デューク390(390DUKE)売却時の査定額と買取リのポイントまとめ

当ページは以下のようなオーナーさんに向けて書いています。

「デューク390(390DUKE)を少しでも高く売却したい」

「KTMの高額買取店舗が知りたい」

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです

今回はもともとオフロード車両の専門メーカーであったオーストリアのこだわりブランド・・・KTMから発売され、日本市場でもヒットしたDUKE390売却時のポイントや査定額についてお伝えします。

この時期、毎年のように立て続けに発売されたスモールDUKEですが、正直125cc クラスの車体に390cc のエンジンを搭載するとは当時は誰もが予想していませんでした。

ま、正確には375ccとなりますが、コンパクトなフレームだけに弟分であるDUKE200+9.5kg程度という約139キロになります。

たしかに新車価格は少々高額ですが、WPのサスペンションやブレンボ系列のバイブレ製のブレーキシステムと充実した装備のために、日本市場でも人気の1台でした。

他のDUKEと同じく日本に流通している球数が少なく、中古市場も安定して高額を維持しています。

しっかりと売却先さえ選べば十分な査定額が期待できる1台になります。

参考までに、他のデューク・シリーズの他の車両は以下のページで解説してます。あわせて御覧ください。

KTM 200デューク(DUKE200)売却時の査定額KTM 125デューク(DUKE125)売却時の査定額

またすぐにDUKE395売却したい方、KTMの買取に強い店舗を比較してみたい・・・という方は以下のポイントに注意して売却先選びを始めてみましょう。

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

デューク390(390DUKE)売却時の査定額と買取相場

duke390

オーナーさんならご存知かと思いますが、デューク390(390DUKE)は125cc 200cc と立て続けに発売されたスモール・デュークシリーズの第3弾モデルとなります。

エンジン関係については、シリーズ共通の水冷4ストローク単気筒はDOHC4バルブですが、DUKEシリーズのコンパクトなフレームに搭載するために完全な新設計エンジンとなっています。

車体に関してはDUKEシリーズ共通のトレリスフレームとアルミダイキャスト製スイングアームの組み合わせで非常に高い剛性バランスが実現しています。

またデューク・シリーズの特徴といえるのが、WP製のサスペンションやブレンボ系列のバイブレ製のラジアルマウントキャリパーですね。

また管理人が最も驚いたことは、これだけの充実装備にも関わらず200DUKEの車両価格にくらべ3~4万円程度しかアップしていないことです。

そもそもKTM を購入される方の多くは、車両価格をあまり気にしない傾向がありますが、同じデューク・シリーズの中でも今回の390DUKEはコスパの高いモデルだと思います。

デューク390(390DUKE)の参考査定額

ちなみに全国のDUKE390の中古車両の平均価格は約50万円。中古車両の主な価格帯は35万~55万となっております。

ジャンル的にこの手のシングルスポーツの場合、オーナーさんの乗り方や乗っていた環境によっても大きく査定額は変わりますが、おおむね20万~35万程度が査定交渉の中心となります。

もちろん上記の査定額は事故歴・転倒歴のない車両、エンジン異音無く、吹け上がりが良好な車両となります。

サーキットやワインディングを本格的に走り込んだ車両や、事故歴、転倒歴のある車両の場合、上記を大幅に下回るケースも普通にあります。

またしっかりとメンテナンスを行い、大切に乗られた車両で室内保管だった場合、新車車両価格に限りなく近いケースもあります。

どちらにせよ、KTM車の買取実績の多い店舗、できればデューク・シリーズの知識が豊富な店舗を選んで査定するのがポイントとなります。

DUKEオーナーさんの多くは、購入された正規代理店やレッドバロンに持ち込むだけの方がいますが、下取りでもない限り大手買取店舗の方が高額なケースもまま見られます。

正規代理店に持ち込む前には、必ずいくつかの買い取り専門店で査定されることをお勧めします。

 

デューク390(390DUKE)査定時にチェックされる部分

ラジエター

DUKE309中の場合、ライトカスタムされている方も目立ちますが、基本的に売却時はフルノーマル状態が好まれます。

ハンドルバーやエルゴシート、ハンドガードやスクリーン、リアキャリア等をカスタムされた方も多いでしょうが、内容によってはノーマル状態より評価が下がります。ご注意ください。

もし購入時の純正部品を保管されている方は、事前に純正部品に戻してフルノーマル状態で査定に臨んだ方が無難に高額になります。

余談となりますが、ヤフオク等のネットオークションでもスモール・デューク関係のカスタムパーツはレアな出品となっています。

タイミングが合えば高額落札されるケースも多いので、カスタムパーツに関してはそちらを利用されることをお勧めします。

また125デューク、200デュークのページでもお伝えしましたが、初期のスモール・デュークには故障やトラブルが頻発しました。

クーラント漏れに始まり、ジェネレータやサーモスタット、O2センサーの不良やフロントフォークからのオイル漏れとボロボロな状態でした。

大部分は改善されたとは思いますが、インド生産ということもあるので査定前には必ず上記の部分を再度ご確認ください。

またスモール・デュークシリーズに共通して言えることですが、本格的なワインディング走行される方の場合、バンク角によってはエンジンガードを簡単に擦ってしまいます。

乗り方によってはエンジンガードのみならず、エンジンのサイドカバーも削って穴が開いてしまうケースも見られます。

もし愛車のサイドカバーが削れている場合、サイドカバーに穴が開いている場合は間違いなく大幅な減額となりますのでご注意ください。

 

デューク390(390DUKE)を高額査定してもらうには

バッテリー

KTM車に共通して言えることですが、ジェネレータや各種のセンサーといった電装系が、明らかに国産よりも弱いです。

にもかかわらず、少しでも電圧が下がるとエンジンの始動性が急激に悪くなるので純正バッテリーの方は査定前に必ず充電もしくは新品に交換をお勧めします。

また125デューク、200デュークと比べても、それなりに排気量の大きなシングルスポーツということで、良く言えば躍動感ですが、悪く言えばそれなりの振動をがあります。

そのため各部のボルト類やリベット類が振動により緩んでいるケースが目立ちます。

緩んでいるだけなら査定時に大きな減額とはなりませんが、ボルト類やリベット類が紛失している場合、減額となる上に、メンテナンス不足だと判断されます。ご注意ください。

またウォーターポンプのシールが破損している車両も少なからず見受けられます。査定前に愛車のシール類の状態をご確認ください。

どちらにせよ、390デュークを高額売却するにはKTMの買取に強い店舗、そしてスモール・デュークの知識の豊富な店舗をしっかりと選ぶことがポイントになります。

また、購入した正規販売店やレッドバロンと決め付けずに、他の大手買取店でも査定を受けて金額を比較することも大切なポイントですね!

売却先さえしっかり選べばリセールバリューの高いモデルです。じっくりと比較して強気で交渉しても大丈夫なはずですよ!