査定時に減額対象となりやすい見落とされがちなステップやメーター類

メーター

当ページは「売却予定の愛車の傷やダメージが目立つ」または「バイクの状態が査定額に与える影響を知りたい」という方に向けて書いています。

こんにちは管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、バイク売却の査定時に査定士やメカニックから確実にチェックされる部分のわりに見落とされがちな場所についてまとめておきます。

当サイトでは査定時に減額される分として以下の記事、

バイク査定の前にタイヤ交換すべき?チェックしておきたい製造番号と摩耗具合メッキパーツの腐食、浮き、剥がれ、曇りは大幅減額!でも紹介しています。

よろしければご参考にどうぞ。

そこで今回は上記で書ききれなかった 特に見落とされがちな小さな部分を紹介しておきます。減額対象部分を知った上で以下のステップで売却されることをお勧めします。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

走行履歴が確認できるステップまわり

査定時に担当スタッフやメカニックがそのバイクの使用状況を判断する目安となるのが、他でもないステップだといわれています。

まず走行距離や年式から考えて、やけに綺麗なステップ、ピカピカのステップの場合、普通に考えて転倒や事故で交換したと推測されるため、減額対象とはなりませんが、チェックが厳しくなル傾向があります。

またステップ自体は交換されても、取り付け部のブラケットやフレーム側の根元の部分に何らかの痕跡が残るのでその部分も確実にチェックされます。

またゴムでカバーされたステップの場合、走行距離が少ないのにゴムが極端に磨り減っている場合、メーターの改ざんも疑われる可能性もあります。

メータの示す走行距離とステップのゴム部があまりにもアンバランスな場合、査定士やメカニックによっては突っ込まれるケースもあるので返事を準備しておくといいかと思います。

基本的に自動車と違ってメーター交換をされているケースが多いバイクの場合.メーターの表示する走行距離はあてになりません。

むしろステップのゴムの減り具合や各部の樹脂パーツやゴムパーツの消耗具合や劣化具合で判断されることもあります。

もしステップのゴムがある程度磨り減っている場合査定前に交換しておくことで無駄に減額されずに済むかもしれません。 交換したところで大した費用のかからないパーツです。管理人としては査定前に交換しておくことをお勧めします。

 

オフロード車両の見落とされがちな部分

オフロード車両

上記のようなオンロード車両の場合はステップのゴムの消耗具合で判断できますが.オフロード車両の場合は違ってきます。

基本的にエンデューロや林道をメインで走行した車両の場合モトクロス物によってフレームやクランクケースカバーに塗装の剥がれが生じます。

査定士やメカニックはフレームやクランクケースカバーの状態を見れば街乗りメインの車両かオフロードメインの車両かを一発で判断できます。

ユーザーさんの中には査定額が安くなることを恐れて虚偽の申告をされる方もいますが走行履歴は確実にバレますからご注意ください。

 

ボルトやナットの状態で保管状態はバレる

今ではアルミパーツが中心のバイクですがボルトやナット類の多くは未だにスチール製が多くを占めます。

屋外保管や保管状態の悪かった車両の場合、少なからずボルトやナット類に錆や腐食が発生しているはずです。 いくら外装のカウル類やタンクシート関係を磨き上げたところで細かいボルトやナット類はごまかすことができません。

査定前に一度しっかりと各部のボルトナット類を点検し、錆や腐食のひどい部分、またはなめてしまったボルト類は交換しておくことをお勧めします。

 

見落とされがちなメーター! チェックされるのは距離だけではない

走行距離に注目されがちなネタですがチェックされるのはその部分だけではありません。

各メーターの文字盤の色褪せやメーターマウントの状態によってバイクの保管状態を推測することができます。

文字盤の退色やメーターマウントの劣化が激しい場合屋外保管や紫外線に夜結果が考えられます。 つまり保管状態が悪かった謝ろうということで燃料タンクやカウル類も同様に劣化が激しいと推測されます。

またメーターの中にはばらせるものとバラせないタイプがあり、下手にばらせば内部の曇り止めコーティングが失われメーター内に曇りが起こります。

晴天時はクリアな状態でも湿気の多い日雨天の日にはメーター内が曇ってしまうケースもあります。

これらも査定時に査定士やメカニックが発見した場合何らかの減額対象となってきます。覚悟しておきましょう。

また、中には洗車時にメーターパネルを磨いてしまう方もいまが注意してください。

メーターパネルの中にはガラス製のものと樹脂製のものがありますが樹脂製の場合はメンテナンスには注意が必要です。

基本的にワックスにはコンパウンドは含まれています。一見傷がついていないように見えても、メーターパネルには微細な傷がたくさんついているはずです。

繰り返し行うことで徐々にメーターパネルの表面が曇った状態になってきます。 また、ケミカルや溶剤によってもメーターパネルの樹脂を犯してしまう可能性もあります。

そのため、ケミカルや薬品類の使用は極力避けた方が無難だといえるでしょう。

基本的に劣化の激しいメーターマウントは水洗いや中性洗剤で十分です。 メーターパネルに関してはプラスチックや樹脂専用の液体ワックス等で磨く程度に留めておいてください。