GSR250(S/F)売却時の査定額と買取リのポイント

GSR250(S/F)

「GSR250を少しでも高く売却したい!」または「GSR250にお勧めの売却先はどこ?」当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はスズキの人気車種、B-KINGの250㏄版といえるGSR250を売却する場合のポイントや査定額についてまとめておきます。

ハーフカウルにアップハン装備でツーリング仕様のGSR250S、ちょっぴり往年のレーサーレプリカを彷彿させるフルカウルタイプのGSR250Fも派生モデルとしてありますが、査定時の注意点は似たような感じなのでひとまとめの記事とさせてもらいます。ご了承下さい。

ただ中古相場や売却時の査定額は往々にしてGSR250SとGSR250Fの方が数万円は高くなってきます。その点だけはご注意ください。

まずGSR250シリーズで特筆すべき部分といえば、中国がその起源ということですね。中国本土ではGW250という車種名で発売して国内で人気があったためにグローバルモデルに格上げされたバイクでした。

ちなみに欧州ではInazuma250という車種名とのこと。個人的にはHayabusaみたいでGSR250よりこっちの方が好みなんですが…笑。

エンジンの特徴としては、基本的にロングストロークの水冷4ストローク2気筒なので、高回転よりもトルク重視という感じですね。街乗りメインのビギナーさんや女性ライダーにとっては扱いやすいエンジンだと思います。

またメンテナンスをご趣味とされている方にとって嬉しい部分ですが、標準でセンタースタンドを装備しています。カスタム派の方にとっても重宝しますからね。

中国生産ということで賛否両論あるようですが、あの装備で42~3万という価格設定は間違いなく日本国内生産では無理ですからね。圧倒的なコスパだと思います。

中古市場でも手頃な価格帯の車体が多く、スズキ車の中でも動きの早い車種だと思います。売却先によって評価が分かれやすい車種だけに、以下のポイントに注意して慎重に売却先を選んでおいた方がいいでしょうね。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

GSR250(S/F)の査定額と買取相場

発売されてから僅か数年というGSR250シリーズにおいて、過去にフルモデルチェンジといえる大きな変更も無かったと思います。よって型式や年式もさほど査定額に影響しません。

影響する部分としてはスタンダードモデルのGSR250か、ツーリング仕様のGSR250Sか、フルカウルのGSR250Fかという部分になり、大抵の場合はGSR250がもっとも安く、GSR250Fがもっとも高く査定されるはずです。

というのも新車価格が43万程度のGSR250に対して、GSR250Sは約49万、GSR250Fは約52万という高めの価格設定になっています。その差額が売却時の査定額にもそのまま反映されただけのことです。

したがってスタンダードモデルのGSR250だけが査定が安いわけでもないのでご安心下さい。ちなみにGSR250の中古市場の価格推移をみると概ね、25 ~40万というのがもっとも車体の多い価格帯になってきます。

まあ状態や走行距離、カスタムパーツの有無にもよりますが、それなりに綺麗な状態で常識の範囲内の走行距離であれば15~25万というの査定交渉の中心になるかと思います。

もちろん参考査定額です。消耗部品が目立つ場合、事故歴や転倒歴がある場合は15万という数字をはるかに下回るケースもあります。その辺りはご了承ください。

GSR250(S/F)査定時にチェックされる部分

まず査定時にチェックされる部分といえば、GSR250の場合も例にもれず、フルノーマル状態かカスタム車両か、という部分です。

ノーマルのまま綺麗に乗られているケースの多いGSR250の場合、仮にカスタムされている場合もマフラー等の排気系くらいかと思いますが、念のため純正部品の有無をご確認ください。

基本的にマフラー程度では査定額に大きな影響もでないでしょうが、もし純正部品を保管されている場合は純正部品に戻してから査定を受けて下さい。純正部品に戻して査定額が高くなることはありますが、安くなることは絶対にありません。

また、大きな故障や不具合の少ないGSR250ではありますが、中国生産という部分から査定士やメカニックによっては装系や各部の消耗部品の状態を必要以上にチェックしてくることも想定できます。

変に突っ込まれて言いがかりをつけられないためにも、査定前に一度しっかりと消耗部品の状態を確認しておかれることをお勧めします。

とくにデビュー当時のGSR250を購入された方の場合、すでに4年以上が経過しているケースもあります。タイヤの耐用年数は一般的に3~4年だといわれていますから、溝が残っていようが減額されるパターンもあるので注意して下さい。

また、ツアラーというカテゴリーに属するGSR250SやGSR250Fの場合、頻繁に長距離ツーリングに出かけて年式の割に相当な走行距離の車体もあるかと思います。

1~2万程度なら中古市場でも大きなマイナスになりませんが、やっぱりそれ以上となると気にするユーザーさんも多いので価格設定を下げざるを得ません。その分、売却時の査定額にも影響するので覚悟しておきましょう。

GSR250(S/F)を少しでも高く査定してもらう

カスタムパーツ

中国生産ということで不安や疑問をお持ちの方も多いようですが、思いのほか故障や不具合の少ないバイクだと思います。

タイやベトナム、台湾といった生産国のバイクにありがちなリコール対象部分の頻発もなければ、致命的な弱点もみられません。とりあえずGSR250に関しては国内生産と比較しても遜色ないといえるでしょう。

そんなGSR250(S/F)だけに査定額は単純に状態や走行距離に左右されるかと思います。

とくに外観上のセールスポイントの一つである、左右に張り出したメッキ加工された2本出しのエキゾーストマフラー。この部分に目立つ傷や削れがあると大幅に減額されると覚悟して下さい。

塗装面と違い、クロームメッキ部分は非常にデリケートな部分です。修理が困難なため、大した傷や削れでなくとも交換と判断されます。残念ながら新車価格が安いGSR250だからといってアフターパーツも安いというわけでもありません。

むしろ中国工場で生産されているので若干高額になるケースも出てきます。同様に燃料タンクの凹みや表面の目立つ傷、シートの破れ等も減額が大きい部分なので注意して下さい。

また個人的な意見にはなりますが、GSR250SやGSR250Fのハーフカウルやフルカウルの塗装は新車時は非常に綺麗なのですが経年劣化が少々早いという気もします。中国工場の塗装ラインは日本国内の塗装ラインと違うのでしょうか?

どちらにせよ塗膜が国内製よりも薄い可能性は十分にあります。とくに新車時にコーティング加工をされていなかった方は売却前にくすみや曇りが生じているかと思います。または保管場所によっては退色もあるでしょう。

しっかりと埃や汚れを落としてから極細のコンパウンド等で磨き上げ、新車当時の艶と発色を取り戻してから査定に臨んでください。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする