ライトニングXB12Scg売却時の査定額と買取リのポイント

「愛車のライトニングXB12Scgを高く売却したい」「ビューエル高額買取店舗の情報が欲しい!」当ページはそんなオーナーさんを対象に書いています。

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです

今回はライトニングXB12シリーズの中でも足つき性抜群のローダウン仕様車…ライトニングXB12Scg売却時の査定額や注意点をお伝えします。

ビューエル車両、全ラインナップの中でもダントツで車高の低いモデルのライトニングは低重心かつ足つき性が良いため、女性や小柄なライダーから人気の一台となります。

もちろん中古市場でも、わざわざ程度の良いライトニングXB12Scgを探して購入される方が多いため、ビューエルの中でも中古相場の安定した一台ですね。

ちなみに今回のライトニングのベースなっているライトニングXB12Ssについては以下の記事でも詳しく解説しています。よろしければ参考にしてください。

また、すぐにライトニングは売却したい方、手っ取り早くビューエル社の高額買取店舗を調べたい方は以下の流れで売却先選びをスタートして下さい。

交渉に自信がない人こそ慎重に選ぼう!

今の時代、高額査定は交渉のテクニックだけでは無理! しっかり店舗を選んで査定額を競い合ってもらう……これが査定額アップの近道!!

先月までの買取データを比較して、現時点でもっとも高額になりやすい店舗をランキングしてみたので、ぜひアナタの予想と比べてみてください!
バイク売却 査定必須の4店舗!

ライトニングXB12Scg売却時の査定額と買取相場

xb12scg

すでにホイールベースの短いライトニングXB12Ssを、更にショートホイールベース化したことで発売当時は話題を集めたモデルでした。

通常のライトニングXB12Ssが全長2020ミリに対し、こちらのライトニングXB12Scgは全長1940ミリと大幅にショートホイールベース化が実現しています。

またシート高に関しては、通常のライトニングXB12Ssにくらべ約50ミリも低い726ミリという安心のシート高を装備しています、そのせいか女性のビューエルユーザーに人気を集めました。

とはいえ、サスペンションのショートストローク化によって低いシート高を実現しているので乗り味はかなりスポーティーな一台だと思います。

もちろんビューエル独自のクイックなハンドリングは健在で、コーナリングの楽しさを再確認させてくれるモデルとして中古市場でも思いの外人気の高い一台となります。

ライトニングXB12Scgの参考査定額

査定額

参考までに、2009年式のライトニングXB12Scgの新車車両価格は約123万円程度となります。

一方、全国の中古市場でのライトニングXB12Scgの取引相場は平均価格で約75万円程度、主な価格帯は50万円弱~80万円台が中心となります。

上記の取引相場を考えてみても、売却時の査定額は35~60万円程度が査定交渉の中心となるかと思います。

もちろん上記の数字は参考査定額となります。

走行距離1~2万キロ程度、エンジンも異音無く吹け上がり、フレームや外装の状態が良好といった車体の参考査定額となります。

事故歴や転倒歴のある車両、オイル漏れやエンジンからの異音のある車両の場合は上記の査定額を下回るケースもあれば、走行距離も少なく保管状態の良い車両の場合は大きく上回るケースもあります。

あくまで参考査定額としてお考えください。

いづれにせよ、査定前に下準備をおこないビューエルの買取に強い店舗をみつけることがネックとなってきます。査定前に以下の記事も参考になるかと思います。

参考:バイクを高く売るために事前に知っておくべき5つのポイント

ライトニングXB12Scgの売却時のチェックされる部分

ビュエルエアクリーナーボックスカバー

ライトニングXB12シリーズの特徴の一つでもあるユニプランナー方式と呼ばれるエンジン懸架方式は、鼓動感をそのままに不快な振動を軽減するシステムです

そのため、アイドリング中こそかなり大きな振動ですが、回転数が上がるにつれ徐々に振動は軽減されマイルドな乗り味と変わってきます。

とはいえ、国産車に比べればはるかに大きな振動です。

振動により各部のボルトやナット類が緩み、走行中に紛失していた場合、査定士やメカニックからすれば単なるメンテナンス不良…と判断されます。

必ず査定前にはかならず各部のボルト・ナット類の総点検を行い、必要に応じて増し締めを行ってください。

フレーム・エキパイ・半透明のエアクリーナーボックスカバーのダメージは大きな減額!

またライトニングXB 、ファイヤーボルトともに共通している部分ですが、ハンドルの切れ角が極端に浅いです。

その結果、立ちゴケやUターン時に倒される方、市街地でのすり抜けで倒してしまう方が目立ちます。

オーナーさんならご存知とは思いますが、ガソリンタンクも兼ねた独特な張り出したフレームは立ちゴケや軽い転倒でも大きく凹み、傷がつきます。

また右側に倒した場合は、かなりの確率でエキパイに傷や凹みが生じる上に、脆いステップやペダル類も大抵の場合は折れます。この辺は査定時に大きく減額されるる部分ですのでご注意ください。

とくに低いシート高が売りの今回のライトニングの場合、女性や小柄なライダーが購入されているケースが多いですからね。

ビューエルの中でも立ちゴケや軽い転倒の歴のある車両が目立つような気がします。

あえて査定前にディーラーや修理工場に持ち込む必要はありませんが、査定時にはそれなりの減額が待っていることは覚悟しておいてください。

またライトニングXB12に特有のトランスルーセント(半透明)使用のエアクリーナーボックス・カバーに傷や劣化が目立つ場合も減額されるのでご注意ください。

材質的に劣化しやすく傷つきやすい部分です。査定前にしっかりと洗い流し、ケミカル等で小傷を落としておくとよいかと思います。

ライトニングXB12Scgを高額査定してもらうには

buellbrake

数ある外国製バイクの中でもダントツに個性的なビューエルの場合、基本的にフルノーマル車両が高く評価されます。

例なもれずライトニングXB12Scgの場合も、カスタム内容によっては大きく減額されるのでお気をつけください。

ハーレー、BMW 、ドカティと言った選択肢の中でわざわざビューエルを選ぶマニアックなユーザーさんの大半は程度の良いノーマル車両を探されています。

もし何らかのカスタムをされたライトニングXB12Scgを売却される方は、必ず査定前にノーマル状態に戻すか、査定時に同時に純正部品も提出してください。

純正パーツの割高なビューエルは部品交換となると大きく目減りする!

またビューエル全体にいえることですが、アフターパーツとして純正の部品を購入すると非常に割高です。

とくに取り回しの複雑なエキパイやマフラー関係は交換を要する場合、それなりの大きな減額となりますので覚悟しておいた方がいいですよ。

また車高の低いライトニングXB12Scgの場合、車高の低さが仇となって段差や縁石で腹下のマフラーを擦っている車両も目立ちます。

普段は覗き込まない部分ですので、査定時に発覚し、慌ててしまうオーナーさんもおられます。

状態によっては事前に対処することもできます。かならず査定前にはボルトの増し締めを含め、必ずエンジン下回りやマフラー下部もしっかりと点検しておいてください。

※当ページの内容は執筆時の情報です。最終的な判断は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

フォローする