FLSTFソフテイル・ファットボーイ売却時の査定額と買取リのポイント

「FLSTFソフテイル・ファットボーイを高く売却したい」「ソフテイル・ファットボーイの高額買取店舗を知りたい」当ページはそのオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、1990年の登場以来、ワイドハンドルやショットガンマフラー、前後に極太のディッシュホイールを履いたソフテイル・ファットボーイ売却時のポイントと査定時の注意点について詳しくお伝えします。

ちなみにソフテイル・ファットボーイ以外のソフテイルの売却時の注意点については、以下の個別ページで詳しく解説ています。ぜひ以下のページも売却前に参考にしてみてください。

参考ページ:ソフテイルFLSTSB売却時の査定額と買取リのポイントFLSTFソフテイル・ファットボーイ売却時の査定額と買取リのポイントFLSTNソフテイル・デラックス売却時の査定額と買取リのポイントFLSTCヘリテイジ・クラシック売却時の査定額と買取リのポイント

またすぐに愛車を売却したい方、手っ取り早く高額査定の売却先を知りたい方は、以下のポイントに注意して売却先ナビを始めてみて下さい。

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

ソフテイル・ファットボーイ売却時の査定額と買取相場

ソフテイル・ファットボーイ

前後17インチの穴あきディスクホイールや、リアには200ミリの極太タイヤを装備したソフテイルの中でも独特な雰囲気を醸し出すソフテイル・ファットボーイ。

ソフテイル特有のリアサスペンションが見えないフレーム形状と、古きよきハーレーの雰囲気を併せ持ったスタイルで人気のモデルとなります。

とはいえ、充実した装備の一方で新車車両価格は約230万程度・・・さすがに若い年代にとっては新車で購入するのは少々厳しいと言うのが実情ではないでしょうか。

そのため、乗り出し価格を少しでも安く抑えるために、走行距離の少なく程度の良好なソフテイル・ファットボーイは中古市場では常に人気です。

また、人気がるために中古市場でもタマ数がそこそこ多いのが、ソフテイル・ファットボーイの特徴の一つでもあります。

FLSTFソフテイル・ファットボーイの中古相場と参考査定額

参考までにソフテイル・ファットボーイの中古相場の平均価格は約140万円台が中心となっています。

年式や走行距離にもよりますが、90万円台後半から状態の良い車両だと190万円台までと非常に幅広い価格帯となっています。

これだけ中古相場の幅が広いと、査定額を予想するのも少々厳しいものがありますがツインカムエンジンのFLSTFソフテイル・ファットボーイの場合、おおむね70万~程度の査定額は見込めるとは思います。

またファットボーイにかぎらず、基本的にソフテイルファミリー全般において、高年式な車両ほど確実に高額で査定されます。

なぜなら、中古市場で購入予定のユーザーさんの多くは、新車価格は厳しいけれどそこそこの予算を想定しています。

よって故障の確率が少しでも低い、高年式のFLSTFソフテイル・ファットボーイを探している方が大半になっています。

中にはわざわざエボ時代のFLSTFソフテイル・ファットボーイを購入される方もおられますが、それはあくまでレアケースです。

大抵の場合、ツインカム88bよりもツインカム96B の方が10万~20万程度高額に査定されるかと思います。

どちらにせよ、どの年式にしてもソフテイル・ファミリーの知識が豊富で買取実績の多い店舗を見つけて売却するのがポイントです。

ハーレーの中でも特にリセールバリューの高いソフテイルファミリーだけに、近いと売却先を選んでくださいね。

 

FLSTFソフテイル・ファットボーイ査定時のチェック項目

ローライダーエンジン

スポーツスターやダイナファミリーとはそもそも新車車両価格も違うため、ソフテイルファミリーの購入層は外装の状態を非常に気にします。

多少の金額差であれば、フルノーマル状態に近い車両や外装関係が綺麗な車両に人気が集中します。

よって買取店舗や販売店も、フルノーマル車両や外装の状態が良好な車体を高く評価し、査定額も高額となります。

ソフテイル・ファットボーイの場合、特徴的な前後の穴あきディスクホイールに凹みや削れ、経年劣化による錆や腐食がみられる場合、予想以上に減額されるのでご注意ください。

 

また車重が330キロ程度のファットボーイ、日本人にとって取り回しづらいのか立ちゴケや低速での転倒歴のある車両が目立ちます。

ソフテイル・ファットボーイのショットガンマフラーや11/4インチの極太ハンドル、フットペグ等は軽い転倒でも傷つきやすく、比較的かんたんに曲がりますのでご注意ください。

査定時に発覚した場合、それなりの減額が待っているので覚悟しておいて下さいね。

 

ソフテイル・ファットボーイを高額査定してもらうには

査定額

これはソフテイル・ファットボーイだけに限った話ではありませんがソフテイルファミリー全般においてメッキパーツが多用されています。

とくに2000年以前の車両の場合、保管状態によっては足回り、フロントフォーク、エンジン回り、メーターヘッドライト回りの錆や腐食が目立ちます。

完璧に錆や腐食、メッキ部が浮いてしまった場合は交換するほかありませんが、小さな点錆や表面上の曇りやくすみの場合、十分にオーナーさんでも解消できます。

査定時に減額された場合はそこそこの金額が目減りするので、多少の出費となっても効果の大きなケミカルやコンパウンド等でしっかり磨き上げておきましょう。

消耗部品の状態やエンジンの異音や吹け上がりもチェック!

また消耗品関係については、極太タイヤのソフテイル・ファットボーイの場合、前後とも交換を要すると判断された場合、容赦なく大きな減額が待ち構えています。

一方、エンジン関係についてはツインカム88b、ツインカム96Bの場合、非常に壊れにくいエンジンのため査定士もそれほど入念にチェックされないかと。

最低限、バッテリーの消耗を確認する意味も含めて、エンジンの始動性や吹け上がり、ソフテイルファミリーにもありがちなプライマリーケース付近からのアイドリング時のガラガラ音などをご確認ください。

バッテリーが弱っている場合は査定時に悪印象を与えます。事前に充電もしくは交換されることをお勧めします。

また、エンジンからの異音については、多少の異音であればそのまま査定時臨んだ方が良いでしょうが、常識の範囲を超えた異音の場合、少なからず減額されるので嫌ならば事前に解消しておいて下さい。

また、オイル漏れの少ないツインカムエンジンのソフテイルでも、それなりの足を距離によってガスケット付近からオイルが滲んでくるのが普通です。

査定士やメカニックにとって、オイル漏れやオイル滲みといった状態は、査定額を減額するための良い口実になります。変に突っ込まれないためにも事前に改善しておくと良いでしょう。

どちらにせよ、少しでも高く売却するにはソフテイルファミリーの買取に強い店舗を見つけることがポイントとなります。

中にはハーレー専門店にいきなり持ち込む方もいるようですが、いくら専門店でも店舗の在庫状況によっては思いのほか安くなるケースも見られます。

できれば専門店に持ち込まれる前に、査定額にシビアな大手買取店でいくつか査定を受けることをお勧めしておきます。