ファイアーボルトXB12R売却時の査定額と買取リのポイント

「ファイアーボルトXB12R等高額で売却したい」「ビューエル高額買取店舗が知りたい」当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

今回は低いセパレートハンドルとバックステップ、タンデム可能のシングルシートやフレームマウントのハーフカウルが特徴的なファイアーボルトXB12R売却時の査定額や注意点をお伝えします。

ちなみに他のビューエル車両については各個別ページで解説しています。よろしければこちらも参考にしてください。

また、すぐに愛車のファイアーボルトXB12Rを売却したい方、ビューエルの高額買取店が知りたい方は以下の流れで売却先選びをスタートしてみてください。

交渉に自信がないなら相手を慎重に選べ!

高額査定は交渉のテクニックだけではゲットできません! 高くなりやすい店舗を選んで査定額を比較……これが査定額アップの近道です。

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみました。アナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

ファイアーボルトXB12R売却時の査定額と買取相場

ファイヤーボルト

1320mmの超ショートホイールベースに21度のキャスター角というビューエルきってのスポーツファイター…ファイアーボルトXB12Rは為替によって年式によって微妙に変わりますが、新車価格はおおむね約120~130万円となります。

オーナーさんには説明不要かとは思いますが、ファイアーボルトXB12Rはビューエルの中でも、もっともスポーツ寄りなモデルといった位置づけですね。

もちりん他のビューエルとおなじく、マスの集中化、バネ下荷重の軽減、高剛性シャシーといった部分は押さえつつも、ポジションはかなり前傾で幅広くニーグリップしやすいタンクを採用しています。

またファイアーボルトXB12Rの特徴の一つであるコンパクトなフロントマスクは見た目だけでなく、小さいながらも風防効果が大きく高速時の快適さに大きく貢献しています。

そして他のビューエル同様、リムに直付けされた軽量かつ大径なブレーキローターを採用したZTLブレーキはシングルながらダブルディスク以上の制動力を発揮します。

また、ビューエルの中でも珍しく標準でシングルシートが採用。ちなみに脱着可能なカバーを外せばタンデムシートも用意されています。

まあ、この車両でタンデム走行される方はおられないとは思いますが…。

ファイアーボルトXB12Rの査定額

ちなみに全国のファイアーボルトXB12Rの中古車両の平均価格は65~70万円程度、全体としては50万弱~95万程度が主な価格帯となります。

上記の数字から、売却時のファイアーボルトXB12Rの査定額は35~60万程度が査定交渉の中心となってきます。

マニアックなメーカーだけに、残念ながらビューエル車両全般に値落ちが大きく売却されるユーザーにとっては厳しい状況が続いています。

一方、中古車両でビューエルを購入される方は比較的低価格で状態の良い車両が選べます。嬉しい状況が続いているといえますが…。

いずれにせよ、ファイアーボルトXB12Rを少しでも高額売却するならばビューエルの知識の豊富な店舗をしっかりと選び出し、複数店舗で査定することがポイントといえるでしょう。

こちらの記事も参考にどうぞ! バイクを高く売るために事前に知っておくべき5つのポイント

ファイアーボルトXB12R売却時のチェックされる部分

buellbrake

データ上はシート高が775ミリとそう高い方ではありませんが、シートカウルの形状のためか、足着き性はあまり良い方法とは言えませんね。

また他のビューエル同様、ハンドルの切れ角が極端に浅いために、すり抜け時やUターン時に倒してしまう方や停車時に立ちゴケされる方がけっこう目立ちます。

ビューエル全般にいえることですが、張り出したフレーム形状やエキパイの取り回しの関係で単なる立ちゴケでも大きなダメージが予想されます。

とくにファイアーボルトXB12Rの場合、フレームマウントのハーフカウル、それにマウント部のブラケット等も間違いなくダメージを受けますのでご注意ください。

またワインディング走行を前提としたファイアーボルトXB12Rの場合、実際にワインディングやサーキット等で用いられた方も多いかと思われます。

査定時にメカニックや担当スタッフにそう判断された場合は、街乗り走行オンリーの車両よりも大きく減額されることは覚悟しておいてください。

買取店舗の査定士やメカニックは査定のプロです。

タイヤやブレーキパッド、前後の足回りの状態、さらに各部の消耗部品の状態だけでどのような環境で乗ってきた車両なのか一目瞭然です。

査定額が下がることを恐れて虚偽の申告をされる方がいますが、まず間違いなくバレますので正直に申告しておいてください。

また、ライトカスタム程度はされる方が多いかと思いますが、ファイアーボルトXB12Rの場合カスタム内容によっては減額対象となるケースもあるのでご注意ください。

もしカスタム状態で査定を受ける場合、かならず査定時に純正パーツを提出してください。

また新車購入時の純正部品をしっかり保管されている方は、可能な限りフルノーマル状態に戻してから査定に臨んだ方が結果的に高額売価につながると思います。

ビューエルにかぎった話でもありませんが、中古市場では主張のないノーマル車両の方が確実に早期に買い手が見つかるものです。

買取店舗や販売店としても、売却後の故障やトラブルのリスクの少ないノーマル状態の車両を高く評価しますので忘れないでください。

ファイアーボルトXB12Rを高額査定してもらうには

リアサス調整

中古市場のファイアーボルトXB12Rを見る限り、純正のリアサスから微妙なオイル漏れを起こしている車両が多い気がします。

こういったサスのシール劣化によるオイル漏れ・滲み関係は査定時に発覚した場合それなりの減額対象となります。

査定前に必ず前後のサスペンションのオイル漏れを確認し、高い部品じゃないので必要であればシール類を交換しておいてください。

またビューエル全般に言えることですが、電装系のトラブルや不具合が目立ちますね。

とくにサイドスタンド根元のセンサーやイグニッション回りの不具合が多く、査定時には念入りにチェックされる可能性もあります。ご注意ください。

またワインディングやサーキットをメインとしたスポーツファイターという位置づけの車両ですが、やはり外装に傷が多い場合は確実に減額対象となります。

査定前にはしっかりと外装関係をチェックし、必要であれば程度の良い中古部品と交換しておいた方が賢明かもしれません。

またハーレーと同じく純正パーツが国産車の約2倍程度の価格となってきます。

よって査定時にブレーキパッドやディスクローター、各レバー類やペダル類ステップ関係が要交換と判断された場合それなりの減額対象となりますのでお気をつけください。

消耗しやすいビューエルのバッテリーとオイル滲み、ベルトの状態も!

また純正のバッテリーは国産車に比べて非常に劣悪で、消耗が激しく電圧が下がれば始動性も相応で悪化します。

査定時に一発始動できない場合、メカニックや担当スタッフによってはバッテリーの以外の部分を疑われて無駄に減額されるケースもあります。

かならず査定前にバッテリーの状態を確認し、交換せずとも最低限でも充電くらいはしておいてください。

またクランクケース周辺の液体ガスケットに問題があるのか、オイル漏れを起こしているファイアボルトも目立ちます。査定前にクランクケース周辺のオイル滲みもご確認ください。

外見上、磨耗やひび割れといった大きな劣化が見られない場合でも、走行距離によってはベルトの交換時期と判断され、少なからず減額してくる査定士もいます。ご注意ください。

どちらにせよ、ビューエル社の買取実績が乏しい店舗で査定したところで高額売却はぜったいに不可能です。

必ずビューエル社の買取実績の豊富な店舗の中から複数店舗で査定を受けて、その査定額をしっかりと比較してから売却先を決断してくださいね。もちろん以下のポイントにも注意してくださいね!

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする