FXDBストリートボブ売却時の査定額と買取リのポイント

「FXDBストリートボブを高く買い取ってもらいたい」「愛車のストリートボブを高額査定してくれる店舗が知りたい」そんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、チョップドリアフェンダーに小ぶりなLEDテールランプを装備したダイナシリーズのチョッパー的な1台・・・FXDBストリートボブ売却時の注意点についてお伝えします。

ちなみに、他のダイナファミリーの売却については以下のページで詳しく解説しています。 愛車売却前に、よろしければこちらもご参考にどうぞ。

参考ページ:FXDLダイナローライダー売却時の査定額と買取リのポイントFXDダイナ売却時の査定額と買取リのポイントFXDFダイナ・ファットボブ売却時の査定額と買取リのポイント

また、売却先しだいでは予想以上の査定額期待できるストリートボブですが、中には相場以下の査定額という店舗もられます。

査定額のばらつきを考慮した上で、ハーレー専門店を含めたいくつかの大手買取店舗での査定をお勧めします。 参考までに、以下にハーレーの買取に強かった買取店舗をピックアップしておきますね!

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

FXDBストリートボブ売却時の査定額と買取相場

FXDBストリートボブ

では早速、中古市場でも人気の1台、FXDBストリートボブの査定額や買取相場についてお伝えします。

ダイナファミリーとしては平均的といえますが、新車車両価格がじつに180万前後となります。とくに若者のハーレー乗りにとっては、かなりキツい価格です。

結果、乗り出し価格を抑えるために程度の良い中古車両を探しているユーザーさんが多いと言われています。

そのせいか中古市場でも状態の良い球が慢性的に不足しています。売却されるユーザーさんにとっては好都合といえる状態です。

そんなストリートボブの中古相場を見る限り、最安の価格帯でも80万円以上、程度の良いタマとなれば140万円オーバーと言った感じになっています。

そもそも個体差の大きなダイナシリーズな上に、年式や車両の状態によっても査定額は変わりますが、売却時の査定額はおおむね60万〜100万円程度は見込めるかと思います。

もちろん上記の査定額は、フルノーマル状態のエンジン外装がそこそこ良い状態を想定しています。

車両の状態によっては、はるかに下回る場合もあれば、100万以上の査定額というケースも期待できます。

どちらにせよダイナシリーズの買取に強い店舗と弱い店舗があることを踏まえ、1社でも多くの売却先にアプローチすることがポイントになります。

 

FXDBストリートボブ査定時にチェックされる部分

ではここから、FXDBストリートボブの査定時にチェックされ、減額されやすい部分について解説します。

オーナーさんなら、身をもって経験されてるかと思いますが、ストリートボブに限った話ではありませんが、ほとんどのダイナファミリーは乾燥重量で310kg以上になります。

そのせいか、立ちゴケや低速時に倒してしまう方が多いようで中古市場でも転倒によって複数箇所に傷のある車両が目立ちます。

特に右側に転倒した場合、ストリートボブの特徴ともいえるエンド部をスパッと切り落としたようなサイレンサーに傷がつきます。

塗装面と違い修理しにくい部分のため、それだけでけっこうな減額をされることは覚悟してください。

国産車レベルでオイル漏れの少ないストリートボブのツインカムエンジン

またハーレーらしくない・・・と酷評の多いツインカムエンジンですが、明らかに故障やオイル漏れが少ないのは売却時にも嬉しい部分だといえます。

とくにツインカム96やツインカム103エンジンに関しては、国産車と同じくらいオイル漏れしません。

査定士としてはハーレー=オイル漏れと決め手かかってくる方も目立ちますが、じっさいには拍子抜けするほどオイル漏れは起きません。

とはいえ年式によっては経年劣化によりオイルシールが劣化し、ガスケット付近からオイルが滲んでくるケースも見られます。念のため査定前にご確認ください。

とくに長期間にわたって保管されているストリートボブの場合、頻繁に乗られている車両よりもシール類の劣化は早いはずです。

些細なオイル漏れでも査定時には減額対象となります。査定前に点検し滲んだオイルは取り除いておいてください。

 

FXDBストリートボブを高く買い取ってもらう!

査定額

すでにカスタム済みのようなFXDBストリートボブですが、カスタムパーツも豊富なことも手伝って、ライトカスタム程度はされる方が多いようです。

もちろんライトカスタム程度では、大きな減額対象とはなりません。ご安心ください。

ですが中古市場でストリートボブを購入されるユーザーさんは、大半がフルノーマル状態の車両を探しておられます。

外観上に大きな変化の見られないカスタム内容ならまだしも、外装や排気関係といったFXDBストリートボブのイメージを変えてしまうようなカスタムの場合は、ノーマル状態よりも査定額は低くなるかもしれません。

カスタム前の純正部品を保管されている方は、忘れずに査定時に提出するか事前にパーツ交換をなさって、フルノーマル車両に近づけておきましょう。

国産車よりはるか壊れやすいストリートボブのスイッチ類やイグニッション

またストリートオブはじめとしたダイナファミリーだけの話でもありませんが、高年式のハーレーでも、イグニッションやスイッチ類は乱暴に扱った場合、国産車にくらべ数倍は壊れやすいです。

意外と見落としがちですが、査定時に査定時やメカニックの方はハンドル周りもしっかりとチェックしてきます。

動きの悪い部分や渋い部分が見られた場合、事前に点検しグリスやシリコンスプレー等でスムーズに動作できるように対処しておいてください。

またベルト交換をされずに3万〜5万キロ程度走行している場合、そろそろベルトの交換時期が近づいているかもしれません。

ひび割れや磨耗が見られた場合、査定時やメカニックは容赦なく減額してきます。ご注意ください。

ここまでFXDBストリートボブの査定時のポイントをお伝えしましたが、査定前の準備と同じように売却先選びも重要なポイントです。

国産車と比べてもリセールバリューの高いダイナファミリーです。以下の流れに沿って、しっかりと売却先を比較してから判断してくださいね。