ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

ninja250

「愛車のニンジャ250Rを高額買取する店舗が知りたい」または「ニンジャ250R査定時に減額されやすい部分を事前に知っておきたい」 当記事はそんなオーナーさんに向けて書いています。

 
こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日はカワサキの環境に優しいコンパクト・スポーツ…ニンジャ(ninja)250R売却時のポイントや査定額について書いておきます。

バイク業界にとって大打撃となった2007年の排ガス規制によって、多くの車種が生産終了に追い込まれる中、変わって登場してカワサキの人気車種の一台がニンジャ250でした。

フューエルインジェクション採用の生まれ変わったニンジャ250は、軽量・コンパクトでありながら十分なトルクや高回転域を実現している非常にバランスのとれた車両ですね。発売当初、バイク業界の話題が集中しました。

もちろん現行でも生産されているニンジャ(ninja)250、当然ながら新車購入という選択肢もあります。

とはいえスペシャルエディションは60万オーバー、スタンダードモデルでも50万~55万という新車価格…ニンジャ(ninja)250の購入層が若者や女性ユーザーということを考えた場合、乗り出し価格が少々高過ぎるという気もします。

そこで程よくこなれた高年式の程度のよいニンジャ(ninja)250の中古車両は人気が集まっています。それに伴い買取金額や査定額も高値をキープしているようです。

今回はそんなニンジャ250シリーズ売却時のポイントをまとめておきます。以下の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してください!

ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)を売る際の注意点

カワサキ車という前提の上での話となってしまいますが、ニンジャ(ninja)250で採用されている4ストローク水冷DOHC4バルブ並列2気筒は、大きなトラブルの少ない頑丈なエンジンだと感じています。

諸説あるかもしれませんが、少なくとも他のカワサキ車のエンジンよりもずっとトラブルが少なく、致命的な故障や不具合の噂をほぼ聞いたことがありません。

おそらく査定士やメカニックもこの評判はご存知かと思います。査定時にエンジンがなかなか始動しない、吹け上がりが極端に悪い、モタつきが目立つ、異音が聞こえる…等々の症状がみられなければ大きな減額はないでしょう。

またニンジャ(ninja)250Rは大きく2回のモデルチェンジを行っています。どのモデルが高額でどのモデルが安く査定される…といった話ではありませんが、新車価格も年式や派生モデルによって大きく違う部分もあります。

その新車価格での金額差がそのまま査定額や買取相場に影響すると考えておけば良いかもしれません。

例えば二代目のABSスペシャルエディションと3代目のSLでは普通に15万程度も新車価格の違いがあります。同じ状態の2台であればそのまま新車価格の違いが査定額に現れると覚悟しておきましょう。

またニンジャ(ninja)250Rだけの話ではありませんが、フルカウル車は軽い事故や転倒でもカウルに大きなダメージが残ります。とくに高年式の車両となれば一つ一つのカウル類が大型化してパーツ価格も高額になってきます。

タッチアップ程度の傷なら大した減額になりませんが、修理や外装パーツの交換を要する割れや欠け、傷が発覚した場合はそれなりの減額は覚悟しておきましょう。

 

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)の中古相場から買取査定額を考える

査定額
中には愛車のニンジャ(ninja)250Rの買取相場を知りたいと思いネット査定やオンライン査定を利用される方もいるでしょう。もちろん利用することに何の問題もありません。

ただ利用される場合、若干の注意も必要です。

そもそもネット査定やオンライン査定の多くは買取店舗や販売店といった買取側がサービスとしてネット上で提供しているのです。つまりネット査定やオンライン査定を通じて自社に売却してもらえれば…というのが本音の部分です。

実際に査定に持ち込んでもらうために期待させるような高額査定を敢えて提示する店舗も多いと感じています。基本的にバイク売却において現車確認の無い査定は査定とはいえません。

データや数値だけを入力して算出される査定額に期待してはいけません。もし本当に査定額を知りたいのならば大手のバイク買取店のどこかで実際に出張査定した方がはるかに参考になるかと思います。

 

ニンジャ(ninja)250Rの査定額・買取相場の中心は15万~20万円

ここでは参考としてニンジャ(ninja)250Rシリーズのざっくりとした査定額や買取金額を考えてみたいと思います。

まず~2012年までのJBK-EX250Kですが、大半の中古車両が20万~35万の価格帯におさまっているようです。

この状況を考えた場合、1万キロ程度走行のそこそこ綺麗な車体であれば12万~20万くらいが査定額の中心になってくるでしょう。普通に交渉して15万が提示されれば割とラッキーな店舗かもしれません。

その一方で二代目のJBK-EX250Lの場合、30万~40万が中古車両の価格帯の中心です。状態や走行距離にもよりますが最低でも15万~25万というのが具体的な査定額のメインになってくるでしょう。

もっともスペシャルエディションや限定モデルといった場合は上記の査定額は参考にならないので注意してください。そもそも中古価格そのものが違うので査定額も大幅に高額になってきます。

最後に三代目といえるニンジャ(ninja)250SLです。

このモデルは完璧にタイ生産モデルとなって新車価格も非常にリーズナブルな価格設定となりました。それが理由で人気が集まったという経緯もありますが、新車価格が安いために中古市場でも比較的安く取引されています。

そのため、高年式でありながら初代のニンジャ(ninja)250Rに近い取引相場、約30万~40万といったところがボリュームゾーンとなってきます。

査定額は微妙なところですが、敢えて数字を出すならば18万~20万辺りが一般的な状態のニンジャ(ninja)250SLの査定額の中心と考えてもらってよいかと思います。

もちろん上記の数字は参考価格です。状態や年式、買取店舗によって大きく査定額は変わってきます。ただ少なくとも2つ3つの店舗で査定してしっかりと比較すれば上記の金額程度は十分に狙える範囲だとはいえるでしょう。

 

ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)が安く査定されるパターン

ninja250

ではニンジャ(ninja)250が相場以下で査定されるケースを考えてみます。

前述のように、この年代のニンジャ(ninja)250み搭載されたフューエルインジェクションタイプの4ストローク水冷DOHC4バルブ並列2気筒はよく回る上に頑丈です。

普通レベルのユーザーさんでは回し過ぎて壊れる心配はないはずです。逆に乗らずに放置したり定期的なメンテナンスを怠ることでの不調を心配した方がよいかと思います。

査定士やメカニックも排ガス規制以降のニンジャ(ninja)250なら、そこそこ安心して買取できるので必要以上にエンジンや吹け上がりをチェックしないでしょう。

ただ、このニンジャ(ninja)250に限らず初代モデルで10年落ちのバイクです。高年式な車種とはいえますが樹脂部やゴム製のブッシュやパッキン等は劣化して機能していない部分もあるでしょう。

その辺りは店舗としても、買取後に実費で交換が必要になってきます。つまり査定額に直接反映される部分ですので査定前に点検して必要に応じて交換しておきましょう。

カウル類やマフラー等、パーツ価格のはっきりした部分と違い、パッキンやブッシュ、ガスケット等は価格も明確でなく必要以上に査定額からマイナスされるパターンもあります。無駄に安く査定されないためにも事前の対処がポイントになってきます。

そしてカスタムパーツ関係。

この時代のニンジャ(ninja)250もパーツ類が豊富なので、多くのオーナーさんは多少のカスタムはなされているかと思います。

出所のわからない中国製のような外装部品を使用している場合、まず間違いなく大幅に減額されます。というか一部のレアパーツを除いて純正部品の方が高評価だと覚えておいてください。

カスタムパーツのままでも高額買取!といった宣伝文句も見受けられますが、残念ながら現実としては純正部品の方が確実に高額査定となるので忘れないでください。

中古市場でニンジャ(ninja)250を探しているユーザーさんの多くはドノーマル状態の方を好みます。購入後に自分の必要な部分だけカスタムするわけです。故障やトラブルのリスクの高いカスタムパーツを好むユーザーさんはごく稀なのです。

結局は中古市場で高値になる車体はドノーマル状態ということを覚えておきましょう。

 

ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)とはどんなバイクなのか?

ninja250

基本設計の古い車両が多かったカワサキのバイクの多くが生産終了に追い込まれた2007年の排ガス規制強化…その逆風の中、しっかりと排ガス規制に対応した車両として登場した250㏄スポーツがニンジャ(ninja)250Rでした。

フューエルインジェクションを採用した4ストローク水冷DOHC4バルブ並列2気筒は中低速でも粘り強くトルクフルなエンジンで、街乗りやロングツーリングでも扱いやすい…といった理由でカワサキ車としては非常に売れた一台でもあります。

また250㏄クラスとしては初めてABS搭載モデルが販売されたのも、ニンジャ(ninja)250ABSだったと記憶しています。

スポーティな外観とは裏腹に足つき性も良く車体もコンパクト、扱いやすいエンジンという理由から免許取得後の若者や女性ライダーからも支持されたバイクとしても有名です。

ニンジャ(ninja)250R(SL、ABS)のスペック詳細

車体型式JBK-EX250K
エンジン4ストローク
水冷DOHC4バルブ並列2気筒
内径x行程 / 圧縮比62.0mm x 41.2mm / 11.6:1:1
最高出力(kW/rpm)23kW 31PS/11,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)21N・m 2.1kgf・m/8,500rpm
燃料供給方式インジェクション
乾燥重量153kg