CRF250L(M)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

crf250「大切なCRF250Lを少しでも高く評価してくれる店舗を知りたい!」とか「CRF250Lの査定時にネックとなる部分を知っておきたい!」

当記事はそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は市街地から本格的なオフロードまで快適に楽しめる、ホンダのデュアルパーパスな250cc・・・CRF250L売却時の注意点をまとめておきます。

兄弟車であるモタードタイプのCRF250Mも含めて、ホンダのオフロード車両を代表するモデルといえます。

低・中回転を重視した水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンは、街中でのストップ・アンド・ゴーや国内の林道といった悪路走行でも強い味方なのは言うまでもありません。

そんなCRF250L(M)は数少ない新車で購入できる国産250オフローダーですが、もちろん中古市場でも人気で慢性的にタマ数が不足しているようです。状態のよいCRF250L(M)の場合、予想以上の査定額になるケースもけっこう多いといわれています。

そこで今回はCRF250L(M)売却時に気をつけてもらいたいポイントをまとめておきます。売却時の参考にしてもらえたら幸いです。

今回の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してください!

 

CRF250L(M)を売る際の注意点

2012年にデビューを飾ったCRF250L(M)の場合、そもそも初期のCRF250L(M)だとしても数年しか経過していません。

よって本格的なエンデューロ走行でボロボロになっていない限り、それなりに高額査定が期待できるかと思います。街乗りオンリーの方ならそれ相応の査定額を期待してもいいかと思います。

とくにホンダの得意分野である水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンは、稀に小さなトラブルはみられますが根本的なトラブルや走行不能に陥るような致命的な問題はありえません。エンジンに関しては大きな減額は心配不要といえます。

とはいえ、一時期のCRF250L(M)の中にはカムチェーンテンショナーやカムガイドに不具合をかかえた車体もみられるようです。エンジン音が微妙に大きくなってきた場合、またはカムチェーン周辺からガラガラといった音が確認された場合は、売却時に大きく減額されるケースもあります。

おそらく購入店でクレーム対応で修理可能かと思います。事前に修理しておく方が安心かと思います。

またCRF250L(M)も例にもれずいくつかリコール対象の部分があったような気がします。リコールが発表されているにもかかわらず放置された場合、買取側がリコール部分の修理に持込むため、多少のマイナス査定になるパターンもあるようです。可能ならば自分で持ち込んで修理しておきましょう。

 

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

CRF250L(M)の中古相場から買取査定額を考える

安くなる

では、気になるCRF250L(M)の査定額や買取相場について考えてみましょう。

その際、注意してもらいたい部分があります。この手のオフロード車両の場合、車体の状態が車ごとに大きく違うので、オンライン査定やネット査定をあまり信用しないでもらいたい…ということです。

基本的にオンライン査定を提供しているサイトや買取店の大半は、その後の出張査定や持込査定に進んでもらうためにかなり高めに査定額を算出します。

今回のCRF250L(M)の場合、未走行に近い極上車や展示車レベルの査定額となってきます。

当然ですが普通に乗られていた車両となれば普通にオンライン査定額の半値以下になったりもします。もしオンライン査定を利用する際は、この部分には注意しておきましょう。

CRF250L(M)の査定額・買取相場の中心はLで15~25万円、Mで20~30万

基本的に中古バイク買取業界では、大きなダメージも無く過走行車でない場合、たいていは中古販売価格の半値~6割程度が買取相場や査定額の上限だといわれています。(もちろんそれ以上もそれ以下もあります)

参考までに全国を流通しているリアルタイムのCRF250L(M)の相場表を確認したところ、最安で約20万から高額なタマとなると40万オーバーの車両も存在するようです。

とくにモタードモデルに関しては45万程度の車両もチラホラ見受けられます。

新車価格がCRF250Lで約46万、CRF250モタードで50万という部分を考えると、中古市場としては非常に高値で安定している状況ですね。

この数字をみる限り、CRF250Lだと15~25万、モタードモデルで20~30万円というのが実際の買取相場の中心となってくるかと思います。

もちろん綺麗に乗られてコマメにメンテナンスをされた車両の場合、30万オーバーも普通に狙える範囲だとは思います。

CRF250L(M)が安く査定されるパターン

オフロード車両

では通常より安く査定されるパターンを考えてみましょう。

まず大前提としてレーサー仕様としてオフロード・エンデューロコースに持込んで使用された車両の場合、査定士やメカニックによっては大幅な減額につながる可能性もあるでしょう。

通常の街乗りと違い、エンジンや足回りに大きな負担のかかった車両の場合、サスペンションのシール類をはじめ様々な部分の消耗が早まります。

また中古市場でも本格的なエンデューロ・コースで利用するユーザーさんをのぞいて、その手の車両は敬遠する傾向もあります。残念ながら減額される覚悟はしておくべきでしょう。

スタッフやメカニックは、タイヤやサスペンション、エンジン周りをみれば査定大抵の場合どのように使用されていたのか分かるものです。訊かれた場合は正確に申告しておきましょう。

一方、モタードモデルのCRF250Mの場合、デュアルパーパスといえどもかなりオンロードよりのデュアルパーパスバイクといえます。査定の基準も基本的にはオンロードのスポーツバイクと同様になってきます。

エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルターは適切にメンテナンスされているか?

必要に応じてドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホース等は交換されているか?

といった部分を細かくチェックされ、交換時期を超えた部品があればその分だけ減額となってきます。またフルカウルタイプのスポーツバイクにくらべ、樹脂パーツといえばシュラウドやフロントフェンダーあyシートカウルといった部分になってきます。

軽い転倒程度では大きなマイナス査定にはならないとは思いますが、クランクケースカバーやフォークのアウターチューブ側面に大きなダメージがある場合はそれなりに減額されます。

またオフロードや林道でのフレーム下回りに当て傷や擦れ傷が多い場合には、それに応じて減額も考えられます。

 

CRF250L(M)とはどんなバイクなのか?

crf2502012年、過去に空冷、キャブレター方式だったXR・シリーズの後継車種として登場したのがCRF250Lでした。

主な特徴は、排ガス規制のため、水冷・インジェクション化された水冷4ストローク4バルブDOHC単気筒エンジンにはじまり、ホンダの本格的なモトクロッサーであるCRF450をイメージしたストラップ模様のシュラウド、さらに市販車としては珍しくフロントフォークのアウターケースもブラック仕様と細部まで徹底的にこだわっています。

また定地燃費で44.3/Lと、国産250オフロードにおいてトップクラスの燃費を実現。街乗りでもオフロード走行でも使い勝手のよいバイクといえます。

一方、CRF250Mはご存知かと思いますが、CRF250Lのモタード・バージョンです。基本設計は同じですが足回りがオンロード仕様となってフロントディスクの大径化と17インチのオンロードタイヤが標準で装備されています。

CRF250Lのスペック詳細

車体型式JBK-MD38
エンジンMD38E型 249cm3  水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
内径x行程 / 圧縮比76.0mm x 55.0mm / 10.7:1
最高出力17kW 23ps/8,500rpm
最大トルク22N・m 2.2kgf・m/7,000rpm
車両重量143(M-145)kg