W400を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

w400

当ページは「愛車のW400を高額買取する店舗が知りたい」または「W400査定時に減額されやすい部分を知っておきたい」というオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は、W650で成功をおさめていたカワサキが味をしめて、普通二輪のライダーも獲得しようと発売したノスタルジック車両…W400査定時のポイントをお伝えします。

すでに1998年に発売されていたW650から、だいぶ遅れての2006年から販売を開始しましたが、予想外にW400を待ち望んでいたユーザーさんが多く、カワサキの400としてはゼファーシリーズは別としてヒット作だといえます。

しかし一方で2008年の排ガス規制によってW650とともに生産終了に追い込まれた車種でもあり、実質2006年~2008年の3年間という短命なバイクともいえます。

結果として新車購入できないために中古市場でも非常に高値をキープし続けている一台といえるでしょう。

また、この手の短期間で生産終了した車両の場合、売却先によって査定額や買取金額がバラつきが目立つので注意しておきたいところです。

今回はW400売却時のポイントや注意点をまとめておきます。以下の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントや注意点を身につけて、少しでも高値で売却してください!

W400を売る際の注意点

まずカスタム済みの車両の場合。基本的に中古市場でW400を探しているユーザーさんの大半はドノーマル状態のW400を好みます。

よって純正部品を保管している場合は素直に純正部品にもどしてノーマル状態に近づけておきましょう。

もちろんカスタム済み車両でも問題なく査定してもらえますが、純正部品よりも評価の高いカスタムパーツは非常にレアなケースです。無難に純正部品に戻した方が査定額は期待できるはずです。

ちなみに取り外したカスタムパーツはネットオークションで売却すれば、思わぬ高額落札の可能性もあります。出品作業ができる方はそちらをお勧めしておきます。

次にノーマル状態のW400について。

他の車両と同様に転倒歴や事故歴が査定額を大きく左右するのは変わりません。このようなクラシックタイプの車体は軽い転倒でもエンジン下回りやフォークのアウターケース、マフラー側面に大きな痕跡が残ります。

査定時に大幅な減額が嫌な方は査定前に程度のよい中古パーツ等に交換するという方法も検討sぢておきましょう。ただ新品で購入してまで交換するのはトータルで損することになるので良く考えてから行動してください。

またW400に特有な注意点としては錆関係になってきます。

一時期販売されていたクロームメッキ・バージョンに関しては言うまでもありませんが、普通のW400でも各部にクロームメッキが施されています。

ライド周り、マフラー、リアサス、ホイルのリム、フェンダー、タンクの一部…と本当にクロームメッキ・パーツが多いのが特徴なんです。

この手のクロームメッキ・パーツは保管状態によって浮いたり剥がれたり、メッキ特有の錆が内部から発生するケースが頻発しています。

まだ小さな錆や浮きならばコンパウンドや専用のケミカルである程度は除去できます。メッキ部の減額は売却先によってはけっこう大きな減額となります。事前に磨いて目立たなくしておくだけで効果があるかと思います。

また見落としがちですがスポークホイールの車両の場合、スポーク根元のリムとの接触部に錆が発生しやすいかと思います。こちらも洗車だけでは解消できません。上記のついでに磨いておくことをお勧めしておきます。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

W400の中古相場から買取査定額を考える

査定額
もしかしたら愛車のW400をどこに売却すべきか…と悩まれている方もいるかもしれませんが、どこに売却するにせよ、愛車のだいたいの査定額を知っておくことが肝心です。

今では少なくなりましたが、バイク買取店や中古バイク販売店の中には相手が買取相場を知らないことを利用して安く査定してくる店舗もひと昔前は沢山ありました。足元をみられないためにも愛車の査定額や買取相場を知っておきましょう。

そこでネット査定やオンライン査定を利用される方もいますが、ここにも注意が必要です。ネット査定やオンライン査定の大半は買取側が営業目的で提供しているサービスなのです。

とりあえず高めに査定して本査定で大幅に減額するのが常套手段だといわれています。ネット査定やオンライン査定で高額だったからと安心して本査定に臨むと偉い目に遭うので注意しましょう。

W400の査定額・買取相場の中心は18万~35万円

そこで愛車のW400の査定額を知るために中古相場をチェックしてください。

基本的に中古販売価格の半値~6、7割が査定額の上限です。つまり3~5割が店舗の利益やメンテナンス費用、業者オークション手数料といえます。

ちなみに全国の中古W400の価格分布をみると一部の例外的な車両は除いて35万~65万の価格帯が中心なようです。参考までに中古相場の平均価格は約45万円程度になります。

つまりW400の査定額や買取相場は18万~35万円あたりが交渉の中心になってくるはずです。

基本的にW400は3年間しか生産されていません。したがって年式による金額差は気にする必要はありません。査定額の違いはバイクの保管状態や人気色かどうか…という部分が大きいかもしれません。

仮にタンクを2色で塗り分けられた最終年度のファイナルバージョンのW400ともなれば、査定額も予想以上に高額になってきます。またクロームメッキ・パーツを多用したフルメッキバージョン等も売却先によっては思わぬ高値で査定します。

残念ながら店舗によってはW400の知識の乏しい店舗もあります。また査定スタッフによっても細かい部分の違いを理解していないスタッフもいます。ぜひとも2つ3つの売却先で査定を繰り返して比較しておくことをお勧めします。

W400が安く査定されるパターン

w4002
すでにW400オーナーさんの場合、説明不要かと思いますが、中古市場でW400を購入される方の多くはW400の雰囲気やデザインの美しさに惹かれて探している方になります。

とくにW650譲りのバーチカルツインが購入理由という方が大半なのではないでしょうか?

こういった理由からも下手にカスタムされている車両よりも確実にノーマル車両が好まれるはずです。乗り続けるなら構いませんが、査定額を気にする場合は純正部品に戻すことが賢明な判断かと思います。

またエンジン関係でとくに故障が多いという噂を聞かないW400の場合、車種が車種だけにぶん回す方もいないとは思いますが、定期的にエンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等を交換している車両ならば大きな減額は心配ないでしょう。

ただ1万~2万キロ程度走行されたW400の場合、上記の部分以外にもドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースといった部分が立て続けに交換時期を迎えているはずです。

売却先によっては査定士やメカニックが細かくチェックして、消耗具合によっては要交換としてそのまま減額と判断します。こういった査定時での減額となると、実際に良心的な店舗で交換した場合よりもはるかに高額で計算されてしまう場合もあります。

少しでも査定時にマイナス部分を減らすためにも消耗部品の状態は事前に点検して状態を把握しておきましょう。

また前述したようにクロームメッキ・パーツの錆や剥がれ、浮きは予想以上に大きな減額となるパターンです。塗装部分とちがって買取後に原状復帰させるにはパーツ交換しか方法はありません。塗装部分よりも注意を払っておくべき部分といえます。

W400とはどんなバイクなのか?

w400

カワサキの名車、W1を現代風に復刻して話題となったW650。

そんなW650を普通二輪免許ユーザーさんたちにも体験してもらうためにW650をサイズダウンさせたモデルがW400だといえますね。

空冷4ストロークSOHC4バルブ バーチカルツインエンジンやべべルギアタワー、クーリングファンに代表されるレトロなルックスをそのままに、より軽量・コンパクトに各部をリセッティングしたのが400の特徴。

発売当初、バイク業界はクラシックやリバイバルで盛り上がっていたが、その決定版といえる車種がカワサキのW400だと個人的には思います。

W400のスペック詳細

車体型式 BC-EJ400A
エンジン 空冷4ストロークSOHC4バルブ並列2気筒
シート高 765㎜
最高出力(kW/rpm) 21(29PS)/7500
最大トルク(N・m/rpm) 29(3kgf・m)/6000
燃料供給方式 キャブレター
乾燥重量 193kg

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする