中古バイクを個人売買で売却するときのポイント

「大切に乗ってきた愛車を個人売買で売却したい」「ヤフオクや個人売買で注意すべきポイントを知っておきたい」そんなオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

中古バイクを売却するパターンとして、今では中心ともいえるバイク買取専門店への売却や従来方式の中古バイク販売店への持ち込み査定からの売却。

そして個人売買やヤフオク等のインターネットオークションという選択肢があるかと思います。

確かに売却する車種や出品する時期によっては、買取店舗や販売店へ売却するよりも高額になるケースも見られます。 少しでも高く愛車を売却したいオーナーさんにとって、魅力的な選択肢の一つには違いありません。

そこで今回は、そんな個人売買でのバイク売却、ヤフオク等のネットオークションを利用しての売却について詳しくお伝えします。

また、当サイトでは他の個別ページで各売却先について詳しく解説しています。よろしければそちらも参考に売却先選びを進めてください。

参考ページ:バイク王とレッドバロン、査定すべき売却先はどちら?中古バイク販売店で下取りすべきか、バイク買取店で買取してもらうか?

個人売買やネットオークションは事前の相場リサーチがカギを握る

どちらにせよ、まずは愛車の買取相場を知っておくことが肝心です。特に個人売買の場合、愛車の実際の取引相場を知らないことで、安く譲ってしまう可能性も十分に考えられます。

リアルタイムの愛車の買い取り相場を知っておくためにも、まずはいくつかの買取店舗の無料査定を利用して愛車の取引相場をリサーチしておくことをお勧めします。

以下に実際にキャプテン・バイクセルの利用した売却先から、いくつかピックアップして厳しく正直にレビューしています。良かったら売却先選びの参考にしてください。

交渉に自信がない人こそ慎重に選ぼう!

今の時代、高額査定は交渉のテクニックだけでは無理! しっかり店舗を選んで査定額を競い合ってもらう……これが査定額アップの近道!!

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみたので、ぜひアナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

個人売買での愛車売却のメリットとデメリット

ネットオークション

個人売買やネットオークションを利用される方は、少しでも愛車を高く売却できれば・・・と考えてのことだと思います。

確かに購入側にとっても、イニシャルコスト安く抑えることができるというのは個人売買やネットオークションの大きなメリットの一つです。

買取店舗や中古バイク販売店、そして業者オークション手数料といった中間マージンの全てを省くことができます。

売却される方は高く、購入する方は安く入手できるのが個人売買やネットオークションの最大のメリットです。 購入する側から見れば消費税も存在しません。非常にお得なバイク購入方法だと言えます。

ただ一方で、個人売買やネットオークション等での取引にはトラブルも多く、売却が島購入がの間で意識の違う部分もあります。

買取店舗や販売店と違いあくまで個人と個人の取引です。 最悪の場合、クレームや返金、キャンセルといったことは日常茶飯事、中には裁判沙汰に発展するケースも見られます。

もし個人売買を利用される場合、取引前には必ずそういったトラブルを想定して事前に対処できる部分は十分に準備しておきましょう。

車両の中古相場を理解しておく

安くなる

個人売買やヤフオク等のネットオークションにおいて、少しでもリスクを減らしたいのであれば、まずは愛車の中古相場を知っておくことです。

売却されるオーナーさんも、購入するユーザーさんも、車両の取引相場を理解しておくことで冷静に客観的な評価ができます。

特に個人売買の場合は、中古市場での取引相場を知らないまま売却したあげく、相場より安く譲ってしまい後悔してしまう方もいます。

逆に相場より高く購入したと後悔してしまうユーザーさんも見られます。

こういったトラブルは、お互いが事前に車両の中古相場を知っておくことだけで避けることができます。

またヤフオク等のネットオークションにおいても、事前に中古取引相場を知っておくことは肝心です。

ネットオークションでは、そもそも出品価格を自分で設定できます。そのため中古取引相場を知らないと、愛車を思わぬ安値で落札されてしまいかねません。

出品前には必ず愛車の取引相場をリサーチしておいてください。

取引相場を知るために利用したい出張査定

そこで利用すべきは、買取店舗の無料で実施している出張査定になります。

レッドバロン等の大手中古販売店に持ち込み査定を行っても構いませんが、残念ながら実店舗の場合は在庫状況によって査定額も変動します。

仮に、持ち込んだ愛車と同車種で同程度の車両がダブついている場合、店舗によっては積極的に買い取ろうと思わずに思わぬ安値で査定をしてきます。

そういった意味でも、実店舗を持たずに業者オークションやさまざまな流通ルートに売却する買取専門店の出張査定がお勧めです。

そもそも買取専門店舗は、一切無料で、引き取りのトラックを用意して査定に足を運んでくれます。

大手中古バイク販売店の持ち込み査定とは違い、査定士やメカニックがコストをかけて出張に訪れます。

つまり買取に対する本気度が他の選択肢とはまるで違います

実際に査定してみれば思わぬ高額査定というケースも多いことに気がつくかと思います。

そんな場合、同程度の金額で個人売買やネットオークションで売却するのであれば、クレームも皆無で手離れの良い買取店舗に手放す・・・という選択肢の方がはるかに賢明ですね。

個人売買は正直な取引がポイント

買取成立

とはいえ、個人売買やヤフオク等のネットオークションで売却してみたいという方もいるかと思います。

そこで、管理人なりに個人売買やネットオークションでの取引での注意点を以下にまとめてみます。

個人売買やネットオークションでの注意点

  1. 車両の状態をしっかりと把握してすべて正直に申告する
  2. 取引相手が信用できると思っても、取引の詳細を書面として残しておく
  3. 後々のトラブルを避ける意味でも名義変更等の手続きを完了するまでは油断しない

車両の状態を正直に申告する

個人売買やネットオークションでの、最も多いトラブルは車両の状態に関するものです。

個人売買はまだしも、ネットオークションの場合、車両を確認せずに数枚の写真で判断して購入に至ります。

そのため些細な傷や写真には写らない、エンジンの異音や吹け上がりといった部分を誤解されるケースが多いようです。

その結果、実際に車両が手元に届いてから、自分の想像と違っていたとクレームを伝えてくる落札者の方も少なくないようです。

個人売買の場合、本人にしっかりと愛車の良い部分と悪い部分を正直に伝え、日頃のメンテナンス状態も伝えておきましょう。

またネットオークションの場合は落札されるまで購入者がはっきりしていません。取引後の変なクレームを防止するためにも、商品説明や詳細の写真をできるだけ詳しく掲載しておいてください。

取引の詳細を書面として残す

中古バイクの取引だけではありませんが、個人と個人の取引においてよく問題になるのが、「言った言わない」のトラブルです。

車両の状態から支払い方法といった細かい部分まで、後にトラブルの元となりそうな部分はしっかり書面として残しておきましょう。この書面をお互いが保管することで、後のトラブルを防ぐことができます。

手続き完了するまで取引は終わらない

また、個人売買やネットオークションのトラブルで多いものの一つが、名義変更等の手続きがしっかり行われていなかった…というトラブルです。

個人売買やネットオークションで中古バイクを購入される方のすべてが、中古バイクの名義変更のや住所変更の方法知っているわけではありません。

できることなら、売却されるオーナーさんが変更手続きの手順を指示してユーザーさんの負担を軽くしてあげてください。

それにより、購入されたユーザーさんもスムーズに名義変更や住所変更の手続きを完了させることができます。

また、中古バイクの個人売買やネットオークション等で必要となってくる名義変更や廃車手続き、中古新規登録の手続きについては、以下のページも詳しく解説しています。よろしければこちらも参考にしてください。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする