レッドバロンのバイク保険(任意保険)は高い!? 保険料や相場、補償内容を調査

「レッドバロンのスタッフに勧められた任意保険てどうなの?」
「レッドバロンで加入する任意保険の特徴やデメリットが知りたい!」

レッドバロンの任意保険をご検討中のアナタへ。 レッドバロンで車両を購入すると流れで勧められる任意保険、果たしてお得なのでしょうか? 当ブログが他社任意保険の特徴や料金と比較してレッドバロンの保険がお得なのか徹底調査してみました!
誰にもオススメな保険とはいえない!!
結論からいうと「これまでも今後もレッドバロンでしか購入しない!」というユーザーさんにはオススメですが、少しでも安い通販型を自分で選んで節約したお金を車両やカスタム費用に使いたい方にはちょっと割高なレッドバロンの保険は当ブログ的にはオススメしません。 一度加入するとなかなか切り替えないのが任意保険。流れで契約せず、一度よく考えてから判断してください
今月の買取強化店舗
愛車の排気量に合わせた店舗をチョイスするのが高額査定ゲットへの近道です。独自に買取相場を検証して排気量別のオススメ店舗をランキング順にご紹介!アナタの気になる店舗は果たして何位?

そもそもレッドバロンの任意保険とはどんな保険なの?

当サイトをご覧の方はご存知かと思いますが、念のためお伝えしておきます。

大手中古バイク店レッドバロンで用意している任意保険は、あいおいニッセイ同和損保の保険となります。

簡単に言ってしまえば、レッドバロンはあいおいニッセイ同和損保の代理店というわけです。なので代理店手数料が入ってくる任意保険はレッドバロンの一つの収入減ということですね。

ただ、レッドバロンで加入する場合と個別で相生ニッセイ同和損保に加入する場合ではロードサービスや保険料も違ってきます。レッドバロンを経由して加入すると独自のサービスが利用できるということになっています。

この部分をアピールされて加入される方も多いようです。じゃどんなサービスなのか以下にまとめておきます。

まずレッドバロンでバイクを購入した際、レッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入すれば独自のロードサービスが保障されたゴールド会員となることができます。

ちなみにゴールド会員となった場合、以下のようなサービスが保障されていますので初心者ライダーや頻繁にロングツーリングに出かける方にとっては、頼もしい補償なのは間違いなさそうですね。

レッドバロンで任意保険に加入するメリットとは?

レッドバロン保険

このようにレッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入した場合、ゴールド会員の証であるロードサービスゴールドカードが届き、レッドバロンが独自で提供するロードサービスを存分に活用できます。

これについて一般的な通販型のバイク保険と比較してみましょう。

たとえば一般的な通販型保険会社のの場合、ツーリング中に事故を起こして自走不可となってしまうと、バイクショップが営業時間外であればバイクは自宅まで搬送されます。もちろん翌日にバイクショップに車両搬送した場合、その搬送費用は自己負担となりますね。

ですがレッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入し、ゴールド会員となっていれば24時間365日対応してもらえます。

このあたりは長距離ツーリングを頻繁に出かける人にとって結構嬉しい部分だと思います。

二輪車に特化したスタッフだけに修理の対応が違う!

また、レッドバロンのスタッフが駆けつけてくれるのも嬉しい部分です。二輪車に特化したロードサービスのため、よくあるロードサービスに比べてもかなりの部分まで修理してもらえます。

よくあるロードサービスの場合、ぶっちゃけガス欠程度なら回復できますが、ある程度の故障内容となると必ず近くのバイクショップまでレッカー移動されてしまいます…つまりツーリングが続行不能に。

また普通の保険会社のロードサービスの場合、微妙な違いはあれどもレッカーサービスには距離制限というものがあります。けれどもレッドバロンの場合は距離無制限という太っ腹な設定になってます

どんなに遠距離に出かけて運悪く故障…という場合でも距離制限を越えて自己負担という残念な結果は避けることができそうですね。

これらのメリットを全部活用できる方であれば、決してレッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入する事は高いものではありません。

むしろかなりお得なサービスと言えるかと思いますよ。

 

レッドバロンの任意保険は高いの?保険料や保障内容を比較

査定額

では次に、レッドバロンで加入する任意保険と話題のネット通販型保険会社の任意保険を考えてみます。

まずはじめに保険料だけを比較してみますが、代理店型の保険会社であるあいおいニッセイ同和損保は、通販型保険会社にくらべて明らかに相場は高めです。これは疑う余地もありません。

またあいおいニッセイ同和損保は、代理店型とよばれる国内損保の中でも最大手の一つです。国内損保の中でも保険料はやや高めの設定…と管理人は感じています。

ただこちらの記事、バイク保険(任意保険)おすすめはココ!安さだけで選ぶと失敗する!?でもお伝えしていますがバイク保険は保険料だけで選んではダメです。補償内容や補償額、また自分の条件にとって高いか安いか…という部分で判断しなければいけません。

た先ほどお伝えしたように、レッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入しておくメリットもいろいろとあります。安心感やロードサービスの充実という部分などはお金には換算できません。

なので単純にレッドバロン経由で加入するほうが高い…ということも一概に決めることはできません。

ロードサービス等を活用される方にとっては安く感じるでしょうし、まったく故障もトラブルも無かった…なんて方も場合、高く感じるケースもあるでしょうし。

 

例えば…

  • ツーリング中に予期せぬ故障やトラブル!だけどせっかくのツーリングを断念したくない!
  • ロードサービスを依頼したところ、レッカー車が来たものの搬送先の工場を選べないから不安

みたいな上記の部分が不安な方。

こんな方は迷わずレッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入することをお勧めします。間違いないです。安心感が違います。

ただ事故やトラブルの可能性が低く、ロングツーリングも年に数回。それに故障やトラブルになっても最低限のレッカー手配や補償があればいい…という方には微妙に高いと思います。

レッドバロン経由で任意保険に加入せずとも最低限のロードサービスは受けれる!

ここまでお伝えしたように、レッドバロンは独自のロードサービスを用意しています。確かに24時間365日のロードサービスは非常に魅力的ではありますね。

ただ、よく考えてみると何もレッドバロン経由であいおいニッセイ同和損保に加入せずとも上記のゴールド会員サービスに近いサービスを受けることは十分にできるんですよね。

例えば…

レッドバロンであいおいニッセイ同和損保のオートバイ保険にご加入いただくと、 ゴールド会員の証「ロードサービスゴールドカード」を差し上げます。
バイクの調子が悪くなるタイミングは予想し難いもので、夜間、突然おとずれることもあります。
そんな時、このゴールドカードがあれば、自宅や夜間のトラブルもカバーでき、レッドバロンの営業時間外でも安心です。
これ一枚であなたのバイクライフの不安と負担を最小限に。安心を最大限に。

出典:レッドバロンのロードサービス http://www.redbaron.co.jp/service/road.html

というのがゴールド会員与えられた独自のロードサービスです。ただ、わざわざ任意保険に加入せずとも

  • 24時間365日2着ツーリングタイム(10時~20時に限る)
  • バッテリー交換等の費用は有償

という部分だけ注意すれば、ほぼ同じようなサービスが受けれますのでご安心ください。もちろん通常のレッドバロン会員ににくらべゴールド会員の方がロードサービスの内容が遥かに充実しています。

ただツーリングタイムの時間内であれば、近くのレッドバロンのスタッフが搬送に足を運んでくれて最寄のレッドバロンに搬送してくれます。その部分に価値を感じている方は別にゴールド会員にならなくてもいいのでは…とも思います。

 

そもそもロードサービス全体が任意保険の付帯サービスのように説明していますが、よくよく考えてみればレッドバロンで購入した方が全ての方に保証されている購入に付帯するサービス内容なんです。

というわけで年間の保険料を比較して、レッドバロンで加入するのも良いですが、「思いのほかレッドバロンが高かった…」という場合は、通販型のお得な保険会社を検討するるのも一つの選択肢かと思いますよ。

 

レッドバロンの任意保険はおすすめなのか!? 管理人の感想と補足説明

タイヤ

多少の保険料の差額ならば、補償内容やロードサービスの充実度を重視したい!

という方だったらレッドバロン経由のあいおいニッセイ同和損保も良い選択肢だといえます。

ただ最近では保険料の安さがウリの通販型保険会社でも、正直レッドバロンに迫るロードサービスを用意しているところも増えてきました。

まあたしかに初心者の方や長距離ツーリングの頻度がものすごく高いという方は全部をパッケージとして補償してくれるレッドバロンの任意保険は魅力的です。ある意味最強って思います。

でも次に購入するバイクがレッドバロンで購入するとは限りませんからね。その場合、レッドバロンの任意保険には加入できません。

また、これだけの保険料の価格差を埋めるだけのロードサービスなのかどうか…というのも微妙な部分がある気もします。

今ではネット通販型をはじめ、バイクの任意保険も生争いが激しく、年々、保険料の低価格競争やロードサービスの充実化が進んでいます。

もちろん決めるのはあなた次第です。しっかりと他の保険会社を比較した上で、長期的な視点でレッドバロンの任意保険を検討されることをお勧めします。

【2019年版】250cc~限定 査定額の高い買取店舗ランキング

250cc~大型バイクの中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとにオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
どんな車両でも断らないのが強み!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額な反面、中型~大型バイクの査定なら最高額の可能性、大。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

2位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

3位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェック!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・原付二種の査定に強い買取店舗

原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介します!

1位 バイクワン


▶▶バイクワン公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったぞ!

▶▶バイクワン公式サイト

2位 バイクランド


▶▶バイクランド公式サイト

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗ですよ!

▶▶バイクランド公式サイト

3位 バイク王

▶▶バイク王の特設ページ

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは…!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大!

▶▶バイク王の特設ページ

4位 バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をチェックしておこう

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

バイク保険と免許
バイクを高く売却!おすすめ買取店舗と査定のコツ
タイトルとURLをコピーしました