FLHRロードキング売却時の査定額と買取リのポイント

「大切なFLHRロードキングを高く買い取ってもらいたい」「ロードキングを高額査定してくれる店舗が知りたい」当ページはそういったオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

2008年に大きなリファインを受けたツーリングファミリーですが、中でも着脱式の大型ウインドシールドを装備する人気の1台…今回はFLHRロードキング売却時の査定額やポイントについてお伝えします。

エレクトラグライドのネイキッドバージョンともいえるFLHRロードキングは、軽快なルックスでツーリング・ファミリーの中でも人気の1台です。

中古市場でも、数多くのハーレーを乗り継いだ後に最終的にロードキングに落ち着く方も多いようです。もちろん中古市場では動きの早いモデルになります。

しっかりとFLHRロードキング査定時のポイントをおさえて、高額査定の店舗を見つけることで予想以上の高額査定も狙えます。当ページを読んだ上でかならず実践してくださいね!

ちなみに他のツーリングファミリーについては以下の個別ページでも詳しく解説していますので参考にしてみてください。

参照:FLTRロードグライド売却時の査定額と買取リのポイントFLHXストリート・グライド売却時の査定額と買取リのポイントFLHT/FLHTC/FLHTCU エレクトラグライド売却時の査定額と買取リのポイント

またすぐにロードキングの高額買取店舗が知りたい方、ツーリングファミリーにお勧めの売却先を知りたい方は、以下のポイントに注意して売却先を比較してみてください。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

FLHRロードキング売却時の買取相場と査定額

flhr

ツーリングファミリーの中でも、根強いファンの多いロードキングですが、中でも最もベーシックかつ定番といえるロードキングが今回のFLHRとなります。

前述のような2008年の大きな見直しにより、電子制御スロットルの採用、全車種にオートクルーズコントロール装備、緊急制動時の回避能力や車体安定性を上げるためのABSも標準装備されています。

まさにロングツーリングとして必要にして十分な装備ですね。

またロングツアラーとしては嬉しい燃料タンクの容量が18.9リットルから22.7L 2大幅アップして航続距離も伸びました。これもロードキングの人気に一役買いました。

FLHRロードキングの参考査定額

査定額

そんなFLHRロードキングの新車価格は260万円前後となります。

またFLHRロードキングの中古車両の取引相場は、最安で90万前後から。最高額だと250万オーバーといった車両もみられます。非常に幅広い価格帯となっています。

とはいえ多くの車両は120~170万といった価格帯が中心となります。このあたりの数字が査定額を算出する参考になるかと思います。

仮に2010年モデルで走行距離2~3万キロ程度、外装大きなダメージなくエンジン異音無く吹け上がりも良好な場合、90~130万円前後が査定交渉の中心になるかと思います。

もちろん上記の数字は参考査定額となります。上記の参考査定額より大幅に下回るケースもあれば大幅に上回るケースも見られます。

過走行気味の車両や、転倒歴や事故歴有り、フレームに手を加えるようなカスタム車両の場合、大きく査定額は下回ってきますのでご注意ください。

どちらにせよ、FLHRロードキングの知識の豊富な売却先をしっかり選び、じっくりと複数店舗で比較することが高額売却のポイントになります。

FLHRロードキング売却時にチェックされる部分

売却されるオーナーさんには説明不要かと思いますが、ロードキングを始めツーリングファミリーにはメッキパーツが多用されています。

エンジン周りやエキパイマフラー、エンジンガードにメーター周りとふんだんにメッキパーツが奢られています。ま、これがロードキングの雰囲気をアップさせているのですが・・・。

中でもクローム仕上げのヘッドライトナセルはロードキングのアピールポイントでもあります。

当然ですが、ヘッドライトナセルを含めたメッキパーツの表面に錆や腐食、メッキの剥がれが見られる場合、けっこうな減額対象となります。保管環境に自信のない方はお気をつけください。

ツインカム以降のエンジンでも走行距離によっては微妙なオイル滲みはある!

メンテナンス

またエンジン関係については、ツインカム96を搭載したFLHRロードキングの場合、年式を考えても大きなトラブルや致命的な不具合は少ないかと思います。

とはいえ、ロングツアラーというジャンルだけに走行距離からくる各部のシール類の経年劣化、ラバーマウントのマウントブッシュのヘタリ・・・この辺りは避けることができません。

査定前にはエンジン周りのオイル滲みの有無を確認し、多少でも確認できた場合、滲み出たオイルをしっかりと取り除いておいてください。

またそれなりの走行距離を走っているロードキングの場合、ベルトの耐用年数が超えていたり、激しく磨耗しているケースもあるかと思います。3~4万キロも交換されずに走行している方はとくにご注意ください。

査定時にベルトが要交換と判断された場合、ベルト交換の工賃を含めてそこそこの金額が減額されます。ご自分で交換できる方は査定前に念のため交換しておかれることをお勧めします。

FLHRロードキングを高額査定してもらうには

ロードキングに限らず、ラバーマウントの車両の多くは継続的な振動によって各ボルト類が緩みやすいので、念のため査定前に一度ご確認ください。

ボルト類の緩みやスモールパーツのリストは大きな査定額のマイナスとはなりませんが、愛車の異変に気がつかないオーナーさん・・・またはメンテナンス技術の乏しいオーナーさん・・・と良い印象を与えません。

一昔前と比べて買取時にオーナーさんの足元を見てくる売却先は減ったものの、中にはオーナーさんのメンテナンス技術やバイクの知識が乏しいことにつけこんで、相場より安く査定する査定士もいます。

しっかりと相場以上で査定してもらうためにも、ボルトの緩みをはじめ、減額されると査定額にひびく消耗部品の状態は点検しておいてください。

また乾燥重量で350kg 弱のロードキング・・・走行中は非常に安定している反面、停止時は非常に取り回しづらいのが特徴の一つでもあります。

そのためか、立ちゴケやUターン時に転倒されたような傷や凹みの多い車両が目立ちます。

エンジンガードやフットボード、ハンドルバーエンドといった部分の微細な傷は大きな減額とはなりません。

しかしエキパイの大きな凹みやフロントフォークのアウターケースの削れ、燃料タンクとの凹みは減額された場合大きなダメージとなりますご注意ください。

走行距離よりも適切な時期に消耗部品が交換されていたかどうかが肝心

ブレーキキャリパー

またロングツアラーというジャンル己のためかダイナファミリーやソフテイルファミリーよりも走行距離の多い車両が目立ちます。

もちろん査定時に走行距離は大きな査定基準の一つですが、それ以上に、走行距離に応じた。消耗部品の交換状況がポイントとなります。

エンジンオイルやフィルター類をはじめ、ブレーキパッドの残量やディスクローターの変磨耗、ブレーキフルードの汚れや残量、フロントフォークのオイルシールやダストシール、サスペンションのブッシュ類等が適切な時期い交換されているかチェックされます。

経年劣化によって明らかな硬化やひび割れが生じている場合、激しく磨耗して限度を超えてる場合は消耗部品の交換をお勧めします。

いずれにせよ、最終的に高額売却するにはの知識が豊富な売却先を選ぶことがポイントです。

できればネット上の口コミや評判だけに頼らず、FLHRロードキングをはじめとしたツーリングファミリーの買取実績のある売却先を選び、同時に複数の店舗を比較してみることをお勧めします。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする