GB250クラブマン売却時の査定額と買取リのポイント

GB250クラブマン

当ページは「すぐにGB250クラブマンの高額買取店舗が知りたい」とか「GB250クラブマンの査定時に減額されやすい部分を知っておきたい」という方に向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は1983年に登場したホンダのクラシカル路線の定番、GB250クラブマンを売却される方にむけて注意点や査定時のポイントを書いておきます。

ホンダ史上…というか国産バイク全体を考えてみても、1980年代の前半にクラシカル路線を開拓したGB250クラブマンは話題を集めました。

当時、ヤマハのSR400こそすでに販売されていましたが、バイク業界がどんどんスポーツタイプに注力し、カタログ上でのスペックを競争するという、まさにレーサーブーム突入前の時期。

そんな時期にわざわざクラシカル路線なんて…という批判的な意見もありましたが、予想を裏切って大きなセールスを記録したことは40代以上の方ならご存知かと思います。

というか正確にいうなら、クラシカル・ジャンルもなければ競合車種といえる車両もいませんでしたから、この手の車両が欲しければGB250クラブマンという選択肢しかなかったわけです笑。

クラシックタイプの先駆者といえるGB250クラブマン

オーナーさんならご存知かと思いますが、GB250クラブマンは先立って発売されていたCBX250RSのRFVCエンジンとフレームを流用しています。

250とはいえ、若干マイルド過ぎる部分もありますが当時は十分なトルクや加速感だと評価されていました。いま乗ってみると正直微妙ですが…。

後にGB400ツーリストトロフィー(GB400TT)、GB500ツーリストトロフィー(GB500TT)という兄弟車種も存在しましたが、こちらは思いの外、苦戦を強いられ早々に市場から撤退しましたね。

おそらく車検も不要、コンパクトでお手軽なGB250クラブマンのサイズ感がアンチレーサーレプリカ派のニーズとうまくマッチしたんでしょう。

結局、何回かのマイナーチェンジを繰り返し、1997年に生産終了されましたが、約15年間にわたって生産されていたロングセラーモデルといえます。

以下の記事で詳しく高額査定のポイントはお伝えしていますが、とりあえずお時間のない方はこの3つのポイントだけおさえて査定に臨んでください!

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

GB250クラブマンの査定額と買取相場

中古市場では20年以上が経過した今でも約10万~25万程度で取引されていることを考えれば、リセールバリュー抜群のGB250クラブマンです。

ただ、低年式は安く高年式は高いのか…というと一概にそうとも言い切れない部分もあります。ご注意ください。

たしかに高年式ほど微妙に中古車両価格は高くなるようですが、ぶっちゃけ年式や型式よりも、保管状態の良し悪しとカスタムパーツ状態の方が大きく影響するのは間違いなさそうです。

すでに旧車にも近い年数が経過しています。常温で一定湿度のガレージ保管の車両と屋外保管の車体では各部の劣化具合や消耗具合がまったく違っています。

厳しい言い方になりますが、劣悪な環境で保管されていた場合、年式・走行距離問わず5万以下という査定額も普通にありえるので覚悟しておきましょう。

一方、機関・外装関係にまったく腐食も退色もみられない極上車の場合、15万程度で買取してもらえる可能性も十分にあります。

もちろん上記は参考の査定額です。一台一台、個体の状態も違えば、売却先も違います。もちろん当日の査定士やメカニックも違います。あくまで参考程度に心に留めておいて下さい。

 

GB250クラブマン査定時のチェック事項

メンテナンス

これはGB250クラブマンだけのことでもありませんが、クラシカル・ジャンル、レトロ・ジャンルの車両の査定でネックとなるのは他でもないメッキパーツの状態になります。

例にもれずGB250クラブマンも、ヘッドライト周りやメーター周り、フェンダーにマフラーとメッキパーツを多少していますが、これが曲者です。

当時のメッキ技術が良いとか悪いといった話ではありませんが、10年、20年と経過したメッキパーツの場合、大抵は錆や剥がれ、メッキの浮きまたは曇りやくすみが生じています。

室内保管の方であれば表面の錆や曇り程度で済んでいるかもしれませんが、バイクカバー+屋外保管の場合、それどころではありません。確実に地金まで到達するほどのダメージが予想されます。

基本的にメッキパーツの場合、塗装された燃料タンクとは違い、腐食や剥がれが地金まで到達した場合、補修不可能です。残念ながら錆や剥がれを除去してから再メッキ、コーティング加工となると純正部品より確実に高額になります。

つまり純正部品に交換と判断されます。その場合、新品のメーカー出しの部品価格を参考に減額されるので覚悟しておきましょう。

また当時のCBX250RSのRFVCエンジンはシンプルな上に堅牢なものです。キャブ詰まり等はあっても致命的な故障とかは少ないかと思います。

ただ最終型でも20年、初期の低年式の車体だと30年以上が経過しています。途中に大掛かりなオーバーホールをなされたタマは別として、まず100%の確率で足回り関係も各部の樹脂パーツやゴムパーツも終わってます。

劣化してるとか硬化しているというレベルを超えて…終わってます。基本的に交換しなければ中古市場に流通させるのは危険な状態といえるでしょう。

もしセルフメンテナンスがそこそこできる方は怪しい部分だけでもシール類やパッキン類、ガスケット類を点検してから査定に臨んでください。

 

GB250クラブマンを少しでも高く査定してもらう

GB250クラブマンの査定額を左右する、もっとも大きな部分はカスタム状態に他なりません。

カスタムパーツの豊富なGB250クラブマンだけに、ハリケーン・ハンドルやスーパートラップ等、何らかカスタムをされている方も多いかと思います。

ただ、できれば査定前に純正部品に戻してフルノーマル状態に近づけて下さい。

もしお時間がなければ査定時に純正部品を査定士に手渡してください。それだけで査定額がグンと変わります。

不人気なカスタムパーツの多くは、買取後にわざわざ店舗のスタッフが純正部品を探して交換しなければなりません。費用も手間もかかります。車種によっては新品の純正部品が終了しているケースもあります。

車種によっては、純正部品は非常に貴重なんです。忘れずに用意して査定に臨んでください。

また吹け上がりがイマイチだったらキャブ清掃や洗浄だけでも行ってください。当時のキャブはゴムパーツの質が悪く経年劣化によってボロボロとなりキャブ詰まりの原因になります。

またフロントフォークのインナーチューブにオイルが滲んでいるようならオイルシールやダストシールが確実に劣化やヒビ割れを起こしています。

またリアサスがフワフワした状態だったり底付きする場合はリアサスのオイルが劣化したり減少しています。また保管状態が悪くバネが縮んだ状態になっているケースもあります。

そういった部分だけでも積もり積もれば大きな減額対象になります。ベースとなる査定額が高くないGB250クラブマンだけに査定前にはしっかりと点検しておきましょう。

最後になりますが、以下の記事で詳しく高額査定のポイントはお伝えしていますが、とりあえずお時間のない方はこの3つのポイントだけおさえて査定に臨んでください!