ソフテイルFLSTSB売却時の査定額と買取リのポイント

「FLTSB を高く買い取ってもらいたい」「愛車のソフテイル・スプリンガーを高額査定する店舗を知りたい」当ページはそういったオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、スプリンガーフォークにエイプバー、スプリングによってフローティングされたソロシートとビンテージかつワイルドな1台。

ファクトリーチョッパーのソフテイルFLSTSBの売却時のポイントと査定額についてお伝えします。

ちなみに他のソフテイル・ファミリーの売却時のポイントについては、以下の個別ページで詳しく解説しています。あわせて参考にしてみて下さい。

参照:FLSTNソフテイル・デラックス売却時の査定額と買取リのポイントFLSTCヘリテイジ・クラシック売却時の査定額と買取リのポイントFLSTFソフテイル・ファットボーイ売却時の査定額と買取リのポイント

また、売却の準備が整えば次は売却先選びの段階です。以下のポイントに注意してソフテイルFLSTSBの買取に強い店舗をしっかりと見つけてください。

参考までに管理人が実際に利用した売却先のレビューやオススメ店舗をリンクしておきます。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

ソフテイルFLSTSBの売却時の査定額

FLTSB

スプリンガーフォークをはじめ、スプリング付きの専用シートやスラッシュカットされたマフラー・・・と他のソフテイル・ファミリーとは雰囲気が違うソフテイルFLSTSBは中古市場でも人気の1台になります。

というのも、現行モデルでスプリンガーフォークを標準装備している車両が減ってしまったために、希少性が上がってしまった理由の一つかと思います。

新車車両価格そのものはソフテイルファミリーの中では平均的な約220万円程度ですが、中古市場では希少性も手伝って、他の車両よりも若干高額で取引されています。

購入予定のユーザーさんには厳しい状況ですが、売却されるオーナーさんにとっては、嬉しい状況が続いているといえますね。

FLSTSBソフテイル・スプリンガーの参考査定額

査定額

参考までに中古価格は平均価格で170万円程度、おおむね130万~190万円台が中心となります。

上記の取引相場を考えた場合、低年式のソフテイルFLSTSBだとしても程度や状態によっては80~95万円程度の査定額は見込めると言えます。

またツインカム88B やツインカム96B といった高年式の車両になるにつれ査定額は上昇し、100~140万円程度で査定されるケースもあります。

高年式モデルの方の場合、かなり強気で交渉しても大丈夫でしょうね。もちろん上記はノーマル状態のエンジン、外装そこそこの車両の参考査定額です。

カスタム車両については、完全にケースバイケースとなってしまうのが実情で、フルノーマル状態より大幅に安くなるケースもあれば、有名ビルダーがカスタムされた場合は相場以上になるケースも見られます。

もちろん売却先によってはカスタム車両に強い店舗も弱い店舗もあります。

どちらにせよカスタム車両の場合、少しでも多くの売却先にアプローチしてしっかりと査定額を比較してから判断してください。

ソフテイルFLSTSBが査定時にチェックされる部分

例にもれず、ソフテイルFLSTSBも他のソフテイル同様メッキパーツが多用されています。

マフラー、フロントフォーク、ホイール、エンジン、メーター、ヘッドライト周りのメッキ部に錆や腐食、曇りやくすみが生じている場合、程度によっては予想以上に減額されますのでお気をつけください。

特に中古市場でソフテイルファミリーオ探されている方の多くは、外装関係の状態を非常に気にします。

多少の金額差であれば、外装関係の状態が良い車両を探して購入する傾向があります。よって買取側もメッキ部や塗装部の状態を入念にチェックしてきます。

ただソフテイルファミリーはリジットマウントなため、ラバーマウントのダイナファミリーなどのようにマウント部のブッシュ類のヘタリで大きく減額されることは無いかと思います。

この部分はご安心ください。

またツインカム88Bやツインカム96B といったソフテイルFLSTSBの場合、振動を軽減するためのバランサーとシステムが装備されています。

おかげでダイナファミリーやスポーツスターほど、振動によるボルトの緩みも見られませんが、そもそも国産車両とはそもそも振動の質が違います。必ず査定前には一度総点検を行い増し締め行っておきましょう。

見た目重視のスプリンガーは捻じれや曲がりに注意!

また外観上の一番のポイントであるスプリンガーフォーク・・・雰囲気は最高ですが、強度には多少の不安もあります。

スプリンガーフォークで攻めるような走行される方はいないかと思いますが、約340kg 程度の車重を考えても、曲がりやねじれが生じているケースもあります。

このあたりも査定時に発覚した場合、大きな減額となりませんが査定額には影響します。

一定の速度域でハンドルがとられる車両、直進安定性に問題のある車両は査定前に点検しておいた方がいいかと思います。

ソフテイルFLSTSBを高額査定してもらうには

ローライダーエンジン

ビンテージ、かつワイルドな雰囲気を醸し出すスプリンガーフォークは原始的なように見えてしっかりとコンピューターによって設計されています。

もちろんオイルダンパーも装備していますので、査定時にスプリンガーフォークのオイルダンパーがヘタっている、またはオイル漏れを起こしている場合はその分だけ減額されます。ご注意ください。

またソフテイルファミリー全般においてローダウンされている車両が目立ちますが、ローダウンそのもので減額はされませんが、車高を下げたことでフレームの下回りに傷があれば減額されます。フレーム関連は大きな減額ポイントになるのでご注意ください。

これもソフテイルFLSTSBだけの話ではありませんが、全体的にソフテイルはバンク角が浅いためか走行中にフットペグを擦ってしまったような車体も目立ちます。

走行中の削れにしろ、立ちゴケによるへこみや歪みでも、どちらにしても査定時には減額されるのでお気をつけください。

高年式のソフテイルでも経年劣化によりオイル滲み事前に点検!

メンテナンス

基本的に高年式のツインカム88Bやツインカム96Bを搭載したソフテイルFLSTSBに関しては、振動によるボルトの緩みや精度の悪さからくるオイル漏れは飛躍的に減っています。間違ってもオイルがダダ漏れというケースはないかと。

とはいえ走行距離がそこそこ多い車両の場合、オイルシールやガスケットの劣化によりダダ漏れはなくとも、多少のオイル滲みは生じているケースはけっこう目立ちます。

オイル漏れやオイル滲みは買い取り側からすれば、査定額を減額するための良い理由となります。査定前にかならず痕跡を消し去っておいてください。

またノーマル状態を購入し、ご自分でカスタムされた場合、査定時は必ず純正部品も用意しておいてください。

オーナーさんにとって不用品かもしれませんが、買取側からすれば純正部品の有無によって査定額は大きく変わります。ご注意ください。

どちらにせよ、しっかりとソフテイルファミリーの知識の豊富な店舗で査定し、査定額のバラつきつきを考えた上でも、かならず複数店舗で査定されることをお勧めします。

またハーレー専門店に持ち込む予定の方もいるかと思います。ただいきなり専門店に持ち込んでも、その店舗で購入していない場合など、思いのほか安く買い叩かれるケースもあります。

中古市場の取引相場に最もシビアな、大手買取店舗で査定してから持ち込まれることをお勧めします。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする