせよ、売却先選びでは必ず複数店舗の査定額を比較してください。バイク買取業界の仕組み上、どんな優良店で査定したところで、1店舗だけでは高額にはなりません。

また愛車の車種やジャンル、車両の状態によってもっとも評価してくれる店舗は違うため、予想できない部分もあります。悩んでいる間に車検が切れてしまわないよう、1日でも早く売却先選びを開始しておきたいものですね。

【まとめ】できれば車検が切れる前に売却、切れたら出張査定!

と、ここまでいろいろ車検切れのバイクの売却について説明してきましたけど、もし売却を考えているなら車検が切れる前に売却した方がやっぱり良いでしょう。

その方が売却先の選択肢も多いし結果として高額になるケースが多いです、経験上。

車検切れのバイクの査定する場合、オーナーさんにも「邪魔だから早く引き取ってもらいたい…」といったオーラがでるものです。

そんなオーラは査定スタッフからみれば安く買い叩ける絶好のチャンス!結果として安く査定されてしまうケースが多いです。

ということで、気がついたら車検が切れていた!ってパターンは仕方がないにしても売却を悩んでいる間に車検が切れたってのは痛いパターンなのです。

そうならないためにも売却を決めたら面倒くさいと思う前に勢いで査定に申し込んじゃうのが後に引けなくて個人的にはおすすめの方法だと思いますよ。

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【状態別】売却先選び
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました