VRSCF/VRSCAW/VRSCDXハーレーVロッド売却時の査定額と買取リのポイント

「愛車のVロッドを高額で売却したい」「Vロッド・マッスルやナイトロッドを高額査定する店舗が知りたい」当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回はハーレーでも唯一の水冷エンジンを搭載したVRSCファミリーの中から、2001年に登場したベーシックなVロッド…。VRSCAWをはじめ、Vロッド・マッスルやナイトロッド・スペシャル査定時のポイントについて書いておきます。

ハーレーの他のファミリーとくらべても独特な雰囲気や個性を持ったVロッド・ファミリーは通常のビックツインやスポーツスターとは違う、まったく新しいジャンルのバイクですね。

外観上の骨太かつワイルドな雰囲気と、ハーレー初の水冷DOHCエンジンということで、これまでハーレーに触手が動かなかったユーザーさんも多く巻き込みました。

まあ、長年ハーレーに乗っている方にとっては酷評を受けることもありますが、水冷エンジンやショートストローク・・・といろんな意味で話題を集めたモデルになります。

もちろん中古市場でも動きの速いモデルで、程度の良い車両、かつ走行距離の少ないものは高額で取引されています。

Vロッドは他のファミリーと違い、売却先により大きく査定額に差がつきやすいモデルでもあります。

しっかりとVロッドの買取実績のある店舗を選び、もっとも評価してくれる店舗を見つけてください!

ちなみに、すぐにVRSCF/VRSCAW/VRSCDXを売却したい方、Vロッド・ファミリーの買取に強い店舗が知りたい方は、以下の部分に注意して売却先選びをスタートしてみてください。

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

VRSCF/VRSCAW/VRSCDX ハーレーVロッド売却時の査定額と買取相場

VRSCAW

Vロッドにおいてまず特筆すべきは、ハーレーの歴史において初めての「水冷DOHCエンジン」を搭載していることに他なりません。

また、他のハーレーと違いロングストロークエンジンではなくショートストロークエンジンが採用されたVロッドは、エンジンの鼓動や躍動感こそ減ったものの、それを補うだけの加速感を感じることができます。

ハーレーの骨太でワイルドな雰囲気と、ハイパーVツインエンジンのレスポンスが両立したVロッドは他のファミリーとは全く違う個性を持ちます。

またダイナ・ファミリーやソフテイル・ファミリー、ツーリング・ファミリー等の空冷エンジンと違いハーレー独特の足元からの熱気がだいぶ解消されています。(とはいえ、エキパイの取り回しのせいか右足は異常に熱くなりますが・・・)

ショートストロークエンジン搭載ということで、他のファミリーのようなドコドコとした躍動感こそ少ないものの、まるで国産車のようにスムーズに高回転までけ上がります。

ハーレーVロッドの参考査定額

ちなみにVロッドの新車車両価格ですが、ナイトロッド・スペシャルやVロッド・マッスルと各モデル価格は異なりますが、ざっくりと210~240万前後と設定されています。

細かい派生モデルが多いVロッドだけに、この場で全ては紹介しきれませんが参考までにVロッド・マッスルの場合、110~170万程度が査定額の中心となります。

一方、全身をブラックアウトしたナイトロッド・スペシャルの場合、微妙に査定額は高めとなり120~180万程度。新車価格の違いも影響しているようです。

またVロッドの中ではベーシックモデルともいえるVRSCAW の場合、上記の2台の中間程度の査定額・・・概ね115~175万程度とが査定交渉の中心となります。

ただVロッドは車両の状態や年式により、中古価格もかなり変動の激しいモデルのため、売却のタイミングや売却先によっては同じモデルでも50万程度開きが生じてくるケースもあります。よって勢いで売却すれば痛い目に遭うかと。

また、あくまで上記の査定額は2007年式あたりの走行距離2~3万キロ程度、エンジン異音なく吹け上がり、外装まずまず・・・といった車両をベースに算出しています。

個体差や当たり外れも大きなハーレーだけに、あくまで参考程度にお考えください。

いずれにせよ、年式によって排気量やタイヤサイズ等、様々な部分がマイナーチェンジしているVロッドだけに、そのあたりの変更部分をしっかりと把握した買取実績の多い店舗を選ぶかどうかがポイントになります。

 

VRSCF/VRSCAW/VRSCDX ハーレーVロッド売却時にチェックされる部分

余談となりますが、他のファミリーとは違いVロッドはポルシェと共同開発で作られた新しいハーレーとなります。

そのため、美しい曲線で描かれた独創的なデザインに惹かれて購入を決断されるユーザーさんが多く中古市場でもとくに外装関係のチェックは厳しくなる傾向があります。

またショートストローク作用の水冷DOHCエンジンということで、日常的にメンテナンスをされていればそう簡単に故障するエンジンではありません。

よって査定時に査定時やメカニックがチェックする主な部分といえば、外装関係や足回り、そして各部の消耗部品の状態となってきます。

少々大袈裟にいわせてもらえば、査定時にエンジンが一発始動できて気になる異音やオイル滲み等がみられない場合、それ以上エンジン関係については執拗に厳しくチェックされることはありません。

一方、小さな転倒や立ちゴケでも簡単に傷や凹みが生じてしまう、特徴的な2本出しマフラーに目立つキズや凹みがあれば確実に大きく減額されます。ここにはご注意ください。

またVロッド全般に言えることですが、車高が低い上にラジエターガードがかなり張り出しています。

そのため、段差や縁石に擦ってしまったり、悪路走行により小石がヒットして傷が生じている車体が目立ちます。

ラジエター本体に大きなダメージがある場合はもちろん、張り出したラジエーターカバーに目立つ傷や割れ欠けが生じている場合、それなりの減額対象となります。かならず査定前にご確認ください。

 

VRSCF/VRSCAW/VRSCDX ハーレーVロッドを高額査定してもらう

ローライダーエンジン

中古市場で流通しているVロッドを見る限り、けっこうな確率でマフラー等の排気系やショックや足回り関係のライトカスタムがなされています。

もちろん査定時にマフラーや足回りといったライトカスタム程度ならば、査定額にそれほど大きく影響しません。ご安心ください。

ただできることなら、購入時の純正部品に戻されてから査定に臨まれることをお勧めします。

なぜなら中古市場でVロッドを検討されるユーザーさんの中には、フルノーマル状態に限って探されている方も結構いるのです。

つまり買取店舗や販売店からすれば、フルノーマル状態に戻せるかどうかが査定額を大きく分ける分岐点で、その部分で査定額も大きく変わってきます。

つまりフレームをカットした車両やフルノーマル状態に復旧が困難な車体の場合、、積極的な査定額が提示できません。ご注意ください。

Vロッド・マッスル

モデル別に具体的な部分を申し上げますと、マッチョテイストなVRSCF、Vロッド・マッスルは倒立フォークや左右2本出しのマフラーが特徴です。

査定時のチェックポイントや注意事項に関しては他のVロッドに準じていますが、テールのコンビネーションランプやミラーステー一体型のターンシグナルLED は交換を要する場合結構な減額となりますのでご注意ください。

ナイトロッド・スペシャル

またVRSCFX、ナイトロッド・スペシャルはソフテイルのナイトトレインのVロッド・バージョンといえるモデルで、エンジンやフレーム、ホイールなどすべてがブラックアウトされています。

とくにつや消しブラック/ブラックのカラーリングに関しては、エンジンはもちろん外装関係にも傷が目立ちやすいモデルになります。査定前には小傷や変色などに十分に注意してください。

またツーリングファミリーとくらべれば、やや車重の軽いVロッド・ファミリーですが、平均的な日本人の体格だと取り回しには厳しい部分もあります。

そのせいか、中古市場でも立ちゴケやUターン時に倒してしまったような傷が目立つ車両がチラホラ見受けられます。

もちろん小傷程度で大きな減額にはなりませんが、乗られていたオーナーさんのライディングスキルや、メンテナンス状態も疑われます。結果、ユーザーさんも購入を躊躇されるケースもあります。お気をつけ下さい。

とくに他のファミリーよりも装飾的な部分の少ないシンプルなVロッドです。そのためマフラーや外装関連の傷がより強調されます。予想以上に減額されることもあるので覚悟しておいた方がいいでしょう。

いづれにせよ、Vロッドの細かいモデルチェンジまで把握したハーレーの知識が豊富な店舗を選んで査定するのがポイントになります。

最初からハーレー専門店だけ・・・と絞り込まずに、かならず複数の大手買取店舗で査定し、具体的な査定額を比較してから決断されることをお勧めします。