友人、知人、家族のバイクの売却方法!他人名義のバイクは売却できるの?

当ページは

「他人のバイクを売却する場合、どういった手順で進めればいいのか?」

「知人や友人、家族のバイクを安心して買取してくれる店舗が知りたい」

といったオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

普通のシチュエーションだと売却するバイクは自分のバイクですが、中には他人のバイクを売却しなきゃならないってケースもでてきます。そんな場合の注意点をまとめておきます。

じつは、かくいう管理人も、数年前に乗らなくなったバイクを家族から「悪いけど処分しといてくんね?」と頼まれ安請け合いしてしまった経験あります(笑)

ま、最終的には売却金額の何割かを手間賃としてもらったので結果オーライでしたけども。

そういった場合なんですが、自分のバイクを売却する時と微妙に用意する書類とかが違ってくるので、気をつけておきましょう。(そうそう他人のバイクなんて売却する人いないと思いますが)

また売却先によって手間がかかるケース、まったくかからないケースってあります。その辺まで計算して売却先を選んだ方が後悔しませんね。

というわけで今回は「他人のバイクを売る時の注意事項」といったテーマについてのお話です。

お急ぎの方は以下の流れで売却先選びをスタートしてみてください

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

知人、友人、家族のバイクを売却

売却予定の知人のバイク

まず他人からバイクを譲り受けた場合について考えてみましょう。

たいていは譲り受けた場合、税金の関係もあるので早々に名義変更するはずですが、名義変更したバイクの場合はもちろん何の問題もなく買取してもらえます。

他人から譲り受けた場合の売却方法

この場合は以前の所有者の署名入りの譲渡証明書が必要となってきます。ちなみに譲渡証明書とはこういった書類のことですね。

jouto

もし必要であればPDFファイルがコチラからダウンロードできますので、プリントアウトしてご使用下さい。

そして忘れがちなんですが、譲渡人、つまり前所有者の身分証明書のコピーも基本的に必要となります。署名してもらった際に忘れずに免許証のコピー等を取らせてもらいましょう。

バイクの売却を任せられた場合、名義人にかわってバイクを売却する場合

はい、先ほど話にでてきた僕が兄貴に頼まれたケースですね。

じつはこういったケース多いようで、バイク所有者の息子さんが実家を離れ、処分に困った家族が本人にかわって売却ってパターンは非常に多いんだそうです。

確かに就職して実家を離れて、バイクは保管場所の関係でそのまま放置…といったパターン多いですもんね。

基本的にこの場合は譲渡証明書ではなく委任状を用意する必要があります。委任状とは参考までにこういった感じの書類のことですね。

こちらもPDFをダウンロードできる方はコチラからダウンロードできるのでご活用下さい。

また譲渡証明書の場合と同じで、書類だけでは買取できません。必ず名義人の身分を証明できる免許証等のコピーも用意しておきましょう。

 

書類が準備できないケースもまずは相談!買取可能なケースも

このように友人、知人、家族にかわってバイクを売却する場合、または他人から譲り受けたバイクを売却するといった他人名義のバイクを売却する場合は以上のように、譲渡証明書や委任状、さらに名義人の身分証明書のコピーが用意できればまず買取に影響することはありません。

しかし中には友人、知人と音信不通によって委任状も譲渡証明書も用意できないケースもあるはずです。

 

じつはこんな場合でも状況によっては買取可能なケースもあるといわれています。

もちろんバイク買取店によっても判断基準が違うので何ともいえませんが、「可能な限り委任状や譲渡証明書を用意してください…」といった事を公式サイトで説明している買取店もけっこうあるみたいです。

ただし他人名義な上に、登録時の住所や名義も不明…といったパターン、他人名義かつ名義人は音信不通で連絡が取れない…といったケースでは買取不可になるのが通常のようです。

 

もし微妙な状況であれば、念のためいくつかのバイク買取店に申込んで査定スタッフに相談してみた方がよいかもしれませんね。

まあ最終的にどうにもならないってパターンでもフレーム以外のバイクパーツとしてのバイクを査定~買取って裏ワザもあるので、まずはなるべく多くのバイク買取店で買取可能か相談してみましょう!

 

番外編(名義人がバイク販売店やローン会社の場合)

査定額

他人名義のバイクを売却するって話のついでに、名義人がバイク販売店やローン会社の場合の売却方法について簡単に説明しておきます。

登録書類を確認して名義人がバイク販売店やローン会社の場合、それは愛車のローンが完済されていない事を意味します。

 

つまり代金が完済されていなから正確には所有者はバイク販売店とか立替えてくれたローン会社の所有物ってことですね。

なのでこういった場合もそのまま売却できません。他人の所有物を勝手に売却したら犯罪ですよね(笑)

つまりローンが完済されるまで売却を見送るか、まとめてバイク販売店やローン会社にローンの残債を返して所有権を移してもらう必要があります。

手続きが面倒なローン中のバイク、無料で代行してくれる売却先へ

具体的にいえばローンを完済すれば完済証明書を用意してもらえますから、これによって所有権を自分に移すことが可能となるわけですね。

基本的にレッドバロンのようなバイク販売店やバイク王のような大手のバイク買取店に売却する場合、普通の販売店や買取店だったら売却するなら無料でそういった手続きは代行してくれるはずです。(中には有料の店舗もあるかもしれませんが…)

査定額だけで判断せずに、そういった面倒な手続きをどこまで気持ちよく引き受けてくれるかって部分も考慮して売却先を選んだ方がいいかもしれませんね。

(※こちらの記事愛車がローンの返済中だけど売却したいも参考にして下さい)