バイク売却前に各部のボルト・ナット・ネジ類の緩みを確認して増し締めする!

「愛車売却前の点検整備をするなら、まず最初にどこをチェックしておけばいいのか?」
「愛車の査定前に各部をしっかりと増し締めしておきたい!」

当ページはそんなオーナーさんに向けて書いています。

愛車を相場以上で売却できるかどうかは、売却先選びと売却前の下準備にかかっています。

それについては当サイトでも何度もお伝えしていますし、こちらの記事、バイクを高く売るために事前に知っておくべき5つのポイントでも詳しく解説しています。近いうちに売却される方は参考までに目を通しておくといいかと思います。

とはいえ、売却先選びには一生懸命なのに、売却前の愛車の下準備はおろそか…というオーナーさんが多いですね。

そこで今回は、査定前に最低限チェックしておきたい各部のボルトやナット類の増し締めについてお伝えします。

あと売却予定が迫っている方、すぐに手っ取り早くおすすめの売却先を知りたい方。そんな方は以下のポイントに注意しつつ、おすすめの売却先の中から探してみてください。

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

どんなバイクでも必ず緩んでいるボルトはある

工具とボルト

売却される車種やジャンル、排気量によっても変わってきますが、どんなバイクでも大抵の場合はかならず緩んでいるボルトやナットがあります。

普段から日常的に増し締めを実施しているオーナーさん、またはロックタイトやネジロック等の緩み対策をされている方は別として、安全走行のためにも必ず増し締めを実施してください。

まあひと昔前の車両にくらべ、最近の国産車の多くは振動も軽減されネジが緩むケースも減ってきました。でも5000~1万キロと走行すれば必ずどこか緩んでいる部分がありますからね。

ネジやボルトが緩んでいるから大きく減額されることもありません。

でも査定時に発覚すると、変に突っ込んでくるメカニックや出張スタッフもいるかもしれません。というわけで査定前に必ず増し締めを行ってください。

そもそも増し締めとは?

当サイトのユーザーさんなら当然ご存知かと思いますが、念のため増し締めについて簡単に説明しておきます。

そもそも増し締めとは、振動により徐々に緩みが生じる各部のネジ類やナット類ボルト類が、しっかりと締まっているかをチェックする作業です。

中には勘違いされて、緩んでいないボルト類やネジ類をさらに強く締め付ける方もいますが、その必要はまったくありません。

またバイクの構造上、ボルト類やネジ類が緩みやすい部分は決まっています。とくに緩みやすい部分を中心に、できれば走行距離でいえば5000キロ、または期間でいえば6ヶ月毎に点検しておくのが理想的ですね。

ボルトやネジ類が緩みやすい場所と増し締めのポイント

ディスクローター

というわけでとくにボルトやネジ類が緩みやすい部分点いるんだわい致命的な事故やトラブルにつながりやすい部分を以下にご紹介します。

フロントサスペンションの取り付け部

いわゆるローはブラケットと呼ばれるフロントフォークを固定している部分は非常に大きな力がかかる部分です。

普通に走行している限り、そう簡単に緩むボルト類ではありませんが緩んでいる場合大きな事故やトラブルに繋がります。

また、アッパーブラケットとロウワーブラケットの高さがズレていたり、締め付け位置の違いによりフロントフォークが捻じれてしまい直進安定性にも影響を与えます。

フロントフォークの捻じれや歪みがきっかけで、ステアリングコラムまで問題あり…なんて判断されたら大事です。しっかりと査定前にご確認ください。

エキゾーストパイプの取り付け部

基本的に純正マフラーの方はそう簡単に緩むことはありませんが、社外マフラーに交換した場合は比較的緩みやすく、中には緩みが原因で排気漏れまで生じているケースもあります。

そもそもエキパイ取り付け部は排気の圧力が大きくかかる場所ですからね…。

フランジや取り付けボルト周辺に、目立った汚れや変色が目立つ場合、少なからず排気漏れが生じています。

もちろん排気漏れしているから、かならずエキパイの取り付けボルトやナットが緩んでいるワケでもありません。中にはガスケットが劣化・摩耗して徐々に排気が漏れているケースもあります。

また単純にボルトの締め付けが甘い時場合もあります。いずれにせよ一度増し締めを行った上で再度確認してください。

フロントブレーキキャリパー取り付け部

そう簡単に緩むことのないブレーキキャリパー固定ボルトですが、もし緩んでしまった場合、大事故につながることもあります。コマメにメンテナンスをされる方の方が、逆に締め忘れなんかで緩んでいるケースもあります。

走行前に必ずブレーキキャリパー固定ボルトの緩み具合を確認してください。

フロントアクスル

フロントホイールの軸ともいえるフロントアクスルはかなりのトルクで締め付けているため、そう簡単に緩む部分でもありません。

また車種によっては割りピンが使われています。その際は割りピンの状態もチェックすることを忘れないでください。

リアサスペンション取り付けボルト

リアサス

ボルト類の中でも比較的見落とされがちな部分がリアサスユニットの固定ボルトです。

ツインショックの場合、フレーム側とスイングアーム側と両サイドの増し締め、ついでにリアショックユニットのガス漏れやオイル漏れもご確認ください。また、モノショックの場合はリンク部分の固定ボルトも忘れずにご確認ください。

リアアクスル

フロントアクスルにくらべ、チェーン調整等で頻繁に緩める必要のあるリアアクスルは比較的緩みやすい部分かもしれません。

しっかりと増し締めし、フロントアクスル同様、割ピンを使用したモデルの場合は割りピンが紛失していないか…変形していないか…といった状態もチェックしてください。

リアブレーキキャリパー

フロントブレーキ同様、そう簡単に緩む部分ではありませんが、こちらも制動時に強烈な負担のかかる部分です。万が一緩んでいた場合、大事故につながるケースもあります。

また売却前の点検整備をかねて行っている場合、増し締めのついでにブレーキパッドの残量やディスクローターの偏摩耗もチェックし、必要であればパッド交換されることをお勧めします。

以上、見落としがちなボルト類の増し締めのまとめでした。

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

査定基準と減額
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました