ホンダ400Xを売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

400X

当記事は「400Xをもっとも評価する店舗を知りたい」または「査定時に400Xはどこを重点的にチェックされるか知っておきたい」といったオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はホンダが自信をもって市場に投入した400ccクロスオーバー・・・400X売却前に知っておいてもらいたいポイントをまとめておきます。

基本的なエンジンやフレームについてはCBR400RやCB400Eあたりをベースにしていますが、足回りのセッティングやシート高、ハンドル位置といったポジショニングはまったくの別物です。

個人的には、トランザルプ400VやスズキのVストローム650、カワサキヴェルシス650あたりを意識した車両という感じがします。

同じホンダということを考えても、トランザルプ400Vの延長線上にあるのが400Xといってもよいかもしれませんね。

そんな400Xですが、販売開始からそれほどの期間が経過していないので、中古市場でもタマ数が不足しているのが正直なところといえます。

その一方で、こういったツアラータイプの車両やクロスオーバータイプの車両は新車を避けて、程度の良い低走行車がよく売れる…という傾向もあるようです。

そこで400Xの売却におけるポイントや注意点について書いておきます。

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してください!

ホンダ400Xを売る際の注意点

先日もモデルチェンジがあったようですが、400Xにかぎらず国産中型バイクの売却ですと、モデルチェンジが発表されえた時点で査定額に微妙に影響がでるケースもみられます。

たしかに細かい話になれば、業者間オークションの相場にも微妙に変化がでることは出ます。しかしバイク買取店や販売店の査定スタッフやメカニックとしては、安く買い叩くための良い材料…ということも忘れないで下さい。

少しでも安く購入して高く販売できれば自社の利益が多く残ります。もちろん査定スタッフの成績にも影響してきます。

なのでモデルチェンジや生産終了といった査定額に関係ありそうな部分を突っ込んで減額してくるケースもあるので、もし売却するならそういった発表前が好ましいかと思います。

もちろんフルモデルチェンジだろうが一切査定額を減額しない売却先も少なからずあるものです。そういった売却先をみつけるためにも1社でも多くの店舗で査定した方がいいかと思います。

で400Xが安く査定されるパターンですが、正直ドノーマル状態で乗られる方が多数かと思います。この手のロングツアラーを選ぶ方は年齢層が高い、もしくはバイク歴の長いユーザーさんが多数なはず。

仮にカスタムされてもETCや海外製のスリップオン、またはスクリーンやアンダーカウルといった程度かと思われます。これらは大概がファインチューンでしょうから査定額に大きく影響する心配はありませんね。

もちろん純正部品も保管していれば若干のプラス査定もはたらきます。査定時は忘れずに全ての純正部品も用意して臨んで下さい。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

ホンダ400Xの中古相場から買取査定額を考える

バイク販売店

では具体的な400Xの査定額とか買取相場について、中古市場での400Xの取引相場から考えてみましょう。

基本的に登場したのが最近の2013年あたりですから、相場推移といえるほど大きな変化はみられませんが、ざっくりと最安値の400Xで35万円程度、最高値の400Xとなると約60万円あたりになってきます。

新車価格が70万オーバーということを考えたら、ほぼ未走行で60万円というのもお買い得な車両ともいえますね。

で、実際に通常使用されていた400Xだと大半が40~50万の範囲に収まっているようです。年式から考えても過走行という車両はほぼありえません。全体的に高額で取引されているようです。

400Xの査定額・買取相場の中心は20万~30万円

400Xにかぎらず、中古バイク市場の販売価格は、買取金額+買取業者の利益+経費+業者間オークション手数料+販売店のメンテ費用・利益という計算式で表すことができます。

つまり中古バイク価格から利益や経費を差っ引いた数字がざっくりとした査定額や買取相場だといわれています。

その利益や経費がいくらなのか…という部分が気になるかと思いますが、往々にして中古市場で実際に販売するときの半値~6,7割が査定額や買取相場の上限だともいわれていますね。

つまり40~50万で流通している400Xの査定額や買取相場は、普通のレベルの中古車であれば約25~30万程度が相場となってくるはずです。もちろんこれ以下のケースもあれば、30万を超える車体もでてくるはず。

この辺りは売却先選びと売却前の車両の下準備なども関係してきます。どちらにしても、転倒歴もなく過走行でもない状態のより400Xをどこかで査定して、いきなり20万以下を提示してきた場合、売却先か査定スタッフを少し疑ってみた方がいいかもしれませんね。

 

ホンダ400Xが安く査定されるパターン

安くなる

400Xの場合、初期のモデルでもここ数年の中古車となってきます。当然ながら大きな転倒歴でも無いかぎり査定額が予想以上に安くなるケースは無いはずです。

おそらく400Xを売却される場合、車検のタイミングでの乗り換え…というパターンが多いかと思いますが、普段からコマメにメンテナンスをされていなかった400Xの場合はその辺りを突っ込まれるケースもあるので覚悟しておきましょう。

走行距離によってはタイヤの交換時期かもしれませんし、ブレーキパッドやブレーキフルードもそろそろ交換が必要かもしれません。とくにABS付きとなると、工賃も若干高めになる場合もあります。

最近のバイクだけにタイヤ前後とブレーキパッド、ブレーキフルードを交換しただけでもそれなりの金額に達します。査定スタッフによっては、その辺りを要交換と判断してスッパリと減額してくる人もいるでしょうから、やはり数カ所で査定すべきなのは間違いありません。

あとロングツアラーという観点から400Xをみると砂利道や荒れた路面を走らざるをえないシチュエーションもでてくるものです。比較的ロードスポーツよりも下回りに傷や擦れができやすい車種ですね。

この辺りも査定スタッフは見逃しません。エキパイ部やアンダーカウルの傷や割れなんかも事前にチェックしておくといいかもしれませんね。

 

ホンダ400Xとはどんなバイクなのか?

400x

過去にホンダが培ってきたCBR400RやCB400Eという名車のエンジン・フレームを踏襲しつつも、新たなクロスオーバースタイルの中型バイクとして生まれたのが400Xです。

イメージとしては海外仕様のホンダのクロスツアラーを国内の道路事情に適合させた車両といっても良いでしょう。基本的にCBR400RやCB400Eと共有している部分も多い車両ですが、大型の燃料タンクやフロントカウルからスッと伸びるロングスクリーン。

何よりもCBR400RやCB400Eとはポジショニングが違います。都市部の渋滞から郊外のワインディング・ロードとあらゆるシチュエーションに対応できる上半身に余裕をもたせたポジションが可能ですね。

またキャスター角を寝かせ気味にしたことでトレール量が増えた分、直進安定性が向上してハンドリングも長時間の運転でも疲れにくい設定に。まさにロングツーリングに出掛けたくなるバイクが400Xなのです。

ホンダ400Xのスペック詳細

型式 2BL-NC47
エンジン 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
燃料消費率 39.7(60km/h)・28.2(WMTCモード)
最高出力 34(46PS)/9500
最大トルク 37(3.8kgf・m)/7500
燃料供給方式 インジェクション
車両重量 194kg