NC750(700)S/X/インテグラ売却時の査定額と買取リのポイント

nc750X

「NC750(700)を少しでも高く売却したい!」または「NC750(700)にお勧めの売却先はどこ?」当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はホンダが提唱したNew Mid Concept(ニューミッドコンセプト)に基づいて開発されたグローバルモデル、NC750(700)シリーズ売却時のポイントや査定額について書いておきます。

基本、ネイキッド、クロスオーバー、ビッグスクーターとジャンルは違いますが、エンジンや車体構造は同じです。ちょっと盛り沢山ですが一つのエントリーにまとめさせてもらいました。ご了承ください。

たしか登場は2012年でしたね。

NC750(700)シリーズの場合、サイズ的に日本よりもヨーロッパの方が大きな市場なので中心は欧州や米国市場になってきます。よって日本に先行してヨーロッパで発表されました。

ちなみにNew Mid Conceptというのは、快適で燃費性能に優れたミドルクラスという意味だったり、お手頃な価格帯という意味、または市街地やツーリングなどの中回転域でも乗りやすい…という意味だったりします。

簡単にいってしまえば、大半のユーザーさんはバイクの性能をすべて引き出すことなんて不可能ですし、そういったフィールドもありません。

だったら9割以上の一般的なユーザーさんにフォーカスして、低価格で低燃費、普段使いで乗りやすいバイクに徹しようというコンセプトでした。

たしかに理にかなっていますが、これまでの高性能・高回転・高出力というホンダの歴史を完全に否定しているのでは?と考えたのは僕だけじゃなかったと思います。

ただNC700S・NC700X・インテグラとすべて同エンジン、同フレームという部分は大きかったみたいで、この排気量としては破格値の約65万円(発売当時)という400クラス以下の価格設定でした。

おまけに組み立てこそ国内の熊本工場でしたが、フレームをはじめ各パーツはアジア諸国で生産されています。この辺りも大きなコストダウンにつながったんだと思います。

基本的にインテグラ以外は現行生産されていますが、新車の販売台数もそこそこ落ち着き始めたので、むしろ中古車両の方が動きが活発な気もします。

また排気量違いの700と750、さらにS/X/インテグラと3つの派生モデルが存在するため、下手な売却先だと一緒くたに査定される恐れもあります。

必ずNC750(700)シリーズの知識が豊富な売却先を選んで査定してください。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

NC750(700)S/X/インテグラの査定額と買取相場

比較的最近のバイクといえるNC750(700)シリーズですが、発売から2年後に大きなモデルチェンジとしてRC61E型の700㏄エンジンからRC70E型の750㏄に排気量がアップしています。

これによって振動が軽減された上に、若干ですがハイギアード化されました。また微妙に燃費も向上しました。

RC61E型の700㏄でも定地走行テスト値で41.5km/Lという数字を叩き出していたNC750(700)シリーズでしたが、さらに低燃費性能を伸ばすなんて恐るべしホンダですね笑。

結局、初代の700㏄のRC61、RC62、RC63はわずか2年間で生産終了、2014年には750㏄のRC71、RC72、RC73に進化し、さらに2年後の2016年にはRC88、RC89、RC90とほぼ2年毎にモデルチェンジを行っています。

ちなみに2016年のモデルチェンジはNC750S/Xのみがモデルチェンジ対象となり、インテグラに関しては2014モデルが継続されました。

思いのほか査定額の厳しい700モデル

では気になる査定額についてお伝えします。

まず初代700㏄のRC61、RC62、RC63については、状態や走行距離によってマチマチですが中古市場においてどれも35~50万円といった数字で販売されています。業者の利益やメンテナンス費用、買取の手数料等を差し引きすれば、概ね25~35万というのが査定交渉の中心になるかと思います。

年式を考えた場合、少々安いような印象を受けますが新車価格の安かったNC750(700)シリーズです。妥当なラインだといえますね。

で一方、2014年以降のRC70E型の750㏄モデル、RC71、RC72、RC73となると中古相場もグンと上がって10万円プラスという感じになってきます。その分がまるまる査定額に反映されますので査定額は35~45万というのが具体的な数字となります。

あくまで走行1~2万キロ程度の外装・エンジン・足回りがそこそこの状態という設定での参考査定額です。一台一台状態も違う上に査定スタッフによっても大きく変わります。ひとつの目安として頭の隅にでも入れておいてください。

 

NC750(700)S/X/インテグラ査定時のチェック事項

一時期、同社の低燃費車であるフィットの4気筒エンジンを半分にブッタ切ったのがNC750(700)シリーズのエンジンだ…という噂もありましたが、あながち嘘でもないようです。

実際にホンダの二輪部門のNC750(700)シリーズ開発担当者が四輪部門のフィット担当者に協力してもらって完成したという噂もあります。実際にフィットの4気筒エンジンを参考に作られたことはどうやら間違いなさそうです。

そんなNC750(700)シリーズですが、700モデル、750モデルどちらも非常に故障が少ないという特徴があります。これまでの高性能・高回転・高出力による負担が減ったのでしょうか、大きな故障や致命的なエンジントラブルという話を聞きません。

そのため査定時には普通にエンジンが始動できて、異音なく吹け上がればそれでOKと判断されるかと思います。

また車種的にもしっかりと保管されていた車体が大半です。保管状態による劣化が目立つ車体もほぼ皆無かと思われます。また消耗部品も年式を考えればさほど劣化の心配もありません。

その点から査定時の中心は、事故歴や転倒歴、またツアラーモデルであるNC750Xの場合は走行距離あたりがネックになるはずです。

これはNC750(700)シリーズだけにいえることでもありますが、ひと昔前の車体に比べて外装のカウル関係のパーツ一つ一つが大型化している傾向があります。転倒や事故によるダメージで要交換と判断された場合、それだけ高額化するという意味です。

モデル別で考えた場合、NC750(700)インテグラの場合、外装のカウル類の占める面積も大きいので注意してください。(※参考ページ 事故車や故障車、不動車のバイクを売る場合のポイント

 

NC750(700)S/X/インテグラを少しでも高く査定してもらう

ワックスアップ

NC750Xオーナーさんの大半は長距離ツーリングが目的で購入されるかと思います。

そのため、年式のわりに走行距離がとんでもないことになっているケースも多く、中古市場でも買い手が敬遠しがちなために不良在庫となりやすいという一面もあります。その点から買取側もあんまり強気で査定できません。

走行距離が1万伸びるごとに、ガクッと査定額が下がってきますのでそのあたりは覚悟しておいて下さい。

もちろん走行距離は査定前にどうこうできる部分でもありません。ただ日常的なメンテナンスを行っていれば減額も最低限におさえることができます。

ぜひ査定前に一度、徹底的に点検して必要な箇所をメンテナンスしておきましょう。

またカスタム車両はそれほど目立ちませんが、中にはカスタム車両のNC750(700)シリーズをお持ちの方もいるかと思います。

悪い事はいいませんから査定前に必ず保管されてる純正部品に戻しておいて下さい。

なぜなら中古市場でNC750(700)シリーズを購入されるユーザーさんの大半はフルノーマル状態の車両をお求めになっているからです。

稀にカスタム車両でも喜んで購入される方もいますが、ひと昔前とくらべても少なくなっています。今の時代は故障やトラブルのリスクの高いカスタム車両は敬遠されます。

また外観上のイメージを変えるようなカスタム内容の場合、それだけの理由で長期間にわたって買い手が見つかりません。(※こちらの記事、カスタムバイクの査定は安くなる?ノーマル状態が高額査定になる理由でも詳しく解説しています)

つまり不良在庫のリスクを想定した査定額になるということです。その点はご注意ください。とにかく売却先選びがネックになるのは間違いなさそうです。

またリコールの有無も査定時にチェックされるパターンもあります。念のため売却前に、愛車がリコール対象となっていないかご確認ください。(※参考ページ ホンダ公式リコール情報