ドラッグスター250を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

ドラッグスター250

「愛車のドラッグスター250を高額買取する店舗はどこなのか?」または「ドラッグスター250査定額に減額されやすい部分を知っておきたい」当記事はそんなオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは。管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は2000年にデビューして以来、国産250ccアメリカンの中心的な存在となったバイクといえばドラッグスター250についてお伝えします。

ライバルメーカーのホンダVツインマグナ、スズキのイントルーダー、カワサキのエリミネーターが生産終了となった今、唯一新車で購入できる250アメリカンクルーザーという貴重な存在ですね。

そんなドラッグスター250の場合、新車でも安定して売れ続けていますが、同様に中古市場でも安定して高値をキープしています。

250ccですので車体も軽く扱いやすいためか、女性や小柄な男性、または免許取得したての若者が、400やハーレーの前段階として選択するケースも多い事も人気の秘密といえるでしょう。

そのため中古のドラッグスター250の買取相場や査定額はここ数年とても安定しているように感じます。これからドラッグスター250を売却される方にとっては嬉しい状況が続いています。

ただドラッグスター250にかぎらず、複数店舗で無料査定を受けた方が高額査定になるというのは鉄則です。

念のため、以下の記事を読んで愛車の売却前にしっかりと高額査定のコツを勉強して最高額でで売却してくださいね!

ドラッグスター250を売る際の注意点

ヤマハ車の中には正直トラブルの頻発するエンジンもありますが、ビラーゴ系空冷250ccV型2気筒に関しては致命的なエンジントラブルとかは聞いたことがありません。とくに不具合なく動いていればとくにマイナス査定されるパターンは無いでしょう。

エンジン面ではとくに問題ありませんが、やはりヤマハ特有の電装系の弱さはドラッグスター250でも健在なようです。バッテリー容量は十分なはずなのに、ある日突然、セルでエンジンがかからなくなる…といったトラブルはけっこう多いようですね。

単純にセルの接点不良なら大した問題ではありませんが、ヤマハ車の場合、けっこうな確立でレギュレータに問題があるので注意が必要です。

セルの調子がイマイチという場合、最悪な場合、肝心な査定当日にエンジンがかからないパターンも考えられます。単純な配線の外れや断線を含めて、必ず査定前に電装系は再確認しておきたいところです。

また年式によって、オイルシールが弱くて微妙にエンジンオイルが滲み出てくるケースも稀にあるようです。

中でもドライブスプロケットのシャフトにあるオイルシールから漏れ出ているパターンはドラッグスター250では有名です。スプロケ周辺に変なオイル跡がみられた場合、オイルシールの点検をしておきましょう。

交渉に自信がない人こそ慎重に選ぼう!

今の時代、高額査定は交渉のテクニックだけでは無理! しっかり店舗を選んで査定額を競い合ってもらう……これが査定額アップの近道!!

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみたので、ぜひアナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

ドラッグスター250の中古相場から買取査定額を考える

では続いて、ドラッグスター250の買取相場や査定額について考えてみましょう。

手っ取り早く愛車のドラッグスター250の買取相場を知る方法なら、どちらかの大手バイク買取店で無料査定してみるのがお勧めですが、査定前におよその査定額を知っておいた方が良いのも事実。

ネット査定やオンライン査定とよばれるサービスもあるにはありますが、残念ながら実際の査定額や買取相場とはかけ離れているようです。ネット査定の大半は買取店舗が提供するサービスだけに高めに算出されます。

ネット査定額を基準に考えてしまうと実際の査定当日にショックを受けることになります。最初からアテにせずネット査定額の半値~6、7割が現実的な査定額だと頭の隅に入れておくといいかと思います。

BA-VG02型の査定額・買取相場の中心は12万~20万円、BK-VG05J型で17万から25万

とはいえ出張査定や持込査定前に、ざっくりとした愛車の査定相場を知りたいのがオーナーさんの本音ではないでしょうか。

前述のとおり、オンライン査定やネット査定が現実の査定額とかけ離れています。もし査定額を知りたいならば、中古市場での車両価格をベースに査定額を考えてみるのが賢明といえるでしょう。

生産期間が長い車種ですので、中古販売価格を一括りにすることも少々乱暴すぎます。大きく排ガス規制以前のBA-VG02型のドラッグスターと、排ガス規制対応のBK-VG05J型のドラッグスターに分けさせていただきます。

参考までにリアルタイムの全国に流通している中古ドラッグスター250の価格分布をみてみます。

排ガス規制以前のBA-VG02型の場合、もっとも台数の多い価格帯は20万~35万といった感じです。中でも25万から30万強で販売されている車両が目立っています。

一般的に、中古車両価格の5~7割が査定額や買取相場の上限という事を考えても、2000~2007年までのBA-VG02型の場合、12万~20万というのが買取相場の中心になってくるはずです。

消耗部品やカスタム具合に応じて減額されるケースもあるかと思います。あくまでノーマル状態でそこそこの走行距離という条件での数字にはなりますが。

一方、2008年以降のBK-VG05J型の場合、中古車両の販売価格のベースが数万円は確実に高くなってきます。

中には20万円程度のタマもあるようですが概ね30万~45万というのが中心ですね。新車の車体価格が税込み60万円弱という部分を考えたら妥当な数字といえます。

つまりBK-VG05J型の場合、安くても16~7万から25万程度が査定額や買取相場の上限となってくるかと思います。普通に考えてよほどのセールスポイントの無い限り30万の大台にのせることは不可能でしょうが、25万は上手く売却先を比較して査定を繰り返すことで狙えるはずです。

ドラッグスターは電装系に弱い面も…

バッテリー

あと先ほども軽く触れましたが、他メーカーとくらべてもヤマハの車両は電装系が弱いです。突然バッテリーが上がったと思い交換したものの他の電装系に問題を抱えているケースが非常に多いです。

もちろん普通の査定士やメカニックであれば、その辺りは十分に承知です。査定時に念入りにチェックしてくるケースもあるでしょう。

レギュレータ、ステータコイル不良、CDI故障、IGコイル故障、プラグコード・プラグキャップ不良等、断線や接点不良といった部分を含めて査定前にはチェックしておく方が無難かと思います。

最後にカスタムパーツについて。前述のとおり、高年式のドラッグスター250の場合、新車の乗り出し価格をおさえるために中古車両を探している方が大半です。基本的にカスタム済みのドラッグスター250を探しているユーザーさんはごく一部になってきます。

ドラッグスター250の場合も例にもれず、純正部品を保管しているオーナーさんは事前に純正部品に戻し、カスタムパーツはパーツとしてネットオークションあたりで売却することをお勧めしておきます。

ドラッグスター250が安く査定されるパターン

アメリカン
ではここからはドラッグスター250売却時に安く査定されるパターンを考えてみます。

まずドラッグスター250のウリのひとつであるタンク上部やクランクケースカバー、マフラーやフォークのインナーチューブ等のメッキに浮きや剥がれが生じている場合、文句なしで査定額は減額されます。

塗装の剥がれや傷よりもメッキ部分はデリケートな部分でもあり、交換すると費用が高くつく部分です。保管状況によっては高年式だろうがメッキの状態は悪化します。まずメッキ部分が綺麗な状態かどうか…確認しておきましょう。

そしてもう1つ注意しておきたいのが一般的な車種と違いドラッグスター250はインジェクション化によって排ガス規制をクリアしていない…という部分です。

大半の車両はFI化によって大きくフルモデルチェンジしていますが、ドラッグスター250の場合、セッティングと酸化還元触媒採用マフラーによってクリアしています。

そんなドラッグスター250の場合、敢えて古いモデルを選ぶユーザーさんは皆無に近いのは想像の通りです。よほどカスタム内容や当時のカラーリングに惚れ込んでいる方以外は無難に新しいモデルを選ぶはずです。

そういった事情もあり、ドラッグスター250の場合は高年式の方が純粋に高額になってきます。とくに触媒付きマフラーを装備したBK-VG05J型の場合、よほど安物のカスタムパーツでも使用していない限り、そう安く査定される可能性は低いかと思います。

売却先ひとつで5万、10万と違うドラッグスターだけに、1社に絞らずに2つ3つの店舗とコンタクトをとった方が良い結果につながるとは思います。

ドラッグスター250とはどんなバイクなのか?

ヤマハのドラッグスター兄弟の末弟として、2000年にデビューしたのがドラッグスター250でした。

すでにヤマハにはビラーゴ250というロングセラー・アメリカンバイクが存在しましたが、まさにビラーゴの後釜といった感じで投入されたのがドラッグスター250でしたね。

基本的にエンジン周りはビラーゴから流用した空冷250ccV型2気筒をベースでしたが、空冷フィンをはじめ各所をリファインされ走行性能・耐久性ともに向上しました。

すでにアメリカンバイク市場を賑わしていたドラッグスター400とは兄弟車でありながら、モノショックでなくツインショックを採用、シャフト・ドライブでなくチェーンドライブを採用…と細部はまったくの別物といえます。

毎年のようにカラー変更を繰り返していたドラッグスター250ですが、大きなモデルチェンジとしては2007年の排ガス規制に対応したモデルチェンジ1回だと記憶しています。

大半の車両がフューエルインジェクションによって規制をクリアする一方、ドラッグスター250はセッティングと触媒付きマフラーを装備することで規制をクリア。珍しく継続してキャブレターが使用されています。

ドラッグスター250のスペック詳細

車体型式 JBK-VG05J
エンジン 空冷4ストロークSOHC2バルブV型2気筒
サスペンション形式 テレスコピック/スイングアーム
最高出力(kW/rpm) 15(20PS)/8000
最大トルク(N・m/rpm) 19(1.9kgf・m)/6000
燃料消費率(km/L) 51(60km/h)
車両重量 kg
※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする