スポーツスターXR 1200売却時の査定額と買取リのポイント

XR1200

当ページでは「XR1200を少しでも高く買い取ってもらいたい」「愛車のスポーツスターを高く買い取ってくれる売却先が知りたい」そんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日はハーレーのヨーロッパ向けモデルとして投入された、空冷OHV2バルブ45度V型2気筒を、独自のダブルクレードルフレームにラバーマウントした新しいスポーツスター・・・XR 1200売却時の注意点や査定時のポイントについてお伝えします。

そもそも欧州向けに登場したXR1200は、運動性能や走行性能がこれまでのスポーツスターよりも格段に向上しています。

新車はもちろん、中古市場においてもタマ数のわりには人気が高く、慢性的に車両が不足しています。 しっかりと愛車にあった売却先を選び、高額で買い取ってもらってくださいね。

当記事では詳しくXR 1200の売却時のポイントを解説していますが、急いで売却されたい方や、すぐに高額な買取店舗を知りたい方は以下の流れに沿って売却先選びをスタートしてください。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

XR1200の特徴と中古市場で人気の理由

売却されるオーナーさんには説明不要かと思いますが、オーナーさんならご存知かと思いますが、XR1200はの特徴や人気の秘密をかるく説明しておきます。

まずXR1200はこれまでのスポーツスターとは一線を画するバイクだと言えます。

まず跨ってみれば一目瞭然ですが、ステップの位置が非常に後ろにあるためにアメリカンというよりも、スポーツネイキッドに近い感覚です。

またエンジンにはビューエルのパーツを多用しています。そのせいかこれまでのスポーツスターとは加速感も別物なんですね。

また外装関係について言えば、ダートラレーサーをイメージしたシート形状に始まり、ビルトインされたツーピースタイプのカウル。 それでいて右2本出しのアップマフラーは健在…しっかりとこれまでのスポーツスターを踏襲しています。

また一回り太くなったと思えるスイングアームは、アルミ鍛造の中空構造です。 これまでのスポーツスターでは車格に対して少々不安も感じられたスイングアームでしたが、大幅に高剛性化を果たしました。

 

XR 1200査定額と買取相場

査定額

では早速、XR 1200の査定額や買取相場についてお伝えします。

参考までに、新車のXR1200となれば定価は147万円・・・実に150万近い価格設定です。

もちろん同社のXL 883やXL1200R などより新車設定価格が高いために、中古車両を求める方が多いのでしょう。 そのため中古市場でのXR1200の販売価格は、比較的安定しているようです。

ちなみに全国の中古XR1200の取引相場は、おおむね60万~100万円前後といったところになります。

年式や状態、走行距離等によっても大きく変わりますが、走行距離が2万~3万キロ前後で、外装もそこそこ綺麗な状態であれば、40万~60万程度の査定額は見込めます。

とはいえ、XR1200は国産のリッタークラスよりも個体差の大きな部類のバイクです。

売却先の査定時やメカニックの知識や経験が、大きく査定額に影響することが予想されます。

どちらにせよ.晴れの買取に強い店舗を含めたいくつかの大手買取専門店で査定されることをお勧めします。

 

XR 1200売却時の減額ポイント

比較的、高年式な車両といえるXR 1200の場合、エンジンから異音がしていたり事故や転倒によって外観上に大きなダメージがない限り、そう大きな減額は考えられません。

とはいえハーレー独自の弱い部分もあります。必ず査定前に確認しておいてください。

例えばXR1200だけの話ではありませんが、スポーツスター全体において2速や4速でギヤ抜けが生じやすいという欠点があります。

たいていはシフトプレートに問題があり、完璧にギヤが入らない方もいれば、頻繁にギア抜けが生じたり、ギヤが入りづらいという方もいるかと思います。

ミッションの入り具合については、査定時にそれほど細かくチェックされることはありませんが、ハーレーの知識が豊富な査定時の場合、チェックされるケースもあります。

査定時に確認された場合は、正直にミッションの状態を申告しておいてください。

またハーレー全般において見られることですが、とくにV 型2気筒のXR1200の場合そこそこ振動が大きい部類に含まれます。

振動により各部のボルト類が緩み、ボルトナットやスモールパーツが紛失されているケースもあります。必ず査定前に各部のボルトの増し締めを行っておきましょう。

 

XR 1200を高く買い取ってもらう

メンテナンス

ハーレーの中でも高年式なXR 1200の場合、大半はそれなりの査定額が期待できるかと思います。

ただし、明らかに大きな事故や転倒による外観のダメージがみられた場合、または常識の範囲を超えるほどの過走行の場合は容赦なく減額されます。お気をつけください。

またXR1200の象徴ともいえる右2本出しのアルミ風の表面処理が施されたマフラーは傷や削れが生じた場合、パーツ交換や修理を考えても大きな減額が予想されます。

大きな事故や転倒はもちろん、軽い立ちゴケの場合でも、右側に倒した場合は、予想以上に大きく減額されるのでお気をつけください。

またシンプルな大型タコメーターやデジタル表示のスピードメーターですが、国産と違って原因不明のトラブルもよく見られます。 ハーレーに詳しい査定時やメカニックの場合、メーター関係まで厳しくチェックされる方もいます。この部分も覚悟しておいてください。

またフロントフォークは剛性の高い倒立フォークを装備しています。

その結果、前方からの衝撃がもろにステアリングステムベアリングに伝わります。

査定時にヘッド中心をチェックされ、ステアリング関連やステムベアリングの破損や損傷が見つかった場合、確実に減額となってきます。査定前にはステム部分の点検と増し締め行っておきましょう。

最後にブレーキ関連。

XR1200の対向4ポットキャリパーブレーキはハーレーにしては非常に強力です。

ですがその反面、ブレーキパッドの磨耗も激しく乗り方次第では、偏摩耗しやすい・・・といったデメリットもあります。

査定前には必ずてブレーキパッドの消耗具合とディスクプレートの偏摩耗や歪みも点検しておいてください。

また当サイトでは何度もお伝えしていますが、査定前に愛車の状態をチェックすること以上に売却先選びも重要です。

売却先選びの見当がつかない方いくつかの買取店舗を比較したいという方は以下の流れで売却先を見つけてください。