XL1200R/N/C/L売却時の査定額と買取リのポイント

xl1200r

「愛車のXL1200を高額で売却したい」「XL 1200のお勧めの買取店舗を知りたい」当ページはそういったオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今日は883のシャシーに1202cc というエンジンを搭載した、XL1200R/N/C/Lの売却時の注意点と査定額のポイントをお伝えします。

XL883と並び、ハーレーの中でも定番車種といえるXL 1200シリーズは中古市場でも人気の1台です。

ただXL883と同じく非常に多くの派生モデルが販売されています。 正直、売却先の査定スタッフやメカニックによっては、XL 1200シリーズのすべてのモデルを把握していない方も多いようです。

それだけに、XL1200売却時はハーレーの知識の豊富な売却先を選ぶことがポイントになってきます。

しっかりと査定前に愛車の状態をチェックし、少しでも多くの売却先を比較して、XL1200の買取に強い店舗を見つけてください。

以下に管理人が実際に利用してお勧めできる買取店舗をピックアップしています。

実際にXL 1200を高額査定する店舗は査定してみなければわかりませんが、少しでも多くの店舗を比較してみることがポイントです。

急ぎで売却される方、手っ取り早くおすすめの店舗をしたい方は、以下の流れに沿って売却先選びをスタートしてください。

 

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

XL1200R/N/C/Lの査定額と買取相場

査定額

XL1200シリーズは派生モデルによって価格帯も変わってきます。

まずは簡単に、各派生モデルの種類と特徴、価格帯をご説明させていただきます。 まずは最もベーシックなXL1200といえば、フロントにダブルディスク、タコメータを備えたXL1200R です。

XL 1200シリーズの中でも、最もスポーティなハーレーと言えます。ちなみに価格帯はもっとも低く新車車両価格が128万円となっています。

一方、スポークホイールに小径極太タイヤ、フロントフォークにはフォークブーツを装備したXL1200N も人気の1台です。

XL1200R とは打って変わって、レトロ・ロッドスタイルの現代バージョンと言えますね。ちなみに新車車両価格は141万円からとなっています。

また標準装備でローダウンサスと同シートを装備した、足つき性が抜群のXL1200L 。 リアホイールに16インチのディッシュホイール、フロントには21インチのスポークホイールを装備し、各部にメッキパーツも多用したXL 1200C も中古市場では数が少なく人気です。

どちらも新車価格は130万円前後からとなっています。

XL 1200の中古相場から査定額を予想する

では実際に、XL 1200シリーズの中古相場から査定額を考えてみましょう。

各モデルによって微妙な価格差こそありますが、おおむね中古市場での取引相場は40万円台後半~80万円といったところになってきます。

また一部の高年式車両の場合、状態次第では100万円程度で取引される場合もみられます。 そういった部分から考えても2010年モデル以前の場合、25万円から~50万円程度の査定額が想定できます。

一方、2010年モデル以降の車両の場合、35万円~60万円程度の査定額が期待できるでしょう。 程度良好ならば60万以上も普通に狙える範囲です。

ただもちろんこれは中古取引相場から予想した参考査定額になります。 フルノーマル状態で程度もそこそこ、走行距離も2万キロ程度を想定しています。

特にハーレー全般において個体差が大きいのが特徴です。車両の状態によって大きく査定額が上下しますのでご了承ください。

 

XL1200R/N/C/L査定時のポイント

足回り点検

これはXL1200シリーズだけの話ではありませんが、この時代のハーレーはアルミ部分の錆や腐食が目立ちます。

年式を考えても、低年式のXL1200となってくればエンジン周りやホイール周りフォークのアウターケース等、保管状態によってはポツポツと錆が出始めているはずです。

小さな錆や腐食は査定前2ケミカルやコンパウンド等でしっかり除去できます。査定前にしっかりと対処しておきましょう。

またこちらのXR1200の記事でもお伝えしましたが、シフトプレートにトラブルを抱えた車両がかなり目立ちます。

ギア抜けが頻繁に生じる車両やギヤが入りづらい車両の場合は、査定士によっては多少の減額対象となります。

またXL1200R のコンベンショナルタイプのリアサスは、走行距離が伸びてくると、リアサス取り付け部やピボット部からイオンが発生しやすいという特徴もあります。

リアサスをストロークさせた状態で、「キーキー 」「キコキコ」と異音が生じる場合は、リアサス取り付け部またはピボット部に、忘れずにグリスを補充しておきましょう。

また中古市場のXL 1200の中には、かなりリアサスのヘタっている状態の車両も目立ちます。当然ながらフロントフォークと同様にリアサスがへたっている場合も査定時には減額されます。

リアサス周辺のグリスアップのついでに、イニシャル調整によってできる限り車高を新車時に近づけておいてください。

 

XL1200R/N/C/Lを高く買い取ってもらう

これだけ派生モデルの多いXL1200の場合、自分に合った車両を最初から求めるオーナーさんが多いために、敢えてフルカスタムされる方は少ないでしょう。

とはいえ、足回りやマフラー関係といったライトカスタム程度はかなりの確立でなされています。

もちろんカスタム状態のままでも買取は可能です。 ご安心下さい。

ただし、査定時には必ず保管しておいた純正パーツも忘れずに提出してください。

ハーレー専門店でも、バイク買取専門店でも、販売する時は基本的にノーマル状態のXL1200の方が早く買い手が見つかります。

単純に中古市場の購入予定者の大半がノーマル状態を好むためです。 基本的に足回りやマフラー関連といったカスタムの場合、純正パーツがなくとも大きな減額とはなりませんが反対に高く評価されることもありません。

管理人としては、事前に純正パーツに戻しておき、カスタムパーツは高く売却できるネットオークション等で各自で処分されることをお勧めします。

重ねて申し上げますが、愛車を高く売却するには売却先選びがなネックとなってきます。

中には1社に絞って申し込まれる方がいますが、経験上、1社だけで査定しても高額査定にはつながりません。

バイク買取業界の仕組み上、競合他社と比較することで初めて高額に発展します。 参考までに管理の利用して高額だった売却先をピックアップしておきます。ご参考にどうぞ。