バイク売却の名義変更と住所変更の手順

当ページはこれから愛車を売却される方で、

  • 個人売買でバイクを売却する予定で名義変更の手順を知りたい!
  • 名義変更や住所変更の必要書類を知りたい!

こんなオーナーさんに向けて書いています。

中古バイクの個人売買やネットオークションにおいて、もっともありがちなトラブルが名義変更や住所変更に関するトラブルです。

とくに目立つのが名義変更を怠ったことによる税金や自賠責保険関係のトラブル・・・こういったトラブルで揉めるケースが後を絶ちません。

売却した愛車の重量税や軽自動車税が、いつまでも自分に請求されないためにも、確実に名義変更等の手順や必要書類をしっかりと身につけておいてください。

また名義変更や住所変更のトラブルなど絶対に嫌だ・・・そんなオーナーさんの場合、買取店舗や販売店に売却するという選択肢も視野に入れておきましょう。

車種や状態によっては個人売買やネットオークションよりも高額で買い取ってもらえるケースも普通にあります。
また個人売買やネットオークションを利用するにしても、取引相場や買い取り相場をしておいた方が安心ですよ

今月の買取強化店舗
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道です。独自に買取相場を検証して排気量別のオススメ店舗をランキング順にご紹介!アナタの気になる店舗は果たして何位?

個人売買で多い中バイクの名義変更トラブル

個人と個人の取引ということで、どうしてもトラブルにつながりやすいバイクの個人売買やネットオークション。

なかでも大抵の場合、名義変更や住所変更がきちんとなされていないことが原因だといわれています。

当然ながら購入者がしっかりと名義変更を行わない限り、重量税や軽自動車税は前オーナー様のところに請求されます。

また購入者が万が一事故を起こした場合、自賠責保険そのものはバイク自体に加入しているために運転者が変わっても対象となりますが、面倒くさい手続きが必要となってきます。

名義変更していない購入者が事故を起こした場合、たいていは前オーナーが警察の事情聴取に呼ばれます。

こういった理由からも、バイクを譲り受けた場合は速やかに名義変更が必要だといえます。

 

排気量によって分類される名義変更の手続きと必要書類

捺印

廃車手続きや登録手続きと同じく、名義変更もバイクの排気量によって手順や必要書類が変わってきます。

以下に排気量ごとに必要とされる名義変更の手続きと必要書類をまとめておきます。ぜひ個人売買やネットオークションでの取引の前にご確認ください。

原付の名義変更の手続き

では早速、原付の場合の名義変更についてお伝えします。

そもそも原付の場合、名義変更という考えはありません。簡単に言ってしまえは一度廃車手続きを行い、新たに登録しなおすということになります。

ただし例外として同じ区や市町村という同管轄内の場合、名義変更が可能な場合もあります。この部分はお住まいの区や市町村の役所ご確認してみてください。

名義変更で必要なものは、本人の印鑑、前オーナーさんの印鑑、本人の住民票標識交付書、納付証明書、譲渡証明書、ナンバープレート、自賠責保険証明書になります。

上記の書類を一式揃え、既存のナンバーを発行した区や市町村へ出向き、軽自動車税廃車申告書をもらいナンバープレートと標識交付書納付証明書とともに提出します。

その時廃車申告書に受理印を押してもらい受け取ります。

今度は新ナンバーを登録する区役所市町村の役所へ出向きます。 役所の受付で廃車証明書、譲渡証明書、住民票、自賠責保険証を提出します。

書類に不備がなければ新しいナンバープレートと標識交付書納付証明書もらえます。この時点で名義変更が完了になります。

軽二輪の名義変更の手続き

軽二輪の場合も基本的には原付の名義変更と同様になります。

既存のナンバーと新ナンバーが同管轄内であれば、名義変更は可能です。 管轄が変わる場合は原付と同じく、一度廃車してから中古新規登録になってきます。

軽二輪の名義変更に必要なものは、本人の印鑑、本人の住民票、前所有者の印鑑、軽自動車届出済証、自賠責保険証明書管轄が変わる場合はナンバープレートも必要となります。

原付と違い、名義変更の手続き窓口は地元の陸運支局事務所になります。

仮に同じ管轄内での名義変更の場合、上記の必要書類をすべて揃えて管轄の陸運事務所へ出向きます。

受付窓口で、軽自動車届出済証記入申請書と軽自動車税申告書を購入し、準備しておいた書類と一緒に上記の書類を必要事項を記入した上で提出すると、軽自動車届出済証の名義の欄を書き換えてもらえます。

その軽自動車届出済証の名義と、軽自動車税申告書をナンバー交付所に提出すれば完了です。 同管轄内での名義変更の場合、管轄が違う場合よりも比較的手間や時間を省略できます。

自動二輪の名義変更の手続き

最後に自動二輪の名義変更についてお伝えします。

基本的に受付窓口も軽二輪の名義変更とかりませんが、軽自動車届出済証の代わりに自動車検査証が必要となります。

また原付や軽2輪と違う部分として、前オーナーさんと新オーナーさんの管轄が違う場合でも新オーナーさんの管轄の陸運支局で名義変更を行うことができます。

陸運支局の窓口で名義変更用の自動二輪申請書類を購入し、用意した書類と一緒に提出します。

基本的に管轄が同じ場合、ナンバーに変わりはありませんが、違う管轄からの名義変更の場合は検査標章再交付申請書を受け取り新しいナンバーを発行してもらいます。

排気量別名義変更のために必要な書類

参考までに、各排気量の名義変更のために必要な書類をまとめておきます。

排気量名義変更に必要な書類
原付本人の印鑑、本人の住民票、前所有者の印鑑、標識交付書納付証明書、ナンバープレート、自賠責保険証明書、譲渡証明書
軽二輪本人の印鑑、本人の住民票、前所有者の印鑑、軽自動車届出済証、自賠責保険証明書、ナンバープレート(※管轄が違う場合)
自動二輪本人の印鑑、前所有者の印鑑、自動車検査証、自賠責保険証明書、ナンバープレート(※管轄が違う場合)

まとめ

以上、バイク売却にともなう名義変更と住所変更の手順をまとめてみました。
販売店やバイク買取店舗に手放す場合はすべて手続きは代行してもらえますが、ヤフオクやメルカリ等の個人売買、知人に愛車を譲る場合は最低限の手続きは避けられません。
ぜひ愛車売却の際に名義変更や住所変更の手続きが生じた際は参考にしてください。

【2019年版】250cc~限定 査定額の高い買取店舗ランキング

250cc~大型バイクの中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとにオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
どんな車両でも断らないのが強み!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額な反面、中型~大型バイクの査定なら最高額の可能性、大。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

2位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

3位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェック!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・原付二種の査定に強い買取店舗

原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介します!

1位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

2位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

3位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは…!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェックしておこう

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

バイク売却の手続きと手順
バイクを高く売却!おすすめ買取店舗と査定のコツ
タイトルとURLをコピーしました