査定額に大きな影響を与えるフレームの変形と損傷

当ページは

「愛車のフレームに歪みや曲がりが見られる方」
「フレームの曲がりが査定額に与える影響をしたい」

そういった方に向けて書いています。

 

今回は、バイク売却において減額されると大きな部分である、フレーム関連のチェック項目についてお伝えします。

バイクの査定基準には様々な項目がありますが、なかでも最重要項目がフレーム関連。中でも歪みや曲がりが発覚した場合大きな減額となり上最悪は買取不可になるケースもあります。

過去に事故歴や転倒歴のある場合、査定前にしっかりとフレームの状態を確認してください。

またフレーム関連以外の査定項目については以下のページで詳しく解説しています。愛車の査定前に一読されることをお勧めいたします。

参考ページ:査定時に減額されやすいフロントフォークの状態を売却前に改善売却予定のバイクから異音!? リアサスペンションの不具合と査定額エンジンから異音のするバイクを売る!タペット音とタペットクリアランス調整

すぐに売却先選びを始めたい・・・またはお勧めのバイク売却先を知りたい・・・という方は以下の流れに沿って進めてください。管理人が利用してお勧めできる店舗もいくつかピックアップしています。

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

査定士はフレームのここをチェックする

バイクフレーム

事故や転倒によって歪みや曲がりが生じたフレームは、素人目にはわかりませんが査定士から見れば一目瞭然です。

外見上から見えずらい部分でも査定士やメカニックはフレームの微妙な変形も見逃しません。

鉄フレームはダウンチューブ上部の塗装のひび割れをチェック

まずダブルクレードルタイプの鉄フレームの場合、ステアリングヘッド部のダウンチューブの塗装にのひび割れをチェックされます。

この部分は事故や転倒などで最も衝撃を受けやすい部分です。ここに外側から大きな衝撃が加わることで、フレームに曲がりや歪みが生じ、溶接部の塗装面に微妙な浮きや剥がれが生じます。

査定時にこの部分の塗装の剥がれやめくれが発覚した場合、確実に転倒歴や事故歴を疑われて減額対象となるので注意してください。

他にも鉄フレームの場合、各部の溶接部分の塗装は入念にチェックされます。

フレームの溶接部分の塗装に浮きや剥がれが見られる場合、大きな衝撃が加わった可能性があります。

また旧車やクラシック車両の場合、一般的なバイクよりエンジンの振動が大きい分、長年にわたって継続的に振動を受けることで溶接部にヒビ割れが生じることもあります。

どちらにせよ、溶接部は査定前にしっかりとチェックしておきましょう。

アルミボックスフレームのクラックには注意!

一方、アルミ製のボックスフレームの場合、ステアリングヘッドの剛性が高い分、前方からの衝撃に対してフロントフォークが曲がることで衝撃を吸収します。

アルミ製フレームの場合、鉄フレームと違い塗装の浮きや剥がれ・・・ではなく、いきなり表面にクラックが確認できるケースもあります。

致命的な部分に大きなクラックが生じている場合、状況によってはそのまま販売ができないために買取不可となるケースもあります。ご注意ください。

また、 最近のレーサーレプリカやエンデューロ車両のような倒立サスの場合アウターチューブの剛性が高いためにフレームが負けてしまう場合もあります。

倒立サス装備の愛車を売却される際は、査定前に必ずフレームのステアリングヘッド周りの状態を確認してください。

その他、エンジンマウントの溶接部に塗装の剥がれやひび割れが見られる場合や、ハンドルストッパーの塗装部にひび割れがやれる場合は、大きな衝撃が加わった証拠です。

フレーム全体に歪みや曲がりが生じている可能性もあるので減額は覚悟しておきましょう。

まっすぐ走らないからフレームが曲がっているとは限らない

中には、手放し運転の際に車体が左右どちらかに取られて、真っ直ぐ走らない・・・という方もいるかと思います。

その場合、フレームが曲がっていると勘違いされている方もいるのではないでしょうか?

誤解のないようにお伝えしますが、フレームに曲がりや歪みがあるからといって必ずハンドルが取られるわけではありません。

この場合、フレームではの曲がりや歪みだけでなく、フロントフォークの曲がりや捻じれ、またはステムの曲がりだったり、フロントタイヤの片減りが原因の場合もあります

仮に、手放し運転でハンドルが取られる場合、フレームが原因であれば相当な曲がりや歪みが生じているはずです。

その場合フレームを修正しない限り、買い取り側も再販売はできません。

基本的にフレームが再利用できない場合、部品取り車両という扱いになるので限りなく0円に近い査定額となります。また最悪なパターンでは買い取り不可という可能性も視野に入れておいてください。

どちらにしても、フレーム変形や損傷に不安のある方は、査定前にバイク知識の豊富な知人や近所のショップで確認しておかれた方が間違いないかと思います。

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

査定基準と減額
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました