バイクを売りたいがローンが残っている…ローン返済中バイクの売却方法と売却先

わざわざこのページを読んでくれているということは、もしかすると

  • 愛車のローンが残っているが売却したい!
  • ローン返済中のバイクを売却するためにどんな手続きが必要なのか知りたい!

このあたりが詳しく知りたいと、ネットで調べまくっていませんでしたか?

 

愛車をローンで購入したものの、何らかの理由でローン返済中にも関わらず売却してしなければならないケースもありますよね。

また中には、どうしても新しいバイクが欲しいものの、ローン返済中なので仕方なく諦めて悶々としている…という方も多いですね。

そこで今回、ローン返済中のバイクの売却について必要な手続きや具体的な方法を詳しくお伝えしておきます。

 

けっこう前になりますが、ローン中のバイクを売却する保護についてはこちらの記事、愛車がローンの返済中だけど売却したいでも詳しく書いたと思います。

よろしければ合わせてご覧になってみてください。

 

以下で詳しく解説していますが結論からいいますとローン返済中でも条件さえ整えば普通に売却することは可能です。

 

参考までに、以下で売却前に注意してもらいたいポイントとオススメの売却先をまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

ローン返済中のバイクを売る前に確認すべきこと

申込書類

まず大前提として、ローン返済中のバイクということは法的にあなたの所有物ではありません。

当たり前のことですが、他人の所有物を勝手に売却してしまえば立派な犯罪となります。ご注意ください。

そこでまず最初に確認しておいてもらいたいのが、愛車の名義人が誰になっているか…という部分になります。

バイクをローンで購入した場合、大きく分けてあなたが所有者になっているケースと、販売店舗又はローン会社が所有者となっているケースがあります。

もし自分が所有者となっていた場合は、基本的にはローン返済中でも何の手続きもなくそのまま売却が可能となります。売却されても法的に何の問題もありません。

一方、名義人が販売店舗やローン会社の名義という場合はそのまま売却することはできません。

何らかの方法でローンを完済し、販売店舗やローン会社にその趣旨を連絡して所有権を解除してもらう必要があります。

いずれにせよ、まずは車検証や登録書類を確認し、所有者の名義が誰になっているのかをご確認ください。

ローン返済中のバイクを売却し新たなバイクを購入しない場合

バイクを売却するパターンには、新たなバイクを購入するために売却するケースと、何らかの理由でバイクを降りるケースがあるかと思います。

そこでまずは、愛車を売却し新たなバイクを購入しない場合について考えてみます。単純にバイクを処分する場合ですね。

この場合は、登録書類の名義人が自分であれば、どこに売却することも可能です。

仮に売却金額がローンの残債よりも大きい場合は、売却金額でローンの残債を一括返済することもできますね。

もちろん何らかの理由でまとまったお金が必要という場合、売却金額を他の用途にまわすのも構いません。ローンの残債については今まで通りに返済してください。

一方、名義人がバイクの販売店舗やローン会社の場合、まずはローンの残債を一括で返済し所有権の解除をする必要がありますが、基本的には自分が名義人のケースと同様になります。

ローン返済中のバイク王で、新しいバイクを買う場合

ローン返済中のバイクを売却されたい方の多くは、こちらのケースだと思われます。

もちろん名義人が自分の場合は、先ほどのケースと同じく個人売買でも買取店舗でもお好きな売却先に売却することが可能となります。

車種やジャンルによって変わりますが、新しいバイクを購入する店舗に持ち込んで買取を依頼した方が、下取り価格として通常より割り増しで買い取ってもらえるケースが一般的です。まずは購入予定の店舗にご相談ください。

よほどの稀少車やレア車両で無い限り、まずは新しいバイクを購入する店舗に持ち込まれることをお勧めします。

 

ローン返済中のバイクを売却したいが、一括返済は出来ない場合

ローン返済中のバイクを売却する場合、もっとも頭を悩ませるパターンが販売店舗やローン会社名義の上に一括返済もできない・・・というケースになります。

この場合、基本的に他人名義のバイクです。何らかの方法でローンを完済しない限りはどこにも売却することはできません。

とくにヤフオク等のネットオークションや個人売買で売却することは100%不可能となります。

では諦めてローンが完済されるまで乗り続けなければならないのか…というとそんなわけでもありません。

買取店舗や販売店の多くは、フォロークレジットと呼ばれる独自の買取時のローンを用意しています。

わかりやすくいえば、売却時に買取店や販売店で不足分を含めて新たなローンを組み直す方法のことですね。

フォロークレジットを利用した場合、愛車の査定額よりもローンの残債が大きい場合でも問題なくそのまま買い取ってもらえます。もちろん不足分はローンで返済するというカタチになります。

また買取店舗や販売店によっては、とりあえずは売却する車両の名義とは関係ないフレーム以外の部分を査定してもらえる・・・という店舗もあります。

まずは名義とは無関係なフレーム以外の部分を売却し、その売却金額でとりあえずローンを完済するという裏技的な方法もあります。(これは全ての買取店舗や販売店が対応していませんんが・・・)

いずれにしても、買取店舗や販売店の場合、何らかの方法で買取できる状態まで提案してくれます。とりあえずは相談してみると良いかと思います。

 

ローン返済中のバイクはどこに売るべきか?

査定中

当サイトでは何度もお伝えしていますが、バイクの車種やジャンル走行距離や車両の状態によって売却先は変わります。

基本的に愛車をもっとも評価してくれる店舗、または愛車の車種やジャンルに強い売却先を見つけることがポイントになります。

今回お伝えしたローン返済中のバイクにおいてもそれは同じです。

登録書類を確認し、もし名義人が自分の場合はとくに必要な手続きありません。しっかりと比較してもっとも評価してくれる売却先を見つけてください。

一方、名義人が販売店やローン会社の場合でも一括でローンを返済できる余裕のある方は、まずはローンを完済し、所有権を解除してもらってからお好きな売却先を探してください。

他人名義でも売却先しだいでは高額で売却できる!

また名義が販売店やローン会社でさらに一括でローンを完済する余裕がない場合、このケースだけは残念ながら売却先は限定されます。

個人売買やネットオークション等はトラブルの原因となりますのでご遠慮ください。

大手の買取店舗か販売店のようなフォロークレジット等が充実した売却先の中から選んでおくのが無難だと思います。

いずれにせよ愛車を売却される際は、大手の買取店舗や販売店の場合、買取が成立しても不成立でも一切費用はかかりません。必ず複数の店舗で査定を受けておくことをお勧めします。

とくにローン返済中のバイクの場合、売却先によってはオーナーさんの足元を見て安く叩いてくるケースも見られます。

とくにローン中の車両の場合、手続きも複雑になってくるケースもあります。

管理人としては安心して売却できる買取店舗や販売店のようなプロに依頼することをお勧めしておきます。

ローン返済中でも通常通りに売却できます。しっかりと愛車を高額で売却してくださいね!