査定前にチェックしておきたいアクセルワイヤーとクラッチワイヤー

当ページは「売却する会社のワイヤー類の動きが重い」または「アクセルやクラッチに引っかかりがある」そんなオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は査定時に指摘されやすい部分の一つである、クラッチワイヤーやアクセルワイヤーの状態について詳しくお伝えします。

また、ワイヤー関係だけでなく、必ず査定前にはブレーキ、サスペンション、ステアリングやチェーン等の点検も忘れずに行ってください。

それについては以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

参照:査定時にチェックされるチェーンとスプロケットの状態査定前にチェックしておきたいヘッドライトやウインカー、ブレーキランプ査定前にチェックしておきたいステアリング周辺の不具合売却予定のバイクから異音!? リアサスペンションの不具合と査定額

また、当記事を参考に愛車のチェックが終わったら、今度は売却先選びの段階に進みます。

一部の旧車やクラシック車両を除いて、大半のバイクの場合は少しでも早く売却した方が高額査定につながります。

売却先選びに関しては以下のポイントに注意して管理人の実際に利用したお勧めの売却先選びを参考にしてください。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

重いアクセルやクラッチは査定士の印象ダウンに!

クラッチ

ワイヤー類の中でも、雨風や残りの影響を最も受けやすいのがクラッチワイヤーですね。

ある意味、日常的にメンテナンスされている車両かどうかが一目でわかる部分がワイヤー関係の引きだったりします。

言い換えれば、アクセルがスムーズでクラッチの軽い車両はしっかりと手入れが行われている車両・・・と査定士に判断されます。

査定時の印象アップのためにも、しっかりと点検を行い査定前にワイヤー内部への潤滑を行っておきましょう。

クラッチワイヤーの潤滑方法

しっかりとケースに覆われているスロットルワイヤーにくらべ、外部からの影響を大きく減のがクラッチワイヤーです。

外部からの雨風により、水分やほこりの影響を受けたクラッチワイヤーは、磨耗や錆による劣化が激しい部分です。しっかりと定期的にグリスアップを行っておいてください。

車種によっては油圧クラッチを採用している場合もありますが、多くはワイヤー方式です。

サビや磨耗が進行する前に、定期的にワイヤー内部てたっぷりと潤滑剤を流し込んでおきましょう。

クラッチレバーからクラッチワイヤーを取り外し専用の潤滑剤を流し込みしっかりと浸透させた後に、固めのギヤオイルを流し込むことでより効果が続きます

しっかりと潤滑されたクラッチワイヤーは引きが軽くなる非常に操作性もアップします。もちろん査定時のメカニックの印象もアップします。

できれば査定前に合わせて行っておきましょう。

スロットルワイヤーの潤滑方法

クラッチワイヤーほど外部からの影響は受けませんが、半年から1年に一度はしっかりと防錆潤滑を行っておきたいところです。

スロットルワイヤーへの注油は、スロットルハウジングの上部を取り外しクラッチワイヤーと同様に専用の潤滑剤を流し込みます。

このとき、ついでにアクセルホルダー部への潤滑も行ってみてください。

中にはスロットルワイヤーの片方が切れたまま気づかずに走行している車両も見受けられます。 最悪な場合、走行中にいきなりエンジンの回転が下がらなくなってしまい、思わぬ事故に繋がります。

クラッチワイヤーもスロットルワイヤーも分解潤滑時には必ず動作を確認し走行前に安全を確認しておいてください。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする