ホンダPCX125(150)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

ホンダ

PCX125(150)

当ページは「PCX125(150)の高額買取店舗を知りたい」または「PCX125(150)売却時の減額されやすい部分を知っておきたい」という方に向けて書いています。

 

今日は、世界的なスクーター市場の中でも大きな部分を占めるタイホンダが生産しているPCX売却時のポイントをまとめておきます。

ちなみにPCX、日本国内では125ccと150ccの2種類が販売されています。

タイ生産の車両ということで、正直、故障やトラブルが不安…というオーナーさんも多いようですが、そういった心配をよそに非常によくできたスクーターだと評判なようです。

ひと昔前に流行した250ccや400ccのビッグスクーターとくらべても、使い勝手や機敏性といった部分では確実にPCX125(150)が上をいっていますからね。そもそも本来のスクーターにとってもっとも大切なサイズ感や価格帯といった部分のバランスの良い車両ということにほかなりませんね。

そんなPCX125(150)はもちろん中古市場でも人気の高い車種のひとつ。

もちろんこれはPCX125(150)に限った話ではありませんが、125~150ccのスクーターというカテゴリーは、メインの車両とは別にセカンドバイクとして購入される方の多い排気量といえます。

人気の割に中古市場でのタマ数が少ないため、需要と供給の関係から予想以上の査定額がつくケースもけっこう多いようです。

販売店としても不良在庫になる確立の低い車種、つまりバイク買取店や販売店がもっとも欲しがる車種のひとつといえるでしょう。

売却側としてはその辺を踏まえて多少強気で交渉しても大丈夫だと思いますよ!

ホンダPCX125(150)を売る際の注意点

ですが少々注意しておきたい部分もいくつかあります。

PCX125(150)のような車種の場合、休日にツーリングというよりも毎日の通勤・通学の足として利用される方がほとんど。つまり走行距離が知らずに凄いことになっているケースも忘れてはいけません。

もちろん走行距離が多いことはマイナス査定になりますが、実際のところ、走行距離だけでマイナス査定に直結するワケではありません。走行距離が多いことで消耗部品の交換が相次いで生じてしまうことがネックなのです。

いいかえれば、走行距離が多めのPCX125(150)でも、適切なタイミングでしっかりと消耗部品を効果している場合は、それほどマイナス査定になりません。

逆に消耗部品の交換を無視して乗り続けている場合、大きな減額ポイントとなってきます。

往々にしてPCX125(150)のような最近のよくできたスクーターの場合、多少の消耗部品の交換を無視したところですぐに故障というケースも無いでしょう。なのでメンテナンスをなされていないPCX125(150)が大半…というのが実情なのです。

買取側からすれば、市場に流通させる前に最低限のメンテナンスや消耗部品の交換という作業が必要となってきます。

スクーターといえどもタイヤを前後、各種オイル類の交換、場合によってはブレーキパッドやローターまで交換という話になれば予想以上に出費となってくるでしょう。

残念ながらこういったメンテナンス費用や部品交換費は買取時の査定額ですべて調整されるのが普通のパターン。思わぬ安値につながるので、可能な限り査定前に適度なメンテナンスは行なっておきましょう。

 

 

ホンダPCX125(150)の相場から買取査定額を考える

査定相場

では実際のところ、ホンダPCX125はどのくらいの査定額が期待できるのでしょうか?

ホンダPCX125オーナーさんからすれば、もっとも気になる部分はぶっちゃけ査定額や買取相場になってくるはずです。

そこでホンダPCX125の中古バイク市場の取引相場をもとに考えてみましょう。

新車価格が約25万~45万円程度のホンダPCX125ですが、やはり中古バイク市場でも値落ちが少なく、大半の車両は20万~30万円という範囲におさまっている感じでしょうか。現行に近い車両や1~2年落ちのホンダPCX125ともなれば35万円という中古車両もチラホラみかけます。

全体的に中古バイクとなっても値落ちが低い車種には違いありませんね。

PCX125の査定額・買取相場の中心は10万~23万円

そんなホンダPCX125の中古バイク取引相場を知ったところで、実際の査定額や買取相場はどうなのでしょうか?

残念ながらこの部分はどちらかで無料査定や出張査定をしてみればリアルタイムの査定額を知ることができますが、とりあえず査定前にざっくりとした査定額を知りたい場合は中古バイク市場の価格の半値~6割程度を想定してみても良いかもしれません。

もちろん屋外に雨ざらしで傷も錆も多数…といったPCX125となると中古バイク市場の半値も期待できないかと思いますが、それなりにキレイに乗られてきた車両であれば上手く売却先を選べば、中古バイク市場の半値~6割程度は難しい数字ではありません。

上手く買取キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを利用できれば中古価格の7割程度で査定してもらう事も十分に可能かと思います。

前述のとおり中古のPCX125が、約20~30万円程度ということを考えれば、年式や程度に違いはあれど、10万~22、3万円という数字が現時点のPCX125の買取相場といえるでしょう。

もちろんあくまでも現時点での中古価格をベースに考えた場合の予想額になります。

時間が経過すればするほど中古価格も微妙に下がるもの。当然ながら査定額や買取相場も徐々に下がることを忘れないようにしましょう。

 

ホンダPCX125(150)が安く査定されるパターン

スクーターエンジンメンテナンス

では参考までにPCX125(150)が予想以上に安く査定されるパターンをお伝えしておきます。

まず大前提として、複数店舗で査定せずに1社に絞って査定してしまう…とか大手中古バイク販売店に事前のリサーチもせずに飛び込んで査定してしまう…というパターンは確実に査定額が安くなります。

もちろんPCX125(150)に限った話ではありませんが、売却するなら事前に愛車の状態を事細かくチェックした上で必要であればメンテナンスや修理しておくことも肝心です。

事前に下準備した上で確実に複数店舗を査定して比較しておきましょう。

そもそも査定スタッフも競合店舗の存在の有無で査定額の上限や査定スタイルを変えてくるケースもあります。この部分も外せないポイントといえるでしょう。

ではPCX125(150)に話を戻します。

PCX125(150)のような最近の125cc、150ccクラスのスクーターの場合、基本的に査定スタッフが買取で注意する部分は外装のカウル類やシート、レンズ、シート下の収納部分の内装…といった内外装の部分が中心となってきます。

というかスクーター全般にいえることですが、ほぼ全てが外装のカウル類で覆われています。特別エンジンに異音が生じているとか明らかに白煙がモクモク出ている…といった場合を除き、外装のカウル類の状態がネックとなってきます。

立ちごけ程度なら大したマイナス査定にもなりませんが、明らかに転倒して車体がアスファルトの上を滑ったような傷が多数ある場合は、査定スタッフも減額せざるをえません。

場合によっては、転倒キズが多いことを理由に、フレームの歪みや曲がりもあるようだ…と有る事無い事つっこんでくる査定スタッフも少なくないでしょう。もし気になる場合はカウル類を交換しておいた方が査定額アップにつながるかもしれません。

ただしバイクメンテナンスに手慣れたオーナーさん以外は外装のカウル類の交換はお勧めしません。各メーカーによって樹脂パーツの爪の部分の形状や隠されたビスも多数あるため、素人が勝手にカウル類の交換に手を出した場合、爪を折ったりカウル類が割れたりと大抵は悪い結果になることが多いためですね。

またネットオークション等で安くカウル類や樹脂パーツが販売されているので、そういったアジア諸国で生産された安価なパーツで代用しようと考えるオーナーさんもいるようです。

ですが純正部品と海外製の安価なパーツは、プロの査定士がみれば一目瞭然。せっかく交換したところで交換前よりも査定額が下がる可能性もあるのでお勧めできません。

やはり状況によっては無理せずそのまま査定に臨んだ方が賢明なのかもしれませんね。

 

ホンダPCX125(150)とはどんなバイクなのか?

ひと昔前のビッグスクーター・ブームによって爆発的に売れた250、400のビッグスクーターでしたが、各メーカーで熾烈な販売競争の結果、乗りやすさもパワーもスケールアップしましたが、本来のスクーターのもつ機動性や利便性が失われたのも事実。

その結果、本当に使い勝手の良い毎日の足…という意味で人気が集まってきた車種といえば、ホンダPCX125(150)あたりだといわれています。

このホンダPCX125(150)は国内ではなく、タイホンダが生産しているある意味特殊なバックグラウンドを持っており、その辺りもバイク好きの中では賛否両論だともいえます。

とはいえ、原付きやスクーターの販売台数が落ち込んでいる日本にくらべ、タイをはじめとするベトナムやミャンマーといった東南アジア諸国はまだまだスクーター文化が中心。

スクーター大国ともいえるタイ本国で十分に機能するホンダPCX125(150)はある意味、スクーターとして完成されたバイクといえるかもしれませんね。

外見に関しては、大型ヘッドライトに象徴されるマスク、メッキ仕様のハンドルバー、さらにパールヒマラヤズホワイト、キャンディーロージーレッド、アステロイドブラックメタリックといった純正色も大人の雰囲気を感じます。まさにバイクを何台も乗り継いできたバイク好きの好む車種ということが伺えますね。

ホンダPCX125(150)のスペック詳細

車体型式 EBJ-JF28/※JBK-KF12
エンジンJF28E型 124cm3
水冷4ストロークSOHC単気筒
※KF12E型 152cc
水冷4ストロークSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比 52.4mm x 57.9mm / 11.0:1

※58.0mm x 57.9mm / 10.6:1

最高出力8.5kw 12ps/8,500rpm
※9.9kw 13ps/8,500rpm
最大トルク 12Nm 1.2kgf/6,500rpm
※14Nm 1.4kgf/5,500rpm
車両重量 128kg ※129kg

※はPCX150のデータになります