アドレスV125(G・S・SS)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

アドレス125

当ページは「手っ取り早くアドレスV125の高額買取店舗が知りたい」または「アドレスV125の査定時に減額されやすい部分を知っておきたい」というオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、2005年に登場して初年度だけで3万台以上を販売するという、原付二種としては異例の快進撃を記録したバイク…スズキのアドレスV125売却時のポイントについて書きます。

アドレスV125の発売される前、アドレスV100時代から人気車種ではありましたが、待望の125㏄が登場したことで原付二種のスズキを不動のものとしました。

これまで20万台以上が販売されてきたアドレスV125。タマ数が多いことも大きな理由ですが、中古市場でも非常に動きの早い車種といえます。

仮に現行のアドレスV125Sを購入する場合、新車価格だと約27~29万円といこともあり、乗り出し価格をおさえるために状態のよい中古車両に人気が集まっているというわけです。

その結果、需要と供給の関係から売却時の査定額もそれなりに高額なケースが多いといわれています。今回はそんなアドレスV125売却時に知っておくべきポイントをまとめておきます。

複数店舗で査定を受けた方が高額査定になるのはもちろんですが、念のため、以下の記事を読んで愛車の売却前に高額査定のコツを勉強して最高額で売却してくださいね!

アドレスV125(G・S・SS)を売る際の注意点

ではアドレスV125売却時に注意しておきたい部分について、ポイントを絞っていくつかお伝えしておきます。

アドレスV125オーナーの方であればご存じでしょうが、2005年に発売されたアドレスV125。発売開始の翌年から生産拠点を台湾工場に移しました。つまり流通しているアドレスV125はほぼ台湾製といえます。なので年式による査定額の違いはそう大きくないといえるでしょう。

ただ2008年の排ガス規制によるモデルチェンジは微妙に査定額にも影響がでてくるかもしれません。

ぶっちゃけ2008年のモデルチェンジはパワー・燃費もダウンして、かわりに車体価格だけアップしました。スズキ車にありがちなケースですが、モデルチェンジによって改悪してしまういつものパターンです。

ただ、中古市場としては2008年前のモデルも排ガス規制後のモデルも、さほど相場は違わない…という印象があります。これは排ガス規制前のアドレスV125には異常にリコール対象部分が多かったことも関係しているのかなあと個人的には感じます。

合計7年で20万台も売れたバイクです。それだけ不具合やトラブルが多いのは当然のことだとは思いますが、アドレスV125の場合はどう考えてもリコール箇所が多過ぎでした。

制動関係ではマスターシリンダーの組付け不良、燃料ホースの亀裂、走行時の振動によるリレーの接点不良や配線の断裂と、度重なるリコール箇所が発覚しました。

中でもFIを制御するFIコントロールユニットの不具合が頻発し、インジェクション異常を起こしてエンジンが始動できない、加速が悪い、アイドリングが不安定という車体が続出しました。

こういった理由もあって、運悪く中古車として購入後にエンジントラブルに見舞われるケースを恐れて買取店舗や販売店も積極的に高額査定してこない…という側面もあります。

もし不具合なく走行してきた車体だとしても、売却時に突っ込まれるケースも考慮して査定前に公式サイトやディーラーで、リコール対象なのか確認しておくことをお勧めします。

 

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

アドレスV125(G・S・SS)の中古相場から買取査定額を考える

では実際に愛車のアドレスV125がどの程度で査定してもらえるのか?という部分について考えてみましょう。

まず売却に際してざっくりと査定額を知りたい方もいるかと思います。そこでネット査定やオンライン査定といったサービスを利用される方もいるでしょう。もちろん利用すること自体は何の問題もありません。

ただネット査定額やオンライン査定額をそのまま信用しては危険かもしれしれません。まずはネット査定やオンライン査定が買取側の提供するサービスということを認識してください。

たしかにネット査定やオンライン査定は利用するだけなら無料の便利なサービスです。ですが最終的には実際の出張査定や持込査定に登録してもらうことが目的なのです。そのためあからさまに高額査定というケースが多いと感じます。

基本的にネット査定額やオンライン査定額は新車状態の価格に過ぎません。普通に乗られてきた車両がその数字で査定してもらえるケースはありません。ここは忘れないでおきましょう。

 

アドレスV125(G・S・SS)の査定額・買取相場の中心は5万~9万円

前述のようにネット査定やオンライン査定がアテにならない以上、アドレスV125の査定額を知りたいならば中古取引相場を調べてみるのがお勧めです。ネット査定額よりもはるかに参考になる数字を知ることができるはずです。

参考までに全国の中古アドレスV125の価格分布をみたところ、最安値の車両だと5万円程度から、高額な車両だと20万クラスもチラホラみられます。実際に計算した感じではすべての年式アドレスV125の中古平均価格は約13万円程度といえます。

もっとも台数の多いアドレスV125は10万弱~15万あたりの車両といえそうです。これはアドレスV125に限った話ではありませんが、往々にして中古車両価格の半値~6,7割が査定額の上限だといわれています。

つまりアドレスV125の査定額や買取相場は、5万~8,9万あたりが中心といえそうな気がします。もちろん走行距離が少なくきれいに室内保管されていたアドレスV125の場合、普通に10万オーバーという査定も十分に考えられます。状態しだいになってきます。

ただ逆に転倒歴のある車両、質の低いカスタムパーツで改造されている車両、リコール対象にもかかわらず改善措置のなされていない車両の場合はそれなりに減額が入ります。状況しだいでは5万以下という可能性も十分にあるので注意しておきましょう。

ただぶっちゃけ。当日の査定士やメカニックが、アドレスV125の弱点をどこまで精通しているかによってチェックポイントも大きく変わってきます。ざっくりと外観上とエンジンの始動性くらいで査定額を決断する方もいます。

愛車のアドレスV125を最高額で買取ってもらうなら、多少の手間はかかるでしょうが2つ3つの売却先に申込んで様々な査定スタッフにみてもらうのが何より確実だと思います。

アドレスV125(G・S・SS)が安く査定されるパターン

ビッグスクーター
リコール箇所も多くエンジントラブルの事例の多いアドレスV125の場合、査定士やメカニックのチェックしてくる部分はほぼ決まった部分になってくるかと思います。

普通の車両でも確実にチェックすることですが、とくにアドレスV125の場合はFIコントロールユニットの不具合によるインジェクション異常のパターンが目立ちます。

アイドリングが安定しているか?目一杯アクセルを開けた時にレスポンスよく吹け上がるか?エンジンは一発で気持ちよくかかるか?という部分は注意深くチェックしてくるでしょう。

仮にインジェクションに問題なくとも、アドレスV125の場合、意外とオイル漏れを起こしている車両も多いといわれています。

スズキ車全般にいえることですが燃焼室周辺のガスケット・シール周りのトラブルが思いのほか目立ちます。オイル消費が激しいな…と感じている場合、査定前にそのあたりを見直しておくといいかもしれません。

 

アドレスV125(G・S・SS)とはどんなバイクなのか?

100㏄時代にも人気車種のひとつでしたが、125㏄にアップした途端、急激に販売台数を伸ばした車両といえばアドレスV125にほかなりません。

2004年に登場したアドレスV125は、それまでのキャブレター方式からフューエルインジェクションを採用し、走行性能を向上させつつも大幅に燃費も向上させました。

走行性能に関しては250クラスのビッグスクーターにひけをとらない部分も多く、敢えて250クラスからよりコンパクトなアドレスV125に乗り換えるユーザーさんも目立ちました。

またアドレスV125を語るうえで外せないポイントといえば、購入しやすいお手頃な新車販売価格といえます。

当時、アドレスV100にくらべて様々な部分でグレードアップが図られたものの、車両価格は変わらず199,900円と低価格におさえて販売されました。そのあたりは組み立て工場を台湾に移したことがコストダウンと関係しているのでしょう。

アドレスV1255(2007年式)のスペック詳細

車体型式BC-CF46A
エンジンF468型 124cm3  強制空冷4ストローク単気筒
シート高740mm
最高出力(kW/rpm)11.4ps / 7,500rpm
最大トルク(N・m/rpm)1.2kg・m / 6,000rpm
燃料供給装置燃料噴射装置