バイク高く売るコツ!これだけやれば愛車はプラス評価される!

もしかしたら、

  • 愛車売却時に、最低限これをやっておけば査定額がプラス評価されるバイク売却のコツとは?
  • バイク査定時にここだけは注意しておきたい!という部分が知りたい!

こんな風に愛車の売却前に、少しでも高く査定してもらう方法を知りたくてネットで調べていませんでしたか?

 

こんにちは、管理人のキャプテン・バイクセルです。

せっかく大切に乗ってきた愛車だけに、できれば少しでも高く買い取ってもらいたいですよね。まったく同感です。

ですがその一方で、慌てて売却したりその場の勢いで査定に申し込んだために、予想外に愛車を安く叩かれてしまった…なんて方も多いようです。

バイク買取店のスタッフや販売店のメカニックは査定のプロですからね。

プロと戦うには売却側もしっかり準備しなければ、ぶっちゃけ希望の金額で売却することは厳しいかと思います…(経験済み)

そこで今回…

  1. 愛車売却の査定で絶対に注意してもらいたい売却時のコツやポイント
  2. 査定前にチェックしておきたいこと・準備しておきたいこと

この2点にテーマを絞って、管理人の経験をふまえて詳しくまとめておきます。

あっ、もし急ぎで売却先を探したい…とか、最後まで読み進めていよいよ売却先選びって段階になったら、以下の流れで自分の愛車に合った売却先をみつけてください。

 

最新の売却先情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下で高額になりやすい店舗をガチ比較したので、アナタの予想と比べてみてください!
チェック バイク売却 おすすめ店舗をガチ比較!

これだけはやっておきたい!バイク売るコツとは!?

過去に20台近くの愛車を売却してきた管理人として最初にお伝えしておきます。

「正直な話、査定前の準備段階である程度査定額は決まってくる」と考えています。というか経験上、疑う余地はありません。

やっぱり査定前にどれだけ下準備しておいたか…って部分がめちゃ大事なんですね。

でも裏を返せば、査定前にしっかりと準備さえしておけば、ある程度の高額売却が期待できる…というわけでもあります。

そこで以下に査定前の注意点やチェックポイントをまとめておきます。参考にしてみてください。

バイク高く売るコツ① なるべくフルノーマル状態に近づける

ガレージの工具箱

中にはかなり本格的にカスタムされた車両の方もおられるかと。もちろんカスタム車両でも問題なく査定してもらえます。

またレアケースではありますが、一部の有名ブランドのパーツや希少性の高いパーツの場合、高額査定につながるケースもあります。

ただ中国製のノーブランドのカスタムパーツや、一時期だけ流行したような今では廃れたカスタムパーツの場合、たいていは減額となりますのでご注意ください。

やっぱりバイクってカスタムすると、その部分に負担がかかり故障のリスクは微妙に高まるんですよね。とか購入後にカスタムパーツが壊れたときにスモールパーツとか入手できないことも多いんです…。

なので基本的に中古市場では、故障のリスクの低いフルノーマル状態の車両が評価されます。これは疑いようのない事実です。

とくに外装関連のパーツやマフラー等の排気系パーツはカスタムされる方も多いですが、同じ理由で減額対象となります。とくに見た目が変わってしまうのは査定額に相当ひびきます。

査定前にわざわざ純正パーツを購入してまで交換する必要はありませんが、保管されている方は必ず査定時に車両と同時に提出してください。純正部品の有無で査定額はかなり違ってきますよ。

そのあたりはこちら、カスタムバイクの査定は安くなる?ノーマル状態が高額査定になる理由でも詳しくお伝えしてます。参考にしてみて下さい。

バイク高く売るコツ② 査定前に洗車、各部を磨き上げる

洗車

プロの査定士やメカニックは毎日のように数多くのバイクを査定しています。

数多くのマイクを査定している査定のプロの目には、大切に乗られてきた車両か、ないがしろにされてきた車両かは一目瞭然なわけです。

もちろんプロの査定士とはいえ1人の人間です。

だから大切に扱われてきた車両となれば、出来るだけ高く買い取ってあげたい…と考えるのが普通で、逆に放置されて邪魔者扱いだった車両なら、わざわざ高額査定しないわけです。

もちろん保管状況や事故歴、転倒歴によって車両の状態は大きく変わりますが、査定前にしっかりと洗車して磨き上げておけば、当日、査定士やメカニックの方もかならず気がつきますよ。

 

また査定前に各部を洗車して磨き上げることで、ボルト類やナット類の緩みを見つけたり、消耗部品の摩耗や劣化なんかを発見することにもつながります。

これらは査定時に大きく減額される部分とは言えませんが、査定時に発覚すればメカニックや査定スタッフからすれば減額するための良い口実となってきます。

少しでも査定時の減額ポイントを減らす意味でも、消耗や劣化の激しい部分は思い切って交換しておいた方がいいですね。

ちなみに洗車やワックスアップならこちら、メッキパーツの腐食、浮き、剥がれ、曇りは大幅減額!も合わせてご覧ください。

バイク高く売るコツ③ 修理に高額な費用をかけないこと

先ほど、査定前に各部をチェックして消耗部品を交換する…という部分に触れましたが、この時、交換するのは安価な消耗部品だけにしてください。

中には査定前に減額対象となることを恐れ、凹んでしまった燃料タンクや、割れてしまったカウル類等を交換される方もいます。

でも買取店舗や販売店は独自のルートをもっています。交換が必要なパーツを安価に仕入れることが出来ます。また自社工場や提携工場も完備しているのが普通で、手間や工賃も格安にできちゃうのです。

つまりオーナーさんが自費で修理や交換されたほど査定額が高くなる…ということはまずありません。

結果として修理や交換せずそのまま査定に臨んだ方が高額売却につながります。ご注意ください。

バイク高く売るコツ④ 1日でも早く査定を受ける

バイクカバー

「もしかしたらまた乗るかもしれない…」なんて気持ちから、売却予定の愛車を長期にわたって保管される方もいますが、正直これも安くなるパターン。

そんな方に限って、売却時に思いの外、安く査定されて「もっと早く売却しておけばよかった…」と後悔されます。

一部の希少車やマニアックな車両をのぞき、ほぼ全てのバイクは時間とともに車両の価値が下がり続けます。

明日売却するのと半年後に売却するのでは、査定額が大きく違ってくる可能性もあるわけです。

売却しなきゃ…とダラダラしている間にも愛車の価値は下がります。ましてやニューモデルが発表されてしまえば大幅に査定額の相場は下がりますからね…。

「バイクの中古買取相場は、先延ばしにすれば確実に目減りする」ということを覚えておいてください。(参考ページ:バイクの保管状態によって査定額は大きく変わる

バイク高く売るコツ⑤ バイク売却先の評判や口コミをチェックしておく

売却先選び

もし気になる売却先があれば、積極的にその店舗を利用した体験者のクチコミや評判をチェックするのもいいかと思います。

どの店舗でも公式サイトには「高額査定!」とありますが、実際に査定してみれば数万~数十万円の査定額の違いが出ることなどザラにありますからね。

やっぱり高額査定の店舗とそうでもない店舗ってありますね。

ただネット上の口コミや評判の中にも、信憑性の低い書き込みもあれば、業界関係者が営業目的で書き込んだ口コミや評判もみられます。

すべてを100%信用せず、あまりにも偏った意見については鵜呑みにしない方がいいかもしれませんね。

そもそもバイクの査定額は車種やジャンル車両の状態等で高額買取店舗も変わってきます。

そういった事実を無視して「この業者が最も高額買取店舗」みたいな口コミや評判はどう考えても信用できませんから…。

あと、特定の1社だけをベタぼめしていたり、特定の1社をこき下ろしているような評判は最初から信用しない方がいいかなあと思いますね。

バイク高く売るコツ⑥ 査定時にはマイナス情報を隠さず真実を伝える

これも結構ありがちなパターン。

愛車を安く査定されることを恐れるあまり、修復歴や事故歴、転倒歴などを隠されるオーナーさんも多いようです。

しかし何度もお伝えしますが、査定氏やメカニックは査定のプロです。

査定前にバレないようにパーツ交換したところで、周辺パーツの状態からたいていの場合、修復歴や事故歴は発覚します。

で、もし発覚した場合、他にも申告漏れがあるのでは…と査定社メカニックも不安になり過剰に厳しくチェックし始めます。こうなれば高くなる査定も高くならない…。

いったん信用できないオーナーさんというレッテルを貼られた場合、トータル的に高額査定は望めないでしょうね。

たしかに修復歴や事故歴、転倒歴は大きく減額されそうな気がします。

でもオーナーさんが思っているほど大きな減額にならないケースもけっこう多くて大した減額にならないケースもあります。

バレたときに気まずくならないためにも、修復歴や事故歴、転倒歴はしっかりと報告してください。

 

高く売る最大のコツは愛車の買取相場を知って比較すること!(補足事項とまとめ)

価格推移

ここまで売却時の査定前に注意しておきたい部分をお伝えしました。

これらを実践してもらえば、そう安く買い叩かれることもなく希望の査定額がゲットできるかとは思います。

ただ車種やジャンル、車両の状態によっては思うような査定額まで届かないというケースもあるかと。

そこで最後に高額査定を狙うための最も大切な2つのポイントをお伝えしておきます。

中古取引相場を知っておく

まず愛車の中古取引相場を知っておくことです。

査定士やメカニックは、オーナーさんが中古取引相場を知っているかどうかで査定額を調整してくる方もいます。

もちろん査定士やメカニックとすれば、少しでも安く買い取り自社の利益を残したいいわけです。

そのため取引相場や買い取り相場がわかっていないオーナーさんの場合、とりあえず安値で査定されることが多いのも事実です。

というわけで、査定前に愛車の取引相場や買取査定額の相場をリサーチしてから査定に臨んでください。

複数店舗の査定額を徹底的に比較する

今ではバイク売却の常識ともいわれていますが、中古バイク市場の仕組みから考えても、複数店舗での査定額の比較は必須だとおもいます。

実際、たいていのオーナーさんは複数店舗の査定額を比較します。だから買取店舗や販売店のスタッフは比較されることを前提に査定額を提示してきます。

変な話、いきなり査定額の上限を提示する店舗なんていません。かならず余力を残した査定額を提示してきます。

つまり比較対象となる店舗で査定していない場合、本来の査定額よりかなり低い査定額で査定交渉がまとまってしまうわけです。

その場合、査定交渉に必要な交渉材料がないため、査定士も本部に掛け合う材料がありません…つまり高額に査定しようにもできないわけですね。

もちろん競合店舗と比較されることは重々承知の上、査定氏やメカニックはあなたの愛車を査定します。

だから複数店舗で査定することは全く失礼なことでもありませんし、査定額が競合店舗に敵わない場合、断られることも承知しています。ご安心ください。

ということで、今回のポイントに注意しておけば、それなりの査定額は引き出せるかと思います。ちょっぴり手間もかかりますが、それなりにリターンも期待できます。

しっかりと複数店舗で査定して高額査定を引き出してくださいね!