【バイクの個人売買】売却金額・手続き・ありがちなトラブルと予防策まとめ

訳あって大切に乗ってきた愛車を売却することになった!

そこで多くのオーナーさんが悩む部分といえば、バイクの売却先……せっかくなら少しでも高く売却できたら誰だって嬉しいですよね?

 

そこで

  • ヤフオクのような個人売買でバイクを売却すればショップや買取店舗より高く売却できるのでは?
  • 知人、友人に譲る予定だが、トラブルの頻発する個人売買……どこに注意すればいいの?

このように考えて、個人売買で愛車を売却しようと、個人売買のメリット・デメリットや注意点の情報を集めていませんでしたか?

 

このページでは、そんなヤフオクやメルカリでの売却、身の回りの人間に愛車を譲る予定の方にむけ、個人売買でバイクを売る流れと、個人売買にありがちなトラブルとその予防策を解説しています。

 

結果からいいますと、個人売買でバイクを売るメリットも多いですが正直、それ以上にトラブルも多いです。
最悪、たかだかバイクの小さなトラブルで人間関係がおかしくなるケースも少なくないんです!

 

微妙に高く売却できるかもしれませんが、手続きや受け渡し、書類関係の手間もかかるため、それ相応の覚悟が必要といえるでしょう。

 

そういったお金のトラブルや車両のクレームに対応する自信のない方は、最初からプロのショップや買取店舗に依頼しちゃった方が遥かに安心できて効率がいいです。

このへんの理由も詳しくお伝えしてます。早速みていきましょう!

最新の買取情報をチェック!!
高額査定は交渉だけでは無理! 複数店舗で査定するのが近道です。
以下の記事では最新のバイク買取店舗をガチ比較してみたのでアナタの予想と比べてみてください!
関連記事 
マジか!?査定額を比較したら予想外の店が高くて焦ったw

バイクを個人売買で売れば無駄な費用がカットできる?

ショップや買取店舗、中古バイクの業者オークション手数料等、無駄な費用のかからないバイクの個人売買。

一見、バイクの売却方法として、売却側のオーナさん、購入側のユーザーさんどちらにとってもお得…まるで…Win-Winな売却方法という気がしますね。

じっさいはどうなのでしょうか?

予想以上に多い!バイク個人売買のトラブル

ですが実際はというと、売却側・購入側で車両の状態についての認識の違っていたり、支払いや手続きの詳細がハッキリしていない……

こんな理由で取引中、取引後に揉めてしまうケースが後を絶ちません。

 

ヤフオク、メルカリ等、オークション経由であれば売買の流れはある程度、マニュアル化されています。それに乗っ取って進めればそう大きなトラブルは防げるでしょうが、最終的には個人売買です。

 

トラブルがどんなに発展したところで、オークション管理側はアドバイス程度の権限しかありません。
結局は売却側と購入側の両者で交渉、ときには裁判まで発展することになります。

 

ですので安易に
『俺の愛車、ショップよりヤフオクの方が高く取引されてるから……』
と表面上の金額だけで判断するのは非常にリスキーといえるでしょう。

ちなみにヤフオクについてはこちら↓

【ヤフオクでバイク売却!】出品方法やコツ、出品前に知っておきたいポイント
当ページでは中古バイクをヤフオク、ネットオークションに出品する手順や作業、その流れと査定額について。他の売却先とくらべておすすめの売却先かどうかを分析しています

メルカリでのバイク売却についてはこちら↓

【メルカリでバイクを売る】売却手順や手数料、メルカリとヤフオクどっちがいい?
大切に乗ってきた愛車を手放すことになった。 ただバイクショップに持ち込むのも面倒だし、バイク王とかの出張査定も査定額が安いってクチコミ・評判が多い…… そこで もしかしたら、こんな風にメルカリでバイクの車体...

ぜひご利用前にはメリット・デメリットを知った上で活用してください。

バイクの個人売買でありがちな3つのトラブル

ではネットオークションを含め、バイクの個人売買でありがちなトラブルについてパターン別に具体的に考えてみましょう。

 

まず典型的な個人売買でのトラブルというと

  1. 代金の支払に関するトラブル
  2. 名義変更など手続きのトラブル
  3. 故障や不調、車両の状態によるトラブル

こんな3つのトラブルのタイプに分けることができます。ときには1項目だったトラブルがお互いに感情的になってしまい他のトラブルを招くケースもあります。

さっそく順にみていきましょう!

代金支払いに関するトラブル

先ほどお伝えしたように、バイクの個人売買でもヤフオク等のオークションサイトなら管理側もしっかりしています。

完全に詐欺というユーザーさんの確率は極めて低いですし、売却後に車両の代金が払ってもらえないことも少なく、比較的、代金も早めにゲットできます。

 

一方、問題なのは知人・友人(そのまた友人というケースも)に売却するケース。

 

身近な知人ということでお互い安心しているため、支払い額や支払い方法、支払期限などの取り決めが曖昧なまま進められるパターンが多いようです。

 

それでも一定期間内に全額を支払ってもらえれば良いケースで、中には『残金は来月まで待ってくれ』『バイト代が入ったら支払う』と購入側の都合で大幅に送れてしまうことも少なくありません。

また知人の知人……というレベルの場合、最悪は音信不通になって未払い分を回収できないという人も多く、支払い面では大きなリスクがあるといえます。

名義変更など手続きのトラブル

まず『手続きのトラブル』の前に、バイクの個人売買は書類関係の手続きが大変ということはご存知でしょうか?

 

プロを仲介していないバイクの個人売買では、手続きは売却側と購入側の両者で行います。

とはいえ、バイクの名義変更や廃車処理などを頻繁に行っているため、手続きに慣れているという方はごく稀……中には売却側も購入側も初めてというパターンも少なくありません。

 

仮に個人売買で購入者(落札者)が遠方の方の場合、最悪なパターンとしては、かなり遠方まで出向いて自分で名義変更など手続きを行わなければならない……こんなケースもあることは覚悟しておきましょう。

 

また売却前に名義変更など手続きの準備を滞りなく済ませたにもかかわらず、購入者が怠慢だったり忙しい等の理由で、なかなか手続きがなされないパターンも多いです。

廃車済みでない場合、売却時期やタイミングによっては翌年分の重量税などが、こちらに請求されてしまいかねません。

 

こういった手続きのトラブルを未然に防ぐためにも、車両の代金と同時に、手続きが完了するまでの保証金というカタチで、幾らかの金額をこちらで担保しておくように心がけておきましょう。(手続きが完了したら返金)

故障や不調のクレーム等のトラブル

バイクの個人売買で、もっとも頻発するのがこちら。車両の状態についての認識の違いによるトラブルです。

 

どんなに状態がよくても、やはり中古バイクは中古バイク。

売却前に洗車や最低限のメンテナンスを行ったにもかかわらず、引き渡し後に予期せぬ故障やトラブルが起こる可能性はあります。

 

また車両の傷やダメージを伝えたつもりでも、こちらと相手方では認識が大きく違うケースもあります。これは個人と個人の取引だけに、仕方のない部分もあります。

極端なケースだと、引き渡しの翌日にいきなりエンジントラブルという可能性もゼロではないでしょう。

そんな場合、いくらノークレームと明記していても、購入者からすれば納得できる状態ではありませんね。

 

こんな場合、クレームで全額返金なのか、修理費用を折半するのか、こちらが修理の手配をするのか、陸送費がかかるなら誰が支払うのか……などなどトラブルの要素は山積みなのです。

個人売買でバイクを売却するなら、引き渡し後に起こりうるすべてのパターンを想定し、事前に購入者に了解を得るように心がけておきましょう。

いくらノークレームと伝えても状況によってはこちらに責任がある場合もある!引き渡し前にしっかり詳細まで伝えておこう!

 

 

バイク個人売買でトラブルを未然に防ぐ3つのポイント

上記の『バイク個人売買あるある』を理解した上で、

それでも自分の愛車は個人売買で手放した方がメリットが大きい!

というオーナーさんもいるでしょう。

そこで個人売買でバイクを売る方に注意すべき3つのポイントをお伝えします。

  1. 車両の状態を把握して包み隠さず伝える
  2. ローンによる支払を提案されても受けない
  3. 個人売買とはいえバイクを引き渡すときに書面を交わす(契約書)

ヤフオクでも知人でも、個人売買で愛車を売る場合、上記の部分に注意して売却を進めてください!

車両の状態を把握して包み隠さず伝える

車両の状態をめぐるトラブルで、意外と多いケースが、売却した本人もダメージや不具合に気づいていなかった……というケース。

この場合、いくらノークレーム・ノーリターンと明記していたところで、それ以上に売却側の説明不足が問題となる。

最悪は欠陥に気づきつつも、故意に黙ってバイクを売却したのでは……と思われかねない。その場合は、事実確認を行い誠意をもって対処しましょう。

 

何よりもこのパターンのトラブルを未然に防ぐためにも、売却前に愛車を徹底的にチェックして必要とあらば消耗品費くらいは交換しておきたい。

それだけで愛車の現状を把握でき、売却後のトラブルをグンと減らすことが可能なのです。※以下のページも参考にどうぞ!

【バイク売りたい人必見!】売却先を探す前にやるべき準備と売却先選びの全手順
引越しや転勤、実家を出ることになった…と理由はいろいろですが、 バイクに乗っていると、こんなシチュエーションってありますね! そんな愛車を売却する直前になってもしかしたら、 バイクを売る準備として、まず...

ローンによる支払を提案されても受けない

基本、ネットオークション経由ではないとして、知人や友人との個人売買で揉めるのが分割支払い。

少々厳しい言い方をさせてもらえば、分割払いで支払えなくなった購入者だけでなく、分割払いを許した売却側のアナタの責任もあります。

 

もし購入したいけど一括は無理……という相手の場合、今回は縁が無かったと諦めてもらった方がお互いの人間関係のためにもいいでしょう。

個人売買とはいえバイクを引き渡すときに書面を交わす(契約書)

バイクの個人売買とはいえ、中型~大型の車両ともなれば、高額な取引には違いありません。

売却には車両本体の代金の他に、手続き費用や陸送費用等、意外な部分に費用がかかるものです。

そこで曖昧なまま取引を進めてしまい、後から『言った、言わない』のトラブルが生じるパターンもけっこう多いです。

 

たいていは購入側も売却側も悪意はなく、勘違いや思い込みがそれらのトラブルを引き起こしているようです。

予防策としては、たとえ3万円の原付バイクだろうが売却は売却。後にトラブルが起きないように詳細まで書面に記載してお互いで保管しておくことがオススメです。(専用の契約書の必要はなく、必要な項目だけ記載と捺印のある書面なら問題ありません。)

バイクの個人売買で大きなトラブルになる場合、たいていは書面が甘かったり用意されていないケース……ここは超重要だぞ!

【まとめ】個人売買で取り返しのつかないトラブル、人間関係が崩れるならプロに売却する方が安心

以上、バイクの個人売買のメリットやデメリット。個人売買でよくあるトラブルやトラブルを未然に防ぐ予防策を解説してきました。

 

もちろんバイクの個人売買の経験豊富で、手続きやトラブルの対処には自信アリ……という方は上手く活用できれば予想以上の金額で売却できるメリットもあります。

 

とはいえ、その一方で、甘い考えで個人売買を利用したが思ったような金額で売れなかったどころか、相手方からクレームやキャンセルされて困った……という意見も非常に増えています。

 

管理人の経験から考えても、ネットオークションの中古バイク取引相場も数年前より下降気味だし、知人・友人だと下手に高く売ったりできないので安くなるため、オススメとはいえません。

 

余程のレア車両や一部のマニアックな世界のある特殊車両をのぞき、普通に買取店舗で比較してプロに買い取ってもらう方が高くなったり手間が省けるのでオススメです。

プロの買取店舗の無料査定を経由して売却するメリット

ご存知のとおり、買取専門店あたりで無料査定を経由して売却すれば

  1. 査定現場でそのまま現金を支払ってもらえる
  2. もし売却後に大きなトラブルが生じようが、それは査定士の落ち度。クレームや返金など無い
  3. 面倒な手続きは無料で代行、査定現場からトラックでそのまま引き取り

という個人売買でトラブルになりがちな部分が、ほぼ解消されています。

 

もちろんいきなり1店舗で最高額に査定されることは稀で、普通は複数店舗で査定を行い、もっとも評価してくれる店舗を探す……という流れになります。

 

まずはオーナさん自信が、バイク売却での優先事項をハッキリさせ、

売却金額なのか?手間や労力をかけずに終わらせたいのか?すぐに売却したいのか?

自分の中で譲れない部分を決めた上で、もっともバランスのよい売却先を選んでおけば後悔しないと思います。

ぜひ当ページを参考に、大切な愛車をもっとも評価してくれる売却先をみつけてくださいね!