ヤマハ TW200(225)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

tw200

「年式問わず、TW200(225)を高額買取する店舗はどこなのか?」または「TW200(225)査定額に減額されやすい部分を事前に知っておきたい」当記事はそんなオーナーさんに向けて書いています。

 
こんにちは。管理人です。

今回は、ストリート系カスタムという流れをつくった立役者、ヤマハの伝説の1台、TW200(225)売却時のポイントについて書いておきます。

1990年代中頃、レーサーレプリカ・ブームやアメリカンバイク・ブームとは違ってストリート系のバイクとして爆発的にヒットした車種といえば、間違いなくヤマハのTW200(225)だといえます。

30後半~40代のユーザーさんでバイク歴の長い方であれば、当時のTW200(225)ブームの凄さは記憶されているはずです。

このTW200(225)がきっかけとなってストリート系のバイクというジャンルが確立され、当時はストリート・バイカーズのような雑誌も数多く創刊されました。

本来、バイク乗りでない層をバイク業界に巻き込んだ…という意味でも非常に意味のある車両だと感じています。

そんなTW200(225)はタマ数が非常に多く、売却するにしても二束三文で買い取られる…といった噂もありますが、それは程度の悪いカスタム車両の場合ですね。

逆にノーマルに近い状態で乗られた高年式のTW200(225)、予想以上に高額査定されるケースもあります。ただしこの車種に関しては売却先選びがとても重要となってきます。

そこで今回はTW200(225)売却時のポイントや注意点をいくつか説明しておきます。

ただTW200にかぎらず、複数店舗で無料査定を受けた方が高額査定になるというのは鉄則です。

念のため、以下の記事を読んで愛車の売却前にしっかりと高額査定のコツを勉強して最高額でで売却してくださいね!

ヤマハ TW200(225)を売る際の注意点

TW200(225)売却の場合、まず自分のTW200(225)がどのモデルなのか把握しておいて下さい。

基本的に大きなモデルチェンジは2つ。丸目+小型ウインカーを装備したTW200Eへのモデルチェンジ、そして2002年に200cc→223ccへと排気量がアップしたモデルチェンジ以外は大した変化はありません。

といってもカスタム済みのTW200(225)が大半です。実際にはモデルチェンジによる大きな査定額の違いは気にするほどでもないでしょう。それ以上にカスタム具合やメンテナンス状態、使われているパーツの質…という部分の方が肝心となってきます。

大半がカスタム車両という部分を考えても、残念ながら中途半端なカスタム車両の多くは評価が低く、査定額も予想外に安いというのが実情です。

稀にカスタム済みでも高額で査定される…といった情報もありますが、それはTW200(225)カスタムが流行していた頃の話ですね。

残念ながらブームが去った現在では一部のマニアックなファンしか評価しません。基本的にどんなカスタム内容でもマイナス査定になってきます。

 

カスタム内容によってはTW専門店に持込むことも…

twカスタム

中でも社外メーターに交換しているTW200(225)の場合、走行距離がどうであれ走行不明のバイクには違いありません。

TW200(225)のカスタム専門店は別として、普通のバイク買取店では大きく評価が下がることは覚悟しておきましょう。

またスリップオンマフラーやフェンダーレスといった程度なら原状回復可能ですが、完璧にスカチューンされた車両、ロングスイングアームに交換された車両の場合、買取後に原状回復させるのも実質不可能です。

確実に査定額に影響を与えることになるでしょう。

また注意してもらいたいのが、TW200(225)ブームに乗っかって販売されていた劣悪なカスタム・パーツに交換されている車両です。有名ブランドにくらべて割安なパーツということで似たようなノーブランドやオリジナルのカスタムパーツに交換されたTW200(225)も多いです。

フェンダーやカウル類、シート等ならば大きな問題にもなりませんが、安全基準さえ満たしていないようなロングスイングアームに交換されている場合、車体そのものが買取不可という可能性も無くもありません。ここは注意してもらいたいですね。

 

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

ヤマハ TW200(225)の中古相場から買取査定額を考える

TW200(225)オーナーさんの中にはすでにネット査定やオンライン査定を試した方もいるでしょう。それなりの査定額に満足されたかもしれません。

ですが注意して下さい。ネット査定やオンライン査定の多くは買取側が持込査定や出張査定に申込んでもらうためのサービスに過ぎません。もちろんドノーマル状態のピカピカなTW200(225)だった場合の査定額になってきます。

普通に考えても提示された査定額以下の値段で中古市場で販売されています。基本的にその提示された査定額で買取ることはまずありえないかと思います。

ヤマハ TW200の査定額・買取相場の中心は5万~12万円、TW200Eで8万~15万

とはいえ、愛車のTW200(225)を売却する前にざっくりとでも査定額を知っておきたい…という部分もあるかと思います。

そこで中古のTW200(225)の販売価格から買取相場や査定額を考えてみてはどうでしょうか。

参考までにTW200の中古販売価格をみたところ、最安で5万程度の車体もあれば30万という車体もあるようです。カスタム車両が多いために中古車両価格も幅広いのがTW200(225)の特徴といえるでしょう。

ですが販売価格の中心は10万~20万前後がが中心になっているようです。

一方、TW200Eの場合なら普通のTW200より5万程度高額で取引されています。年式によって微妙に違いますが、ボリュームゾーンは15万~25万が中心といえそうです。

中古販売価格から考えても、普通のTW200なら5~6万から12万程度、TW200Eだとしても8万~15万というのが査定額や買取相場の上限だと推測できます。

もちろん上記の予想はノーマル状態、またはスリップオンマフラー程度のライトカスタム前提の話です。ある程度カスタムされた車両の場合、上記からさらに減額されるので忘れないでおきましょう。

とりあえずTWシリーズの売却にかぎっては、査定額が予想できない部分が大きく、2つ3つと時間の許す限り多くの売却先にコンタクトをとった方が賢明でしょうね。

 

ヤマハ TW200(225)が安く査定されるパターン

メンテナンス
ではTW200(225)が安く査定されるパターンを順に考えてみたいと思います。

この部分は説明不要かと思いますが、とにかくTW200(225)の場合、ノーマル状態のタマが非常に少ないです。

そもそもカスタムベースとして購入される方が大半でした。したがってドノーマルというだけでプラス査定といっても良いかもしれません。

上旬しましたが、有名ショップや大手カスタムパーツの製作したショーバイクレベルのTW200(225)というパターンでもなければ、売却時にカスタム内容が評価されるケースはありません。

もし純正部品をお持ちでしたら、売却前に確実に純正部品に戻しておいた方が賢明な判断かと思います。残念ながら当時の中古TW200(225)パーツはネットオークションでもあまり高額になるケースもないでしょう。ですが買取店舗に無料で渡すよりは幾らかになるネットオークションの方がマシなのでお勧めです。

ただネットオークションでも落札金額が大した金額が予想できない場合、発送等の手間を考えてバイクワンのような店舗で査定してパーツも買取ってもらうケースも視野にいれておくといいです。

バイクワンはパーツワンというパーツ専門店も運営しています。それなりの金額になる可能性もあるでしょう。

またTW200(225)は過去にリアサス取り付け部の強度でリコール対象となっています。

TW200(225)買取において、そこまで突っ込んでくる詳しい方も珍しいでしょうが、突っ込まれた時のために事前にディーラーやヤマハの公式サイトで愛車が対象車両が確認だけでもしておくといいかもしれません。

 

ヤマハ TW200(225)とはどんなバイクなのか?

本来は純粋なトレールバイクとしてデビューしたTW200、XT200から継承された空冷OHC2バルブ単気筒を搭載したトルクフルで扱いやすいエンジンが特徴でしたが、実際にヒットしたのはトレール目的ではなく、ストリートの若者でした。

前後の極太バルーンタイヤをノーマルで装備しているTW200は、かっこうのカスタムベースでした。当時一世を風靡した都内のカスタムショップがTW200カスタムし、一躍若者のアイコン的なバイクへと成長しました。

フェンダレス、バッテリーレス、ロングスイングアームといったカスタム内容がごく普通に行われ、不要なパーツをすべて排除したスカチューンという言葉が生まれたのもTW200(225)の影響でした。

その後、あまりにもカスタムが進化したため、ヤマハでも純正である程度のストリート・カスタマイズの施されたTW200Eを発売、数回のモデルチェンジを経て、排ガス規制に対応できないという理由で2008年に生産が終了しました。

ヤマハ TW200(225)のスペック詳細

車体型式2JL
エンジン空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒
シート高790
最高出力(kW/rpm)16PS/7500
最大トルク(N・m/rpm)1.6kgf・m/6500
サスペンション形式テレスコピック/スイングアーム
車両重量126kg

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【車種別】査定のコツ
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました