バイク買取の無料査定はどこがいいのか?出張査定の店舗を考察

バイクトップ

当ページは「数あるバイク買取店舗の中でおすすめの店舗が知りたい」「いったいどの店舗で無料査定を申し込めばいいのか?」という方に向けて書ています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は数多くあるバイク買取店舗や販売店舗の中から、何を基準に売却先を選べば後悔せずに愛車を売却できるのか・・・という部分に迫ってみたい。

大切に乗り続けてきたパートナーともいえる愛車を売却する…オーナーさんとしては誰でも高く買取ってもらいたい気持ちは同じかと思う。

やはりキャプテン・バイクセルとしては、手間を惜しまず複数の買取店舗で査定することをお勧めしたい。

中古バイクの買い取り業界の仕組み上、どんなに評判の良い店舗でもライバル店が存在しなければ高額査定にはなりにくいものだ。

最低でも2社…いや3社程度で査定を受けて比較検討するのが鉄則といえる。

そこで実際に申込み段階になって頭を悩ますのが、「無料査定に申込む店舗選び」ではないだろうか?最大手ともいえるバイク王をはじめ、バイクランドにバイクワン、バイクブーンやバイクボーイ…小さな買取店を含めれば10~20を超える店舗があるはずだ。

今回は無料査定に申込むべき買取店選びについて考えてみたい。時間に余裕のない方は以下のポイントに注意して売却先選びをスタートしてもらいたい。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

バイク買取店の規模は査定額とは関係無いが…

たしかにキャプテン・バイクセルの過去に売却してきたバイクの査定額を考えてみても、「バイク買取店の規模と査定額は比例しない」といっても良いだろう。

もし比例するのなら、バイク王がいつも最高額という話になってしまう…だが実際にはそんな事もない。たしかにバイク王の査定額が最高額になるケースも無くもない。

だが多くの場合、最終的にはバイク王以外の買取店が最高額になるケースがほとんどだ。これはテットの周りの人間も同意見なので間違いないだろう。

つまりバイクの売却先として、規模が大きい方が高額になりやすい…という考えがあれば捨て去ってもらいたい。

だが査定額は別として、安心感や信頼感、査定スタッフの教育といった部分については、残念ながら規模の大きさが大きく関係している…というのがキャプテン・バイクセルの考えだ。

大手のバイク買取店になればなるほど、査定スタッフの背負う看板は大きい…つまり査定でのトラブルやユーザーさんとの揉め事には敏感なはずだ。

本部としても、今のようなSNS全盛の時代だけに、悪い口コミが拡散されないように慎重になっているのは間違いない。その部分だけを比較しても小さな店舗より大手の方がスタッフやメカニックの対応は良いといえる。

 

無料査定なら競合店舗をまとめて申込み、各社を競わせる

上述の点からも、無料査定の場で安心して出張査定を進めるために、ある程度は名の知れたバイク買取店に申込んでおくのがお勧めといえるが、ここで注意すべき部分もある。

必ず同レベルのバイク買取店をピックアップしておくこと…である。

そもそもバイクの査定額は買取実績を競い合う同レベルの店舗に買取られないために、査定額を上乗せしてでも買取るのだ。

つまり競合店舗といえる相手でなければ、査定スタッフも本気で上乗せなどしてこないはず…大手であれば小さな買取店の査定額など興味も無いだろうし、小さな買取店にとってもバイク王の査定額など遠い世界の話である。

つまり横並びの競合店舗から選んで査定することが肝心なのである。基本的に大手となればなるほど競合店舗の動きが気になるもの…。

やはりそこそこ大手のバイク買取店から選んで複数の無料査定を受けるのがベターといえるだろう。

 

複数の無料査定を受けることで愛車の条件とマッチする店舗が見つかる

上記のように競合店舗が競い合うことで最終的な査定額がアップする…というのが複数の店舗で無料査定を受ける最大のメリットだが、それだけではない。

愛車のジャンルや車種にマッチした売却先を見つけることにも一役買っているのだ。

そもそもバイク買取店は一社一社、得意のジャンルや買取の強い車種が違うものだ。公式サイト上はどんな車種やジャンルでも…とうたっているが、真実はそうでもない。必ず得意なジャンルや不得意なジャンルがあるものだ。

そういった部分は残念ながら、実際に無料査定を受けるまで判断できない。

愛車を予想以上の査定額で売却できるかどうかは、そういった愛車とマッチした売却先に出逢うかどうかが大きく左右するはずだ。

当サイトでキャプテン・バイクセルが口酸っぱく、「少しでも多くの売却先を比較して欲しい」と繰り返しているが、こういった確立を上げるためにも選択肢は大いに越したことは無いだろう。