ZRX1200R(ZRX1200S)を売るなら知っておきたい査定額と買取り相場

zrx1200

当ページは「手っ取り早くZRX1200Rの高額買取店舗が知りたい!」とか「ZRX1200Rの査定でチェックされる部分を知っておきたい」というオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは。管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は数あるカワサキ車の中でも、「漢」といったイメージの強い名車、ZRX1200R売却について書いておきます。

カワサキのリッターバイクの中でもヒット車種だったZRX1100をベースに、排気量だけでなく車体剛性を上げてより熟成させた車種が、こちらのZRX1200Rだといわれています。

発売開始が2001年、残念ながら排ガス規制のタイミングで2008年に生産終了となりました、残念ながらカワサキの中でも比較的短命な車種といえます。

そんなZRX1200R、生産終了から10年近くが経過しているにもかかわらず、中古市場ではけっこうな高値をキープしています。

多分どこに売却しても、それなりの金額では査定してもらえるでしょう。

ただZRX1200R売却時には注意しておきたい部分もいくつかあります。今回はそんZRX1200R売却のポイントをまとめておきます。売却前にしっかりと基礎知識を身につけて高値で売却してくださいね!

なおお急ぎで売却先を選ばなければ…という方は、以下の流れで売却先を選んでもらえたらと思います。

ZRX1200R(ZRX1200S)を売る際の注意点

では早速、ZRX1200R(ZRX1200S)売却時に注意すべき部分をお伝えしておきます。

まずエンジン関係について。

昔から故障の多いメーカーの代表格ともいえるカワサキの車両にしては、ZRX1200R(ZRX1200S)の搭載している4ストローク水冷DOHC4バルブ並列4気筒は優秀な方だとは思います。

このページをご覧になっているユーザーさんの多くはZRX1200R(ZRX1200S)オーナーさんだと思いますが、予想外に故障が少なくて拍子抜けした方もいるのではないでしょうか。

ただZRX1200R(ZRX1200S)に限らず、GPZ900R、ZZR1100&1200等のいわゆるニンジャ系のエンジンはちょいちょいヘッドからのオイル漏れ、カムチェーンテンショナーのへたりは見受けられます。

あ、あとまれにクーラントが漏れて空っぽになっていた…なんてケースも聞いたことがあります…。

ただZRX1200R(ZRX1200S)を選択するオーナーさんの大半はカワサキ党の方、それくらいのトラブルは当たり前、故障のうちに入らない…というケースが多いようです。

もちろん査定士やメカニズムの方の大半は、この時期のカワサキ車の上記のような弱点を知っています。中には細かくチェックしてくる査定スタッフもいるので突っ込まれるケースも覚悟しておくといいです。

あとカスタムについて。

ZRX1200R(ZRX1200S)の場合、まったくのドノーマルで乗り続けてきた方と、サイレンサー、フルエキ、メッシュホースやブレーキキャリパーといったライトカスタムの方のどちらかが多いです。

基本的にドノーマル状態の方は普通に査定されるでしょうが、カスタムパーツを多用している場合、パーツメーカーによっては予想以上に安くなるケースもあります。

まれに生産終了した大手有名ブランドのフルエキ等など、予想外に高く評価されるケースもありますがそれはレアケースです。純正部品をお持ちの方は時間があれば純正部品に戻した方が無難だと思います。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

ZRX1200R(ZRX1200S)の中古相場から買取査定額を考える

これからZRX1200Rを売却される方としては、愛車がどの程度で買い取ってもらえるのか…という部分が気になるはずです。

たしかに売却前に愛車の査定額や買取相場を知っておくことは高額売却の面でも重要な意味をもっています。少なからずこちらの相場観が無いことで足元をみてくる査定士もいるようです。

ただネット査定やオンライン査定の提示額を信用するのも少々危険な側面もあります。基本的にネット査定やオンライン査定というサービスは買取店舗や販売店が提供しています。

本格的な持込査定や出張査定申し込みへのステップとして用意されているのが大半です。したがって実際の査定額以上で提示しているケースも多いので注意して利用してください。

ZRX1200R(ZRX1200S)の査定額・買取相場の中心は30万~45万円

とはいえ査定額や買取相場は気になります。そこで中古市場のZRX1200Rの価格推移や動向をみてある程度の査定額や買取相場を予想してみたいと思います。

現時点、全国に流通している中古のZRX1200Rをみたところ、最安では40万円台というタマもあるようです。まあおそらく過走行かつボロボロのZRX1200Rだとは思いますが。

最高額で100万近い車体も見受けられますが、大半の中古車両は55万~85万の価格帯におさまっているようです。

その数字から考えても、状態や走行距離、年式という部分も影響してきますが、外観上、大きなダメージもなく事故歴や転倒歴のない車体なら販売価格の半値~7割程度の30万~45万あたりが査定額の中心になってくるはずです。

もちろんケースバイケースな部分もあります、走行が少なく状態が良くとも不人気なカスタムパーツを多用している上に純正部品を処分していれば上記より大幅に安くなります。

逆にアールズやブレンボ等で制動系をファインチューンしていれば評価されて上記以上になる場合もあります。その辺りはぶっちゃけ査定してみないと分かりません。

当日に査定を担当する査定士やメカニックの知識や技量にも関係しますので、やはり1社に絞らず2つ3つの店舗で査定に申し込んでおくのが最良かと思います。

ZRX1200R(ZRX1200S)が安く査定されるパターン

エキパイ
ZRX1100のわずかな欠点を改良して登場したZRX1200R(ZRX1200S)、バイクとしては熟成されているのか、周囲の人間の評判やネット上のユーザーのレビューをみても本当に大きなトラブルの少ない車種だと思います。

そのため生産終了から10年近く経過したモデルですが、売却時の査定で大きく減額される要素が見当たらない…というのが正直なところです。

ヤマハやスズキで頻発するようなレギュレータやオルタネータ等、配線の断裂やカプラー外れといった電装系の問題もまず聞きません。

そんなZRX1200R(ZRX1200S)の場合、査定時にあからさまなエンジン付近からのオイル漏れとかアイドリング時の異音などが確認されなければ大きな減額の心配はいらないでしょう。

もし大きく減額されるなら、消耗部品が適切に交換されているか…という部分くらいなものです。

エンジンオイル、タイヤ、ブレーキパッド、バッテリー、スパークプラグ、エアフィルター等がしっかりと定期的に交換されているか。

または1~2万キロ走行の車体であれば、ドライブスプロケット、チェーン、クーラント、ライトバルブ、ブレーキフルード、ブレーキホース、クラッチホースは交換時期ではないか。

リッタークラスの中でもカワサキを選ぶオーナーさんの場合、そんな心配は不要かとは思いますが、こういった当たり前の部分を査定士の方は細かくチェックします。

当然ですが買取後に要交換と判断された場合、その費用は査定額から減額されることになります。中には必要以上に減額してくる店舗もあります。

予防策として事前に良心的なショップで交換、またはセルフメンテナンスしておくことをお勧めしておきます。

ZRX1200R(ZRX1200S)とはどんなバイクなのか?

リッタークラスではカワサキのヒット車種といえるZRX1100をベースに、大排気量化、同時に車体のバランスを見直して運動性能を引き上げた車種といえばZRX1200Rに他なりません。

基本的にZRX1100のパーツを流用しつつも、フレームやスイングアームという剛性に関する部分は見直された結果、操縦性を大きく改善したといわれています。

派生モデルとして、ハーフカウルを装備したZRX1200Sも一時期生産されていましたが、こちらの仕様は短期間で販売終了となりました。

ZRX1200R(ZRX1200S)のスペック詳細

車体型式 BC-ZRT20A
エンジン ZRT20AE型 1164cm3 4ストローク
水冷DOHC4バルブ並列4気筒
内径x行程 / 圧縮比 79.0mm x 59.4mm / 10.1:1
最高出力(kW/rpm) 74kW (100PS)/8,000rpm
最大トルク(N・m/rpm) 102Nm (10.4kgf・m)/6,000rpm
燃費 25.5km/L
車両重量 228kg

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする