バイクを売るのが面倒?面倒くさいと放置すれば査定額は下がります…

当ページは

「愛車を売ることは決めたんだけど、なんだか面倒だ・・・」

「手間もかけずに高額で買取ってくれる店舗が知りたい」

といったオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は売却予定の愛車を放置していると最終的にどうなってしまうのか・・・という部分や、もっとも手間をかけずに高額で売却できる方法についてまとめてみました。

大切に乗っていたバイクだけど、生活のスタイルが変わって乗る機会が無くなっちゃった…なんて人も意外と多いと思います。

で、そんな時また乗る予定の人はいいでしょうが、クルマや公共の交通機関がメインになってバイクを乗らない場合はすぐに売却した方がいいと思いますよ。

というのも、何度もお伝えしていますが「バイクの状態は放置しとけばどんどん悪くなるため」

なので1日も早い売却を検討した方が後悔しませんね、経験上。ちなみに査定するなら去年、評判の良かった店舗から選ぶといいかと。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
2017年 注目の4店舗

放置したバイクの査定はどんどん安くなる!

売るのが面倒なバイク

乗らないバイクを放置しておくデメリットはいくつもあります。

まず圧倒的に査定額に影響しちゃうのがバイクの状態について。そもそもバイクって乗り物は鉄馬と呼ばれるだけあって鉄の塊ですからね。乗らない期間が長ければフレームからエンジン、足回りといった鉄部分を始めとした至る所が錆びてきます。

それに放置期間が長ければ燃料タンク内のガソリンだって腐るでしょうし燃料タンク内だって錆びてきます。もちろんバッテリーだって外して保管しとかなきゃ自然放電して完璧に上がってしまいますしね。

ですので乗らないと判断したら調子のいい間に査定に出してしまうのが高額で売却する一番のポイントなのは言うまでもありませんね。

(※こちらのバイク買取で査定が安過ぎる!こんな状態のバイク売却は高額査定にならないも参考にして下さい)

型落ち・低年式になれば査定額にも影響が

売却予定のバイクを放置することのデメリットはバイクの状態の悪化だけではありません。

基本的に一部のマニアックな旧車昭和の名車、現在では生産されていない2サイクルのバイク…といった特殊なバイクは別として、普通のバイクの査定額は日に日に安くなるものです。

年式が古くなり型落ちとなってしまうとガクンと査定額が落ちることもザラにありますからね…なので少しでも早く売却しちゃった方が確実に一万や二万は高い査定額を引き出せるでしょうね。

この特徴は比較的新しめの車種(ここ4~5年以内のバイク)だと顕著に現れます。どうしてもそういった最新のバイクを欲しがる層ってのは最新型にこだわったりしちゃうので仕方がないかもしれませんね。

とにかく大幅にモデルチェンジでもされたら査定額も急落する恐れもあるので、もし放置している人はその辺りの覚悟をしといた方がいいかもしれませんね。

そもそもなぜ売却予定のバイクを放置してしまうのか?

査定申し込み

というわけで最終的に売却するバイクの場合は、1日でも早く売却しちゃった方がスッキリするし査定額も高額ってことは分かってもらえましたね。

けど、それでも売却予定のバイクを放置してしまう人ってけっこう沢山いるわけです。これ何ででしょ?

僕のように何台もバイクを買い換えている人間だと理解できませんが、その理由はきっと「バイクの売却ってなんだか面倒くさいような気がして…」といった理由なのかもしれませんね。

根っからの面倒くさがりは放置するしかありません

多分、こういったタイプの方は大きく分けて2つのタイプがいるような気がします。ひとつは根っからの面倒くさがり屋さん。もうこういった人の場合はバイクの売却だけでなく全てのことが面倒くさいわけです。

そんな人にたいした手間もかからないから早く売却しちゃった方がいいですよ~なんて言っても正直あんまり効き目ありません。

なのでずっと放置しておくしかありませんね。稀に放置した結果、ラッキーな事に何らかの理由でそのバイクの希少性が上がって査定額が高沸…なんてケースもあります。

もうそれに期待しましょう(爆)

バイクの売却を難しく考えすぎてもダメ

でもうひとつのタイプ、これは面倒くさがりってわけではないんですが、バイクの売却ってけっこう手間がかかるし不安だってことで躊躇して先延ばしにしているタイプ。

こういったタイプの人は意外としっかりと調べて、売却先なんかをリサーチとかしちゃうわけです。で、リサーチし過ぎてどこに売却すればいいのか?とさらに悩んで行動が止まってしまうパターンですね。

こういったタイプの人はバイクの売却を少し難しく考えすぎてしまっているわけです。なのでリサーチし過ぎずに気になる売却先にどんどん査定にだしてみるのが良いかと。

というのもバイク査定額なんて結果からいってしまえばどこが高額かなんて決まっていませんから。というか車種や状態、在庫状況、業者オークションの相場…といった様々な要素で算出されますから、現車を確認して査定してみないとぜーったいににわかりません。

つまり幾つかの売却先で査定してから悩んだ方が効率的ということ。

とりあえず出張査定で愛車の価値を調べてみることから…

でですよ。そういったバイクの売却を難しく考えすぎている人は最初にどこで査定すればいいのか?というと個人的にはバイク買取店の出張査定がいいような気がします…というか自分の愛車の場合はそうしています。

というのもレッドバロンや地元の中古バイク店に持ち込んでもいいんですが、実店舗を構えたバイク販売店だと本当のバイクの査定額を知ることができないってのが大きな理由です。

(参照 レッドバロンの査定額は安いのか?中古バイク店に持込査定する場合の注意したいポイント

中古バイク販売店の持込査定は期待できない理由

そもそも中古バイク販売店はバイクを売ることで利益を出すのでバイクの買取はするにはしますが、あくまでバイク販売のついで的なもの。

それに売却予定のバイクに近い車種を在庫していれば絶対に高額査定なんかしません…在庫が増えるだけですからね(汗)つまり在庫状況なんかも査定額に関係してくるわけです。

その点バイク買取店は違います。基本的に買取したバイクをもっとも高額で売却できるルートに売却するので、在庫といった概念がありません。つまり本来の中古バイクとしての相場で査定してくれます。

(※こちらの中古バイク販売店で下取りすべきか、バイク買取店で買取してもらうか?でも詳しく説明しています)

というわけで、納得の査定額ならそのまま売却すればいいし、とりあえず相場を知る上でも非常に便利なのがバイク買取店の出張査定ってことですね。

もちろん大手のバイク買取店ならどこでも出張査定は無料、売っても売らなくても無料です。

今ではスマホで簡単に無料査定に申し込めるので、3分で査定申込み可能です…これを面倒くさいって人はもう諦めてずっと放置するしかありませんね(苦笑)

こちらのページでも長期間乗っていないバイクについてまとめています。ぜひ参考にしてみてください

【放置バイクを売る!】雨ざらし、長期間動いていない車両売却前のチェックポイントまとめ
【放置バイクを売る!】雨ざらし、長期間動いていない車両売却前のチェックポイントまとめ
もしかしたら当ページをご覧になっているということは 通勤・通学用のバイクが不要になったため放置している…… 乗らなくなってか...

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする