バイクのネット査定やオンライン査定の金額を信じちゃダメ!! 査定当日に安くなる理由とは

「バイク売却先のオンライン査定やネット査定の数字ってアテになるの?」

愛車売却の際、まずはネット査定やオンライン査定を試す人が多いですが、じつはネット査定やオンライン査定の数字は正直あまり意味がありません!! 「なぜ本番で安くなるの?」「じゃあ事前に査定額を知る方法はないの?」 査定前にある程度の買取金額を調べる方法など調べてみました!
ネット査定で期待するとガッカリする!?
そもそもネット査定額やオンライン査定額というもの、車種や年式、走行距離といった現車の状態を加味してい査定ません。言い換えればMaxの買取金額です。なので事前に幾らで査定されるか考えるよりも1社でも多くの店舗で査定を繰り返す方が結果的に高額査定をゲットできますよ。
【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

ネット査定額やオンライン査定額は新車同然を想定している

そもそもネット査定額とかオンライン査定額というものは、バイクが新車同然の状態を想定した査定額だということを覚えておく方がいいです。

つまり、中古バイクとして100点満点の状態のバイク、したがって普通に乗られていたバイクの場合、十中八九、大幅に減額されることになるだろうね。

というのも、バイク買取専門店としては、スマホやパソコンからまずはネット査定やオンライン査定を試してもらい、その後に控えた本格的な出張査定に進んでもらいたいわけです。

そのために、少しでも高額なネット査定額を提示することで、オーナーさんに「もしかしたら…」と期待させて本査定に進めるように、そういったネット査定を用意しているのです。

減額ポイントなんて無限にある

もちろん中にはネット査定額やオンライン査定額、そのままで査定された買取が成立するケースもあるでしょう。

で、もしかしたらネット査定額以上になるケースも稀にあるかもしれません。
しかし概ね、普通に使用されていたバイクの場合、

「ブレーキパッドが減ってますねー」とか

「タイヤが交換時期ですねー」とか

「ちょっぴりクランクケースから異音がしてますねー」

…なんて査定スタッフの厳しいチェックにより減額されるって事を覚えておきましょうね。

(参照 バイクを売るのが面倒?面倒くさいと放置すれば査定額は下がります…

少しでもネット査定額やオンライン査定額に近づける工夫を

そんなまったくアテにならないネット査定額やオンライン査定額。

では、実際の出張査定や持込査定の際、どうすれば減額されずにネット査定額に近い金額で買取してもらえるのか?
まあ、この部分がバイク売却のもっともキモといわれる部分かもしれませんけども。

当サイトとしては、当たり前かもしれませんが出張査定の前にしっかりと減額ポイントを発見して、対処・修正しておくことが肝心だなあと感じてます。

そもそも中古バイクという特性上、言い方は悪いですが、査定スタッフやメカニックからすれば、減額しようと思えば幾らでも減額ポイントを探すことなんてできてしまいます。

上記のようにタイヤやブレーキパッド、異音に始まり、細かい足回りの錆やダストシールやオイルシールといったシール類の劣化、通常使用による経たり、保管中の小傷…。

もう挙げだしたらキリがありません。

そもそもバイクは劣化が激しいものだから

バイクはフレームを中心に鉄やアルミといった金属、そして外装やタイヤのような樹脂やゴムといった材料から構成されているわけです。

これらは時間の経過とともに劣化しますし、紫外線や風雨によっても悪化する特徴があります。
つまり査定スタッフやメカニックからすれば、ネット査定額を減額するなんて、自由自在にできてしまうわけなのですよ。

なので事前に減額されそうな部分を改善しておく。これがポイントとなってきます。
そこで最低限、ネット査定やオンライン査定額に近づける工夫として、こちらのバイク売却前の理想的な保管方法でも説明していますが、保管場所や保管状態に注意して劣化や悪化の進行を防ぐことです。

環境的に許されるならば室内の風雨を凌げるガレージや倉庫…。

そういった環境が厳しいという方だとしても、地面がアスファルトかコンクリートの屋根のあるバイク置き場は確保しておきたいところです。

なぜ地面がアスファルトやコンクリートじゃなければいけないのか?

基本的にバイク置き場に保管する場合でも、何らかのバイクカバー的なものは被せるのが鉄則です。

しかしバイクカバーの多くはバイクをすっぽりと被せて縛るタイプですので、構造上、地面に向いた面は隙間が生じるものです。

 

つまり地面から上昇した湿気は簡単にバイクカバー内に充満されるということ。

前述した通り、バイクの多くは鉄部で構成されています。とくに古いバイクに関しては鉄部の割合が多く、防錆処理も甘く、既にどこかに腐食が生じているケースもあるでしょう。

そういったバイクの場合、バイクカバー内に湿気が充満したことで、いとも簡単にバイクが錆びてしまいます。

 

とくに地面が土や芝といった場合、水はけも悪く、湿気が上りやすい錆にとって絶好の状態です。ですから保管場所はアスファルトやコンクリートの地面が理想だといわれています。

屋根があってもバイクカバーが必要なのか?

こういった質問をされる方もいますが、そもそもバイクカバーは風雨を防ぐだけの目的ではありません。

季節的な風雨や舞い上がる砂やチリからバイクを防ぐだけでなく、バイクカバーはいたずら防止、盗難防止といった意味を持ち合わせています。

またいくら屋根のあるバイク置き場でも、室内の暗所ではありませんから、日差しによる紫外線によって、確実に外装の樹脂類やタンク、シート等は劣化します。

こういった紫外線から保護する意味でもバイクカバーは確実に被せておくのが常識です。風雨が侵入するリスクを考えた場合、余裕があれば2枚重ねで被せておきたいくらい大切なものだと思いますよ。

今週とか来週に売却予定、そういった場合なら保管場所や保管状態はそれほど関係しないかもしれません。

でも来月、それ以降に売却予定といった方なら、まずはネット査定額やオンライン査定額に近づける意味でも保管状態と保管場所には気をつけておきたいですね。

なんだかネット査定やオンライン査定の話が脱線して、保管中の注意となりましたが、少しでも高額で売却したいなら、もっとも注意しておきたいポイントなのは間違いありません。

※こちらのバイクを高く売るコツ!手間なく高額査定をゲットする5つのポイントでも高額査定のポイントを説明しています

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

売却の手続き・手順
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました