当日・即日加入したい!バイクの任意保険にすぐ加入するための保険会社選び!

「バイク保険を決められず、ついに納車日に…」

できれば最短で加入できるバイク保険をお探しの方へ。 保管場所の確保やヘルメットやグローブ、カバーやカギ・ロック類などの準備におわれ、意外と忘れがちなバイク保険。
すぐ入れるの? 大体いくらかかるの? お得な料金の保険会社はどこ? 当ブログが当日・即日加入できる保険会社を中心に集めて比較してみました!
当日・即日加入できる保険は割高に!
基本、クレカ決済の通販型バイク保険の方が料金的にリーズナブルですが当日加入は厳しく数日は待たされます。もしアナタが数日間も待てない場合は代理店型のバイク保険、待てる人はお得な通販型バイク保険を選ぶのが無難です。
【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

当日・即日加入できるバイクの任意保険は?

では納車当日にいきなり加入できる任意保険…つまり即日当日開始できるバイクの任意保険はどこで加入できるのでしょうか?

結果からお伝えします。

代理店型保険会社とよばれる、保険代理店を仲介して加入するタイプの任意保険なら当日即日加入が可能です。

契約を結んで支払い完了のタイミングから補償が適応されます。

一方、テレビコマーシャル等でよく目にする通販型保険・ダイレクト型保険については残念ながら当日即日加入はできません。その点はご注意ください。

あれこれ説明するよりも、通販型と代理店型の特徴を知っておいた方がいいかと思います。

以下に通販型保険と代理店型保険を比較し、申込期限や保険開始日についてまとめておくので比べてみてください。

通販型・ダイレクト型保険会社は早くて翌日以降

チューリッヒとか○○ダイレクト…みたいなネット通販型とよばれる保険料のお得な任意保険の場合、どこでも当日・即日加入は基本的に不可となります。

これには入り理由がいくつかあるようですが、そもそも通販型やダイレクト型はネットもしくは電話での加入が基本です。対面販売はしませんね。

つまり当日加入が出来てしまうと、悪意のある加入者の場合、事故直後にネットや電話で加入、そして保険金を請求する…なんてこともできちゃうわけです。

なのでこういった詐欺行為を防止するためにも当日加入はできないようになっています。

また支払い方法は銀行振込やクレジット決済が中心です。

よって提携銀行や提携クレジット会社を仲介するために決済手続きに時間がかかります。なので最短で補償が適用できる場合でも、早くて翌日以降ということになります。

以下に大手バイクの任意保険のチューリッヒ保険や三井ダイレクトの申込み期限や保険開始日を掲載しておきますので参考にどうぞ。

出典:チューリッヒ保険

出典:チューリッヒ保険

三井ダイレクト

出典:三井ダイレクト

 

こんな感じで、コンビニ払いや銀行振り込みによる支払方法となれば、保険開始日の前前日あたりまでに申し込みを済ませ、前日までに払込を完了しなければ希望の日から保険を開始できません。

つまり遅くとも納車の3日前には、加入する保険会社を決めなきゃなりませんね。

保険会社により支払期限日や保険の申し込み期限日、また保険開始日等に微妙な違いがあります。また通販型保険会社の中にはコンビニ決済となれば保険開始日の14日ほど前に申込みが必要なケースもあります。

保険料の安さだけで選んだら間に合わなかった…ではシャレになりません。申込み前にはかならず加入予定の保険会社の公式ページをご注意ください。

 

代理店型保険会社なら当日加入ができる

捺印

一方、保険料の面では通販型に大きく水をあけられている従来型の代理店型保険会社ですが、当日・即日加入という面ではこちらに軍配が上がります。

まず代理店型の保険会社ならどこでも当日加入が可能です。もちろん申し込んだその日から補償も適用されます。なので「どうしても今日中に加入せねば!」という方は代理店型からお選びください。

そもそも保険代理店というの大手保険会社から契約を締結するための決定権が与えられているのです。

つまり代理店とオーナーさんの間でしっかりと契約書類が取り交わされ、加入に問題ないと判断され保険料の受領が完了すれば、そのタイミングから保険は開始となります。

年間の保険料を比較した場合、どうしても通販型やダイレクト型より高めの設定とはなりますが、無保険状態で運転するリスクを考えたら正直たいした差額でもありません。

多少の出費とはなりますが、代理店型保険会社の中からもっともお得な保険を絞り込むのが賢明ですね。

 

とりあえず代理店型に加入して後から通販型という作戦は…

と、ここまでの説明を聞いて…

「とりあえず今日のところは代理店型で加入し、後日じっくりと安くてお得な通販型を選んで切り替えればいいのでは…」と考える方もいるでしょう。

たしかに鋭い!もっともお得な方法な気もします。

たしかにもっともお得な方法な気もしますが、少々注意が必要かもしれません。

バイクの任意保険を満期前に切り替えると、

  • ノンフリート等級のアップが遅れるケースがある
  • 追加の保険料が発生するケースもある
  • 保障内容やサービス内容も変わってくるため、大幅な変更が伴う

つまり満期前に保険会社を切り替える事は、予想以上に数多くのデメリットが生じます。

というわけで、残念ながら最初の1年間は諦めてください。とりあえず代理店型保険会社で我慢して、1年後のタイミングで最も安い通販型の保険会社に切り替えのがいいと思います。

まあ、もちろん納車前にしっかりと保険会社を比較し、時間に余裕を持って入りたい保険会社に加入するのが1番なんですけれどね。

 

当日・即日・今日中に任意保険に加入!まとめと補足

バイク保険(任意保険)には任意保険と自賠責保険があります。もちろん同じ保険とという名前ですが、補償内容や手厚さについてはまったく別物です。

ただこの辺りを理解せず、とりあえず自賠責保険も保険でしょ…という感じで任意保険そのものに加入しない方も多いのも事実です。

また、中にはバイク購入時の諸費用に自賠責保険が含まれているため、すでに保険に加入している…と大きな勘違いをされている方も少なからずいるようです。

ですが自賠責保険はあくまで被害者救済のための最低限の保障額です。

具体的には死亡事故でも最大3000万円しか保証できません。ハッキリいって大きな事故じゃなくてもちょっとした事故でもまったく補償額は足りません。

なので大型バイクはもちろんのこと、原付バイクでも必ず任意保険に加入すべき…というのも今さら議論する必要もないですね。

 

なのでもし

「慌てて代理店型保険会社に決めなくても、数日間の間にじっくり選んでお得な保険会社にしよう…」

という方はとりあえず運転は避けてください。往々にして大きな事故というのはそんなタイミングで起こるものです。
多少の保険料の差額が気になって、無保険状態で事故を起こせば後悔するにも後悔しきれませんよね…。

どうしても保険料を安く抑えて通販型の保険会社に加入したい…なんて方の場合、購入店舗に相談し、2~3日程度車両保管してもらってください。理由をいえば断る店舗なんでないはずです。
で、はれて任意保険が開始されたタイミングでもう一度納車…というのがちょっぴり面倒ですがもっとも賢い選択だと思いますよ!

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗…」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは…!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

保険・免許・防犯
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました