FXSTCソフテイルカスタム売却時の査定額と買取リのポイント

「FXSTCを高く買い取ってもらいたい」「愛車のソフテイルカスタムの高価買取店舗が知りたい」当ページではそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はソフテイルファミリーの中でもエイプハンガーにスポークホイール、シーシーバーを装備。

最もハーレーらしいイメージのFXSTCソフテイルカスタムの売却時のポイントをお伝えします。

またソフテイルカスタム以外のソフテイルについては以下の個別ページでも説明しています。よろしけば、あわせて参考にしてください。

参考ページ:FXSTソフテイル・スタンダード売却時の査定額と買取リのポイントFXSTBナイトトレイン売却時の査定額と買取リのポイントFLSTCヘリテイジ・クラシック売却時の査定額と買取リのポイント

また当ページを読み進めた上で、すぐにソフテイルカスタムを高額査定してもらえる店舗が知りたい・・・という方は、以下のポイントに注意して売却先選びを始めてください。

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

FXSTCソフテイルカスタム売却時の査定額と買取相場

FXSTCソフテイルカスタム

ちなみにFXSTCソフテイルカスタムは当初1990年代にラインナップされ、気がついたらカタログ落ちしていたモデルでした。
しかし生産終了からも人気が衰えず、復活を待ち望んでいたオーナーさんが多かったためか復活されました。。

売却されるオーナーさんならご存知かと思いますが、ソフテイルファミリーの中でもFL系とFX系が存在し、ソフテイルカスタムはチョッパー系のFX 系に属しています。

復活後もハーレーらしいスタンダードなスタイルの上に、細身のフロントタイヤと極太のリアタイヤ、シーシーバーやバックレスト一体型リアシートと言った装備が人気で、中古市場でも人気の1台です。

FXSTCソフテイルカスタム中古相場と参考査定額

査定額

ちなみに新車価格は220万~230万円程度になります。

参考までに中古のソフテイルカスタムの平均価格は、155万円程度。全体的な中古相場をみると、95万~150万円程度が主な価格帯となっています。

上記の中古車両価格から考えても、エンジン外装の状態がそこそこ良好で、走行距離も2~3万キロ程度であれば、70~110万程度が査定交渉の中心になるかと思います。

もちろん上記の査定額は大きな事故歴転倒歴のない車両で、フルノーマル車両の場合での参考査定額です。車両の状態やカスタム内容によっては大きく査定額は上下します。

上記の査定額よりも大きく下回るケースもあれば保管状態やカスタム内容によっては大きく上回るケースもあります。あくまで参考程度にお考えください。

 

FXSTCソフテイルカスタム売却時のチェック項目

FX STBナイトトレインと同じく、FXSTCソフテイルカスタムもベース車両はFXST ・・・つまりソフテイル・スタンダードになります。

査定時にチェックされる項目もソフテイルスタンダードに準じていますのでよろしければ以下のページも参考にしてみてください。

 

また、良くも悪くもハーレーらしくないソフテイルカスタムのツインカムエンジンは故障も少なく、オイル漏れもそうそう起こりません。

そのため、査定時やメカニックとしては、エンジンの始動性や吹け上がり、異音の有無などを確認したら執拗にチェックすることはないかと思います。

むしろソフテイルファミリーを購入される予定のユーザーさんの多くは、外観上を気にされます。なので外装関係のチェックが中心となるでしょう。

メッキパーツやアルミパーツの状態が査定額のカギ

メッキパーツ

なかでも各所にメッキパーツをふんだんに奢ったFXSTCソフテイルカスタムの場合、当然ながらメッキパーツやアルミパーツの状態が査定額に大きく影響します。

メッキパーツやアルミパーツの表面に錆や腐食が出始めている場合、初期の状態なら十分にセルフメンテナンスで解消できます。査定前にきっちりと取り除いておきましょう。

またFXSTCソフテイルカスタムに限った話ではありませんが、査定時に必ずチェックされる部分としてはベルトの状態になります。

チェーンにくらべメンテナンス性も悪く、交換時期もはっきりしないベルトだけに、数万キロ走行している場合は、査定前に思い切って交換しておいた方が良いかもしれません。

またエボ以前のモデルと比べ錆びにくいフレームではありますが、保管状況によってはフレームの溶接部分に錆が生じていたり、飛び石によって表面の塗膜が剥がれ小さな錆が発生しているケースもあります。

査定基準の6つの項目の中でも最も大きな減額対象となるのはフレーム関係のダメージです。

またフレームといえば車高の低いソフテイルカスタムの場合、市街地での段差や縁石、非舗装路での砂利や飛び石によってフレーム下周りに傷が生じているケースもあります。

わざわざ覗き込まないと気がつかない部分なので、見落としがちな部分になります。もちろん査定士やメカニックはかならず覗き込んでチェックします。

査定前には必ず覗き込んで下回りを点検しておいてください。

また思いのほかバンク角の浅いソフテイルファミリーの場合、本人は気づかない間にフットペグ等に削れや擦れが生じている場合もあります。

あまりにも削れや傷がひどい場合は減額対象です。事前に程度の良い中古パーツに交換されておくことをお勧めします。

 

FXSTCソフテイルカスタムを高く買い取ってもらうには

ソフテイルカスタムに限った話ではありませんが、ソフテイルファミリーの多くは立ちゴケや転倒による傷が目立ちます。

ハーレーの中でも車重のあるソフテイルファミリーの場合、ちょっとした立ちゴケでもマフラーやハンドルバー、フットペグ等に大きなダメージが残ります。

またソフテイルカスタムの査定時で大きく査定額に影響するのは、各部の消耗部品の状態になります。

極太のリアタイヤの消耗が激しい場合や、保管状態が悪くサイドウォール部分にひび割れが生じている場合は容赦なく大きな減額となります。

また、現代版チョッパーといえるソフテイルカスタムの場合、本格的に攻めの走りをされる方はいないかとは思いますが、車重があるために思いの外ブレーキパッドの磨耗は早いものです。

必ず査定前にブレーキパッドの消耗具合やディスクプレートの偏摩耗等をご確認ください。

査定前にバッテリーを充電して一発始動!

また大きく減額される部分ではありませんが、査定時にエンジンの始動性が悪いと悪印象を与えます。

必ず査定前にバッテリーの状態を確認し、必要であれば充電もしくはバッテリー交換をなされることをお勧めします。

また、その際に注意してもらいたいのがECMとなります。

ソフテイルでもインジェクション車両の場合、さまざまなセンサーやモジュールがあります。

仮に充電時にメインコンピュータであるECM が壊れた場合、エンジン不動となって大きな出費となります。必ずバッテリー充電の前にメインヒューズを抜き、ECM を保護してください。

他にもソフテイルカスタムを高額査定してもらうポイントはいくつもありますが、ネックとなるのは売却先が美化と思います。

しっかりとダイナファミリーの買取に強い売却先を選んで査定することが日ポイントといえます。

査定額が高額な車両だけに、当日の査定士やメカニックによっては10~20万程度と大きく査定額に違いが出る場合もみられます。

査定額のバラつきを考えた上で、医者に絞らず、必ず2つ三つの売却先を比較し判断されることをお勧めします。

ソフテイルファミリーの中でも人気のソフテイルカスタム、しっかりと強気で交渉して高額買取してもらいましょうね!