ヤマハ マグザムを売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

マグザム

「マグザムを高額買取する店舗はどこなのか?」または「マグザムの査定額に減額対象となる部分を事前に知っておきたい!」当記事はそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは。管理人です。

今回は、マジェスティ・シリーズで成功をおさめたヤマハが市場に送り込んだクルーザーバイク…2005年に登場したマグザムを売るときのポイントをまとめておきます。

すでに国産250ビッグスクーター市場において超ヒット車種を生み出したヤマハが、タンデム走行でも快適に走行できるビッグスクーターというコンセプトに基づいて開発しました。

マジェスティ・シリーズ同様、現行で生産されいている数少ないスクーターということを考えると、10年経過した今でもけっこうな台数が売れ続けているようです。

ただGマジェの75万という車体価格ほどではありませんが、マグザムも新車価格で70万オーバー…250ccスクーターとしては少々価格設定が高いと感じるのは僕だけではないはずです。

そんな理由もあってかマグザムの場合、新車より質の良い中古車両を求めるオーナーさんが多いと感じています。その結果、需要と供給の関係によって中古車両価格はとても安定しているようですね。

ただ、今後の中古市場の動きは予測できない部分もあります。ヤマハの新車価格設定が変更されたり、大量に新古車が市場にダンピングされたら買取相場や査定額にも影響がでるかもしれません。

もしマグザムを売却される場合、今のような売り手市場のタイミングで手放すことをお勧めします。

念のために複数店舗で無料査定を受けた方が高額査定になるというのは常識なので説明不要かと思いますが、以下の記事で売却前にしっかりと愛車売却時のポイントをおさえて最高額で売却してください!

マグザムを売る際の注意点

2005年の登場以来、けっこう頻繁にカラーリング変更等のマイナーチェンジは繰り返していますが、基本的にフルモデルチェンジといえるほどの大きな変更はなされていません。

いいかえれば、初期型と現行を比較しても、さほど外観上に違いがみられないという意味でもあります。マグザムだけにかぎった話ではありませんが、この手の車種の場合、年式が古いからといって極端に査定額が安くなるケースは少なく、ある意味、低年式のオーナーさんにとって好都合な状態といえるでしょう。

フルモデルチェンジを頻繁に行う車両の場合、いくら高年式であっても現行モデルと外観上に大きな違いが一目瞭然です。新車価格が高いという理由で中古車両を探しているオーナーさんの場合、同じ価格なら現行モデルに近い車両を選びます。

そういった意味でも、長期間フルモデルチェンジを行っていないマグザムの場合、フルモデルチェンジが発表される前に売却した方が間違いなく高く査定されるかと思います。

査定額についてですが、過度のカスタムを施していない限り、そこそこ高額な査定額は期待できるはずです。ご存知かと思いますが、マグザムの場合、Gマジェや他のマジェスティ・シリーズよりもノーマル状態、ライトカスタムで乗られるユーザーさんが大半です。

基本的にドノーマル状態の評価が高いのは明らかですので事前に純正部品に戻しておくといいかと思います。ついでに売却を決めた場合は査定前にエンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、バッテリー、エアフィルター、タイヤ、ブレーキパッドの残量くらいはチェックしておきましょう。

査定士やメカニックの中には、Vベルト、ブレーキフルードブレーキホース、クラッチホース、クーラント、ウエイトローラー、トランスミッションギアオイル辺りまで突っ込んでくる細かい方も少なくありません。余裕があれば、その辺りも確認しておくといいでしょう。

 

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

マグザムの中古相場から買取査定額を考える

愛車のマグザムを売却する場合、事前にマグザムの査定額を知っておくことで査定交渉でも意外と有利な状態に持ち込めるものです。逆に買取相場を知らないオーナーさんの場合、足元を見てくる売却先もいるので注意が必要です。

そこでマグザムの買取相場や査定額について少し考えてみたいと思います。

まず手っ取り早くスマホやパソコンでネット査定やオンライン査定を試す方がいるかもしれませんが、正直おすすめとはいえません。

残念ながらネット査定の多くは買取店舗や販売店舗が運営するサービスです。

最終的に自社の出張査定や持込査定に申込んでもらうことが目的ですから、当然ながら高めに査定してきます。酷い店舗となると実際の査定時に半値程度まで叩いてくるケースも少なくありません、注意しておきましょう。

マグザムの査定額・買取相場の中心は12万~23万円

そこで当サイトとしては、実際に取引されている全国の中古マグザムの価格動向から査定額を考えてみたいと思います。

中古バイクの車両価格は非常にシンプルです。

オーナーさんから買取した車両にメンテナンス費用や会社の利益、業者間オークション手数料を上乗せして算出されます。つまり中古車両価格からメンテナンス費や利益、手数料を差し引いた金額が査定額や買取相場というわけです。

大抵の場合、中古車両価格の半値~6、7割が査定額の上限と考えて問題ありません。

参考までに全国の中古マグザムの価格相場表をみたところ、15万~45万程度まで幅広く分布しているようです。中古マグザム全体の平均価格では約37万円程度となっています。

ただあくまで平均価格は平均価格…実際に台数が多いのは20万~35万のマグザムだといえそうです。おそらく40~45万のマグザムはここ2~3年落ちの新車に近い車体という気がしますね。

つまり2005年~20012年あたりのマグザムの場合、ざっくりと12万~23万円というのが現実的な査定額の中心となってくるはずです。もちろん状態も走行距離もそこそこ、大きなカスタム箇所も無く外観上に大きなダメージの無いという条件での話です。

状況によっては大幅に12万を下回るケースも普通にあるかと思います。もし数カ所で査定して20万という数字をゲットできたらかなりラッキーなケースといえるでしょう。

ただマグザムの場合、中古販売価格も非常に幅広いという特徴があります。

いいかえれば買取価格にも大きなバラつきがある…ということに他なりません。こういった車種の場合、1社に絞らず2つ3つと査定を繰り返した方が高額査定につながりやすいといえるでしょう。

 

マグザムが安く査定されるパターン

マグザムカスタム
前述のとおり、中古マグザムの車両価格をみてもノーマル状態の方が評価が高いのは明らかです。キャリア関係やセキュリティ関連のカスタムは減額にならないでしょうが、ドレスアップ関係のカスタムは純正部品に戻しておいた方が良いでしょう。

外観上に大きな変化のないマグザムの場合、低年式から高年式まで共通のカスタムパーツが使用できます。そのためネットオークションでも比較的、カスタムパーツの値落ちの少ない車種です。バイク売却時に合わせて出品して処分しておくのが賢明だといえます。

また、マジェスティ譲りの水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒エンジンのマグザムは、基本的にすぐに壊れるエンジンではありませんが稀に加速しなくなる…または回転数が上がらなくなる…といった症状のでる個体もあるようです。

ケースバイケースですが、ダイヤフラムに問題があるか、Vベルト、プーリー、ウエイトローラー辺りに問題のあるパターンもあるかと思います。

査定当日にエンジン不調だと査定額は大きくマイナスされることになります。過去にそういったトラブルに見舞われた方は念のため再点検しておくといいかと思います。

あと燃料ポンプ系のリコールが数回あったと記憶しています。もし売却予定の車体がリコール対象の場合、下手すると査定時に突っ込まれるケースもあるので事前にディーラーか公式サイトで確認だけでもしておきましょう。

またマグザムの場合、査定額や買取相場のバラつきを考えてみても、なるべく多くの売却先でみてもらった方が確実に査定額は良くなるかとは思います。

 

マグザムとはどんなバイクなのか?

ヤマハのマグザムを語る上で、外すことのできないキーワードといえば「ベスト・タンデム・アーバンクルーザー」というコンセプトだといえます。

マグザムの登場した2005年といえばバイクを取り巻く環境が大きく変わった変革の時期。高速道路でのタンデム走行の解禁に始まり、免許関係ではAT限定自動二輪免許が採用された時期。

この時期にマグザムが市場に投入されたのは、決して偶然ではないはずです。これまでバイクに興味のなかった新しいタイプの購入層に向けて開発されたバイクがマグザムだといえます。

車両的にもベスト・タンデム・アーバンクルーザーというコンセプト通り、同社の人気スクーターであるマジェスティ・シリーズよりもロングホイールベース・低重心なため、直進安定性に優れているためタンデム時でもハンドルのフラつきが起こりづらいと評判でした。

249ccの水冷DOHC4バルブ単気筒のエンジン、自動遠心クラッチにVベルト式の無段変速機と基本的な部分はオーソドックスな車両といえますが、車体のバランスが良いのか、タンデム走行でも十分な走行性能だといえるでしょう。

ヤマハ マグザムのスペック詳細

車体型式JBK-SG21J
エンジン水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
シート高655
最高出力(kW/rpm)15(20PS)/7500
最大トルク(N・m/rpm)22(2.2kgf・m)/5500
変速機形式Vベルト自動無段変速
車両重量201kg

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【車種別】査定のコツ
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました