査定前にチェックしておきたいアクセルワイヤーとクラッチワイヤー

当ページは愛車売却予定の中でも

「売却する会社のワイヤー類の動きが重い」

「アクセルやクラッチに引っかかりがある」

こんなオーナーさんに向けて書いています。

今回は査定時に指摘されやすい部分の一つである、クラッチワイヤーやアクセルワイヤーの状態について詳しくお伝えします。

また、ワイヤー関係だけでなく、必ず査定前にはブレーキ、サスペンション、ステアリングやチェーン等の点検も忘れずに行ってください。

それについては以下のページで詳しく解説していますので参考にしてください。

参照:査定時にチェックされるチェーンとスプロケットの状態査定前にチェックしておきたいヘッドライトやウインカー、ブレーキランプ査定前にチェックしておきたいステアリング周辺の不具合売却予定のバイクから異音!? リアサスペンションの不具合と査定額

また、当記事を参考に愛車のチェックが終わったら、今度は売却先選びの段階に進みます。

一部の旧車やクラシック車両を除いて、大半のバイクの場合は少しでも早く売却した方が高額査定につながります。

売却先選びに関しては以下のポイントに注意して管理人の実際に利用したお勧めの売却先選びを参考にしてください。

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

重いアクセルやクラッチは査定士の印象ダウンに!

クラッチ

ワイヤー類の中でも、雨風や残りの影響を最も受けやすいのがクラッチワイヤーですね。

ある意味、日常的にメンテナンスされている車両かどうかが一目でわかる部分がワイヤー関係の引きだったりします。

言い換えれば、アクセルがスムーズでクラッチの軽い車両はしっかりと手入れが行われている車両・・・と査定士に判断されます。

査定時の印象アップのためにも、しっかりと点検を行い査定前にワイヤー内部への潤滑を行っておきましょう。

クラッチワイヤーの潤滑方法

しっかりとケースに覆われているスロットルワイヤーにくらべ、外部からの影響を大きく減のがクラッチワイヤーです。

外部からの雨風により、水分やほこりの影響を受けたクラッチワイヤーは、磨耗や錆による劣化が激しい部分です。しっかりと定期的にグリスアップを行っておいてください。

車種によっては油圧クラッチを採用している場合もありますが、多くはワイヤー方式です。

サビや磨耗が進行する前に、定期的にワイヤー内部てたっぷりと潤滑剤を流し込んでおきましょう。

クラッチレバーからクラッチワイヤーを取り外し専用の潤滑剤を流し込みしっかりと浸透させた後に、固めのギヤオイルを流し込むことでより効果が続きます

しっかりと潤滑されたクラッチワイヤーは引きが軽くなる非常に操作性もアップします。もちろん査定時のメカニックの印象もアップします。できれば査定前に合わせて行っておきましょう。

スロットルワイヤーの潤滑方法

クラッチワイヤーほど外部からの影響は受けませんが、半年から1年に一度はしっかりと防錆潤滑を行っておきたいところです。

スロットルワイヤーへの注油は、スロットルハウジングの上部を取り外しクラッチワイヤーと同様に専用の潤滑剤を流し込みます。

このとき、ついでにアクセルホルダー部への潤滑も行ってみてください。

中にはスロットルワイヤーの片方が切れたまま気づかずに走行している車両も見受けられます。 最悪な場合、走行中にいきなりエンジンの回転が下がらなくなってしまい、思わぬ事故に繋がります。

クラッチワイヤーもスロットルワイヤーも分解潤滑時には必ず動作を確認し走行前に安全を確認しておいてください。

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

査定基準と減額
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました