FXDダイナ売却時の査定額と買取リのポイント

FXDダイナ

「ハーレーFXDを高く売却したい」「FXDダイナを高く査定する店舗を探している」当記事は、そんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はビッグツインを搭載したベーシックなハーレー、ダイナファミリーのFXD売却時のポイントについてお伝えします。

売却されるオーナーさんならご存知だと思いますが、このFXDダイナはビッグツインのなかでも非常にリーズナブルな価格設定というのが特徴です。

とはいえ新車価格で169万円・・・諸費用や諸経費を含めた乗出し価格はそれなりの金額になります。そこで少しでも安く乗出したいユーザーさんは中古車両を探すようです。

またダイナファミリーの中でもシンプルなこの車両は、カスタムベースとしても非常に人気が高い1台です。

結果、買取側としても程度の良いFXDはぜひとも入庫しておきたい1台には間違いありません。 しっかりと査定前に準備して、FXDをもっとも評価する売却先を見つけてください。

また急ぎで売却したい方、手っ取り早く高額査定の店舗が知りたい方は、以下の流れに沿って売却先を選んでください。 参考までに、管理人が利用した売却店舗のレビューと厳しい評価を以下のリンクに掲載しておきます。ご参考にどうぞ。

 

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

FXDダイナの査定額と買取相場

安くなる

1584cc のツインカム96エンジンを搭載し、コンベンショナルタイプの2本サスが特徴のFXDはビックツインの中でもコスパの高い1台といえます。

とくに2009年モデル以降は、フェンダーとタイヤのクリアランスを狭くするなど細部の見直しが施され外観もスタイリッシュに進化しました。

足回り関係ではフロント19インチ、リア17インチというシンプルな10本スポークのキャストホイールを装備しています。 またこれまでの6速トランスミッションの5速ギヤをヘリカルギアに変更したことで静粛性も大幅にアップしました。

ちなみに新車価格が169万円のFXDダイナですが、中古車両の平均価格は約106万円。

最安の車両は65万円~140万円台の車両もちらほら見受けられます。非常に幅広い価格帯というのが特徴ですね。

中古相場の価格推移から考えても、査定額は40万から80~90万円程度が想定されます。

ただ、あくまでフルノーマル状態で程度そこそこのFXDダイナの査定額になります。

走行距離や車両の状態によって査定額は大きく上下する上に、ハーレー全般において個体差が大きいのも特徴です。 上記より安いケースもあれば高いケースも出てきます。ご了承ください。

 

FXDダイナが査定時に減額される部分

ダイナファミリーの中でもリーズナブルで装備もシンプルなFXDダイナですが、それでも車重は乾燥重量で310K 程度です。

そのためか、FXDダイナに限らずダイナファミリーのようなビックツインの場合、立ちゴケによる転倒キズや低速での転倒歴のある車両が本当に目立ちます。

立ちゴケ程度では大きなダメージとはなりませんが、特に右側に倒した場合などは2本出しマフラーにも簡単に傷がつきます。

マフラーに多少でも傷や削れが見られる場合、間違いなくいくらかの減額対象となることは覚悟しておいてください。

またオーナーさんならご存知かと思いますが、FXDダイナを含めたダイナシリーズは非常に振動が大きいのも特徴です。

良く言えば躍動感と言えますが、悪く言えば振動が半端じゃないわけです。

その結果、長期間による振動により各部のボルトが緩み、スモールパーツが欠落している場合や、振動によりフィラメントが切れてランプ類が動作していないケースも見られます。

FXDダイナオーナーさんの中には高速走行中にナンバープレートを吹っ飛ばしてしまった方もいるなんて聞きます笑。なので査定前には必ず各ボルト類の増し締めとランプ類の点灯をご確認ください。

また、例に漏れずFXDダイナもミッションに若干のトラブルを抱えています。

ギヤが入りづらかったり、頻繁にギア抜けが生じる車両もあれば、ニュートラル時に勝手にギアが入ってしまうようなリコールもチラホラ発生しています。

査定時に発覚するケースは少ないとは思いますが、もし査定時やメカニックが気付いた場合減額対象となりますのでお気をつけください。

 

FXDダイナを高く買い取ってもらう

査定額

この車両に限った話ではありませんが、中古市場でビッグツインを探されている方の多くはノーマル車両を好みます。

したがってショーバイクやショップレベルのコンプリートカスタムをのぞき、個人レベルのカスタム車両は基本的にフルノーマル状態より評価が下がります。

できれば査定前に保管していた純正部品に戻し、フルノーマル車両に近づけておかれることをお勧めします。

FXDダイナのカスタムパーツは人気パーツです。買取店舗に引き取ってもらえますが、時間に余裕のある方は、査定前に純正パーツを戻してネットオークション等で売却した方が高く売却できます。

またFXDLのようなローライダーほど車高は低くないFXDダイナですが、標準の状態でそれなりのローダウン状態です。

中古市場のFXDダイナの中には、縁石や悪路によってフレームの下回りに傷焼けズレが生じた車両も目立ちます。

査定基準の中でもフレーム関連のダメージは大きな部分の一つになります。 小さな傷や削れ、凹みの場合、事前にタッチアップ程度を施すことで査定時にチェックされずに済むケースもあります。

必ず査定前にフレームの下回りはご確認ください。

純正部品の高いFXDダイナはあえてパーツ交換せずに査定に臨む!

また査定時に減額されることを恐れて、事前にパーツ交換をなされるオーナーさんもいますが、いうまでもありませんがハーレムの純正パーツは国産の同クラスよりもはるかに高額です。

ネットオークション等で安く状態の良いパーツが入手できる場合は構いませんが、新品パーツの購入はお勧めしません。

買取店舗や中古販売店の多くは、自社工場や提携工場、独自のルートで安く晴れの中古パーツを購入できます。

一般的なユーザーさんが自腹でパーツ交換されるよりもはるかに安価にできます。つまりパーツ交換した分だけ査定額が高額になるケースはありませんのでそのまま査定されることをお勧めします。

ここまでFXDダイナの査定時のポイントや買い取り相場について説明してきました。 これらの注意点も重要ですが結局は売却先選びが査定額を大きく左右します。

中にはハーレー専門店に売却されると決めている方もいますが、経験上、決して専門店が最高額になるとは限りません。

必ずいくつかの大手買取店舗で比較した上で売却先を判断してください。以下にハーレーの買取に強かった大手買取店舗をいくつかピックアップしておきます。キャンペーンだけでもチェックされることをお勧めします。