査定前にチェックしておきたいステアリング周辺の不具合

当記事はこれから愛車を手放す予定で

「売却予定納税者のステアリングにガタつきがある」
「ステアリングの動作が何だか渋いような気がする」

といったユーザーさんに向けて書いています。

今回は、事故や転倒の影響を最も受けやすい部分・・・そうです、ステアリングやハンドルストッパーについて詳しくお伝えします。

基本的にステアリング関係のガタツキや曲がり歪みに関しては走行すればはっきりします。 ただ微妙な曲がりや歪みがたつきの場合街乗りレベルでは確認できないケースもまま見られます。

そこで今日は、査定前に簡単にチェックできる方法、停止状態でも確認できるステアリングの確認方法ご紹介いたします。

また、ステアリング関連のチェックとともにフレーム関連のチェックも同時に行っておいてください。

フレーム関連のチェックは以下のページで詳しく解説していますので、よろしければこちらもご確認ください。(参照:査定額に大きな影響を与えるフレームの変形と損傷

ちなみに、最終的な売却先選びについては、以下のページに管理人の実際利用した売却先を掲載しています。

手っ取り早くおすすめの売却先を知りたい方は以下のリンクからお進みください。

今月の買取強化店舗
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道です。独自に買取相場を検証して排気量別のオススメ店舗をランキング順にご紹介!アナタの気になる店舗は果たして何位?

ステアリングの曲がりやガタツキをチェックする方法

ステアリング点検

では早速、ステアリングの状態を確認する方法をご紹介いたします。

センタースタンドを装備している車両は、まずセンタースタンド掛けてください。 またサイドスタンドのみの車両の場合、サイドスタンドにバイクを預ける感じで傾けてみましょう。

その状態で、ハンドルを左右に目一杯切ってみて、変な引っかかりがありませんか?

もし引っかかりや渋い部分のある場合、または異様にハンドルが重いと感じた場合、ステアリングの曲がりが疑われます。

ステアリングコラムやステム本体に曲がりや歪みが生じている可能性も考えられます。

また、フロントタイヤを浮かせた状態でフォークごと前後に強く揺すってください。

その時、ガタツキが見られる場合や違和感を感じた場合、ステアリングヘッドのオーバーホールが必要な状態です。 査定士やメカニックによっては、過去に大きな事故や転倒を起こした車両と判断され、大きな減額となってきます。

多少のガタツキのある車両でも、案外オーナーさんも気づかずに乗り続けているものです。やはり査定前に念のためステアリングコラムやヘッド周りの点検をお勧めします。

ハンドルストッパーの状態も査定額を左右する

また、ステアリング関連で真っ先にチェックされる分といえばハンドルストッパーかと思います。

一般的な車両の場合、ステアリングヘッドのストッパーにステムの突起部分が当たることでハンドルの切れ角を制限します。

しかし大きな事故や転倒を起こした車両の場合、ステムの突起部分やステアリングヘッドのストッパーに偏見や欠損が見られる場合もあります。

また、小さな転倒や事故でも塗装面に僅かな剥がれやヒビ割れが生じています。

査定時にステアリングストッパーやステアリングステムの突起部分の曲がりや変形が確認された場合、予想以上に減額されるのでご注意ください。

気になる方は査定前にステアリングのガタつきを含めて、ハンドルストッパーの状態を確認しておくことをお勧めします。

ステアリングのガタつきを解消する

大きな事故や転倒が原因でステアリングにガタツキが起こるものですが、普通に走行していても徐々にガタついてくるものです。

では実際に、愛車のステアリング周りがガタついている場合、どのように解消すればいいのでしょうか?

以下に作業手順をご紹介いたします。

【ステアリング調整方法】

大抵の場合、ステアリングのガタつきわトップスレッドナットの調整によって解消できます。

まずはステムナットを緩め、ステム電池によってトップスレッドナットを調整します。

トップスレッドナットはトップブラケットの下から確認できるはずです。凹凸のついたナットですね。

中にはステムレンチを持っていないために凸凹の溝にマイナスドライバーを使って衝撃を加えて調整する方もいますがお勧めできません。

トップスレッドなどを締め直すことでハンドルは重くなりガタツキは解消されます。

一方をハンドルが重いと感じた場合は、左に回すことでハンドルの動きが軽くなってきます。

ガタツキもなく、ハンドルも適度に軽い状態を見つけ出して固定するのがポイントです。

ベアリング交換やグリスの補充が必要な場合もある!

また、根本的に内部のベアリングが破損していたり、グリスが切れている場合はトップスレッドナットの調整だけでは解消されません。

一度ステアリングを分解し、ベアリング交換やグリスの補充が必要となってきます。

その場合、専用工具を多用する上に専門の知識も必要とされます。安全な走行に大きく影響する部分です。できればショップに依頼した方が安心といえるでしょうね。

【2019年版】250cc~限定 査定額の高い買取店舗ランキング

250cc~大型バイクの中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとにオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
どんな車両でも断らないのが強み!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額な反面、中型~大型バイクの査定なら最高額の可能性、大。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

2位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

3位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェック!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・原付二種の査定に強い買取店舗

原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介します!

1位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

2位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

3位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは…!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェックしておこう

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

バイク査定時の減額対象
バイクを高く売却!おすすめ買取店舗と査定のコツ
タイトルとURLをコピーしました