【下取りと買取どっちが得?】徹底比較中古バイク店の下取りと買取専門店の買取り!

もしかしたらバイク売却という段階で、

  • 愛車を売るなら買取店舗での出張買取と販売店での下取り、どっちがいいんかなー?
  • そもそも買取と下取りは何がどう違うんやろ?

こういった部分に悩んで情報を集めていませんでしたか?

だったらOKっす!バッチリです。

当ページはバイク売却における買取と下取りの違い、そして結局のところどっちがお勧めか?という部分について詳しく比較してまとめています。

念のためこの場では分かりやすいように「下取り=バイク販売店に持込査定+新しいバイク購入」「買取=バイク買取店に売却+販売店でバイク購入」といった感じで進行させていただきます。

で、さっそくの結論となりますが、次に購入するバイクがあって、購入先が特別アナタの車両を欲しがっているパターンをのぞき、たいていは買取専門店に売却した方がいくらか高くなります!

詳しい理由は以下でお伝えしますが、もし買い替えによる下取りを検討している人も、とりあえず以下の大手買取専門店で査定だけは受けておきましょう。

相場を知ることで交渉ができますからね。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
2017年 注目の4店舗

下取りと買取は根本的に違うものなんです

まず下取りと買取について少し考えてみましょう。

まあどちらもバイクを買取ってもらう部分では同じような事ですが、根本的に違う部分もあります。まず下取りは新しいバイクの購入を前提とした買取、ここがポイントです。

つまり新しいバイクの購入予定が無い場合、当然ながら下取りという選択肢はありません。一方の買取、これはもう単純にバイクを査定して買取ってもらうこと。

バイク買取店の出張査定だろうがバイク販売店に持込査定だろうがバイクを売却するときは買取してもらうってことですね。

つまりバイクを販売している店舗に買取ってもらうことが下取りの条件といってもいいのですが、最近では大手バイク買取店のいくつかもダイレクト店舗を運営しています。

もちろんそんな店舗で新しいバイクを購入する場合はバイク買取店でも下取りしてもらうことは可能といってもいいかもしれませんね。

下取りは購入に対するサービス

ここまで説明でも下取りと買取の違い、ピンと来ない方もいるかもしれません…確かに大した違いが無いといえなくもありません。

じゃ決定的に違う部分をひとつ。

そもそも下取りってのはバイクを購入してくれるお客さんへのサービスなのです!

新しいバイクを購入してもらうために、購入のハードルを下げるのが目的で

『今お乗りのバイクならウチでしっかり買取りますよ!』ということで、ユーザーさんも安心して新しいバイクに集中できます。そのためのサービスなんです。

バイク売却の下取り額と買取額を比較する

ではここで気になるバイク売却時の下取り額と買取額を比較してみましょう。

こういった感じで、単純に金額を比較することは難しいともいえますが、僕の経験上、やっぱりバイク購入店で下取りしてもらった方がちょっぴり高いケースが多いなぁ…というのが正直なところです。

ただ顔なじみのバイク販売店かどうかでも違うでしょうし、購入するバイクの価格帯なんかでも違ってくるかもしれません。

もしかしたら初めて訪れたバイク販売店だったら下取りでも大した査定額にならないケースもあるでしょう。

その場合、普通にバイク買取店で買取ってもらった方が高額になる場合もあるので、即答せずにしっかり比較しておきましょう。

下取りと値引きは別物と考える

また、店舗によっては新しいバイクの値引きが限界なので下取り額で調整といったケースもあるので最終的に下取り額がハッキリしないパターンもあります。

できれば購入予定のバイクと売却予定のバイクの下取り額を別々で提示してもらった方が間違いありませんね。

ここ数年、出張査定のバイク買取店も店舗が増えて競争も激化してますからね、バイク販売店が頑張って算出した下取り額なんかより一発目の査定額で高額に査定しちゃう買取店があっても何も不思議なことじゃないんですね。

つまり下取りの場合でも「下取りだから高額なはず」と決めつけずに冷静にバイク買取店なんかの査定額と比較しておいた方が後悔しませんよってことです。

下取りの場合、事前に愛車の相場をリサーチしておくのは鉄則

次に購入予定のバイクが比較的メジャーなバイクの場合、どの店舗でも購入できるタイプであれば下取りの良さげなバイク販売店で注文し、愛車も下取りしてもらえば良いかと思います。

けど問題なのは購入予定のバイクが中古バイクだったり他店では見つからないバイクの場合。その場合、残念ながら下取り金額を比較して購入店舗を選ぶことができません

、欲しいバイクを販売している店舗で下取りしてもらうしか選択肢はありません。

下取り交渉では相場観が大きく左右する

そんな場合は下取り交渉の前に愛車の査定相場をしっかりリサーチして交渉に臨んだ方良いでしょうね。

普通の店舗であれば、新しいバイクを購入するお客さんには甘めに査定するわけですが、中にはまったく上乗せもしない意味不明な店舗もあるようですから。

最低でも1つ、できれば2つ3つの買取店で無料の査定を受けて愛車の平均買取相場を知っておけば、下取り交渉でも胸を張って「◯◯万円以上になるはずです!」と言い切れるってものです。

とはいえ、それでも希望の下取り額に達さない場合もあるかもしれません。そんな時は考え方を変えて、新しいバイクは販売店、古いバイクはバイク買取店で売却、といった感じで購入と売却を別々に考えてみるのも良い方法だと思います。

(※こちらのバイクを高く売るコツ!手間なく高額査定をゲットする5つのポイントも参考にして下さい)

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする