CB1300SF(SC54)売却時の査定額と買取リのポイント

CB1300SF(SC54)

当ページは「CB1300SFを高く査定する店舗を知りたい」とか「CB1300SFの査定時にどの部分をチェックされるのか知りたい」という方に向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は歴代のホンダのリッターオーバーの中でも、大ヒット、かつロングセラーモデルといえる3代目BIG-1のSC54売却時のポイントについて書いてみたいと思います。

CB1300SF(SC40)についてお伝えしたこちらの記事→でもお伝えしましたが、SC40とSC54では査定額も違う上に売却時のポイントも微妙に違います。

同じ車種ではありますが、お伝えする内容が違うので敢えて別記事にしました。ご了承ください。またCB1300SF(SC40)についての記事もご参考にどうぞ。

CB1300SF(SC54)の登場は2003年でした。前モデルのCB1300SF(SC40)が充実の装備のわりに、イマイチ販売台数を伸ばせなかった理由を反省して改善したのがSC54でした。

SC40からの主な変更点は挙げたらキリがないくらい沢山あって、車種名こそ変わっていませんが別車種とよべるほど内容が変わっています。

大幅に軽量化されて運動性能の上がったSC54

まず特筆すべき部分は大幅な軽量化です。エンジン単体で8kg、全体で20kgの軽量に成功しています。

ホンダの努力と研究の賜物ともいえますが、裏を返せばSC40にはどんだけ無駄な部分が多かったんだ…といえますが…笑。

そして排ガス規制強化に対応するため、燃料供給装置をPGM-FI(電子制御式燃料噴射装置)に変更、2本出しマフラーから1本出しマフラーに変更。リアサスに関してはダブルロリンク機構を廃止、盗難予防を目的としたイモビライザーを採用。

と、様々な装備が変更されましたが、何よりも乗車姿勢がよりコンパクト、スポーティーになった部分が一番の変更部分だと思います。

前代がクルージング的な部分を追及したことで、どっちつかずな車両となった部分を反省し、SC54では徹底的に無駄な部分をそぎ落としたスポーツ走行に徹しました。

その結果、歴代のBIG-1の中でもっとも評価の高い一台となったことは、10年以上が経過した現在でも継続生産されていることからも明らかだといえますね。

今回の記事で詳しく高額査定のポイントはお伝えしていますが、とりあえずお時間のない方はこの3つのポイントだけおさえて査定に臨んでください!

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

CB1300SF(SC54)の査定額と買取相場

2003年から現在まで継続生産されているロングセラーモデルのSC54ですが、査定額に影響するようなモデルチェンジは2009年と2014年のマイナーチェンジくらいかと思われます。

2009年にはリアカウルを中心に尖がった印象のフォルムを若干、落ち着いた形状に変更させ、LEDのテールランプを採用、ライディング・ポジションについては微妙にハンドルをアップライトさせてリラックスした乗車姿勢に変更。

前期のCB1300SF(SC54)が少々スポーツ要素が強すぎたため、本来のネイキッドに立ち返る意味でも素直な進化だといえます。

そして2014年には快適な長距離ツーリングのために、トランスミッションを従来モデルの5速から6速に変更、シートレール部の補強やフレーム各部の剛性バランスの見直し、そしてLEDヘッドライトを採用しました。

とはいえ、どちらのモデルチェンジも初代のCB1300SFのイメージを根底から覆すようなモデルチェンジではなく、パッと見ても気づかない程度のファインチューンでした。

結果、どのモデルだから査定額が高くなるということもなく、基本的には高年式モデルほど微妙に査定額が高くなるのは他の車種と何ら変わりありません。

ただ生産期間が長いこともあり、低年式…とくに2010年以前のモデルの場合、エンジンはさておき足回り関係や外装関係の劣化によって大きく査定額が下がるケースも多く、やはり売却先選びがポイントになってくるでしょう。

CB1300SF(SC54)査定時のチェック事項

CB1300SFをはじめ、リッターオーバーのネイキッド車両の査定において、査定士やメカニックが最初に注目する部分といえば、大きな事故歴や転倒歴の有無、そして走行距離に応じた消耗部品の交換がなされているか?という部分になります。

前代のSC40と比較すれば大幅に軽量化されたSC54ですが、それでもリッターオーバーの車体はそれなりの重さです。残念ながら立ちごけや保管中に倒してしまった車両が目立ちます。

事故や転倒といえるほど大きなダメージは無いとはいえ、重量のあるCB1300SFの場合、それなりに各所に痕跡は残ります。サイレンサーの根元の部分やステップの取り付け部等、負荷が大きくかかる部分にクラックや塗装の剥がれが生じているケースもあります。

査定士やメカニックはそういった痕跡をみつけるプロです。あなたが気づかない痕跡まで確実に見つけ出すので事前に慎重に点検し、できる部分は事前に対処しておきましょう。それだけで査定額の減額を減らすことができますからね。

また査定士やメカニックは耐用年数を超えた部品をみつけるプロでもあります。

タイヤの溝がまだたっぷりの残っていたとしても、製造年月から考えて4~5年が経過していれば耐用年数を超えています。

タイヤにしてもブレーキパッドやスプロケ、チェーンにしてもCB1300SFのサイズとなればそこそこの金額になります。要交換と判断された場合、あくまでメーカー出しの新品パーツ定価をベースに減額されます。

査定時に必要以上に減額されないためにも、査定前にパーツ価格や交換の工賃等、参考になる数字を調べておかれることをお勧めします。

CB1300SF(SC54)を少しでも高く査定してもらう

メンテナンス

この辺りはCB1300SF(SC40)にも共通していえる部分ですが、排気系、吸気系、外装系と何らかのカスタムパーツに交換されている方も多いでしょう。

もし一つだけアドバイスをさせていただけるなら、純正部品をお持ちの場合、必ず査定前に戻して査定に臨んでください。それだけで確実に査定額が上がります。

どんなに高額で人気のあるカスタムパーツでも、大抵の場合は純正部品よりも評価が下がります。この部分を誤解されている方が多いのでお忘れなく。

まれに純正部品より高評価のカスタムパーツもあるにはありますが、絶版となった希少パーツや超定番といえるカスタムパーツで、極上品の場合に限った話です。

通常にバイク量販店で購入できるカスタムパーツの場合、十中八九、評価は下がるので純正部品を用意してから査定に臨みましょう。

すべての店舗とはいえませんが、取り外したカスタムパーツも車両と同時に買取ってくれるユーザーさん思いの買取店もあります。

ヤフオク等を使い慣れている方は試しにカスタムパーツを出品してみるのも良いでしょうが、作業が面倒という方は買取店舗に買い取ってもらってください。

そんな意味でもカスタム車両の場合、査定額のバラつきを考えて、少し多めの買取店舗にアプローチして下さい。

また重ねて申し上げますが、今回の記事で詳しく高額査定のポイントはお伝えしていますが、とりあえずお時間のない方は査定時に以下の3つのポイントだけおさえて査定に臨んでください!

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする