KTM 125デューク(DUKE125)売却時の査定額と買取リのポイント

「愛車の125デューク(DUKE125)を少しでも高く売却したい」「DUKE125をはじめ、KTMを高額査定する店舗が知りたい」当ページはそのオーナーさんに向けて書いています。

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は、これまでの「本格派エンデューロ・レーサー」や「モタード・メーカー」というユーザーさんの印象を、良い意味で裏切ったDUKEシリーズの末弟・・・125デューク(DUKE125)売却時の査定額や注意点についてお伝えします。

DUKE125は小柄なボディに17インチタイヤを装備したスポーツモデルとして発売された・・・いわゆるスモールDUKEと呼ばれる車両です。

小さな排気量とお手軽な車両価格ということから、新車はもちろん、中古市場でも非常に動きが早く人気の1台だといえます。

また日本に流通しているDUKE125のタマ数そのものが少ないこともあり、タマ数のわりには探されているオーナーさんが多いのが特徴です。

しっかりとDUKE125の買取に強い店舗を見つけて交渉すれば、予想以上の金額で高値できます。じっくりと比較してから売却してください!

ちなみに他のスモール・デュークについてはこちらで詳しく解説しています。参考にしてみて下さい。

参照:デューク390(390DUKE)売却時の査定額と買取リのポイント250デューク(DUKE250)売却時の査定額と買取リのポイントKTM 200デューク(DUKE200)売却時の査定額と買取リのポイント

また、急いで愛車のDUKE125売却したい方や、手っ取り早くKTMの高額店舗が知りたい方は以下のポイントに注意して売却先選びを始めてみてください。

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

125デューク(DUKE125)売却時の査定額と買取相場

DUKE125

ちなみにDUKE125の乾燥重量は127kg 、搭載するエンジンはモトクロス用の水冷単気筒のエンジンとなります。

フレームはクロモリパイプフレームとアルミ製のスイングアームの組み合わせで、小排気量ながら倒立サスやラジアルマウントキャリパーも装備しています。

正直、わずか15馬力の125cc にとって必要十分…というか完全にオーバースペックともいえる装備がDUKE125の特徴のひとつでもあります。

そういった部分もマニアックなユーザーさんの支持を受けたのか、ハーレーやビュエル、ドカやBMWといった外車オーナーさんのセカンドバイクとして購入するケースが目立ちます。

125デューク(DUKE125)の参考査定額

ちなみにDUKE125の新車車両価格は、約40万円弱~50万程度となります。

なぜ新車価格にこれほど価格差があるかというと、そもそもKTMは街のバイク販売店が正規代理店となって販売されるケースもあれば、独自に並行輸入しているレッドバロンから購入する事も可能なためです。

そのため、DUKE125をはじめKTMの車両の多くは購入先によって価格が違うのは普通のことで、それだけに購入時に迷われる方も多いのです。

では売却時の査定額について。

中古DUKE125の取引相場をみる限り、中古車両の価格帯は25万~45万円あたりが中心となります。

2011年の登場以来、カラーリング変更やフロントディスクの大径化、ABS ブレーキシステムの標準装備と数回にわたるモデルチェンジを繰り返していますので年式による価格差が大きいといえます。

また上記のモデルチェンジにより途中で新車車両価格も大幅に変わりました。結果、中古相場も幅広いのがDUKE125の特徴となります。

上記の中古取引相場から考えて、2011年式のDUKE125で外装エンジン良好、走行距離1~2万キロ程度の場合、約15~18万程度。

一方、2013年式以降の高年式DUKE125で外装まずまず、エンジン良好、走行距離1~2万キロ程度の場合、約25~28万程度の査定額が予想されます。

もちろん上記の査定額はあくまで参考査定額となります。

外装関係の傷や割れ、凹みや紫外線による色褪せ等によって大きく減額されることもあるのでお気をつけください。

また極端に走行距離が少なく、状態の良いガレージ保管された車両の場合、上記の価格を大きく上回る査定額も十分に狙えます。ご安心ください。

 

125デューク(DUKE125)査定時にチェックされる部分

ラジエター

DUKE125に搭載された専用の水冷DOHCシングルエンジンは、普通のユーザーさんレベルの方が乗っている分にはそう簡単に壊れるエンジンではありません。

とはいえ、KTMオーナーさんならご存知かと思いますがこのDUKE125は初期トラブルや故障が頻発したモデルでした。

とくに初期ロットでは、クーラント漏れに始まりジェネレータやブレーキパッド、サーモスタットやO2センサーの不具合、さらにフロントフォークからのオイル漏れといったトラブルが頻発しました。

おそらく本国生産と違い、インド生産によって管理しきれない部分もあったのかと推測できます。

よって低年式のDUKE125に関しては、査定士やメカニックとしてもかなり厳しくチェックしてくるかと思います。見逃して爆弾を抱えたDUKE125を買取ってしまえば自分の首を絞めることになりますからね・・・笑。

そのため、もし上記の低年式なDUKE125売却される方は、購入から現在までの修理出来やパーツ交換歴を念のため査定時に伝えておいた方が査定がスムーズに進むかと思います。

万が一査定時に運悪く上記のような初期ロットにみられるトラブルが発覚した場合、修理やパーツ交換にかかる費用が実費で減額されます。ご注意ください。

 

125デューク(DUKE125)を高額査定してもらう

キャブレター

前述のように、DUKE125売却時の査定において、大きなポイントとなるのは頻発した不具合やトラブルがどこまで解消されているか・・・という部分になります。

たとえ現時点で不具合やトラブルが発生していなくとも、今後トラブルが起こる可能性も十分に考えられます。買取側としては再販売時にトラブルが起これば大きな赤字です。

査定時に変に突っ込まれないためにも、事前にDUKE125を購入された店舗や正規代理店に問い合わせしてみるのも良いかと思います。

また愛車が対象車両の場合、かならず査定前に対策部品に交換しておいて下さい。

アジア生産のKTMは国産とは仕上がりの質が違う!

また外装関係の状態ですが、DUKE125だけの話ではありませんが、インド生産のKTMは往々にして塗装の質が悪く、仕上がりが雑・・・という傾向がみられます。

極端に保管状態の悪いDUKE125の場合、紫外線による塗装面の色褪せや劣化が進んでいるかと思います。気になる方は査定前に一度、専用のケミカルやコンパンドで塗装面を磨き込んでみてください。

また、遊びでもモタード的な走行を楽しまれた方の場合、それなりにタイヤは磨耗しているはずです。

明らかにモタード走行と思われるタイヤの摩耗状態の場合、査定時やメカニックは車両そのものの状態を疑ってかかる場合もあります。

タイヤサイズから考えてもそう高額な料金ではありません。査定時に減額されないためにも、事前に量販店等で新しいタイヤに交換しておくことも良いかと思います。