原付バイクの任意保険選び!保険料や保障内容の徹底比較まとめ

原付きバイク

高校生から年配の方まで幅広い年齢層に乗られている原付バイク(原チャリ)ですが、その手軽さゆえに「原付バイクに任意保険なんて必要?」なんて方も多いようです。

また、中には任意保険どころか自賠責保険の有効期限さえ切れているのに気づかない方もいるとか。いったいどんな神経をしているのでしょうか…。

 

スピード域は低いとはいえ、逆に中型や大型バイクよりも事故に遭いやすい面もありますからね。かならず任意保険は加入しておいた方がいいと思います。というわけで今回、原付、スクーターなど小排気量のバイクにおすすめの任意保険選びについてまとめています。

【最新版】今月の高額買取店
高額査定への近道は「排気量に合わせた店舗選び」。おすすめ買取店舗をランキング形式で紹介中!

原付きバイクが加入すべき任意保険の相場や補償内容を解説

原付きバイク

こんにちは、管理人です

まあ、たしかに国が定めた強制保険である自賠責保険にさえ加入していれば、法律上は何も問題ありません。

ただ実際に自賠責保険の補償内容や補償額では自分の体やバイクについては何も保障されません。本当に万が一の事故でしっかりと対応できるのでしょうか?

もちろん死亡事故や大きな事故となれば、億単位の補償が必要になってきます。その場合、自賠責保険の補償額じゃハッキリいって全く足りませんからね。

万が一の事故の時に被害者だけでなく、自分や自分の家族を守るためにぜひ検討しておきましょうね。

というわけで今回は、原付きバイクの任意保険の種類や保険料の相場についてまとめておきます。

原付でも任意保険ってやっぱり必要なの?…必要です!

この部分には諸説あるかと思いますが、結果からいうと絶対に加入しといた方がいいです。これは間違いありません。

原付だって免許が必要な乗り物ですし、トラックや乗用車と同じ車道を走行するわけです。

だから交通事故を起こす可能性や危険度だって車や大型バイクなんかと全く変わりませんし、むしろ事故の確立は大きなバイクよりも高かったしもします。

最近じゃ「自転車だって任意保険が必須!」なんて言われるご時世です。原付バイクに任意保険が必要か不要かって話はそれこそ不要な議論だと思いますよ。

 

 

原付バイクの保険の3タイプ

さて、原付きバイクの保険には大きく3つの保険があるので簡単にお伝えしておきます。

大きく分けて

  1. 国が定めた強制保険である自賠責保険
  2. 自賠責保険では不足している補償を補う物として任意保険
  3. 任意保険の代わりに割安で加入できるファミリーバイク特約

という3タイプがあります。以下に駆け足で各保険の内容をご紹介しておきますね。

詳しく知りたい方はこちら、バイク保険(任意保険)おすすめはココ!安さだけで選ぶと失敗する!?でも詳しく解説していますのでそちらを参考にしてみて下さい。

原付バイクの自賠責保険は何の補償なの?

では原付バイクの加入する自賠責保険の保障内容や補償額について。

任意保険やファミリーバイク特約と違い、この自賠責保険だけは所有者に加入が義務づけられている国が定めた強制保険です。

死亡時3000万円、後遺障害最高4000万円、怪我による生涯最高120万円というのが主な自賠責保険の保障内容と保障額となります。

そもそも目的が「事故の相手である被害者を補償するための最低限の保険」。つまり、運転者の怪我や物への補償は一切なく相手方の怪我についてだけ保証します。

仮に未加入で運転している場合、または契約期間が満了したにもかかわらず保険が切れた状態で運転している場合…50万以下の罰金もしくは1年以下の懲役もしくは違反点数6点「免許停止処分」が課せられますのでご注意ください。

任意保険やファミリーバイク特約と違い、自賠責保険は日本国内の損害保険会社であればどこでも取り扱いがあります。また保険料金は全て一律なのでどこで加入しても全く損することはありません。

原付バイクの自賠責保険料

加入年数自賠責保険料
1年7,280円
2年9,870円
3年1万2,410円
4年1万4,890円
5年1万7,330円

 

という感じで長期契約するほど割安になります。

まあ、ずっと乗り続ける方は思い切って長期間の契約をされても良いかもしれませんが、もし加入中に売却する場合、基本的に返金はごく僅かですのでご注意ください。

原付きバイクの場合、残存期間が1カ月で220円、2カ月でもたったの440円です。ほとんどが戻ってこない…と覚えておいてください。

原付バイクの任意保険はどんな補償なの?

さて今度は、今回のテーマである原付バイクの任意保険について説明しておきます。

そもそも任意保険とは、自賠責保険に加入した上で、万が一の事故の際に不足してしまう補償を補うものとして各自で加入するためのもの。

自賠責保険と違い、補償内容や補償額、各種のプランは保険会社や損保によってバラバラです。なので自分にあった補償内容やプランを選んで加入する必要があるわけです。

また自賠責保険と違い対人補償のみでなく、対物や自身の怪我、バイクの修理といったさまざまな補償が用意されています。

自動車保険と同じくノンフリート等級という制度が適用され、契約期間中、無事故運転を続けることで翌年にはノンフリート等級が1段階上がり、それに応じて保険料は割引されます。

つまり無事故期間が長ければ長いほど、保険料はどんどん安くなるのです。

ちなみに新規加入の場合はノンフリート6等級からスタートし、毎年無事故で過ごすことで等級が上がり最高20等級まで用意されています。反対に、契約期間内に事故を起こした場合、翌年から等級がダウンし保険料もアップしますのでお気をつけください。

原付バイクのファミリーバイク特約とはどんなもの?

本人、または家族内の誰かが自動車に乗っていて何らかの任意保険に加入している…そんな方におすすめなのがファミリーバイク特約です。

原付バイクや原付二種といった125cc以下のバイクと限定されてはいるものの、今払っている自動車保険料に数千円~1~2万円程度の上乗せで任意保険に迫る補償内容をしっかり受けることができます。

ファミリーバイク特約の特徴や相場注意点については個別ページでも解説してますが、以下にざっくりとまとめておきますので参考にしてみてください。

  1. 原付や原付二種で事故を起こした場合、主たる自動車保険と同じ補償が適用される
  2. 自動車保険に年齢制限があったとしてもファミリーバイク特約には年齢条件は無い。同じ家族内の原付バイクを乗る方が全てが補償される
  3. 適用されるバイクの台数に制限も無い。そのため複数台所有している方でもすべてに対して補償が受けられる
  4. 他人のバイクを借りて事故を起こした場合でも補償してもらえる
  5. あくまで特約のため、ファミリーバイクによる事故を起こしても、主たる自動車保険の等級に影響はなく翌年から等級が下がることもない

といった感じになります。ただファミリーバイク特約が最強というわけでは決してありません。

単独で任意保険に加入するよりもファミリーバイク特約の方が絶対に安いのか?というとそんなこともありませんので、ご注意ください。

事故を起こしても等級に影響しないということは、裏を返せばどんなに等級が上がっても割引が期待できないということです。

そのため、最初の数年間は任意保険に比べ割安なファミリーバイク特約ですが、3~4年程度継続する場合は任意保険の方が等級アップにより保険料が安くなってくるケースが大半となります。(年齢条件による)

つまり、ずっと乗り続ける方にとってはファミリーバイク特約は正直、それほどお勧めできる保険とはいえません。あくまで2~3年間を目処にとりあえず安く…という方にお勧めですね。

年齢や等級なので大きく差がつく原付バイクの保険料

これは原付バイクに限った話でもありませんが、任意保険は年齢や等級、その他の条件で大きく保険料に差がつきます。

なので安いと評判の保険会社で加入したから必ず安くなる…というものでもありません。仮に同じ車種や同じ保険会社で加入しても、加入者の条件次第で天と地ほど保険料に差がつくものです。

例えばバイク運転歴20年以上の40代のベテランライダーさんと、先月免許を取得した16歳の若者では年齢条件はもちろんのこと、事故を起こす確率は全く違うはずです。

そもそも「保険料=事故を起こす確率」というのが保険の仕組みです。

保険会社としては、保険金を支払う確率の高そうな人間からは多くの保険料を徴収しなければなりませんからね。そのシステムを目に見えるカタチで表したものがノンフリート等級なのです。

新規加入の場合6等級からスタートしますが、1年間の契約期間内に無事故で過ごすことがきれば、翌年から1等級上がって7等級となります。反対に契約期間内に事故を起こし保障を使った場合翌年の等級は3等級下がり大幅に保険料はアップします。

このように、年齢や等級といった条件が人それぞれ異なる任意保険ではあまり他人の保険料は当てになりません。

最近ではリスク細分型と呼ばれる加入者の年齢や性別、運転歴、使用目的、使用状況、車種安全装置の有無、地域、所有台数といった一人一人のリスク要因を判定して保険料を決めるのが主流です。

つまり自分の条件で補償内容を明確化することで、はじめて最も自分に合った保険会社が見つかるのです。

 

自分にぴったりの任意保険を見つけよう!原付任意保険の比較

原付バイクを乗るにあたって任意保険に加入する…。

その場合、最初にとるべきアクションは自分にとって必要な補償内容を選び出し必要な補償額を決めること。

例えば対物補償額が無制限なのか3000万円かによって大きく保険料も変わります。

また人身傷害保険や搭乗者損害保険を付帯させるかどうかでも保険料は上下します。

もちろん運転者を本人に限定するかどうかでも保険料が途端に安くなったりもします。

というわけで、これらの補償内容や補償額、必要な特約等を選び抜いた上で次の段階…保険会社選びに進んでください。

気になる保険会社や損保がある場合、まずはそちらで見積もりを取ってみるのも良いでしょう。

また少しでも安い保険会社を探したいならば、今ではネットから簡単に申し込みができる一括見積もり査定1サービスもあります。こんなものを利用しても良いかと思います。

また、本に又は家族内の誰かが自動車の任意保険に加入している場合、上記の任意保険の保険料とファミリーバイク特約で加入した場合の保険料の違いを比較してみても良いでしょう。

いずれにせよ、加入する目的は、万が一の事故で相手や自分を守ること。保険料の安さだけを追求して必要な保障が不足していては本末転倒です。

これらをクリアした上でもっとも安くてお得な任意保険を選ぶことがポイントになるかと思います。※バイクの任意保険選びはこちら、バイク保険(任意保険)おすすめはココ!安さだけで選ぶと失敗する!?でも詳しく解説しています。ご参考に!

【2019年版】250cc~大型限定 査定額の高い店舗ランキング

それではお待ちかね。 250cc~大型バイクの中古相場や業者オークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに、査定が高くなりやすいオススメ店舗をランキング形式でご紹介します!

1位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
4.5
 原付は安いが250cc以上なら期待・大!
バイク買取シェア80%を超える買取実績のバイク王。編集部の経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいため、高額が期待できない車両こそバイク王の得意ジャンル。 反面、利益率の低い原付やスクーターは安めに査定される傾向もあるので要注意です。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても効果絶大だブー!

▶▶バイク王の特設ページ

2位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
思い切った査定額でバイク王に迫る!
先日、バイク王で愛車を査定してくれた査定員さん曰く、「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」といわしめたバイク買取業界のダークホースこそバイクワン。車両によっては交渉なしでバイク王+数万円という金額も普通にあります。
知名度なんか気にしちゃダメ!むしろ原付・原付二種~250ccなんかはバイクワンの方がずっと高かったブー!

▶▶バイクワン公式サイト

3位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
エリア次第では持込んで査定額アップも!?
業界シェア第2位のバイクランドは買取ジャンルも幅広く対応するのが強み。ベースの査定額はバイク王より低いことも多いが、各種キャンペーンが充実しているので、車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもある。持ち込み査定だと査定額アップという独自のキャンペーンもあり!
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗だブー!

▶▶バイクランド公式サイト

4位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
公式ページで高額売却のコツをチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。バイク売却について詳しくまとめられた公式ページは必見!
出張スタッフによって差が出やすいバイクボーイは交渉に自信のある人にはオススメ!以下のページで詳細をみるんだブー!

▶▶バイクボーイの詳細

※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

【2019年版】原付・スクーター・原付二種に強い店舗ランキング

原付・原付二種オーナーの皆さま、大変お待たせしました。原付・原付二種の中古相場やオークション相場、さらに当ブログに届いたオーナーさんのクチコミ情報をもとに査定が高かった店舗をおすすめ順にご紹介いたします!

1位:バイクワン

買取に強い車種エリア総合評価
250cc~400cc(旧社ふくむ)日本全国
4.5
バイク王が恐れるダークホース!
バイク王の出張査定員さん曰く「競合他社の中でもっとも恐ろしい店舗...」と内緒で教えてくれたのがこちら、バイクワン。中型以上ではバイク王の独壇場だが、原付きや原付二種なら十分にバイクワンにも勝算あり!
知名度なんか気にしちゃダメ!原付・原付二種~250ccはバイクワンの査定額ヤバいんだブー!

▶▶バイクワン公式サイト

2位:バイクランド

買取に強い車種エリア総合評価
原付~大型日本全国
4
キャンペーンを上手く活用できるかがカギ
業界シェア第2位のバイクランド(旧ゲオバイク)の特徴は豊富なキャンペーン。車種やタイミング次第では思わぬボーナス査定額になることもあるため、バイクワンと並び原付きなら査定を受けておきたい1社。
じっくり公式サイトをチェックしてキャンペーンを使いこなすタイプには魅力的な店舗なんだブー!

▶▶バイクランド公式サイト

3位:バイクボーイ

買取に強い車種エリア総合評価
旧社、外車全般日本全国
3.5
買取強化車種だけはチェック!
他社にくらべ規模がやや小さいためか、車両によって査定額のバラつきが大きいのが特徴のバイクボーイ。運営元はナガツマという安心できる中古バイク店で、実店舗もあるのでご安心を。公式ページにあるとおり最近では旧車買取やハーレー買取に注力しているのもポイントです。
出張スタッフによって差が出やすいから当たりの査定員さんなら高額だブー

▶▶バイクボーイの詳細

3位:バイク王

買取に強い車種エリア総合評価
250cc以上全般(原付は微妙)日本全国
3.5
中型~大型は強いが原付きは...!
バイク買取シェア80%を超えるダントツの買取実績のバイク王。経験上、マイナー車種・不人気車でも適正な査定額になりやすいのがウリだが、最近では原付き・スクーター等はかなり厳しい査定額が多いのも事実。高額狙いより他社で査定がつかない時に最終手段としての利用価値はあり。
バイク王が提示した査定額は他店舗と交渉するときの交渉材料としても有効だブー!

▶▶バイク王の特設ページ


※店舗の規模や知名度、露出度に関係なく、ユーザーさんが実際に査定した査定額のデータをもとに選定しています(大前提として査定スタッフの対応の悪い店舗、マナーの悪かった店舗は省かせて頂いています)

保険・免許・防犯
バイクを売るなら高く!! 店舗選びと査定の罠
タイトルとURLをコピーしました