原付きのバイクを高額で査定する売却先とは

保管中のバイク

当ページは「原付バイクを高額で買取る店舗が知りたい」「愛車の原付スクーターが査定時にチェックされる部分を知っておきたい」といったオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は原付バイク(原付スクーター)を高額で売却するための売却先選び、そして原付バイクを少しでも高額で査定してもらうためのポイントについてまとめておきます。

バイクを少しでも高額で売却するための情報を発信する当サイト。

そんな当サイトには「原付きバイク 高額査定の店舗」といった検索ワードを経由されて訪れる検索ユーザーさんが増えたと感じます。

確かにネット上にバイクを高く売却するための情報が溢れていますが、原付きとか原チャリ、スクーターの売却に関して分かりやすくまとめているサイトって少ないですからね・・・。

ということで今回は、原付きを少しでも高額で売却するための注意点についてお伝えします。またお急ぎの方は以下の流れで売却先選びをスタートしてみてください。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

原付き・スクーターを売却するときにもっとも注意すべきポイント

でですね。

まず原付きとかスクーターを売却する時のもっとも注意して欲しい部分といえば…

「売却額が高かろうが、安かろうが手を抜いちゃいけない」ということ。この部分、非常に大事かなあと感じています。

確かにね、原付きとかスクーターの査定額を考えた場合、店頭に並んだ価格から考えてみても、普通に3万とか5万とかの査定額になるケースが多いかもしれません。

下手すればもっと安い査定額のケースだってあり得るわけです。

どう考えても中型や大型、ハーレーのような外車に比べ、買取り査定額は随分と安くなるのは間違いありません。

ですがね、だからといって面倒くさがってしまうと、さらに安い査定額になるのは間違いないわけですよ…。

やっぱり面倒くさがって手っ取り早く1社で出張査定して、そのまま引き取ってもらったり、レッドバロンに持込んで「幾らでもいいので…」なんて交渉しちゃうとね、高くなるものも高くならないわけですよ。

なのでね。査定額の違いとしては、わずか5,000円や1万円の違いかもしれませんが、今後のバイクライフのためにも勉強の意味を込めて、しっかりと高額で売却して欲しいなあと思います。

で、まずは原付きとかスクーターのような50ccのバイクも様々なので、車種やジャンルによっておすすめの売却方法を順に説明していきたいと思います。

程度の良い高年式のスクーター売却の場合

そもそも50ccのスクーターは、学生から中高年の方まで幅広く利用される車種。

なので中古バイク市場でも非常に人気のバイクのひとつともいえます。

という理由から、基本的にバイク買取店の出張査定でもそこそこの査定額は期待できるでしょうが、地域密着型のバイク屋さんに持込んで査定しても十分に適正な価格で売却できるはずです。

ただ原付きのスクーターの場合、ヤフオクのようなインターネットオークションは正直あまりお勧めできないかなと感じてます。

というのも、ネットオークションの場合、常に全国から同じような車種が出品されるわけです。

で、入札しているユーザーさんも、少しでも店舗より安く原付きのスクーターを購入したくてオークションを利用しているわけです。

なので相場以上に高沸する確率は非常に少ない。店舗での販売価格よりも随分と安い金額で落札されてしまうかと思います。

また、安い落札金額にもかかわらず書類関係の手続きや引き渡しの段取り等、けっこうな手間や時間が予想されます。

そういった部分を考えても、最終的な金額の大きくなりづらい原付きとかスクーターの売却の場合、バイク販売店かバイク買取店の方が手間もかからずおすすめかと思いますね。

あっもちろん地元のバイク屋さんに持込んでしまって安く買い叩かれるってケースも少なくないようです。(※レッドバロンで売却する場合はこちらのレッドバロンの査定額は安いのか?を参考にして下さい)

念の為、無料の出張査定で愛車の買取相場を知っておくと良いかと思います。

モンキー、ゴリラ、エイプ、NS50、NSR50のようなギア付き50ccの場合

中には80年台後半のNS50、NSR50を売却したいって方、もしくはそれ以前の古いモンキーやゴリラのようなバイクを売却したいって方もいるかもしれません。

こういった場合、今では現存する車両も少ないために、ある種のプレミア価格で売却できる可能性も十分に考えられます。

なので多少のネットの作業ができる方、そして多少の時間的な余裕のある方は、思い切ってヤフオクのようなインターネットオークションに出品するのも悪くありません。

ただインターネットオークションの場合、名義変更の手続きや引き渡し方法等といった面倒な部分も生じてしまうデメリットもあります。

こういった手間や時間を落札金額と比較して、見合う場合であればヤフオクに出品してみることもお勧めです。(参照→ヤフオクに出品すべきバイクとそうでないバイクとは?

それとですね。

愛車の相場を知らずに出品してしまうと、思わぬ安値で落札されるケースもあるようです。

最低落札価格の設定のためにも、出品前に一度どこかで無料の出張査定を受けておくことをおすすめします。

最低でも2つ3つの売却で査定しておく

上記のように一般的な原付きのスクーターの場合でも、モンキー、ゴリラ、エイプ、NS50、NSR50のようなギア付き50ccの場合でも、最初にやるべき事は同じです。

どこに売却する場合でも、まずは無料の査定で愛車の相場を知り、その後の本命といえる売却先との交渉で足元をみられないように最低限の売却希望金額を決めることが肝心なわけです。

もっとも適正に査定するといわれるバイク買取の専門店で査定しておくことで、ある程度の相場感と身につけ、絶対に譲れない金額を自分の中で決めておくことができるわけです。

もちろん他の売却先を検討して、最初のバイク買取店以上の査定額が出てこなければ、最初のバイク買取店に売却できるという安心感も今後の査定を優位に働くことになります。

なので今後の売却先選びを占う意味でも、まずはひとつ2つのバイク買取店で査定してみることをお勧めします。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする