FLHT/FLHTC/FLHTCU エレクトラグライド売却時の査定額と買取リのポイント

「エレクトラグライドを高額で売却したい」「愛車のFLHT/FLHTC/FLHTCUを高額査定する店舗が知りたい」当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです

今日はツーリングファミリーの中でも特徴的な大型フェアリングや大容量ハードバックを装備した定番ツアラー…エレクトラグライドの査定額や売却時のポイントをお伝えします。

ひと昔前までは、ツーリング・ファミリーを選ぶのは年配のベテランライダーさんが大半でしたがだいぶ状況が変わってきました。

若い年代でもエレクトラグライド始めツーリングファミリーの人気が年々高まりつつあります。

とはいえ最もベーシックなエレクトラグライドスタンダードでも226万円前後・・・充実の装備を誇るウルトラクラシックエレクトラグライドとなれば300万オーバー・・・汗。

そのため、乗り出し価格を抑えるために程度の良い中古車両を探すユーザーさんも少なくありません。

しっかりと売却先を選び査定に備えておけば、予想以上の査定額を狙えるモデルだと思います。

ちなみにエレクトラグライド以外のツーリングファミリーについては以下の個別ページでも車種ごとに解説しています。よろしければ参考にしてみてください。

参照:FLHRロードキング売却時の査定額と買取リのポイントFLHT/FLHTC/FLHTCU エレクトラグライド売却時の査定額と買取リのポイントFLHXストリート・グライド売却時の査定額と買取リのポイント

また、すぐにエレクトラグライド売却されたい方、お勧めの高額査定の店舗を知りたい…という方は以下の流れに沿って売却先ナビをはじめてみてください。

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

FLHT/FLHTC/FLHTCUエレクトラグライド売却時の買い取り相場と査定額

flht

ツーリングファミリーの中でも、もっともベーシックなモデルといえばエレクトラグライド・スタンダードになります。

フェアリングや大容量ハードバックを装備する一方で、オーディオやキングツアーパックを省き、価格とウェイトを抑えたモデルになります。

国産モデル等にくらべれば充実の装備ですが、エレクトラグライドの中ではもっとも簡素な一台です。ゆえにカスタムベースとして購入されるユーザーさんも多いですね。

また、エレクトラグライドスタンダードの上級モデルというのがエレクトラグライドクラシックとなります。

エレクトラグライドスタンダードをベースにしつつも、可変機能付きのツアーパックやオーディオ装備し、価格はツーリング・ファミリーとしては安価な250万代後半に抑えています。

そして前後に高出力スピーカを備えたオーディオ、インターコム等、快適装備を満載したのが最上級のウルトラクラシック・エレクトラグライドとなります。

さすがに価格は310万円前後と断トツに高額ですが、レッグシールドや風量調節可能なエアディフレクター等、ロングツアラーとしては最上級の装備が充実した1台だと思います。

まさにアメリカ大陸を快適に横断するための究極の1台が、このウルトラクラシック・エレクトラグライドといえます。

エレクトラグライドの参考査定額

では早速、エレクトラグライドの中古相場と査定額を見てみましょう。

もっとも手頃なエレクトラグライドスタンダードの場合、中古市場では140万円~200万近くまでと幅広くされています。

中でも、もっとも多い価格帯は、160万前後の車体という感じです。

よって年式や車両の状態により変わりますが、売却時の査定交渉の中心は70~120万程度となってくるかと思います。

エレクトラグライド・クラシックの参考査定額

また中堅モデルのエレクトラグライド・クラシックの中古相場に関しては、ほぼエレクトラグライド・スタンダードと変わりません。

年式や状態によって140万円~200万程度が主な価格帯となります。

しかし平均価格は若干エレクトラグライド・クラシックの方が高額なようで、同条件の車両の場合、10万~程度高額に販売されています。

新車価格でエレクトラグライド・スタンダードよりも約30万程度高額に設定されています。むしろ中古市場ではエレクトラグライド・スタンダードよりもお得感が強いといえます。

よって売却時の査定額は、エレクトラグライドスタンダードの査定額と同じ程度・・・またはプラス10万~という感じになります。

ウルトラクラシック・エレクトラグライドの参考査定額

一方、ウルトラクラシック・エレクトラグライドに関しては、中古市場において、上記の2台よりも価格帯が幅広く、100万前後から300万前後まで幅広く存在します。

また中古市場でも低年式のものから高年式のものまで幅広く流通しているのが特徴になります。

正直、ウルトラクラシック・エレクトラグライドの査定額については、中古相場の幅が広すぎて詳細まで予想できません。ご了承下さい。

とはいえ、仮に2010年式で走行距離2~3万キロ程度、エンジン外装良好のフルノーマル状態といった場合、130~150万前後が査定額の目安といえます。

いずれにせよ、どのモデルも年式や車両の状態によって大きく査定額は上下します。

保管状態が良好で走行距離の少ないエレクトラグライドであれば、上記の金額を大きく上回りますし、転倒歴のある車両や消耗部品の状態が悪く、要交換の部分が多い車両は大きく下回ります。

またカスタム内容によっては大幅に査定額が下がる可能性もあることをご了承ください。

 

FLHT/FLHTC/FLHTCU エレクトラグライド売却時にチェックされる部分

ローライダーエンジン

またツーリングファミリー全般にいえることですが、大型フェアリングやウインドシールド、左右のハードケース、大型フロントフェンダー等に目立つ傷や割れがある場合、まず間違いなく大きく減額されます。

またツーリングファミリーのオーナーさんの場合、ワインディングで思い切り倒しこむ方はおられないかと思いますが、思いのほかバンク角は浅く、簡単にフットボード擦ってしまいます。ご注意ください。

また長距離ツーリングの最中で飛び石や、悪路走行での砂利や小石によってエキパイ下部やエンジン下部エ、ンジンガード等に傷が生じた場合予想以上に簡単に錆びや腐食が生じます。

メッキパーツを多用しているエレクトラグライドだけに、錆や腐食、浮きや剥がれといった部分には細心の注意を払っておきましょう。

またツインカム96を搭載したエレクトラグライドは、国産レベルとまではいえませんが以前のような故障やトラブルは飛躍的に減りました。

とはいえ、ツーリングモデルです。走行距離からくる各シール類の劣化や樹脂部の劣化は避けられません。

エンジン周りのシール類の劣化によりオイル滲みが生じている場合や、サス取り付け部の樹脂部が劣化しサスペンション動作時に「キーキー」と異音が生じている場合、査定額に悪影響を及ぼします。査定前にご確認ください。

 

FLHT/FLHTC/FLHTCU エレクトラグライドを高額査定してもらう

査定額

エボ時代と比べれば、全回転域においてバランスよく回るツインカム96エンジンですが、速度域によっては結構な振動があります。

これはラバーマウントのため仕方のないことです。

バランサーシステムを装備したソフテイルに比べた場合、どの速度域でも振動が多く、よくいえば躍動感があるのですが、ボルト類の緩みやスモールパーツの紛失の可能性は大きいはずです。

そのため、査定前にはエンジン下回りやスイングアーム周辺を含め、車両の各ボルト類の総点検と増し締め行ってください。

またエレクトラグライドのだけの話ではありませんが純正パーツの高いハーレーの場合、各部の消耗部品の状態が査定額を左右します。

ソフテイルロッカーやV ロッド等に比べれば、多少は細くてお手頃な前後のタイヤではありますが、前後16インチの幅広タイヤを交換すればそれなりの費用が予想されます。

またABS を装備したツーリングファミリーの場合、予想以上にブレーキパッドやディスクローターが消耗しているケースもあります。

査定時に交換を要すると判断されれば大きな減額となってきますので必ず査定前にご確認ください。

ハードな環境で利用されたエレクトラグライドはフレームの溶接部分の錆や腐食も!

スポーツツアラーというジャンルなので仕方のないことかもしれませんが、他のダイナファミリーやソフテイル等に比べ悪路走行や雨天での走行に利用された車両が目立つ気がします。

本国アメリカの気候では錆びにくいハーレーですが、どうしても日本の気候では湿度の関係からか、フレームの溶接部などに錆や腐食が生じやすいようです。

とくにツーリングファミリーの購入層はシニアユーザーさんをはじめ年配の方が多いために購入時のチェックが厳しい傾向にあります。

査定前には必ずエンジン周りの洗浄やフレームの下回りを点検して減額対象部分を事前に解消しておきましょう。

いずれにせよ、エレクトラグライドを高額買取してもらうには、ツーリングファミリーの知識が豊富な売却先を選び、複数の店舗で査定することがポイントです。

中にはハーレー専門店をはじめ、大型バイク販売店に持ち込まれる方もいるかもしれませんが、いきなり持ち込む前に最低限愛車の相場をしておきましょ。